債務整理とは?

債務整理とは?

債務整理とは、借金の元本の減額や利息の免除ができる手続きの総称のことです。
テレビCMや広告で目にするような、「自己破産」や「過払い金請求」なども債務整理の手続きの中の1つに含まれます。

債務整理の種類と概要

手続きには4種類あり、負債者の借金状況や返済能力に応じてどの手続きを行うか選択できます。

  • 任意整理・・・利息分の支払いを0にして返済総額を減らしたり、返済期限を伸ばす手続き
  • 個人再生(民事再生)・・・裁判所を通し、法律に基いて借金の総額を支払い可能な金額まで減らす手続き
  • 自己破産・・・裁判所を通し、返済不可能な状態が認められた場合、全ての借金が帳消しになる手続き
  • 特定調停・・・上限金利の引き直し計算で減額される手続き

この4種類のほかに過払い金請求が有名です。過払い金請求は、特定調停を除いた手続き中に行える手続きで、手続きの過程で行われる利息制限法に基づく上限金利の引き戻し計算で必ず対応されるため、手続きの一部に含まれる扱いになります。

それぞれの手続きの選び方

4種類の中から、自分に合った手続きを選択できれば良いのですが、
それぞれの手続きをするのに条件があります。

【条件1】
債務者の返済能力をベースに、36ヶ月(3年)以内に返済可能か
借金を3年以内に返せる場合は、任意整理特定調停の手続きを選べます。
3年を超える場合は個人再生か自己破産を選択することになります。

【条件2】
借金の総額が5,000万未満か
3年以上返済に掛かり、かつ5,000万以上の借金の場合は自己破産を選ぶことになり、ここで個人再生自己破産どちらになるかわかります。

このページの先頭へ