メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

きらら債権回収|債権回収会社からの取り立ては時効?その対処法とは?

きらら債権回収から突然借金の取り立てが来た場合、恐らく過去に支払いがされずに滞納した借金の請求が来ているのではないでしょうか?

しかも、請求されている金額は利息や遅延損害金が積み重なっているため、数万円というわけには行かず数十万から数百万といった請求を受けているかと思います。

こういった請求が来るのは、過去に督促状が届いたり、電話が来てい他にも関わらず、取り立てをずっと無視していたという状況かと思います。

そういった取り立てに心当たりがあると、焦ってしまうかもしれませんが、すでに時効になっており支払う義務が無くなっている可能性があります。

借金には、最後の返済日から5年間請求が無ければ時効になるというルールがあります。

しかし、自動的に時効になるわけではなく、5年経過後に自分から時効を証明する手続きを行わなければ時効は成立しません。

この時効が成立していなければ、法律上で債権回収会社は取り立てを行うことは問題になりません。

そのため、早く取り立てを止めるために、最後に返済してから5年以上経過している可能性があれば、弁護士に相談しましょう。

もし、ご自分で時効の手続きを行うのが不安な場合は、そうや法律事務所にご相談ください。

そうや法律事務所では、債権回収会社を相手に時効の手続きを行ってきたことがある、借金問題を得意とした法律事務所です。

無料相談窓口も設けているため、その窓口で時効が出来そうか確認してみると良いでしょう。

さらに、時効が成立していない場合でも、国の制度にある借金問題の救済措置を行ってくれます。

借金が原因で悩んでいるなら、まずは無料相談の範囲で相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル