ふくおか債権回収|長期滞納で取り立てがきた!どう対処すればよいか?

滞納すると取り立てが来る

ローンなどの借金を3ヶ月以上滞納すると、ふくおか債権回収から取り立ての通知書が届きます。

債権回収と言っても、法務大臣の許可を得た民間の企業ですので「怖い取り立て」や「夜間に訪問される」ようなことはありませんのでご安心下さい。

しかし、この状況まで来てしまうと、すでに期限の利益を喪失してしまっていますから、元のように毎月いくらといった弁済はできないこととなります。

そして、ローン残高を一括返済出来ない場合、給料の差し押さえが発生します。

住宅ローンを滞納した場合、ふくおか債権回収からの通知書には「任意売却の申出書」が同封されて来ます。

期日までに「任意売却できる業者」を探しその書類を送る事で「競売の申立」を回避できます。

提出する期日が決まっていますので、そのままにしてしまうと債権者は「任意売却の意思がない」と判断し競売の申立を行います。

ローンの滞納が続くと、「債権者からの通知書など見たくない」と放置状態になることもあります。

しかし、債務者にとって競売のリスクは大きく、ご本人はもちろんご家族の精神的な苦痛を考えた場合、早い段階で支払いをしておくことをおすすめします。

取り立てを止めるなら

ふくおか債権回収からの取り立てを止めるなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうかは保証がありません。

手続きを依頼する弁護士の仕事の分野には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするな借金問題の解決が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、実績豊富な法律事務所で、交渉力は文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

サルート法律事務所は、本当に必要な手続きを見極め、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

取り立ての電話番号

ふくおか債権回収が取り立て利用する電話番号を紹介します。

長期間滞納する人の多くは、返済を諦めている人も多く踏み倒し迄考えている人も多いため、電話を放置しがちです。

そのため、ふくおか債権回収から取り立てが来たという合図になる電話連絡にも気付けません。

滞納気味なっているなら、着信履歴の中に以下の電話番号が無いか確認してください。

以下が、ふくおか債権回収の電話番号です。

ふくおか債権回収の番号

  • 092-737-0881

出典:iタウンページ

ふくおか債権回収は、ふくおかフィナンシャルグループの債権の管理・回収業務を受けています。

そのため、こういった企業からの滞納に心当たりがある人は注意してください。

取り立てを放置すると一括請求

債権回収会社から届いた請求書を無視していた場合に、裁判所から通知書や裁判書類が届くことがあります。

借りたのは、十年くらい前のこともありますし、十数年前の借金の場合もあります。

なかには、数十年前のような昔の借金の支払い督促のこともあり、いくら借りたのか覚えていないこともあるようです。

東京簡易裁判所などから、訴状・支払督促の書類が届いた時は、どうして良いか困るかと思います。

債権回収会社から督促状が届くよりも前に、いきなり、裁判を起こされることもあります。

裁判所に提出する書類は、「いつまでに提出してください。」と提出期限が書いてあるので、放置して無視するわけにはいきません。

なぜなら、裁判所から来た書類を無視すると裁判に負けて判決を取られてしまい、一括請求が認められてしまい強制的に一括返済をしなければいけません。

裁判されたときにに郵送されてくる「口頭弁論期日呼び出し状」というのは、この日に裁判の口頭弁論が開かれますから、裁判所に来てくださいと書かれた書類です。

答弁書催告状は、訴状に記載されたことについて被告として、反論したいこと、主張したいことがあれば、それを記載した答弁書という書類を裁判所に提出してくださいということを、催告する書類です。

どうやって対応したら良いかわからなければ、借金問題の専門家に相談しましょう。

一般的に、借金問題の解決が得意な専門家といえば、弁護士が挙げられます。

特に、債権回収会社は取り立てのプロのなので、個人でのやり取り危険です。

取り立てが来た時点では、自分からす返事などの対応はせず、弁護士を通して対応するか、やりとりを全ておまかせする形にしましょう。

なぜ債権が移ったのか

借金をしていても、債権が移るということを知らない人が多く、債権回収会社から急に債権が移ったと連絡が来て、焦る人が多いかと思います。

ここで、債権がふくおか債権回収に移る仕組みについて解説します。

まず、債権が債権回収会社に移ることを「債権譲渡」と言います。

この債権譲渡とは、貸付金などの債権を他者に譲り渡す手続きです。

時計や車などの物と同様、貸付金などの債権も譲渡することができるのです。

債権譲渡する人のことを譲渡人と言い、債権譲渡を受ける人のことを譲受人と言います。

債権譲渡する際には、譲渡人から債務者に対して債権譲渡があったことを示す通知を送る必要があります。

債権譲渡は有償で取引されます。

そのため債権譲渡を受けた債権回収会社は、元々の債権者から債権を買い取っているというわけです。

この債権の買取金額は、債務額よりも安く買い取れるため、債権回収会社側は買い取った借金額よりも高い金額で取り立てを行うことで、ビジネスとして利益を挙げています。

もともと、債権回収業は弁護士や弁護士法人にしか認められていませんでしたが、バブル崩壊後に債権が大量に発生してしまい、債権者や弁護士だけでは取り立てが間に合わず、不良債権が大量に発生したことがありました。

その問題を解決するため、債権回収の効率を上げるために「債権管理回収業に関する特別措置法」(通称サービサー法)という法律によって、一定の要件のもとに債権回収業を行う債権回収会社が認められています。

このようなことから、消費者金融やカードローンなどの借金をしていて返済を滞納していると、債権回収会社がもともとの債権者から債権譲渡を受けて、借金の支払い請求をしてくることがあるのです。

取り立て放置の危険性

ふくおか債権回収からの取り立ての連絡を無視していると、放置した期間や借金の金額にもよりますが、最終的には裁判所に訴えられてしまいます。

ここでは、訴えられるまでの流れを具体的に説明していきます。

電話の取り立て

ふくおか債権回収に債権が引き渡され、借金を返さないでいると、まずは債権回収会社から電話が来ます。

とはいえ、上に書いた通り、日本の法律では、「社会通念上不適当と認められる時間帯に電話をしてはいけない」ということになっています。

そのため、昼にかかってくる取り立ての電話を無視していても、深夜や早朝に電話がかかってくることはありません。

日本の法律では、取り立てのために自宅や職場を訪れることを禁止しています。

債権回収会社からの電話を無視しても、業者が家に押しかけてくることはありません。

もし深夜や早朝に着信があったり、「返済しなければ自宅に行くぞ」などと脅された場合には、法律に違反した取り立てを行っているため、すぐに弁護士に相談しましょう。

一括請求

債権回収会社からの電話を無視していると、借金の残額を一括請求されるように督促されます。

これは、督促を出したという事実を残すために、内容証明郵便であることが多いです。

また、借金の一部を滞納しただけであっても、業者は一括請求することができるので、気をつける必要があります。

一括請求は裁判の1つ前の段階なので、かなり深刻な状況です。

裁判所に訴訟を出される

債権回収会社からの一括請求を放置していると、訴訟を起こされてしまいます。

この裁判では、基本的には滞納している側に非があるため、殆どの場合敗訴します。

その結果、会社からの給料の差し押さえが発生したり、家や車などの財産価値のある物が競売にかけられて返済に当てられることになります。

債権回収会社を相手に債務整理

債権回収会社からの借金を放置すると、危険ということはこれまでの説明でご理解いただけたかと思います。

そこで、このような状況になったときの対策として、ふくおか債権回収に対して任意整理するかどうかを検討しましょう。

債務整理とは、支払いが現実的にできない状態の人を救済するための法律です。

具体的には、借金の利息を0円にして元々借りていた金額のみを返済するようにしたり、借金自体を返せる金額まで減額することができます。

また、最終手段として借金を0円にするという自己破産も、債務整理手続きの1つです。

債務整理は、債権回収会社へ債権譲渡されても手続きが可能です。

債務整理の中でも、裁判所を通さないで、借金の減額を交渉する任意整理という手続きが一般的です。

任意整理は、ふくおか債権回収のような債権者と直接交渉して、返済額や返済方法を決め直して和解する手続きです。

交渉の中で、債権者と債務者双方が交渉内容に納得すれば、和解成立ということで借金の負担を減らすことができます。

弁護士に依頼をすると、債権者とのやり取りを全て受け持ってくれ、債権者からの連絡は一切無くなります。

こ債権回収会社から送られてくる請求書の内容は、債務残高と高額な遅延損害金の一括払い請求になっていることが多いですが、それからでも任意整理の話し合いをすれば利息をカットして分割払いの合意をすることも可能です。

請求書に記載された、高額な支払いができず諦めて放置せずに、弁護士に相談するなどで対処しましょう。

債務整理で取り立てストップ

弁護士と契約成立して契約書を交わし、債務整理手続きを依頼すると、弁護士は債権者らに受任通知を送ります。

そうすると、債権者から債務者(依頼者)に対する直接の連絡が無くなります。

自分に対する直接の督促が無くなるので、夫や妻などに借金を秘密にしている場合にも、借金や債務整理の事実がバレる可能性が格段に低くなります。

弁護士などの専門家は、債権者らから取引履歴を取り寄せて必要な計算をした上で、借金額について交渉をしたり、裁判所に必要な申立をするなどの手続きをすべて代行して行ってくれます。

債務者は、その間ときどき弁護士の質問に答えたり、弁護士事務所に行って資料を渡すだけで大丈夫です。

手続きが終了すると、借金はすっかり整理されているという状態になるので非常に助かりますし、債務整理したからといって友達に知られたり、賃貸アパート契約ができなくなるなどの支障もないので安心です。

債務整理をするなら

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ