メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

遅延損害金を減らしたいなら知っておきたい債務整理とは?

日本の法律には借金で生活が苦しくなった人、返済能力を超えた借金を抱えている人を救済する措置があるのをご存じですか?
それは債務整理という手続きです。この債務整理をすれば遅延損害金を減らすことができます。
債務整理の手続きは複数あります。

  • 任意整理・・・返済期間をのばして、返済能力に見合った返済計画を立て直す
  • 個人再生・・・借金を返済可能な金額まで減額すること※裁判所の審査あり
  • 自己破産・・・財産を競売にかけ、借金を0にする方法※裁判所の審査あり

実際に債務整理手続きをする9割の人は有名な自己破産ではなく任意整理をすることで、借金を返済していると言われています。

任意整理で将来分の遅延損害金や利息を0に!

任意整理を行うと、貸した側との任意整理の交渉に入った段階から、今後の利息と遅延損害金がストップします。
この交渉には司法書士 / 弁護士が介入する必要があるため、司法書士 / 弁護士に依頼する必要があります。

司法書士 / 弁護士が貸した側(消費者金融やクレジットカード会社など)と交渉中は、実際にいくら借りたのか?、払いすぎていた利息は無いか?
などを確認しながら、借りた側の返済能力に見合った返済計画を作ります。
貸した側も返済能力を超えたまま請求し続けると、破産の可能性もありお金が返ってこないこともあり得るため、多くの場合は司法書士 / 弁護士が立て直した返済計画に合意してくれます。

この合意が得られたときに、今後発生する遅延損害金や利息などが0になり、借りていた借金を返済できる現実的な期間に引き直してくれます。

例えば

  • 500万の借金 月々返済:12万→7万に減少
  • 232万の借金 月々返済:7万→4万に減少

というような、毎月の返済額を減らせます。
利息や遅延損害金も無いため、返済金額がこれ以上増えることはありません。
※返済期間中、万が一支払いが滞りそうな場合、必ず貸した側に電話して下さい。債務整理中の人の滞納が2ヶ月続く場合、債務整理が解消されてしまいます。そうなった場合貸した側も返済できない人だと分かっており、解消されると困るためその月の返済額を減らして次月に回すなど、かなり柔軟に対応してくれるところが多いらしいです。電話の対応もかなりスムーズらしく、気まずくなることは無いでしょう。

他の債務整理手続きをできない理由

また、任意整理は家族や知り合いに知られないで借金を返済をしやすい手続きです。というのも司法書士 / 弁護士と貸した側が交渉を行う間、相談した側は普通に生活を続けられるからです。

個人再生や自己破産となると、何度か裁判所からの送付物が来たり、平日の日中に裁判所に足を運ばなければいけなくなります。
その結果、家族や知人、会社の同僚に知られないことはかなり難しいと多くの司法書士 / 弁護士から言われています。
もし、誰にも知られずに借金を返済したいという意思があるならば、任意整理を行うことをします。

さらに、個人再生や自己破産の費用は、任意整理の2~3倍は掛かるので決して手軽ではありません。
司法書士 / 弁護士費用に関しては債務整理の合意を取るまでの交渉期間に分割で支払うことが多いです。
この時、実は貸した側からの請求が一切止まるため、司法書士 / 弁護士費用を払えるようになります。借金の返済も半年ほど止まるため、余裕を持って司法書士 / 弁護士費用を払うことができ、多少貯金もできるとのことです。
こういった費用の面から見ても任意整理の方がメリットが大きいため、債務整理手続きで選ぶなら任意整理をします。

任意整理をするならする事務所

任意整理を行うなら、みつ葉司法書士事務所に相談することをおすすめします。

貸した側は借金の取り立てを専門にしているため、彼らに対抗するための「交渉力」が重要になります。

交渉が下手な司法書士 / 弁護士は債権者側のメンツを潰すような交渉をしてしまいがちで交渉をダメにしてしまうことがあります。

サルート司法書士 / 弁護士は大手金融業者相手に、平均の2倍の減額を実現した実績ある敏腕司法書士 / 弁護士です。

その評判から債務整理の電話が毎日鳴り止まない程。

みつ葉司法書士事務所は100万以上の借金の債務整理を得意としているので、まずは相談してみて自分の場合は上手く債務整理できそうなのか相談してみることをおすすめします。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル