アストライ債権回収で滞納した人の体験談

アストライ債権回収からの取り立て

SMBCフィナンシャルグループに関連する貸金業者で滞納をしていると、アストライ債権回収会社という取り立て専門の業者から通知が届きます。

アストライ債権回収はSMBCフィナンシャルグループの関連企業です。

主に、アイフルなどの債権が滞った場合に取り立てを行う専門行っている債権回収会社です。

アイフルのように貸金業を行っていない分、毎日毎時間取り立てに専念できるため回収率が高く、同業他社からも取り立てを委託されることもある債権回収会社です。

また、SMBCフィナンシャルグループのブランドイメージを損なわないために、貸金業法で定められている規制に基づいた範囲内での取り立てを行うため、社会的な信用も高いです。

このアストライ債権回収は、法令遵守をもとに取り立てを行っているため、他の会社よりも厳しくはありませんが甘く見てはいけません。

例えば、連絡が来ても対応せずに放置し続けた場合、2〜3ヶ月で裁判にまで発展してしまうことがあります。

アストライ債権回収に回される債権は、基本的に取り立てが難しいとされる不良債権と一歩手前のものです。

そのため、優しく取り立てをしても返してくれない債務者がほとんどです。

多くの債務者は、電話や督促状を送っても返事がなかったり、留守電になるなど無視する人が多くいます。

アストライ債権回収もこのことはわかっており、取り立てを無視した場合、元の債権者同様に無視してやり過ごすつもりなのだろうと判断します。

このままだと債権は踏み倒される可能性があるため、裁判所を通して差し押さえをして強制的に支払いを迫ってきます。

アストライ債権回収は、ルールを守らないようであれば容赦なく取り立ててくると思って下さい。

このような事態を防ぐためには、放置するのではなく、専門家にきちんと相談をして対応しないといけません。

取り立てに悩む日々から開放される

弁護士に相談すると債務整理という手続きを取ることで、借金の負担を減らすことができます。

この手続きには、デメリットも多いのですが、代わりに取り立てが止まり借金を減らすことができます。

毎日の電話やメール、手紙などが届く取り立ての日々は、本当に辛いものなので早く解放されたほうが良いです。

そんな時に、取り立てに悩むのではなく、債務整理で一気に解決するという方法は、体験者の声にある通りおすすめできる方法です。

是非取り立ての日々に悩んでいるという方は、債務整理をする事で早期解決をして頂ければと思います。

裁判になる前に弁護士に相談

債権回収会社の通知を無視してしまい、法的手続き措置の通知が来てしまったら、急いで弁護士を通して異議申立を行わなければいけません。

異議申立の受付期間は、通知が送られてから2週間以内です。

この期間を過ぎてしまうと、強制的に財産や給料が差し押さえられてしまいます。

そのため、法律に詳しい弁護士に相談しなければいけません。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうかが非常に重要になります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、経験の浅い若手弁護士が対応することになると、外れる可能性があります。

逆に、当たりの弁護士は、弁護士歴も長く借金相談の対応件数も多く、自分の所属する法律事務所のホームページなどで実績を記載しています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

取り立てが来たら時効も疑う

念のためですが、アストライ債権回収から取り立ての通知がきたら時効が成立するかを調べてみてください。

借金の支払いが出来ずに債権回収にまわった場合、最後の支払いから5年が経過していたら時効を宣言できます。

時効は債務者の側が宣言(時効援用)しない限り成立しないことになっています。

時効援用するには、相手側に内容証明郵便を送るか、裁判で訴えられた時に裁判所へ提出する答弁書の中で書きます。

ただし、時効には中断もあります。

5年間の間に相手側に支払いの意思を示すと時効はリセットされるので、注意が必要になります。

滞納した借金の時効方法

借金が時効になっているかどうかの基準は、5年以上払っていないかが基準となります。

この借金ですが、弁護士に相談すれば、時効援用できるのか調査してくれるでしょう。

そして、時効援用できる場合は、内容証明書を作って郵送してくれます。

内容証明書が債権回収会社に届いた後、相手が何も言ってこなければ、あなたの借金は時効援用できたことになり、もう滞納していた借金は支払わなくて良いのです。

時効でなければ債務整理

債権回収会社から督促を受けた場合、時効で帳消しできる可能性があると説明しました。

しかし、必ずしも全ての債権が時効の手続きで免除されるわけではありません。

場合によっては、時効の手続きをしても、まだ時効期間が過ぎておらず、どう頑張っても借金の時効の援用ができないこともあります。

しかし、そういった場合でもまだ解決策はあります。

時効が援用できなくても、債務整理という手続きが残されています。

債務整理とは、国の認めた合法的な借金減額の手続きです。

この手続きは、借金返済が現実的に不可能な状態になって、追い詰められている人の人生を立て直す、法的な救済手段です。

弁護士に相談して、時効を迎えていないようであれば依頼するのがいいでしょう。

債務整理の手続きは、自己破産が有名です。

自己破産には人生の終わりというイメージがありますが、実際は日常生活に大きな支障は出ません。

そもそも、債務整理は人生の終わりのための法律ではなく、再スタートをするための法律です。

そのため、例え手続きしても生活に影響が出ないように配慮された制度になっています。

それでも心配なら、法律事務所が設けている無料相談窓口を利用してみて、自己破産をした後の生活はどうなるのかを聞いてみると良いと思います。

弁護士を通すとどうなるか

債務整理には、細かく分けると3つ手続きがあり、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

聞いたことがあるような、自己破産を行えば借金を0円にすることができます。

個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除され、大幅に減額されます。

そして、任意整理をすれば、将来利息と遅延損害金を0円にして、借りた元本のみを返せば良くなります。

また、任意整理は裁判所を通さないため、誰にも知られること無く借金を減らすことができます。

弁護士というイメージは、事件など大事の時しか登場するイメージがないため、どうしても抵抗がありますが、実際の弁護士の業務は交通事故の示談交渉や離婚問題、借金問題が多いです。

なによりも、アストライ債権回収から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割の返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきです。

専門家に債務整理を依頼すると、アストライ債権回収に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知し、併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短即日で督促や返済を止めることができます。

アストライ債権回収と交渉するなら

債務整理手続きを依頼する弁護士には、人によって交渉力に差があります。

医者に専門分野があるように、弁護士にも専門的な分野はあります。

そのため、借金問題の相談をするなら債務整理の実績が豊富な弁護士を選ぶことをおすすめします。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも若い弁護士は外れ経験不足で外れる可能性があります。

逆に、ベテラン弁護士ほど高い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ