メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

みずほ債権回収|滞納が続くと差し押さえに!?その対処法とは

滞納が長期間続き、みずほ債権回収から差し押さえの通知が自宅に届いたら、決して自分から連絡しないで専門家に助けを求めて下さい。

みずほ債権回収は、名前からも分かる通りみずほフィナンシャルグループからのローンをしていると、連絡が来る会社です。

みずほフィナンシャルグループでローンを長期間滞納すると、まずは借りた会社から取り立てが来ます。

この取り立てが来ているにも関わらず無視していると、取り立てを専門的に行っているみずほ債権回収に取り立ての権利が移ります。

取り立ての専門の会社である、みずほ債権回収に借金の取り立ての権利が移ると、もう滞納することは許されません。

みずほ債権回収は、法律を後ろ盾にあなたに訴訟を起こし、法的な強制力を持って差し押さえを行ってきます。

この差し押さえの対象は、あなたの保有する財産が対象になります。

家や車などは当然のこと、預金口座から毎月の給料までが差し押さえの対象になります。

差し押さえを止める手段は、債務整理という借金の救済のために作られた法律を利用することで止められます。

しかし、この法律を利用するには、弁護士・司法書士に手続きをやって貰う必要があります。

この時、弁護士・司法書士選びは慎重に行って下さい。

弁護士・司法書士には専門分野があり、借金問題に慣れている弁護士・司法書士と、慣れていない弁護士・司法書士がいます。

借金問題に慣れている弁護士・司法書士を選ぶには、借金問題の解決実績をアピールしている弁護士・司法書士事務所を選んで下さい。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

債権回収会社からの取り立てについて

突然みずほ債権回収という、聞きなれない会社から連絡が来たら、恐らく焦ってしまうかと思います。

債権回収会社とは、金融機関などの債権者からの不良債権の回収を依頼されたり、譲り受けて回収することを法務大臣によって許可された民間企業のことを言います。

不良債権の回収ということなので、借金の滞納が続いていたり、連絡を無視していると通知が届くようになります。

最近では、債権者が直接、自宅訪問で取り立てすることはほとんどなくなり、回収が難しいと判断したら、提携している債権回収会社に回すことも多いようです。

債権回収会社は、回収のプロなので、取り立てが厳しくなることも確かですが、国が認める債権回収会社が違法な取り立てをすることはありません。

中には、正規の債権回収会社を装った、違法な詐欺業者もいます。

もし、自宅に送られてきた通知が違法業者からだった場合は、連絡を一切せずに警察に通報した方が良いです。

また、個人間の借金で、債権回収会社が取り立てにくることはないので、そんな場合も通報しましょう。

認可された会社かどうかは、「社団法人全国サービサー協会」の会員会社一覧で調べることができます。

督促を放置するとどうなる

督促は、最初の返済日に支払いが確認できずに1週間ほど経ったら自宅に送られてきます。

恐らく今までで1度は見たことはあるかと思います。

この督促を放置していると、最初の1ヶ月はみずほ債権回収側も、ただ単純に都合がつかないため

督促を放置していると、自宅の電話や携帯電話にも連絡が来て、その後は督促状が届くようになります。

それでも借金の滞納が続くのなら、最終的には裁判を起こされたり差し押さえされたりすることもあります。

このように借金の督促を放置していると、さらに状況は悪化してしまいます。

そうならないように、きちんと対処して借金の督促を止めることが大切です。

差し押さえが来る理由

債権者としては、貸したお金を返してもらう契約をしているため、契約を守られなければ取り立てを行うのは当然の行為です。

しかし、借金の支払いが苦しくなって滞納してしまった債務者にとっては、取り立ては避けたいもののはずです。

請求されている金額を支払うことができれば、今来ている督促は止まりますが、恐らくそんな理由は無いでしょう。

しかし、督促を無視し続けると、借金は債権回収会社に権利が移り、そのまま差し押さえられるという未来が待っています。

督促を受けても、支払うすべがないため、電話に出たくないという気持ちも、郵便に対応できないという状況も理解できます。

しかし、みずほ債権回収からしてみればそんな事情は関係ありません。

あなたが、契約を破っている状態なので、なんとかして返してもらおうとします。

みずほ債権回収は国から正式に許可を得て債権回収業務を行っているため、強引な取り立ては絶対に行いません。

あくまで貸金業法のルールに則って取り立てを行ってきます。

ただし、長期間滞納している人ほど、普通の取り立ては無視する人が多いため、みずほ債権回収は裁判所を通してでも差し押さえを行ってきます。

差し押さえ通知が送られてくる

このまま滞納した状態のままで過ごしていると、最終的には必ず差押強制執行を受けることになります。

差し押さえを受ける前には、債権回収会社から差押予告通知という書類送られてきているはずです。

この通知の段階では、まだ法的効力が働いていないため、この段階で借金問題の専門家に相談しましょう。

もし、そのまま放置してしまっていると、今度は支払督促という、裁判所から直接書類が送られてきます。

この通知は、裁判所を介しているため無視してはいけません。

書類には、みずほ債権回収側からの一括請求の要求が記載されています。

この要求に答えることができなければ、この後は差し押さえが強制執行されてしまいます。

そして支払うことができなければ、差し押さえが強制執行されてしまい、あなたの給料の4分の1と、家や車や預金などの財産が強制的に差し押さえられて、返済に当てられてしまいます。

差し押さえをされても、2ヶ月分の必要最低限度のお金だけは残してもらえますが、残りは全て差し押さえられます。

差し押さえは防げない

差し押さえを受けてしまうと、どんなに頑張っても防ぐことはできません。

差し押さえを受けてしまった後は、既に判決を受けているため、後から覆すことはできません。

そもそも、滞納しているという事実がある限り、何かの間違えで差し押さえを受けたということはないでしょう。

しかし、差し押さえの強制執行の前であれば、差し押さえを防ぐことができます。

差し押さえを止めるには

差押予告通知

差し押さえの支払督促が来た段階で、14日以内に弁護士・司法書士に相談して、債務整理という手続きを行えば差し押さえを防ぐ事ができます。

借入先の業者から届く通知自体に、実際には差し押さえの効力はありません。

債権回収会社から送られてくる、差押予告通知は、これ以上滞納が続けば裁判所に訴えて差し押さえを行います、というものです。

あくまで警告文としての役割なので、法的な効力はありません。

ただし、この通知が来たということは近い将来必ず差し押さえが行われます。

そのため、この通知が届いたら直ぐに対応できることは全て行っておく必要があります。

裁判所からの支払督促

裁判所からの支払督促が届いたら、14日以内に返済することができなければ差し押さえを受けることになります。

そのため、時間は残されていないと思って下さい。

裁判所からの支払督促は、「特別送達」という本人しか受け取れない方式で送られてきます。

書類の正式名称は「仮執行宣言付き支払督促」と言い、「届いた日から2週間以内に異議申し立てをしないと差し押さえを執行します」という内容が書かれています。

裁判所から支払督促が届いた場合、14日以内に異議を申し立てれば、差し押さえを回避することができます。

しかし、この段階まで進んでしまうと、異議申立書を送ったとしても、裁判になることはもう避けられません。

また、例え裁判で異議を申し立てたとしても、基本的に滞納している側の異議の内容では債権回収会社からの主張に負けてしまい、結局は差し押さえをされてしまいます。

この時、債務整理という手続きを行えば裁判を防ぐことができ、差し押さえも止めることが出来ます。

差し押さえを止める債務整理とは

借金を返せば差し押さえは回避できますが、そもそも返済が可能ならすでに返済が出来ているはずです。

返済のあてがなくなって給与を差し押さえされそうになった場合は、早めに弁護士・司法書士に「債務整理をしたい」と相談してください。

債務整理とは、債務の支払いを待ってもらったり減額してもらったりする手続きのことです。

任意整理、個人再生、自己破産といった方法で、債務者の負担を減らすことができます。

上記3つの債務整理のうち、どのタイプが最適なのかを一般人が適切に判断するのは難しいです。

経験や実績のある弁護士・司法書士であれば、相談内容に応じて最適な債務整理の方法を提案してくれます。

給与を差し押さえられる前に債務整理を行えば、会社にも知られることなく借金を無くすことができます。

債務整理の種類

債務整理には、手続きの種類が複数あり任意整理・個人再生・自己破産この3つの手続きを、状況に合わせて処理されていきます。

これらの手続きは、借金の金額と、本人の返済能力、就業状況などが考慮されてどの手続きを行われるかが決まります。

債務整理は、借金をした人が返済すること、現実的に不可能なときの救済手段として行われる法的手続きです。

基本的な債務整理の方針として、借りたお金は踏み倒さず返していくことが前提です。

当たり前ですが、借金の負担を減らすということは債権者側にとって負担を掛けることになるため、両者間で納得できる形で支払っていくことになります。

そのため、自己破産の手続き以外はこれからも返済していくことになります。

ただし、返済が続くと言ってもこれまでの返済と違い、かなり負担が減ることになります。

これらのどの手続を取るかによって、得られる効果も違うため、どのように借金返済の状況が変わっていくのかを紹介していきます。

任意整理

任意整理とは、債務者が弁護士・司法書士を通して、特定の債権者に対して交渉を行ないながら借金を減らしていく手続きです。

他の債務整理の手続きと違って、唯一裁判所を通さずに行えるという点が任意整理の大きな特徴の一つです。

任意整理では、以下のことを行ないます。

  • 取引履歴を債権者から取り寄せる
  • 引き直し計算を行い、払い過ぎた利息を確認
  • 将来利息をカットする
  • 最終的に和解した内容に基づき残債を3~5年で返済していく

任意整理は債務整理の中でも比較的、借金の少ない人が行なう傾向があります。

裁判所を通さない分、手続きもしやすく短い期間で済ませることができます。

また、この手続きは返済することを前提に、利息や無くした状態で元の借金のみを返済していく手続きなので、債権回収会社側も返済が保証されるので手続きが成功しやすいです。

中には、交渉の結果長期間に及ぶ返済になりそうなら、債権回収会社側から返済額を大幅に減額しないかという提案を受けることもあります。

そのため、債務整理の中では任意整理を選ぶ人が一番多くなっています。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額していく手続きです。

減額できる借金の額は金額にもよりますが、例えば借金が500万円~1500万円の場合は、個人再生を通じて借金の金額を5分の1まで減らすことも可能です。

借金を減額した後に、残りの借金を3~5年で返済していくような流れになります。

自己破産のように借金をチャラにできるという訳にはいきませんが、任意整理よりも減らせる借金の額は大きいです。

ただし、減額できる上限は100万円までなので、この金額以下まで減らすことは出来ません。

裁判所を通して行う債務整理手続きは、原則としてすべての債務が整理の対象となりますが、個人再生の場合は、住宅ローンだけは住宅資金特別条項を利用することによって、整理の対象から外すことができます。

大切な自宅を残したまま、借金を整理することができるという点が、個人再生の最も大きな特徴の一つです。

自己破産

自己破産は、裁判所を通じて、全ての債務を免除してもらう手続きです。

税金の滞納分だけは例外となりますが、裁判所に認めてもらえれば、借金を一気にゼロにできるので、そういった意味では最も強力な債務整理の手続きだということができます。

ただ、その一方で、自己破産を行うと、

  • 現金は99万円までしか保有することができない
  • 現金以外の財産は20万円を超えると処分しなければならない

などの制約を受けるようになります。

そのため、自己破産をする場合は、弁護士・司法書士とよく相談しながらどのようなデメリットがあるか、よく認識した上で手続きを行っていく必要があります。

既に差し押さえられてしまった場合

既に差し押さえを受けてしまった状態になると、差し押さえを解除することはできないと思って下さい。

差し押さえを受けた後に差押を解除するには、債権回収会社側に差し押さえを取り下げてもらうしかありません。

しかし、差し押さえを受けているということは、債権回収会社側からしてみれば確実に返済される保証があるということです。

そのため、交渉したとしても債権回収会社側が取り下げることはありません。

このように、差し押さえまで行くと相手方との交渉材料が無いため、差し押さえ以降で借金の負担を減らすには、自己破産するしか方法はありません。

無料相談を利用する

債務整理をしたい場合、まずは借金の無料相談を利用するところからはじめましょう。

自分の借金状況を、借金に詳しい専門家に相談することで、どの手続きを行えばいいのかを教えてくれます。

基本的に、無料相談に電話するとまず、自分の借金の金額と、取り立ての状況を聞かれることになります。

今はたくさんの弁護士・司法書士事務所がインターネット上にホームページを持っていて、借金の無料相談サービスを行っている事務所もとても多いです。

自宅や勤務先の近くの弁護士・司法書士事務所を探して、一度無料相談を利用して弁護士・司法書士の話を聞いてみると良いでしょう。

無料相談の場合、相談だけなら何度でも無料ですし、無料相談したからと言って必ずしも任意整理などの依頼をしなければならないわけでもありません。

債権回収会社と交渉できる弁護士・司法書士

みずほ債権回収から差し押さえの通知が来ていて、借金問題で悩んでいるなら弁護士・司法書士に相談しましょう。

弁護士・司法書士なら、みずほ債権回収を相手に債務整理の手続きを通して借金の減額交渉ができます。

さらに、差し押さえ済みでなければ差し押さえを止めることが出来ます。

こういった和解交渉は法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、債権回収会社側も応じてくれます。

ただし、借金問題の相談をするなら、解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶことが非常に重要です。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル