メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

アイアール債権回収|滞納が続くと裁判に!防ぐための方法とは?

アイアール債権回収から何度も取り立てを受けていたけれども、滞納が続き裁判所に訴えられてしまった人はよく読んでください。

こういった人は、取り立てを放置していたことで裁判になるとは思っていなかったと思います。

そのため、滞納している側にとってはいつも無視している電話番号が変わるだけで、それ以外は何も変わりません。

そのため、多くの人はそのまま気にせず無視を続けてしまうのですが、債権回収会社の取り立てを無視すると裁判所に訴えられてしまいます。

裁判所からは、以下のような内容の通知が送られてきます。

「これより、法的手続の準備に入ります。
これまで再三にわたりお客様の「未払債務」解決のためご案内をさしあげましたが、残念ながら、本日までお支払いがされておりません。

このままの状態を無期限に継続することはできません。本状到着後7日以内に下記「未払債務」を当社口座にご送金ください。

なお、何か特別なご事情がある場合には、当社まで至急お申し出ください。」

上記のような内容で、督促状が送られてきます。

この記載された期日以内に、返済できなければ差し押さえが待っています。

このように、債権回収会社の通知を無視してしまい、法的手続き措置の通知が来てしまったら、急いで弁護士を通して異議申立を行わなければいけません。

送られてきた通知の期間を過ぎてしまうと、強制的に財産や給料が差し押さえられてしまいます。

そうなる前に、弁護士に相談して下さい。

弁護士なら、一括で返済できない状態でも、差し押さえを止めることができます。

今回紹介するそうや法律事務所は、借金問題だけで年間4,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの相談先です。

交渉が難しいと言われる債権回収会社が相手でも、有利な条件を勝ち取るだけの実力がある法律事務所です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

そうや法律事務所は本当に必要な手続きを、無料相談窓口でも教えてくれるので、安心して相談して下さい。

アイアール債権回収について

アイアール債権回収とは、アコム傘下の債権回収会社で、法務省から認可を受けて活動している債権回収会社です。

アイアール債権回収は、アコムに関連する金融機関からも不良債権化した借金の回収業務を受けており、滞納して連絡が取れなくなった人の債権を買い取り、取り立てを行っています。

つまり、今来ている借金の取り立ては決して詐欺ではありません。

あなたが過去に借りた借金を、踏み倒させないために、取り立て専門の業者が回収に来たということを意味しています。

そのため、過去に滞納していた借金があれば、放置していると大変な事態に発展するので、決して無視しないで下さい。

このまま無視を続けると、最終的には裁判で訴えられる恐れがあります。

アイアール債権回収の電話番号

これまで取り立ての電話を無視していたという場合は、掛かってきている電話番号を確認してください。

アイアール債権回収は、電話を無視し続けると返済の意志が無いと見なし、裁判所を通して法的に差し押さえを行ってきます。

この番号は、アイアール債権回収の電話番号なので、履歴にこの番号から電話が来てないか確認してください。

アイアール債権回収の番号

  • 03-5215-6511
  • 092-752-3811
  • 03-5215-6520

出典:iタウンページ

この電話番号から着信が来ているようなら、早い段階で弁護士に相談して、対応方法を教えてもらって下さい。

アイアール債権回収へ債権が移る

ここで、元々お金を借りていたところから、アイアール債権回収に債権が移った仕組みを解説します。

借金をした時に、返済することを条件に契約を結んだと思います。

その契約書には、債務者が借金を返済できなくなり、貸金契約が破綻してしまう恐れがある場合は、債権譲渡をするという記載があります。

債権譲渡とは、債権を第3者に譲り渡すことです。

たとえば100万円の債権を回収できない貸金業者が、債権回収会社にその債権を50万円で売るとします。

この契約のことを、債権譲渡契約といいます。

50万円で売却しても100万円の債権は100万円なので、債権回収会社は債務者に対して100万円の返済を求めることができます。

なお、一般的に債権回収会社に債権譲渡されるときは、借金の5%以下の価格で取引されていると言われています。

つまり、多くの場合は100万円の債権は5万円以下で取引されるということです。

この仕組を覚えて置いて下さい。

上手く活用することで、返済する借金の総額を大幅に減らせる可能性があります。

債務者の承諾は必要ない

注意すべきは、債権譲渡契約は契約時に承諾していることが多いので、債務者の許可なく自由に取引されることです。

そのため、ある日突然「債権回収会社に債権譲渡しました」という手紙が届いて驚く人も多いです。

債権者が代わったからといって、いきなり厳しい取り立てが始まるということはありません。

債権回収会社は、国からの厳しい審査に合格して、初めて営業できる会社です。

その審査内容は厳しく、債権回収会社の数はあまり多くありません。

興味がある方は、法務省の債権回収会社一覧を見ることで、現在の債権回収会社の数を確かめることが出来ます。

要するに、債権回収会社を名乗るには、常に厳しい規制を元に取り立てを行わなければいけないので、暴力団のような取り立ては来ないということです。

貸金業法が改定される前までは、恐喝まがいな取り立てを行う業者もいましたが、現在そのような取り立てを行った時点で刑事罰を受けることになります。

きちんと返済している方でも債権譲渡されることがありますが、その場合は慌てず、新しい債権者に対する返済を考えましょう。

時効の可能性もある

アイアール債権回収から、取り立ての督促状が届いても、時効になっている可能性があり、支払う必要がないこともあります。

なぜなら、消費者金融からの借金は、最後に返済してから5年以上が経過すると時効になるからです。

さらに、債権回収会社は時効になっている債権を買うこともあるため、債務者が時効に気づいていなければ取り立てを行ってきます。

法律上、時効の成立期間を満たしていても、時効の手続きが完了していなければ時効は適用されません。

そのため、債権回収会社は時効の手続きをされる前に借金の取り立てを行います。

時効の場合は、元金を含めて一切支払う必要がありません。

そのため、アイアール債権回収から請求を受けたら、最後の返済から5年以上が経過しているかを確認してください。

時効の確認方法

時効かどうかを判断するには、アイアール債権回収から送られてきた請求書の中身を確認します。

もし、請求書の中に契約内容に関する詳しい記載があれば、その中に「次回返済日」「約定返済期日」「期限の利益喪失日」などが記載されている場合があります。

その場合、次回返済日などの日付から5年以上経過している場合は時効の可能性があります。

アイアール債権回収から差し押さえ

アイアール債権回収からの取り立て電話を無視し続けると、最終的には差し押さえが行われます。

差し押さえの通知書の内容は、記載された期日までに借金を一括で支払って下さいという、一括請求の内容が記載されています。

しかし、支払えるならば借金はしていないはずなので、恐らく払えないかと思います。

そして、最終的に強制的に差し押さえが執行されてしまうという、予告通知書がきます。

差し押さえは、自宅の財産を売り払うというものではなく、会社の給料の差し押さえが対象となります。

なぜ給料差し押さえになるのか

自宅に督促状のハガキが届いたり、金融業者からかかってきた電話を無視したりして借りたお金を返さずにいる方は、注意しておきましょう。

借金を返さずにいると、やがて債権回収会社という取り立てのプロ集団が登場します。

金融業者は、回収が難しくなった債権を、債権回収会社に取り立てを委任するか、安い金額で債権自体を売ります。

そして、その後債権回収会社は本格的に取り立てるために裁判所への訴訟を行います。

今回の体験談では、その債権回収会社がアイアール債権回収だったということです。

アイアール債権回収のような会社は、日常的に裁判所への督促状の依頼を出しているため、決して甘くはありません。

そのため、支払いが滞納しているひとに容赦なく訴訟を起こしてくるので、簡単に裁判沙汰になるのです。

そして、その裁判は債務者に非があるので基本は敗訴してしまいます。

その結果、一括で支払う義務が生じるのですが、支払えないものは支払えないため、確実に支払わせるために給料の差し押さえが行われます。

給料の差し押さえが行われると、会社での給料から返済分のお金が引き落とされてしまうことになります。

もちろん、裁判所から会社へ通知が届くので、会社の人にも借金をしていることが知られてしまいます。

この体験者のようなことになる前に、もうお金を返せないかもしれないと思ったら、弁護士に相談してください。

給料はいくら差し押さえられるか

給料から返済分の金額が引かれてしまう、給料差し押さえです。

しかし、そもそもお金に困っている状態なのに、さらに給料が減ると生活はどうなるのかと不安になるかと思います。

実は、給料差し押さえによって引かれる金額には限度があり、給料が44万円以下の場合は、総額の4分の1を差し押さえられます。

給料が44万円以上の場合は、総額から33万円を引いた額を差し押さえられます。

したがって、万が一給料差し押さえになってしまったとしても、まったくお金が入ってこなくなってしまうことはありません。

給料差し押さえを解除する

給料差し押さえを解除するためには、債務整理という方法で、これまでの借金問題を整理することが出来ます。

債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4通りのやり方があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、これらのうちでもっともあなたに合った方法で、借金の整理をしましょう。

体験談で紹介した人は、債務整理をするにあたって弁護士に相談をしました。

法律のことはよく分からないという方でも、プロの弁護士に任せれば、スムーズに手続きをしてもらえます。

債務整理をすると、返済に追われる不安が解消され、心の負担も軽くなります。

あなたも借りたお金のことでお悩みなら、ぜひ弁護士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

滞納で債務整理をするなら

借金問題の手続きは複雑で素人では判断できない内容がたくさんあります。

手続きで記入しなければいけない書類も専門知識が必要ですし、そもそもどんな手続をしなければいけないかの判断も迷うかと思います。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあり、時効で済む可能性のある借金もあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するそうや法律事務所は借金問題対応件数が4,000件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル