メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

のぞみ債権回収|滞納が続くと裁判になる!その防ぎ方とは?

のぞみ債権回収会社とは、法務省に返済されずに不良債権化した借金を取り立てることを認められた債権回収会社です。

サービサーとは、金融機関等から委託か、債権を購入して取り立てを行う業者のことです。

そのため、のぞみ債権回収から連絡が来た方は、過去に滞納していたという確信があれば自分から無視してはいけません。

なにかしら、本来払うべきだった料金を滞納しています。

このまま無視を続けると、最終的には裁判で訴えられる恐れがあります。

債権回収会社の通知を無視してしまい、法的手続き措置の通知が来てしまったら、急いで弁護士を通して異議申立を行わなければいけません。

異議申立の受付期間は、通知が送られてから2週間以内です。

この期間を過ぎてしまうと、強制的に財産や収入が差し押さえられてしまいます。

そのため、法律に詳しい弁護士に相談しなければいけません。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうかは重要です。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するそうや法律事務所は、債務整理だけで年間4,000件以上という、多くの借金問題を解決している相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる、良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

取り立てに使われる電話番号

これまで電話を無視し続けている人は、これらの番号に見覚えがないか確認してください。

この番号がのぞみ債権回収の電話番号なので、履歴をみてこれらの番号から電話が来てないか確認してください。

のぞみ債権回収の番号

  • 03-5299-5331

出典:iタウンページ

電話の無視などの少しの油断で、将来的に裁判になってしまう恐れがあります。

債権回収会社は、電話や督促状による取り立てが出来ないようなら、すぐに裁判を起こして法的な力で確実に回収してきます。

裁判所から支払い命令が下されると、強制執行と言って、逃れることが出来なくなります。

そうなる前に、専門家の力を借りるなど行動を起こしましょう。

裁判になる前に

のぞみ債権回収からの取り立ては、電話での取り立てとハガキでの取り立てが行われます。

滞納を続けている人は、電話での取り立ては基本的に無視するひとも多いため、自分の借金がサービサーである債権回収会社に移譲されたことに気づけ無いことも多いです。

この気づかないことが、最悪の自体を招きます。

のぞみ債権回収は、電話やハガキに反応がないと、取り立てを無視しているという風に判断してしまいます。

そのため、長期間連絡が取れない日が続くと強制的に借金を回収することができる裁判所から一括請求の督促状を送付してきます。

この督促状には、法的手続の準備に入らざるを得ません、という旨の内容が記載されています。

何度も督促状を送ったにも関わらず、のぞみ債権回収からの連絡を無視し続けているのは、あまりにも効率が悪いため、差し押さえを行うという意味です。

このとき、2週間以内に、支払いが済まなければ法的な強制執行が待っており、差し押さえが行われてしまいます。

こういった債権回収会社が行う差し押さえは、収入の差し押さえが該当します。

滞納放置をする人は多い

滞納を繰り返すと、感覚がおかしくなるのか、支払わないのが当たり前になってしまいます。

特に電話を無視し続けてしまえば、滞納してしまう現実から目を離すことができるので、気がつけば2ヶ月目の支払いも滞りはじめます。

借金の滞納は、放置しても電気やガスなどと違って、何も生活は変わらないため、支払いを放置してしまう人が多いです。

のぞみ債権回収へ債権譲渡

滞納したまま放置すると、自宅宛に封筒が届きます。

封筒の中身は、のぞみ債権回収会社に債権を譲渡しますという、債権譲渡の通知です。

大抵の人は、のぞみ債権回収なんて聞いたことは無いはずなので、何だこれはと思います。

さらに、既に滞納することについて平気に思っているため、支払う気起きずに通知も無視してしまいます。

そんな日が続くと、のぞみ債権回収から取り立ての電話がくるようになります。

のぞみ債権回収から差し押さえ

のぞみ債権回収からの取り立て電話も無視し続けると、最終的には差し押さえが行われます。

差し押さえの通知書の内容には、記載された期日までに借金を一括で支払って下さいという、一括請求の内容が記載されています。

当然支払えるわけがないでしょう。

支払えるならばとうの昔に支払っているはずです。

そして、最終的に強制的に差し押さえが執行されてしまうという予告通知書がきます。

差し押さえは、自宅の財産を売り払うというものではなく、会社の収入の差し押さえが対象となります。

ここで、仕事をしていない場合は自己破産をするしか無くなります。

時効はありえるのか

のぞみ債権回収から、取り立ての督促状が届いても、時効になっている可能性があるため、支払う必要がないときもあります。

なぜなら、消費者金融などからの借金は、最後に返済してから5年以上が経過すると時効になるからです。

さらに、債権回収会社は時効になっている債権を安く買うことも行っているため、債務者が時効に気づいていなければ取り立てを行ってきます。

法律上、時効の成立期間を満たしていても、時効の手続きが完了していなければ時効は適用されません。

そのため、債権回収会社は時効の手続きをされる前に借金の取り立てを行ってくるのです。

時効の場合は、元金を含めて一切支払う必要がありません。

そのため、ポイントになるのは、のぞみ債権回収から請求を受けた場合に、最後の返済から5年以上が経過しているかどうかということを確認しなければいけません。

なぜ差し押さえされるのか

自宅に督促状のハガキが届いたり、金融業者からかかってきた電話を無視したりして借りたお金を返さずにいる方は、注意しておきましょう。

借金を返さずにいると、やがて債権回収会社という取り立てのプロ集団が登場します。

金融業者は、回収が難しくなった債権を、債権回収会社に取り立てを委任するか、安い金額で債権自体を売ります。

そして、その後債権回収会社は本格的に取り立てるために裁判所への訴訟を行います。

のぞみ債権回収のようなサービサーは、日常的に裁判所への督促状の依頼を出しているため、決して甘くはありません。

そのため、支払いが滞納しているひとに容赦なく訴訟を起こしてくるので、簡単に裁判沙汰になるのです。

そして、その裁判は債務者に非があるので基本は敗訴してしまいます。

その結果一括で支払う義務が生じるのですが、支払えないものは支払えないため、確実に支払わせるため差し押さえを行ってくるのです。

差し押さえが行われると、会社で返済分のお金が引き落とされてしまうことになります。

もちろん、裁判所から会社へ通知が届きますから、会社の人にも借金をしていることが知られてしまいます。

きっと、恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

差し押さえとは、お金を借りた銀行や消費者金融業者が裁判所を通して支払いの命令を出し、あなたの会社から借金を回収することです。

このようなことになる前に、もうお金を返せないかもしれないと思ったら、すみやかに法律相談所の弁護士へご相談ください。

収入差し押さえを解除する

収入差し押さえを解除するためには、債務整理という方法でこれまでに借りたお金の整理をする必要があります。

債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4通りのやり方があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、これらのうちでもっともあなたに合った方法で、借金の整理をしましょう。

法律のことはよく分からないという方でも、プロの弁護士にお任せすれば、スムーズに手続きをしてもらえます。

債務整理をすると、返済に追われる不安が解消され、心の負担も軽くなります。

あなたも借りたお金のことでお悩みなら、ぜひ法律事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

問題が大きくなる前に債務整理

自分の収入は自分がわかっているわけですから、その借金が返せるかどうかも自分でわかるはずです。

督促状が来た時点で、残された時間は少ないので、借金を返済できないのであれば、弁護士や司法書士に相談して、債務整理手続きに入るのが良いと思います。

債務整理することで、個人信用情報機関に事故情報(異動情報)が記録されますので、当分は借金やローンをすることができなくなりますが、差し押さえよりは良いと思います。

自己破産したら人生が終わると思っている人も多いですが、一定期間新たに借金したりローンが組めなくなるだけで、特に大きな問題は感じない人が多いはずです。

返済額が大幅に減る可能性もありますので、検討してみてください。

弁護士に依頼するメリット

弁護士にのぞみ債権回収との交渉を依頼すると、原則として和解が成立するまでの間は、返済をする必要はありません。

和解交渉を進めるにあたっては、交渉の前提として負債総額を確定するため、債権調査を行う必要があります。

この債権調査期間中に返済をされてしまうと、負債額が変動してしまい、和解交渉が困難になるため、返済を一度止めて頂くのが通常の取扱いとなっています。

依頼書の方には、返済が止まっているこの期間を利用して、返済に追われて乱れた収支状況を立て直していただくとともに、立て直した収支状況のもと、無理なく支出することが可能な返済月額を考慮することができます。

弁護士を選ぶときのポイントとは

こうした弁護士は、債権者である消費者金融業者の立場も考慮して交渉してくれるので、金融業者側も遅延損害金のカットに応じてくれやすくなります。

弁護士を選ぶ際のポイントは次の3点です。

任意整理の経験は豊富かどうか

遅延損害金の請求は合法であるため、貸金業者は債務整理の経験や実績が少ない弁護士に対しては強気に出ることが多く、債務者に不利な和解案を提示されがちです。

そうすると、借金の減額幅が低く抑えられてしまいます。

弁護士の専門分野は何なのか、任意整理について十分な専門知識と実績を持っているかを確認しましょう。

相談時に誠実な対応か

相談者の不安や悩みを真摯に受け止めてくれ、十分に納得のいく説明と具体的な債務整理の方法を提示してくれる弁護士を選びましょう。

また質問に対して弁護士が丁寧に答えてくれるかも確認しましょう。

報酬体系が明確かどうか

相談する弁護士や事務所によって、弁護士費用の設定は異なります。

必要となる費用について言葉を濁す、説明を曖昧にするような弁護士は、そもそも信頼に足る人物ではありません。

遅延損害金を武器に過払い金返還請求に応じない貸金業者は手強い相手かもしれません。

しかし、債務整理に強い弁護士などの専門家に協力を仰げば、遅延損害金のカットや過払い金を取り戻すことに成功するでしょう。

頼りになる専門家を見つけてください。

弁護士と司法書士の違い

依頼人の経済的利益が140万円以内であることが司法書士に依頼できる条件となります。

例えば、過払い金請求を行い、180万円の過払いを受け取る権利が発生した場合、司法書士に依頼した場合は140万円を超えた時点で依頼できません。

その先は自分で手続きするか、新たに弁護士を雇うしかありません。

また、交渉がもつれて簡易裁判所から地方裁判所に移ってしまうと司法書士は簡易裁判所までしか対応できません。

さらに、個人再生、自己破産においての代理人の権限はありません。

このように、司法書士は過払い金請求、任意整理においては制限付きで代理人業務を行うことができます。

安易に、弁護士より、司法書士の方が安いからと司法書士に依頼してしまうのは危険極まりありません。

借金の状況に寄りますが、140万円を超えることが分かっていても、依頼金のために相談を受ける司法書士もいます。

借金が返済できなくなったら

借金が返済できるあてが無く、本当に借金地獄に陥ってしまったら、弁護士に相談することで借金の負担が減ります。

債務整理という法律でそういった人たちの救済措置がとれます。

今回紹介するそうや法律事務所の松木先生と町井先生は、借金問題の相談を無料で行っている良心的な弁護士の1人です。

弁護士歴も25年あるベテランで、年間4,000件もの借金相談を受けているその道のプロです。

松木先生と町井先生に相談すれば、借金問題を必ず解決できるでしょう。

そうや法律事務所の松木先生と町井先生への無料相談窓口はこちら。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル