港債権回収|長期滞納で差し押さえになる!?防ぐ方法とは?

港債権回収から差し押さえ

借金を返済しないで、長期間滞納したまま放置していると、数ヶ月後に差し押さえの予告通知が届きます。

この通知は、簡易裁判所から送られてきます。

適切な対応を取らないと、港債権回収が裁判所に申し立てた一括請求の判決や、差し押さえが確定します。

差し押さえを止めるには、判決が下る前に弁護士に相談して下さい。

弁護士に相談して、借金問題の解決を依頼する、弁護士は債権者に向けて代理人になったこと連絡します。

貸金業法では、債権者はこの連絡を受けた後に取り立てを行うと、罰則を受けることになるため弁護士に依頼すれば差し押さえを止められます。

この取り立てが止まる期間の中は、弁護士が返済の履歴を元に、違法な金利で取り立てが行われていないか、利息の引き直し計算という調査をします。

この調査期間中に、弁護士への依頼費用を貯めて下さい。

債務整理を依頼する多くの人は、依頼時にお金を持っていません。

弁護士もそのことは理解しているため、この取り立てが停止する機関の間に弁護士費用を貯めるように案内しています。

弁護士費用を心配している人は、この期間で貯めたお金で支払えば良いので安心して下さい。

いままでの返済分を充てれば、弁護士費用は間に合うかと思います。

支払うべき金額が確定した後、弁護士が代理人となって債権者との交渉に入ります。

この交渉は、弁護士の実力によって結果が左右されます。

弁護士の交渉力によって、減額される金額や分割払いにする時の期間の長さが変わってきます。

弁護士には、本来取り扱う法律問題が多数あります。

殆どの弁護士は、自分の得意分野を持っているため、依頼するなら借金問題を得意とする弁護士を選ぶべきです。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、実績豊富な相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

サルート法律事務所は、今までの経験から相談者の事情をよく理解しており、無料相談窓口はもちろん、弁護士費用の分割払いにも対応しています。

そのため、今支払うお金がなかったとしても手続きすることができます。

弁護士費用が払えなくて相談を迷っているなら、ぜひサルート法律事務所に相談して下さい。

サルート法律事務所は、相談者が本当は債務整理する必要が無いと分かったら、無理に手続きをさせずに返済のアドバイスだけでも教えてくれる良心的な事務所です。

あなたに寄り添った解決方法を提案してくれるでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

港債権回収の電話番号

これまで電話を無視し続けている人は、これらの番号に見覚えがないか確認してください。

以下が港債権回収の電話番号なので、履歴をみてこれらの番号から電話が来てないか確認してください。

港債権回収の番号

  • 03-6439-0222

出典:iタウンページ

取り立てを無視すると、将来的に裁判になってしまう恐れがあります。

債権回収会社は、電話や督促状による取り立てが出来ないようなら、すぐに裁判を起こして法的な力で確実に回収してきます。

そうなる前に、専門家の力を借りるなど行動を起こしましょう。

債権回収会社は国公認の企業

債権回収会社とは「債権管理回収業に関する特別措置法」に基づき、借金を回収する業者のことです。

「債権管理回収業に関する特別措置法」通称サービサー法に基づき、法務大臣の承認を得て営業を行っている企業です。

そのため、悪徳業者ではありません。

債権回収会社は、バブル崩壊時に不良債権が多数発生したときに生まれた業種です。

それまで弁護士しか、貸金業者に変わって債権回収業務の代行を行えないようになっていました。

しかし、世の中に不良債権が溢れていたので、その状況を改善するために、国からの下記のような厳しい条件をクリアした会社が債権回収を行えるようになりました。

  • 資本金5億円以上の株式会社であること
  • 債権回収行の営業許可を法務省から取り消された場合、その日から5年以上が経過していること
  • 取締役に弁護士を選任すること
  • 暴力団員および暴力団員でなくなった日から5年が経過する人物が事業を支配していないこと

※詳しくは法務省のページを御覧ください。

つまり、港債権回収は国からの厳しい審査を通過した正規の債権回収会社なので、決して詐欺会社ではないので勘違いしないようにしましょう。

次に、詐欺会社についても解説します。

債権回収会社を名乗る詐欺

債権回収会社を名乗る詐欺会社にも注意して下さい。

最近ですが、正規の債権回収会社の名前を語ったり、似た名前で架空請求を送りつけてくる悪徳業者がいるようです。

そのため、非常に紛らわしいのですが、港債権回収から取り立ての督促などが来ても、まずは本物の港債権回収からの請求なのかどうかを調べる必要があります。

詐欺会社から送られてくるハガキには、本日中にご連絡下さいと言った通知や、SMSやメールを使ってその日のうちに連絡させようとしてきます。

しかし、実際の債権回収会社はメールで取り立ての連絡は行いません。

そのため、メールで連絡が来るようであれば、詐欺会社なのですぐに警察や弁護士に連絡を入れましょう。

放置していると、詐欺事件に巻き込まれる可能性があります。

港債権回収とは

港債権回収は、貸金業者からの不良債権の回収や、他社からの取り立て業務の請負を行っています。

もし、自宅に港債権回収に債権を譲渡したという通知が送られてきているなら、あなたは港債権回収から取り立てを受けることになるということです。

港債権回収は、多くの実績があることから、他社からの債権回収依頼も多く受けています。

そのため、港債権回収から取り立てを受けているようなら、対処は慎重さが求められます。

電話をしたり1度でも返済してしまうと、取り立ては激しくなります。

例え借金を時効にできる条件を満たしていたとしても、一度でも返済してしまうと「債務の意思あり」とされてしまいます。

その結果、時効の期間はリセットされます。

差し押さえについて

そもそも、差し押さえとは、借金などの返済が滞っている債務者に対し、債権者が裁判所に申し立て、債務者の勤務先から債権を回収する法的手段です。

裁判所を介しているので、法的な強制力があり、法的にも認められた手法なので無視してやり過ごすことはできません。

債権回収会社を相手に滞納していると、このような差し押さえという手段が取られてしまいます。

具体的に差し押さえの対象になるのは、動産、不動産、株券、預貯金などですが、会社からの給料も差し押さえの対象になります。

給料が差し押さえられると生活も苦しくなりますし、勤務先からの信用も失います。

差し押さえの原因になること

借金を返さず何ヶ月も滞納している状態が続くと、やがて債権回収会社という取り立てのプロ集団が登場します。

自宅に督促状のハガキが届いたり、債権回収会社から掛かってきた電話を無視して借りたお金を返さずにいる方は、差し押さえを受けるかもしれません。

貸金業者は、回収が難しくなった債権を、債権回収会社に取り立てを委任するか、安い金額で債権を売ります。

そして、債権が移っても返済が長期間確認出来なければ、債権回収会社は本格的に取り立てるために裁判所への訴訟を行います。

港債権回収のような会社は、日常的に裁判所への督促状の依頼を出しているため、決して甘くはありません。

支払いが滞納している人に対して、手早く訴訟を起こすので、簡単に裁判にまで発展してしまいます。

そして、その裁判は滞納している債務者に非があるので基本は敗訴してしまいます。

裁判に敗訴してしまうと、借金の一括請求が強制執行されます。

しかし、滞納している人の殆どは膨れ上がった借金を一括で支払えるほどお金を持っていません。

そのため、確実に支払わせるために給料の差し押さえを行ってきます。

この給料の差し押さえに拒否権はありません。

給料の差し押さえが行われると、会社での給料から返済分のお金が引き落とされてしまうことになります。

もちろん、裁判所から会社へ通知が届きますから、会社の人にも借金をしていることが知られてしまいます。

このようなことになる前に、もう返せないと思ったらすみやかに法律相談所の弁護士へご相談ください。

給料が差し押さえられる

差し押さえを受けると、給料から返済分の金額が引かれてしまいます。

しかし、そもそもお金に困っている状態なのに、さらに給料が減ると生活はどうなるのかと不安になるかと思います。

実は、給料差し押さえによって引かれる金額には限度があり、給料が44万円以下の場合は、総額の4分の1を差し押さえられます。

給料が44万円以上の場合は、総額から33万円を引いた額を差し押さえられます。

したがって、万が一給料差し押さえになってしまったとしても、まったくお金が入ってこなくなってしまうわけではありません。

差し押さえる前の対策

給料差し押さえを防ぐためには、債務整理という方法でこれまで借りたお金の整理をする必要があります。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3通りのやり方があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、これらのうちでもっともあなたに合った方法で、借金の整理をしましょう。

専門家を頼る

専門的な知見から、アドバイスをもらえて、かつ取り立てを止めることができます。

サービサー特措法の規定により、債務者が弁護士に依頼した場合、弁護士を通して連絡が行われるようになります。

そのため、直接の取り立てが停止します。

万が一、裁判に訴えられた場合も、適切な対応が可能です。

よくある勘違いで、弁護士に依頼することが自己破産につながるという誤解がありますが、実際に自己破産は自分で選ばなければ行われません。

自己破産を行わなくても、法的な根拠に基づいた交渉や権利の主張、時効の援用などにより、問題を解消できる可能性もあります。

また、裁判所に一度も行かず、あなたにとってメリットの大きい形で、問題が解決できることも多くあります。

正式な依頼となると、弁護士費用の面で不安もあるかと思います。

そこで、まずは無料相談を利用して下さい。

いまでは多くの法律事務所が無料相談を受付けています。

無料相談をするだけでも、専門家のアドバイスがもらえるため、大きな違いがあります。

プロの視点から、あなたが置かれている現状を解説してもらうことで、より正しい選択ができるようになります。

どんなことを相談できるのか

無料相談で相談できる内容について紹介します。

電話をすると、今の借金の状況を聞かれます。

いくら借りているのか、いつから借りているのか、どこから請求されているのか、今の収入はどれくらいなのか、こういったことが聞かれます。

これらのことを伝えることで、どんな手続きができるか、判断することができます。

そのうえで、時効で解決できるのか、債務整理で解決できるのかを聞きましょう。

各種手続きについてよくわからなければ、手続きについての質問をするだけでも大丈夫です。

例えば、自己破産するしかないと思っているなら、ほかに方法がないか聞くことができます。

こういった相談内容というのは、もちろん法律事務所に来訪して相談をすることもできます。

しかし、近くにそういった事務所がないという場合には、電話やメールで相談をすることもできるので、安心して相談してください。

サルート法律事務所がおすすめ

借金問題を解決しなければいけなくなったら、サルート法律事務所に相談することをおすすめします。

当サイトがおすすめするサルート法律事務所は債務整理に強い法律事務所で、これまでの相談件数は2万件以上にあります。

さらに、サルート法律事務所の代表弁護士である水野先生は弁護士歴40年のベテランで、交渉力がある弁護士です。

サルート法律事務所の水野先生なら、過去に多くの交渉をこなしており、難しい債務整理の交渉でも上手くまとめてくれます。

取り立てを止めたいという方や、今受けている厳しい取り立てをどうにかしたいという方は、今すぐにでも相談するといいでしょう。

さらに、あなたの借金の状況と返済能力に応じた対応をしてくれるので、どの債務整理手続きをした方がいいのか無料で教えてくれます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ