ほくほく債権回収|滞納のデメリットとは?取り立ての対処法

債権回収会社で滞納する危険性

滞納を長期間続けると、もともと借りていた債権者から、債権が債権回収会社に移ったという内容の手紙が届きます。

この通知が来ると、借金の返済先はほくほく債権回収に変わります。

また、ほくほく債権回収が指定する返済日に支払えない場合は、督促状が送付されてきます。

この時点で、すでに信用情報機関に滞納が発生しているという情報が登録されます。

さらに、督促の電話が掛かってきて、遅延損害金という違約金も発生します。

それでも支払いが行われないと、まず持っているカード類はすべて解約になり、信用情報機関に金融事故を起こした人として登録されます。

もし、この状態を防ぎたいと思うなら、直ぐに弁護士に相談して下さい。

滞納してしまった借金がどうしても支払えないなら、一度弁護士に相談することで、利息によって膨れ上がった分を無くすことや、借金を減額できる可能性があります。

今回紹介するサルート法律事務所は、借金の滞納問題の実績がある法律事務所です。

その実力の裏付けに、年間で2万件以上の借金問題の相談を受けており、多くの人の借金問題を解決してきています。

借金問題を相談するなら、経験豊富な弁護士に相談した方がいいです。

サルート法律事務所は、借金問題に理解がある法律事務所で、相談する人がお金を持っていないことも重々承知しているため、相談料を無料にしています。

無料相談の中で、きっとあなたに合った一番の解決法を提示してくれます。

弁護士法人サルート法律事務所

ほくほく債権回収の電話番号

ほくほく債権回収が使っている電話番号は以下の通りです

  • 076-423-6520

出典:iタウンページ

ほくほく債権回収からの連絡は、支払指定日を過ぎた翌日から来るようになります。

そして、無視し続けることで最終的に裁判になってしまう恐れがあるので注意してください。

そのため、早い段階で問題にならないように、弁護士に相談して下さい。

相談する時は、無料相談窓口からでも十分対応してくれます。

滞納によるカードへの影響

滞納をすることで、カードが強制解約になることがあります。

当たり前ですが、支払い義務は残り続けます。

強制解約された記録は、信用情報機関というローンなど、代理でお金を建て替えてくれるサービスの利用履歴を管理する機関に共有されます。

そして、その情報は他の会社にも共有されるため、当分の間どこの会社からも借入ができなくなります。

信用情報機関は、ほぼすべてのクレジットカード会社・銀行・消費者金融なども利用をしています。

何度も支払い遅延が起きていて、滞納が発生している情報は、他社も確認することができるので、借金をしていないカードも強制解約されることがあります。

このような状態の場合、新たにカードを作ることができなくなります。

つまり、ほくほく債権回収の滞納の支払いをするために、別の消費者金融で借入を申し込んだとしても、借りることができなくなります。

あまり知られていませんが、キャッシングというのはどこか1社でも返済が滞ってしまうと、連動して解約されてしまったり、新たなカードを作成することができなくなります。

そのため、計画的に利用することが重要です。

ほぼすべてのクレジットカード・銀行・消費者金融は、情報を共有していることを覚えておいてください。

ほくほく債権回収の取り立て

返済日を過ぎて、入金が確認できなければ、支払い日の翌日に携帯電話に連絡が入ります。

ほくほく債権回収は、本人以外が出ることも考慮して、社名で電話をしてくることはなくスタッフが個人名を使って電話をしてくれます。

滞納の初期段階なら、こちらにも配慮してくれ「いつなら入金可能なのか」という確認をしてくるだけです。

支払う余裕があるのに、うっかり支払いを忘れていたり、風邪で寝込んでしまって支払いができなかった、などという理由があるのなら、こちらからほくほく債権回収に連絡して支払える日をしっかり伝えましょう。

ほくほく債権回収へ支払いが遅れたら

1日くらい入金が遅れてしまうことは、誰にでもあり得ることです。

一週間後の給料日に、絶対に支払えるけど今は返済するお金が無い場合でも、無視せず連絡してその旨を伝えてください。

同様に、お金が手に入ることと、入金の約束ができれば、約束をした日までしつこく連絡が来るということもありません。

しかし、一週間後に支払いますと自ら約束したにも関わらず、その期日を過ぎても支払わないとなると、何度も連絡が入ったり、話し方も最初のように穏やかではないこともあります。

この電話さえ乗り切ればという軽い気持ちで、その場しのぎの嘘をつかないように心がけてください。

滞納したときの対処法

どうしても返済ができないという場合には、債務整理という手段もあります。

債務整理というのは、借金の状況によって減額や0円にすることができる手続きです。

もちろん条件はありますが、大抵の借金はこの手続で借金の負担を減らすことができます。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という3つの手続きがあります。

実際の手続きは、弁護士に任せることになるので債務整理が得意な法律事務所の無料相談を利用してください。

滞納分が払えなければ債務整理

借金の額が大きい、収入の増加が見込めない、すぐに働ける見込みがない、という場合はこの選択肢をとることが一般的です。

債務整理を行えば、

  • 利息をカットできる
  • 過払い金請求があれば戻ってくる
  • 借金を減額できる可能性がある
  • 借金を全額免除できる可能性がある

という効果が期待でき、借金の状況によっていくつか選択することができます。

実は、払いきれない借金をした人の最終手段として債務整理は行われるので、あまり知られていませんが日本では年間で百万人以上が利用している手続きです。

あまり知られていない理由は、借金自体が声を大きくして人に話せる内容ではない、という理由が考えられます。

返済の目処が立たない場合は、借金問題に強い弁護士に相談して、今後のアドバイスをもらうのがいいでしょう。

現在は、ほとんどの法律事務所で無料相談ができます。

ただ、弁護士に手続きを依頼すると費用が気になるという人も多いと思います。

弁護士もそのことは分かっているため相談を無料で行っており、自分の借金が減ると分かったら費用の発生する契約を行えるようにしています。

また、費用は分割で支払っていけるので、費用面も含めて相談してみると良いでしょう。

債務整理について

ほとんどの方が耳にしたことがある自己破産は、全ての借金を0円にすることができる方法ですが、それに伴うデメリットも少なくありません。

他にも、借金の残額を減らして返す任意整理、財産は手放さずに借金を整理する個人再生(民事再生)と大きく分けて3種類あり、それぞれの内容とメリット、デメリットは少しずつ異なります。

なぜ3種類もあるのかというと、借金を返済できない側の事情も人によって様々であり、状況にあった方法を選べるようになってきたということです。

実は、この3つの方法が整備されたのは、比較的最近のことです。

そのため、個人再生や任意整理よりも、過去に多く利用された自己破産のほうが知名度が高くなっています。

疑問点は聞いたほうが早い

債務整理をすると、秘密にしていた借金を家族や勤務先、親戚などに知られてしまうのではないか、ということが気になると思います。

その心配はしなくてもよく、秘密のままにしておくことも可能です。

自己破産と個人再生をする場合には、国が発行している「官報」という雑誌に、名前が掲載されることになりますが「官報」が一般人の目に触れることはまずありません。

そのことを気にして、債務整理をためらう必要はありませんし、家族や職場をはじめ周囲に何か連絡があるなどということはありません。

秘密にしていた借金がバレるのではと心配している方は意外と多く、そのために二の足を踏んでいる方はかなり多くいます。

それよりも、重い借金に苦しんで日々を過ごしている方であれば、債務整理で得られるメリットの方がはるかに大きいのが事実です。

債務整理の準備

初めて債務整理の相談をするとなると、知らないことだらけで、不安になるかと思います。

そこで、債務整理前に方法と手順を紹介します。

普通、債務整理は人生で何度も行うものではないため、ほとんどの人が初心者です。

そのため、不安はあると思いますが、この手順を見て少しでも不安に思うことを解消してもらえればと思います。

相談する弁護士の選び方

良い法律事務所を探すコツは、法律事務所のホームページで借金問題についてアピールしているかです。

弁護士が扱う相談には、離婚問題、相続問題、刑事事件など様々な問題があります。

弁護士にも得意分野があるので、借金問題が得意な法律事務所を頼ることをおすすめします。

万が一、全く関連性のないような交通事故の示談交渉が得意な弁護士に依頼してしまって、債務整理に失敗しないようにしましょう。

時間を無駄にしてしまいますし、その時の手続き費用を無駄にしてしまいます。

そのため、法律事務所は慎重に選んでください。

ホームページをよく読んで、さらに実績の件数が多い法律事務所を選ぶと失敗することはないでしょう。

現在の借金の状況を説明する

弁護士に相談するのは無料で行えます。

相談をすると弁護士から、

  • 現在の借入れ社数
  • 借入れ額
  • 借入れ日
  • 現在の収入と支出の内訳
  • 毎月いくらずつなら支払い可能なのか

このようなことを聞かれるので、わかってる範囲で良いので答えてください。

その情報を元に、整理するべき手続きを判断して、減額される金額と今後の返済計画を作ってくれます。

弁護士からの提案を一旦考える

弁護士から提案されたら、まずは一旦電話を切って再度落ち着いて考えてみましょう。

提案されても、依頼するかどうかはあなたの意思次第です。

このとき、無理やり契約を迫られることは無いので安心して下さい。

また、費用も掛かりません。

あくまで、あなた自身の借金の負担を減らせるかどうかが重要なので、よく考えて契約するかを決めましょう。

弁護士の提案内容を基に、自分が本当に返済できそうか、返済計画に基づいた生活に耐えられそうかなど、なるべく深く考えてみて下さい。

手続きを依頼

提案内容に納得したのであれば、弁護士への依頼料金を支払いして和解交渉がスタートします。

弁護士への依頼料相場は、借入先1社につき約3万円程度が目安です。

費用の発生は、実際に面談して契約してから発生するので、電話で相談することは無料でできます。

このとき弁護士も、相談者がお金を持っていないことは十分理解しているため、契約してからの支払いは後払いが基本となっています。

弁護士と債権回収会社が交渉する

弁護士と債権回収会社が和解交渉をしている最中は、取り立てをストップしてもらえます。

一般的に、この支払い義務が止まったタイミングは、弁護士費用を貯める期間として使われることが多く、弁護士費用の悩みはここで解消されます。

これまで債務整理の手続をした人の殆どは、この期間に費用を貯めることが出来ています。

また、分割払いも受けて付けている法律事務所が多いため、足りない場合は分割で支払っていくことも出来ます。

和解成立の通知がくる

和解交渉が成立すると、弁護士から書面で通知が届きます。

これは、和解が成立した債権回収会社との和解契約書です。

内容は、この金額に対して毎月この金額をお支払いします、約束を破ると一括で支払いしますという契約内容です。

債務整理の専門家に相談する

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するサルート法律事務所は、借金問題の相談件数が2万件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、あなたに合った費用の掛からない手続きを教えてくれる、良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ