メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

テアトル債権回収|自宅訪問の取り立てに注意!その意味とは?

テアトル債権回収から自宅訪問の予告通知が届いたら、かなり深刻な状況だと思って下さい。

いまのあなたの状況は、国から許可を得て債権回収業務を行っている、取り立て専門の業者を相手にしている状況です。

この状況のまま、何もしないでいると裁判所に訴えられてしまいます。

本来なら、段階を追って訴訟まで行きますが、自宅訪問の予告通知が来ているということは、既に訴訟の一歩手前の段階です。

もし、自宅訪問によって借金を返済することが出来なかったら、数週間以内に訴えられてしまいます。

訴えられてしまったら、返済出来ずに滞納している側に非があるため、裁判に勝つことは出来ません。

敗訴すると、法的強制力を持って一括返済が求められてしまいます。

この時、請求されている金額を一括で返すことが出来なければ、今度は差し押さえの手続きが強制執行されます。

強制執行を受けると、車や家、貯金や給料などが差し押さえられることになり、今までのような生活を送ることは出来ません。

このような悲惨な状況になりたくなければ、しっかりと返済するか、債務整理という方法で法的な保護のもとで借金を減額してもらうようにしましょう。

債務整理の手続きをすると裁判で判決が出ていない限り、一括返済が求められていても分割払いに戻すことが出来ます。

さらに、そもそも返済が無理で滞納しているようなら、返済できる金額まで借金を減らせる可能性があります。

債務整理は、弁護士・司法書士に相談することで手続きを開始できます。

このとき、借金の相談をする弁護士・司法書士事務所は慎重に選んでください。

弁護士・司法書士が取り扱う法律問題は、様々な種類があるため、弁護士・司法書士にも得意な分野があります。

そのため、借金問題が得意な弁護士・司法書士を探さないと、余計な相談料が取られることもあります。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

テアトル債権回収の電話番号

テアトル債権回収の電話番号を紹介します

テアトル債権回収の番号

  • 092-271-6710

出典:iタウンページ

滞納していると、上記の番号から掛かってくるはずです。

1つ注意として、テアトル債権回収を語った詐欺が確認されています。

そういった詐欺は、メールであなたに最終通告というタイトルでメールを送ってきます。

しかし、債権回収会社が連絡する時は、メールではなく電話や督促状などで連絡を取るのが基本です。

そのため、騙されないように一度電話番号を確認することをおすすめします。

テアトル債権回収の自宅訪問

取り立てで自宅までやってくるのは、本当に限られたケースだけです。

それは返済が滞っていて、なおかつ本人と連絡が取れない場合です。

返済日に返済がされていないと登録した電話番号に連絡が来ます。

このとき返済が遅れた理由を説明し、改めて入金日を設定すれば自宅までやってくることはありません。

たとえば何度も連絡があったのに電話を無視したり、郵送による通知を送っても音沙汰がなければ自宅訪問は最終手段となります。

ただし、この自宅訪問は一昔前のような強引な取り立てとは違います。

取り立て方法についてはいくつか規定がありますのでそれを無視すると違法になります。

まず、深夜や早朝に訪問することはできません。

また大声を出したり、暴力的なことをしたり、脅迫行為を行うことはできません。

その他にも第三者に借金のことを知らしめるような行為、また本人以外の人物に対して取り立てを行うこともできません。

もし違法な行為があればすぐに警察を呼んで、違法な行為があったことを証明してもらえるようにした方がいいでしょう。

訪問による強引な取り立ては禁止されているとはいえ、返済日にお金を返さないのは完全なルール違反です。

もちろん、借りたお金はきちんと返済していればこういったトラブルは起きません。

自宅訪問で居留守をは意味が無い

自宅訪問の取り立てに対して、居留守を使っても意味はありません

これまで、電話の無視などをしてきたため、居留守を使えば凌げると思っている人もいるかもしれませんが、意味はありません。

1度や2度程度なら、また後日、訪問を受けるだけで、その場はやり過せます。

しかし、居留守を使っても、あなたの家のポストを見て中に入っている宛名を確認したり、隣人に話を聞いたりなど、あなたが訪問した住所に住んでいることを確認してきます。

住んでいることさえ確認できれば、あとは訴訟を起こして差し押さえをすれば、借金を回収出来るからです。

かといって、訪問に対応してしまっても、今度は相手のペースに乗せられ不利な発言や行動を引き出されてしまう危険性があります。

そのため、自宅訪問の連絡が来た時は、速やかに弁護士・司法書士に相談しましょう。

支払い遅延時のペナルティ

借金の支払いが滞ってしまうと、遅延損害金という名前の延滞金が発生します。

遅延損害金は、書面上では大した金額に見えませんが、年間単位で遅延してしまった場合は、借金総額の20%を請求される負担の大きいものです。

しかも、遅延損害金はいくら支払っても全く元金が減らないため、支払わないに越したことはありません。

この遅延損害金は、借金が貸金業者から債権回収会社に移譲されても、常に掛かるものです。

もちろん、住宅債権管理回収機構から債権の請求を受けている人も、決して例外ではありません。

住宅債権管理回収機構から取り立てを受けているということは、滞納の状態が長期的に続いている人でしょう。

こういった人ほど、遅延損害金による返済金額の増加が顕著で、返済しようと思っても、利息や遅延損害金の分の返済しかできないようになり、いつまで立っても返済できない状態になってしまいます。

そのため、まずは遅延損害金を溜めてしまうことの危険性について解説し、遅延損害金の計算方法と、遅延を起こさないための方法を紹介します。

遅延損害金とは

遅延損害金とは、借金の支払い遅れ分の中で、契約に基づく損害賠償金のことを遅延損害金といいます。

この遅延損害金は、利息と同じく借りていた元本を元に、損害金額が決まります。

そのため、遅延利息と呼ばれることもあります。

ローン会社やクレジットカード会社によっては、遅延利息、延滞利息という名で言われることもありますが、これらは遅延損害金のことを指しています。

遅延損害金は、本来の利息とは全く別物であり、返済が遅れた場合は本来の利息と、遅延損害金の両方を支払わなければなりません。

自宅訪問の対処法

債務整理で借金問題を解決する

返済を待ってもらっても、支払いが苦しい場合には、テアトル債権回収に相談をしてもどうしようもないので、債務整理をすることを考えましょう。

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きのことで、以下のような3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

状況に応じた適切な手続きを選択すれば、大抵の借金問題は解決できます。

債務整理で得られる効果

債務整理をすると、たとえば任意整理では借金返済額を減額してもらえて月々の返済額も減ります。

その結果、完済まで遅延することなく返済を続けていけるようになります。

個人再生を利用すれば、借金返済額を大きく減額してもらえるので返済が非常に楽になります。

自己破産を利用すれば、借金返済義務が完全になくなるので、その後の借金の遅延の心配はなくなります。

債務整理は、自分で手続きするには専門的な知識が必要になるので、弁護士・司法書士に依頼することをおすすめします。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼したら、その後の遅延損害金の発生も抑えられますし、督促も止まるので精神的にも非常に楽になります。

さらに、債権者から送られてくる通知も、今後は全て弁護士・司法書士事務所に送られるようになるので、家族に借金が知られる危険性も低くなります。

そのため、借金が返済出来ない場合には、まずは任意整理一番デメリットの少ない任意整理が出来ないか聞いてみましょう。

弁護士・司法書士に相談する

業者からの連絡に対応しても事態が悪化するようなら、打つ手が無いようにも思えますが、それは自分で対応しようとするからです。

借金問題は、法律を盾にして対応でいなければ、どんどん自分が不利になる可能性があります。

そのため、自分で業者に対応することなく、すぐに弁護士・司法書士に債務整理を依頼することです。

  • 取り立ての即日ストップ
  • 交渉による返済減額・免除
  • 相手に違法性の疑いがある場合は行政、司法と連携した、相手業者への処分対応

こうした強力な対応により、借金問題を解決をする事ができます。

弁護士・司法書士の選び方

相談をする弁護士・司法書士選びで、もっとも重要になるポイントは、債務整理を得意とする事務所であるかどうかです。

消費者金融の借り入れが5件以上ある多重債務者は、年々減ってきています。

それに対して、弁護士・司法書士数は年々増え続けています。

つまり、最近立ち上げたしたような弁護士・司法書士事務所の中には、債務整理の経験がほとんどないという事務所も多くあります。

また、古くからある事務所でも、債務整理業務を受付ていないというような事務所もあります。

このような、借金問題に取り組んでいない事務所には、債務整理の依頼をすべきではありません。

本当に依頼すべき弁護士・司法書士がいる事務所は、借金問題に関する事例が豊富なところを選ぶべきです。

その事務所を見分けるには、事務所のホームページを確認してみてください。

得意な分野については、他の分野よりも記載が多く、情報が充実しているのが普通です。

たとえば、ホームページ内に借金問題を取り扱うページの量が多ければ、債務整理に強い弁護士・司法書士事務所の可能性があります。

さらに、事例も複数載っているようなら、尚良しです。

弁護士・司法書士の得意分野については、依頼者からたくさんの質問を受けているため、依頼者がどのような情報を求めているか分かっており、ホームページの情報も自然と充実したものになります。

そのため、まずは借金問題に得意な弁護士・司法書士が在籍する事務所を探しましょう。

おすすめの弁護士・司法書士事務所

本当に借金問題の解決が得意な弁護士・司法書士事務所は、無料相談の窓口を設けています。

なぜなら、相談する人はお金を持っていないということを知っているため、電話や相談費用は無料で行わなければ、相手が相談できないということを知っています。

実際に、費用が掛かるのは弁護士・司法書士が法的手続きを行ったときだけです。

そのため、相談た結果自分にとって意味がない場合は1円も掛かりません。

また、手続きをする場合も料金の支払いも後払いや、分割払いも受けており、これまでの相談件数も実績として紹介しているはずです。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル