メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

テアトル債権回収|電話や督促ハガキの無視は危険!その対処方法とは?

テアトル債権回収から電話や督促状が来ているけれど、見覚えのない会社なので架空請求なのではと思うかもしれません。

しかし、いま来ている電話や督促ハガキは、過去に滞納して放置していた借金の取り立ての可能性が高いです。

テアトル債権回収は、貸金業者が取り立てを諦めた、いわゆる不良債権を買い取って自分たちで回収することを専門にしている会社です。

いわば、取り立て専門の業者ということです。

テアトル債権回収は、法務大臣から許可を得て債権回収業を行っている正規の会社です。

そのため、いま来ている取り立ては架空請求ではありません。

もし、架空請求だと疑って無視を続けていると大変なことになります。

具体的には、テアトル債権回収から請求されている借金を、分割ではなく一括で請求されるようなります。

さらに、一括で支払えない場合は裁判所に訴えられ、差し押さえを受けることになります。

差し押さえを受けることになると、自分の勤め先に連絡が行き、給料の4分の1が差し押さえられることになります。

この時、会社に連絡が行っているので、身の回りの人に借金で裁判を起こされたということがバレてしまうことにもなります。

このような状況を防ぎたいなら、弁護士に相談しましょう。

弁護士なら、債権回収会社からの取り立てを止めることができ、かつ借金の負担を減らすための手続きが出来ます。

弁護士は、債務整理という制度を使い、債権回収会社と交渉して借金を減額したり、利息を0%にするなど、借金の負担を軽くできないか交渉する事が出来ます。

この手続きは、弁護士などの法律に関わる資格を持った専門家を通すことで、交渉の席を設けることが出来ます。

今回紹介するそうや法律事務所は、債務整理だけで年間4,000件以上という、多くの借金問題を解決している相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

取り立ての電話番号

テアトル債権回収は、以下の電話番号を使って電話での督促連絡を行っています。

実は、借金があることを認知してしまうと、時効になっているかもしれない借金があっても、時効が無効化してしまいます。

督促連絡は、支払いを催促するだけでなく、時効の無効化も目的なので注意して応答しなければいけません。

テアトル債権回収の番号

  • 092-271-6710

出典:iタウンページ

督促電話の厄介なところは、無視をしてもだめで、応答の仕方も気をつけなければいけないことです。

電話に出たとしても、自分から借金を認めてはいけません。

電話に出た時は、「記憶が曖昧なので、一度調べてから折り返しします。」か、「確認するのでこちらから折り返しします。」というように対応してください。

一番重要なことは、もしかしたら時効になっている借金を支払わなくてはいけなくなることです。

払わなくても良い借金を支払う必要はありません。

一度、弁護士に借金が時効になっているかどうかを確かめてもらいましょう。

取り立てはいつから来るのか

借金返済を滞納すると、テアトル債権回収から支払いの取り立てが来ます。

滞納後どのくらいの期間が経過したら、督促が来るか説明します。

借金返済を滞納したら、電話やハガキなどで督促が来るようになりますが、これらの督促は滞納してからすぐに来ます。

支払予定日を過ぎたら、次の日には電話が掛かって来る可能性があり、数日内には自宅宛に郵便による督促状が届くでしょう。

まずは、電話や郵便(ハガキや封書)で督促が行われることが普通です。

これらの督促を放置していると、内容証明郵便によって一括請求書が送られてきます。

テアトル債権回収から、自宅や勤務先などに訪問されることは通常ありません。

また、勤務先に電話をかけられることも普通はありません。

貸金業法による取り立て規制について

テアトル債権回収のような、法務省から許可を得ている債権回収会社が取り立てをする場合、貸金業法という法律に従う必要があります。

貸金業法に違反すると、テアトル債権回収は業務停止になってしまったり、刑事罰を受けたりすることもあるので、貸金業法違反の行為をすることは通常ありません。

貸金業法では、貸金業法による取り立て方法について、厳しく規制しています。

その中で、正当な理由がないのに、債務者の自宅や勤務先に訪問したり勤務先に電話をしたりすることはできないと規定されています。

そのため、借金を滞納しても、テアトル債権回収が自宅や勤務先に訪ねてくることはありません。

ただし、他の手段によっては債務者と連絡がつかないなどの正当な理由がある場合は、テアトル債権回収の担当者が自宅や勤務先に訪ねてきたり、勤務先に電話をかけられたりすることもまれにはあります。

以上をまとめると、借金返済を滞納した場合、まずは電話による督促が行われ、ハガキや封書などの郵便による督促状が来て、内容証明郵便による一括請求書が送られるという流れになります。

電話やハガキを無視し続けると、自宅や勤務先にも督促がくることがあるので、無視しないようにしましょう。

電話による督促

返済が遅れがちになると、テアトル債権回収から電話による督促が行われます。

電話による督促が行われる場合、借金をしたときに登録している電話番号に対して掛かってきます。

自宅を登録していれば自宅の電話に掛かってきますし、携帯電話を登録していれば携帯電話宛てに督促の電話が掛かります。

貸金業法の取り立て規制があるので、勤務先の電話に掛かってくることはほとんどありません。

勤務先の電話に掛かってくるのは、他の方法では債務者に連絡がつかないなど、正当な理由がある場合だけなので、債務者が誠実に対応している限りは勤務先には電話はありません。

ただし、自宅と携帯電話の両方を登録している場合には、どちらに掛かってくるのかはわかりません。

家族に借金を秘密にしている場合などでも、配慮して携帯電話に掛けてくれるわけではないので注意が必要です。

自宅宛にテアトル債権回収から電話が掛かってきたら、そのことによって家族に借金がバレてしまうことがあります。

自宅に掛かってきた電話を家族が受けることもありますし、自分が電話を取って話をしているところを家族に見られることもあります。

テアトル債権回収が留守電に伝言を残して、家族が聞いてしまう可能性もあります。

このように、借金返済を滞納すると、借金を家族に隠し通すことが難しくなってしまうので注意が必要です。

一括請求が届いたら

テアトル債権回収からの電話による取り立てを無視していると、自宅宛にハガキや封書などで督促状が送られてきます。

これらが届いたら、すぐに連絡を入れて返済の話をすべきですが、やはり返済ができずに無視してしまう人がいます。

その結果、テアトル債権回収から内容証明郵便で、借金の一括請求書が送られてきます。

借金返済をしている場合、当初の契約内容によって、完済まで分割払いをすることが普通ですが、借金を長期に渡って滞納すると、分割払いが認められなくなり、そのときの残金を一括返済しなければいけなくなります。

このことを、期限の利益喪失と言います。

おおよそ、借金返済を2ヶ月ほど滞納したら、期限の利益が無くなり借金の一括請求が行われることが多いです

そのため、滞納が2ヶ月以上続く人は、内容証明郵便で一括請求されてしまう恐れがあります。

このときには、借金残金だけではなく遅延損害金も加算されるので、支払額がかなり膨らんでいるはずです。

訪問による取り立て

借金を滞納した場合、自宅や勤務先に訪問されることはほとんどありませんが、中にはそのようなケースもあります。

ただし、それは、訪問以外の方法では全く債務者に連絡を取ることができないなどの特殊なケースに限られるので、通常はそのような心配は要りません。

また、テアトル債権回収から借金の支払督促が行われる場合、脅迫的な言動をされることはありません。

貸金業法では、貸金業者が取り立てをする際の電話の回数や時間帯などについても厳しく制限しています。

そのため、テアトル債権回収から電話での督促を受けるとしても、嫌がらせのように一日中電話が掛かり続けるということはなく、深夜や早朝に電話がかかってくることもありません。

取り立ての対処法

返済ができないなら債務整理

返済を待ってもらっても、支払いが苦しい場合には、テアトル債権回収に相談をしてもどうしようもないので、債務整理をすることを考えましょう。

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きのことで、以下のような3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

状況に応じた適切な手続きを選択すれば、大抵の借金問題は解決できます。

債務整理するとどうなるか?

債務整理は、国からの借金救済制度です。

そのため、合法的に借金の負担を減らすことが出来ます。

ただし、基本的には借金を返済することを前提とした制度なので、借金を踏み倒す事ができるという意味ではありません。

あくまで、返済を前提としたときの、あなたの返済能力を基にしたうえで返済期間や返済額の調整を行うものです。

任意整理を行うと、手続き開始後から掛かる利息や遅延損害金などの負担が無くなります。

利息分の返済しか出来なくなっていた場合に非常に有効で、デメリットも新しくカードが作れなくなるだけで、確実に返済することが出来るようになります。

個人再生を行うと、借金を5分の1まで減額することが出来ます。

その代わり、裁判所に出廷しなければいけないため、時間も掛かり、かつ身の回りの人に借金をしていることがバレてしまいます。

また、本当に返済することが出来ない状況下という審査も入ります。

自己破産を行うと、借金の支払いをしなくて済むようになります。

しかし、財産価値のある自宅や車などが差し押さえられ、全て返済にあてられてしまいます。

さらに、警備員や銀行員など、お金に関わる業務や金銭価値の高いものを扱う仕事に、一定期間付けなくなります。

また、官報という国の雑誌に自己破産者リストとして自分の名前が載ります。

このように、デメリットも多く自己破産も審査が入るため、破産できない場合もあります。

そのため、債務整理の8割は任意整理が行われると言われています。

弁護士に相談する時は、まず自分が任意整理出来るかどうかを確認しましょう。

手続きを始めるには

任意整理などの債務整理をしたい場合、まずは弁護士に借金の無料相談をするところからはじめましょう。

現在では、多くの法律事務所がホームページを持っていて、借金の無料相談サービスを行っている事務所が多いです。

自宅や勤務先の近くの法律事務所を探して、無料相談を利用して弁護士の話を聞いてみると良いでしょう。

無料相談の場合、相談だけなら何度でも無料です。

無料相談したからと言って、無理に手続きを強要されることはありません。

むしろ、任意整理したほうが損する場合は、弁護士側も余計な手間が増えることが多いため、手続きを強要されることはないでしょう。

債務整理をするなら

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するそうや法律事務所は、債務整理だけで年間4,000件以上という、多くの借金問題を解決している相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル