メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

借金を延滞するとどうなる?延滞金を減額することができる?

借金を延滞したら、ひどい取り立てにあって怖い思いをするのではないかと想像する人もいますが、すぐにそんなことにはなりません。

闇金は別ですが、消費者金融や銀行であればそこまで怖い思いをすることはないでしょう。

昔は消費者金融でも怖い思いをした人もいるみたいですが、今は取り立てにも制限があるのでそこまで厳しいものはないようです。

借金を延滞したら取り立てが来るのか

消費者金融等であれば、まずは電話がかかってきます。

「返済が遅れていますが、どうなっていますか?」みたいな優しい感じで最初は聞いてきます。
その連絡を無視し続けて借金の返済もしなければ、次は郵便、その後は法的手続きに移るでしょう。
裁判を起こされてそれも無視してしまうと無条件で負けてしまうので、給料の差し押さえを行われる場合があります。

給料の差し押さえとなると会社にその情報が伝わってしまうので、いろいろと嫌な思いをすることになるでしょう。
法的手続きに移られると大きく日常生活に影響が出てしまいますが、その前の段階で一つあります。
それがブラックリストに載るということです。

一般的には3か月延滞すると事故情報として信用機関に情報が載り、ブラックリストに載ったということになります。
ブラックリストに載ると、新しくお金を借りたり、クレジットカードを作ることが難しくなるので注意してください。

支払いを延滞した人が司法書士 / 弁護士に無料で相談ができる特設サイトはこちら。

延滞金を減額することはできるのか?

借金を滞納すると、遅延損害金というお金が科せられることになります。

迷惑料みたいなもので、本来返すべきときに返さないわけですから、仕方ありません。

それで、遅延損害金をできれば支払うとなると返済がより厳しくなるので減額することはできないのかと考える人も少なくありません。

損害金については、交渉でなんとかなる場合もあります。

ただ普通にお願いするのでは当然無理なので、「〇円(残りの借金額)であれば○日までに一括で返済をするので遅延損害金を免除してもらえませんか?」みたいな感じで交渉しましょう。

相手にもメリットがないと、本人が交渉をすることは無理です。

また、司法書士 / 弁護士に依頼をすることで借金の減額をすることは可能です。
債務整理を行えば、借金の減額、場合によっては0円にすることもできるのです。
個人でも可能ですが、手続きが複雑で大変なので、専門家である司法書士 / 弁護士に依頼をするのが一番スムーズに進みます。

延滞している人へおすすめする事務所

アコムやアイフルなどの大手金融業者相手にする場合は、みつ葉司法書士事務所をおすすめします。

延滞した状態だと消費者金融側の担当者との交渉を丁寧に行わなければいけません、その点みつ葉司法書士事務所の島田先生は消費者金融との交渉力で評判の方
その評判から債務整理の電話が毎日鳴り止まない程です。

みつ葉司法書士事務所は100万以上の借金の債務整理を得意としているので、まずは相談してみて自分の場合は上手く債務整理できそうなのか相談してみることをおすすめします。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル