メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ブルーホライゾン債権回収|突然取り立てがきた!裁判を避ける方法とは?

ある日突然ブルーホライゾン債権回収から取り立てが来たという人は、銀行や消費者金融、信用金庫から滞納をしている人ではないでしょうか?

いま来ている取り立ては、これまで来ていた貸金業者からの取り立てよりも危険だと思って下さい。

ブルーホライゾン債権回収は、貸金業者と違い取り立てを専門にしています。

貸金業者が、手間が掛かりコストに合わないという理由で避けていた、裁判所に訴訟を起こしてまで行う取り立てを平然と行ってきます。

債権回収会社は、貸金業者と違って貸付業務を行っていない分、取り立てに集中できるため、裁判に手間を掛けることが出来ます。

そのため、取り立てに関するノウハウ多く持っており、法的手段を利用した取り立てを得意としています。

具体的に言うと、給料の差し押さえが法的手段を利用した取り立てに該当します。

給料の差し押さえは、会社の経理側が行う対応なので、あなたが支払わなくても会社側から引き落とされてしまいます。

そうなると、収入が減ることになるので今までのように生活することは難しいと思って下さい。

もし、この状況を避けたい場合は、弁護士に相談しましょう。

弁護士なら、ブルーホライゾン債権回収からの取り立てを止めることが出来ます。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題の相談だけで2,400件以上の相談実績を持っている司法書士事務所です。

この相談実績の中には、債権回収会社を相手に借金問題を解決した例もあります。

みつ葉司法書士事務所は、無料で借金相談を受けているため、自分の状況と債権回収会社から取り立てが来ていることを伝えてください。

きっとあなたの力になってくれるはずです。

取り立てに使われる電話番号

もし、この番号から取り立てがきていたら注意してください。

着信履歴に残っていたら、取り立て専門の債権回収会社から取り立て対象になっていることを意味します。

債権回収会社に取り立てを受けているにも関わらず、滞納を繰り返してしまうと裁判所から差し押さえを受けることになります。

  • 03-5414-8171
  • 出典:iタウンページ

    注意点として、ブルーホライゾン債権回収を騙った悪質な業者にはご注意ください。

    以前、悪質な業者が法務大臣の許可した債権回収会社の名前、又は似た名称の債権回収会社名を名乗り、架空請求をするという詐欺がありました。

    そのため、上記以外の電話番号から見に覚えのない借金の取り立ての電話がきたら、架空請求を疑い弁護士に相談しましょう。

    詐欺被害に巻きこまれてしまう前に、早いうちに対処することをおすすめします。

    債権回収詐欺に注意

    悪質な業者が「法務大臣の許可した債権回収会社」の名前に似た名前を名乗り、「債権譲渡を受けた」といって、架空請求をする人が増えています。

    実在する債権回収会社と類似の商号を語り「債権移行につき確認事項が御座います。本日中に必ず御連絡下さい。」と記載したメールが送られるなどの被害が確認されているので、注意して下さい。

    債権回収会社は、メールによる取り立ては行っていません。

    心当たりのない請求は支払う必要がないので請求には応じないようにしましょう。

    架空請求をする悪徳業者は、支払わない場合に下記のような脅し文句を送ってきますが、慌てて支払わないようにしましょう。

    • 裁判になる
    • 給料や不動産の差押えをして強制執行する
    • 勤務先に集金に行く。出張旅費も併せて請求する
    • 信用情報機関のブラックリストに登録する

    一旦支払ってしまうと、取り戻すことは困難になります。

    また、支払ったことにより、更に新たな請求を受けるケースもあるようです。

    親族の誰かに借金があったとしても、保証人等になっている場合でない限り、あなた宛てに請求することはできません。

    借金がある親族本人に確認して、不審に思った場合は取り合わないようにしましょう。

    悪質な業者には、電話してはいけません。

    確認するためや支払意思のないことを伝える電話であっても、こちらから電話をすることによって、電話番号等の個人情報を知られてしまう恐れがあります。

    業者側から電話があっても、名前、住所、電話番号、勤務先等の個人情報は絶対に知られないようにしましょう。

    架空請求業者の手口

    法務大臣の許可した債権回収会社は、次のような方法により請求や督促を行うことはありませんので、注意してください。

    • 目隠しシールのないハガキでの請求や督促
    • 連絡先として多数の電話番号を列挙
    • 請求書面で担当者の連絡先として携帯電話を指定
    • 個人名義の口座を回収金の振込先に指定

    これらに該当する内容の連絡が来た場合、架空請求業者による取り立てなので、自分の住んでいる地域の警察署か、消費者センターに電話を入れましょう。

    詐欺に巻き込まれて、思わぬ被害を受ける前に対策しなければいけません。

    債権回収会社から取り立てが来た理由

    債権回収会社から取り立てを受けるようになった理由は、あなたの借金が長期間返済されないため、貸金業者側が取り立て業務を行っても採算が合わないと判断したということです。

    その結果、あなたの債権の取り立てが委託されたか、ブルーホライゾン債権回収に債権が譲渡されたということになります。

    債権の譲渡は、債務者の承諾を得る必要がないため、あなたの知らないところで行われるため、止めることは出来ません。
    ※しっかりと返済できていれば、債権譲渡は行われません。

    債務者には、返済先が変わったという結果が書かれた、債権譲渡通知が自宅宛に送られてくるだけです。

    つまり、滞納が続いたことが原因で取り立て専門の業者に、債権が移ったということになります。

    取り立ての流れ

    ブルーホライゾン債権回収からの電話を無視していると、どのような流れで取り立てされるのかを紹介します。

    突然家に訪問してきたり、裁判を起こされるといったことはほとんどありませんが、長期間取り立てを無視し続けるとそういったこともあり得ます。

    そのため、まずは流れをしっかりと確認してください。

    電話での督促

    支払期日までに借金を返済できないと、まずは債権回収会社から電話がきます。

    日本の法律では「社会通念上不適当と認められる時間帯に電話をしてはいけない」という決まりがあります。

    そのため、平日の昼間に掛かって来る電話を無視しても、深夜や早朝に電話が掛かって来ることはありません。

    また、電話の内容も本人確認・返済可能日の確認のみです。

    日本の法律では、取り立てのために自宅や職場を訪れることを禁止しています。

    そのため、債権回収会社からの電話を無視しても、業者が家に押しかけてくることはありません。

    もし深夜や早朝に着信があったり「返済しなければ自宅に行くぞ」などと脅された場合には、すぐに弁護士に相談しましょう。

    一括請求の督促

    債権回収会社からの電話を無視していると、借金の残額を一括請求されるように督促されます。

    これは、督促を出したという事実を残すために、内容証明郵便で送られてくることが多いです。

    また、借金の一部を滞納しただけであっても、業者は一括請求をすることができるので、気をつける必要があります。

    例えば、50万円の借金を月々2万円で返済している場合、一度滞納しただけであっても、業者は残額48万円を一括で請求することができます。

    一括請求は裁判の1つ前の段階なので、かなり深刻な状況です。

    支払えない場合は、できるだけ早く弁護士に相談し、裁判になる前に債務整理などで無理のない支払いに移行して下さい。

    裁判を起こされる

    業者からの一括請求を放置していると、いよいよ裁判を起こされてしまいます。

    裁判が行われる場合、裁判所から出廷日が記載された書類が送られてきます。

    しかし、滞納した側が裁判に出ても勝訴することは出来ません。

    出廷しようがしまいが、返済するという契約の元でお金を借りていたのにも関わらず、滞納した側に非があるのは明らかです。

    そのため、債権回収側の言い分が認められることになり、一括返済の支払いが確定します。

    一括返済が出来ない場合、今度は差し押さえの処分が下されることになります。

    差し押さえ

    裁判の判決が確定すると、あなたの給料が差し押さえられたり、車やマイホームなどの財産が売却されます。

    給料が差し押さえられる場合は、裁判所から職場に連絡が行くので、この段階で職場に借金が原因で裁判をしていることが知られてしまいます。

    借金をしていることが、職場にバレるのは困る方も多いと思います。

    そうならないために、裁判を起こされる前に無理なく返済できるように支払い計画を組み直す必要があります。

    債務整理をしないという選択肢も含め、どのような対処をするのが一番良いかはその人の状況にもよります。

    取り立てを受けたときの対処法

    ブルーホライゾン債権回収から、適法な範囲内で取り立てを受けた場合、どのように対応すればいいのか紹介します。

    ブルーホライゾン債権回収から取り立てを受けるということは、すでに相当期間、借金を滞納しているはずです。

    対応を間違えると、支払督促や訴訟などの法的手続きをとられてしまう危険があります。

    そのため、少しでも早く専門家に債務整理の相談をすべきです。

    債務整理で解決

    債務整理とは、借金の額や返済方法を見直し、借金の負担を軽くする手続きのことです。

    債務整理には、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

    自己破産や個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除され、大幅に減額される以外にモ、任意整理で将来の利息をカットすることができます。

    ブルーホライゾン債権回収から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

    そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

    そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

    専門家に債務整理を依頼すると、専門家がブルーホライゾン債権回収に対して依頼を受けたことを通知します。

    通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知し、併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日に督促や返済を止めることができます。

    弁護士に相談

    債務整理の専門家と言えば、弁護士だけでなく司法書士を思い浮かべる人もいるかもしれません。

    しかし、債務整理は司法書士ではなく、弁護士に依頼をすべきです。

    司法書士は、簡易裁判所で扱う訴訟(訴訟の目的が140万円以下のもの)と、訴訟の前提となる交渉の代理権が認められています。

    言い換えれば、140万円を超える事件や、地方裁判所で扱う事件については、代理人になることができないのです。

    そのため、司法書士は、借金の総額が140万円を超える場合には代理人になることができません。

    また、地方裁判所で扱う自己破産や、個人再生の代理人になることもできません。

    これに対して、弁護士の代理権にそのような制限はありません。

    140万円以下の事件であっても、弁護士と司法書士では交渉力に差がある場合が多いと言えます。

    なぜなら、司法書士は本来は登記業務の専門家であるのに対して、弁護士は交渉の専門家であるからです。

    弁護士と司法書士では交渉力に差があるので、借金を減額できる額や、回収できる過払い額に差が出てしまうことも珍しくありません。

    ブルーホライゾン債権回収と交渉

    債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

    医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

    また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

    今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上という、多くの借金問題を解決している相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

    また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

    みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれます。

    実際に契約することになっても、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので、安心して相談してください。

    ご相談の前に

    以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

    1. 個人間の金銭トラブル
    2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
    3. すでに行われた差押の解除
    4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
    5. ご本人以外の借金トラブル

    お問い合わせ

    お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
    受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

    ご相談の前に

    以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

    1. 個人間の金銭トラブル
    2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
    3. すでに行われた差押の解除
    4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
    5. ご本人以外の借金トラブル