メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

借金癖を持つ主婦が改善するために必要なこと

借金が返せなくて悩んでいる主婦の中には、浪費癖が原因で借金を抱えた人も多いです。

この癖を直さなければ借金体質を改善できません。

しかし、返済は浪費癖の改善を待ってはくれません。

そこで、一時的に返済を止めてくれる債務整理という手続きを検討しましょう。

司法書士 / 弁護士を通して債務整理をすれば、返済が一時的に止まり、更に利息も0%になります。

債務整理は、借金で苦しむ人を助けるために国が救済制度として作ったものなので、安心して利用できます。

浪費癖の改善|月々の支出を減らす

できることなら、多額の借金を抱える前に、借金が原因で離婚をする前に、どうにかしたいものです。

そこでまだ手遅れになる前の方が、借金問題を改善するための方法について触れていきたいと思います。

まず当たり前ですが、借金を返済していくためには月々の支出を減らしていかなければなりません。

浪費癖であることを自覚する

そのために最初に行うべきことは浪費癖を改善することであり、浪費癖を自覚するところから始めます。

自覚をするためにも、浪費癖が激しい人の特徴をチェックリストにまとめました。

  • 自尊心が低い
  • 几帳面で真面目である
  • 給料日前後の金使いが荒い
  • ブランド物が好き
  • ギャンブル依存症
  • 飲み歩きが好き

上記のリストに2つか3つ以上該当する場合、浪費癖である、または浪費癖になる素質が人ということになります。

家計簿の作成

浪費癖であることの自覚ができたら、次に家計簿を作成しましょう。

主婦の方なら大半は、家計簿を作成していると思われますが、家庭用の家計簿とは別に、個人用の借金返済のための家計簿を作成することをします。

支出先に優先順位を作る

家計簿を作成する目的としては、無駄遣いを減らすことですが、いきなり生活水準を下げることは困難でしょう。

そのためには家計簿で作成した支出のリストから、優先順位をつけてください。

その優先順位の中から、順位の低いものから支出を減らしていくと徐々に生活水準を下げることができます。

また、1日で使用可能なお金の上限を設けることも浪費癖を改善するために効果的です。

なお家計簿を作成する上でレシートの保管は忘れないでください。

月々の収入を増やす

次に借金を返済するためには、月々の収入を増やすことが大切ですが、専業主婦の方など働いていない期間が長かった人にとっていきなり仕事に就くのは負担が大きいと思います。

パートタイムでの勤務

そのためまずは週3日の1日4時間以上から働くなど、ご自分の負担になり過ぎない範囲で働き、仕事に慣れてきたら徐々にシフトを増やしていくのがな働き方です。

時間が余っていることが原因で借金をする専業主婦の方も多いですが、余計なことを考える時間が減る分、浪費癖が減っていくでしょう。

扶養に入っている場合の注意点

また、注意点としては、主婦の方の大半が旦那さんのお扶養に入っていると思います。

パートタイムでも年収103万円を超えると扶養控除が受けることができません。

そのため、扶養から外れないためにも、年間103万円以内に収まるように働きましょう。

夫に内緒で借金を減額するには任意整理が最適

夫に内緒で借金をしている主婦の方は、できれば旦那さんに気づかれないまま、借金を返済したいと思っていると思います。

しかしながら自分で手におえない借金の額によっては、収入を増やしても支出を減らしても、借金は減りません。

そこで旦那さんに気付かれずに借金を減額する方法(債務整理)として任意整理をします。

ご家族に内緒で返済したい方へおすすめの事務所

ご家族に内緒で返済したい方は、みつ葉司法書士事務所に相談するのをおすすめします。

みつ葉司法書士事務所の水野司法書士 / 弁護士は債務整理専門で対応件数が2,400件以上、司法書士 / 弁護士歴25年の大ベテランです。

一括請求通知が来た対処にも慣れていて、今の生活を壊さないで済む方法を教えてくれます。なにより島田先生は人柄が良く、借金で苦しむ人を助けようという想いで相談を受けてくれます。

必ずあなたの味方になってくれるはずです。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル