沖縄債権回収サービス|借金にも時効がある!?その手続きとは

沖縄債権回収サービスから督促がきた

沖縄債権回収サービスという会社から連絡が来ても、詐欺の会社だとは思わないで下さい。

まずは、一度電話を切って、相手の会社を確認しましょう。

沖縄債権回収サービス会社という企業は、正規の企業なので、あなたが支払うべき債務を放置していた可能性があります。

そのため、今後支払わなければいけないという可能性がかなり高いと思って下さい。

まず、ハガキで督促がきたら、記載されている内容で借金の時効となる起算点の日付を確認しましょう。

もし、最後に返済を行ってから、5年以上経過しているなら、すでに債権は時効となっている場合があります。

この時、時効が成立したということを正式な手続きによって証明することで、返済を免れる可能があります。

沖縄債権回収サービス相手に時効

沖縄債権回収サービスを相手に時効の援用手続きをするなら、法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、時効の援用手続きを行い借金を正式に消す対応が必要です。

しかし、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうかが非常に重要になります。

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題で時効の手続きの相談をするなら、借金問題解決が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、借金問題だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

サルート法律事務所は時効ができない場合でも、借金を減額するために必要な手続きを見極めてくれます。

その中で、費用の掛からない手続きを教えてくれるので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

督促電話に使われる番号

沖縄債権回収サービスが取り立てで使っている電話番号を紹介します。

沖縄債権回収サービスの番号

  • 0120-882394
  • 0120-158131
  • 098-860-4393
  • 098-860-4666
  • 098-860-4397
  • 098-860-4955

出典:iタウンページ

見知らぬ電話番号から電話が掛かってくると、出ない人もいますが、それだと債権回収会社から連絡が来ていることに気づけません。

そのため、もし滞納に心当たりがあれば、上記の電話番号からの着信が無いか確認しましょう。

気付かなかったでは、取り返しがつかない事態になるので、早い段階で対処するのが重要です。

裁判所から支払督促

支払督促というものは、簡易的な裁判を起こされているということです。

ただし、沖縄債権回収サービスから支払督促をされたから、もう時効を主張できないということではありません。

送られてきた書面を確認し、記載されている計算書の中にある一番最後の返済日を見つけてください。

最後に返済してから、5年経過していたら時効援用で借金が無くなり、返済する必要がなくなる可能性があります。

1つ注意しなければいけない点として、この時効の援用の機会は、裁判所から支払督促が発送されてから2週間以内に行わなければいけません。

この2週間の期間を過ぎてしまうと、借金を一括で返済する命令が下されることになります。

しかし、ほとんどの人は一括で返済することはできないため、財産や給料の差し押さえが起こります。

そのため、期日に間に合うように異議申立を行い、時効の援用手続きをしなければいけません。

異議を受けて通常訴訟に移行した場合は、答弁書で再度時効を援用したり、相手が時効を認める場合は、沖縄債権回収サービス側が支払督促は取り下げることがあります。

沖縄債権回収サービス側から支払督促が取り下げられた場合は、念のため内容証明郵便でも時効の援用を行い、時効が成立したことを正規の書類を通して証拠を残しておかなければいけません。

異議申立を行う時に、相手方に連絡して支払についての交渉等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の援用ができなくなることもあるので、法律に詳しいわけでなければ専門家を頼ることをおすすめします。

支払督促が届いたときの注意

沖縄債権回収サービスが、裁判所を通して送られてくる支払督促の中には、期限の利益喪失日の記載があります。

記載されている日から、届いたまでの間で5年経過していると、時効が成立している可能性があります。

もしくは、支払督促申立書に添付されている計算書の最後の弁済日でも確認できます。

もし、期限の利益喪失日の記載がない場合でも、計算書に最後の弁済日が記載されているため、その日付を元にしても大丈夫です。

送られてくる支払督促には、異議申立書が同封されています。

そこで裁判所に異議申立書を返すと、改めて裁判所から口頭弁論の日付を知らせる通知と、答弁書が届きます。

この答弁書に消滅時効の援用をするという内容を記載して提出することで、時効の援用を行うことができます。

ここで、注意しなければいけないのは、答弁書にて分割払いを希望をすると、たとえ時効が成立する状況でも、借金を返済することを認めることになります。

そのため、分割払いを希望することは絶対にしないでください。

分割払いの手続きは、時効の援用手続きをしてからでも行うことができます。

司法書士と弁護士どちらに頼むか

時効の援用の手続きのやり方を説明してきましたが、実際に答弁書の記載や債権回収会社や裁判所とのやり取りを行うには、専門的な知識が必要です。

なにより、答弁書を提出した後の口頭弁論には、沖縄債権回収サービス側も担当の弁護士が出廷することもあります。

そうなると、個人で対応できる範疇を超えています。

そのため、こういったケースに対応するために法律の専門家に依頼することが一般的です。

時効の援用を依頼できる法律の専門家は、主に司法書士か弁護士が該当します。

司法書士のメリット

司法書士に依頼するメリットは、時効の援用手続きの費用が弁護士と比べると少し安くなる可能性があります。

依頼する事務所にもよりますが、全体的に見ると弁護士よりもわずかに依頼費用が安いようです。

司法書士への依頼の特徴としては、司法書士は140万円までの借金しか代理で対応することはできません。

書類の記述の代行ならば手を付けることはできますが、裁判所に出廷して口頭弁論を代行する業務を受け持つことはできません。

司法書士のデメリット

司法書士の場合、140万円を超える借金がある場合には、時効援用に関する代理業務はできなくなります。

その場合、できるのは本人名義での時効援用通知書の発送のみとなります。

裁判になった場合にも、140万円を超える場合には代理人になることができませんし、代理権が認められるのは簡易裁判所のみです。

また、費用が安いとは言っても、実際には弁護士の費用と司法書士の費用はそうたいして変わらないことも多いのが事実です。

そのため、総合的に見ると司法書士に依頼するメリットあまりないことが多いです。

弁護士のメリット

弁護士は、時効援用に必要なすべての業務を代理できます。

時効完成の有無の調査もできますし、内容証明郵便による時効援用通知の作成と発送もできます。

また、弁護士には借金の額にによる代理権の制限がありません。

借金が高額であっても、弁護士名で時効援用が可能で、時効完成の有無の調査や債権者とのやり取りも可能です。

さらに、時効援用の効果について争いが起こり、訴訟になった場合でも、弁護士であればあらゆる場合に対応することが可能です。

弁護士はすべての裁判所において代理権があるので、簡易裁判所だけではなく、地方裁判所や高等裁判所で審理が行われる場合にも代理人として裁判手続きに対応できます。

このように、借金額にも裁判所にも制限がないことが、弁護士の大きなメリットです。

さらに、弁護士はあらゆる事案において対応できます。

仮に時効援用に失敗したときは、借金が残るので債務整理が必要になることが多いです。

司法書士は借金額が140万円以下の場合しか債務整理をすることができません。

また、自己破産や個人再生といった借金を減額する手続きについては、書類作成代理権しかありません。

これに対し、弁護士であれば金額に無関係に任意整理ができますし、自己破産や個人再生においては完全な裁判代理権を持つので、メリットが大きいです。

弁護士のデメリット

弁護士に時効援用の手続きを依頼するデメリットは1つだけで、司法書士に比べると費用がかかることです。

ただし、費用の差はあまり大きくないため気にするほどではありません。

この値段の差は、弁護士が対応できる業務の範囲が、司法書士よりも多いためです。

任せられる仕事が増えるようであれば、当然費用は発生します。

ただし、この弁護士の費用は法律事務所によって異なります。

そのため、安い金額で受け持っている法律事務所も存在するので、上手く探すことで司法書士へ依頼するときの費用で、弁護士が行える仕事の範囲を任せることができます。

督促の連絡がきたら

お金を借りた相手からの督促状を無視し続けると、大抵の場合、その債権は債権回収会社に移ります。

債権回収会社は、プロの取り立て業者です。

債務者が取りそうな行動やその対策、関連する法律なども知り尽くしています。

裁判所にはたらきかけ、法的効力のある支払督促を送ったり、訴訟を起こしたり、借金を回収するためにあらゆる手段を使います。

よほど金融関係の知識を持っていないかぎり、個人で対抗することはできません。

しかし、もし一定の条件がクリアされていたら、不要な債務を負わなくて済む可能性もあります。

もし債権回収会社から連絡があったら、可能な限り速やかに専門家に相談し、何らかの対策を練ってもらうとよいでしょう。

法的措置予告通知

法的措置予告通知や、一括弁済勧告通知というタイトルで書類が送られてくることがあります。

この時の沖縄債権回収サービスの狙いは、とにかく債務者に連絡をさせて、交渉に持ち込んで少しの金額でも払わせようということです。

もし払わせることが出来れば、後にも述べますが、時効の主張を妨害することが出来るからです。

しかし、単なるおどしだけという訳でもありません。

何もしないで放置していると簡易裁判所に民事訴訟や支払督促などを申し立ててくることが実際にあるので注意が必要です。

弁護士に相談するなら

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するサルート法律事務所は借金問題対応件数が2万件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ