メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

ジェーピーエヌ債権回収|借金の取り立てを受けた人の体験談

ジェーピーエヌ債権回収会社とは、滞納が続き焦げ付いてしまった借金を回収する業者です。

債権回収業務を行うには、法務省から許可を得ないと行えないため、ジェーピーエヌ債権回収は国から認められた正規会社なので、違法な業者ではありません。

そのため、なにか詐欺に巻き込まれたというわけではなく、あなたが滞納して放置していた借金の取り立てが、専門の業者に移ったということです。

ジェーピーエヌ債権回収は、クレディセゾンなどで滞納して連絡が取れなくなった人の債権を買い取り、取り立てを行っています。

このほか、トヨタファイナンスやYahoo!カードなどで滞納した場合も、ジェーピーエヌ債権回収から連絡がきます。

ジェーピーエヌ債権回収からの取り立ては、放置していると自分の気づかないところで様々なデメリットを受けてしまいます。

そのため、ジェーピーエヌ債権回収から連絡が来た方は、無視しないでください。

無視を続けると、毎日のように取り立ての連絡が来るようになったり、最終的には裁判で訴えられて差し押さえを受ける可能性があります。

このままだと状況は悪化してしまうため、専門家に相談しアドバイスをもらいましょう。

ここで紹介するそうや法律事務所の松木先生と町井先生は、弁護士歴25年のベテラン弁護士です。

いままで数多くの借金相談を受けており、消費者金融や銀行はもちろん、債権回収会社を相手に数多くの交渉を行ってきています。

相談を受けてきた数は4,000件以上ともいわれており、借金問題の相談先としては有数の実力を持った相談先です。

さらに、そうや法律事務所は借金の無料相談を受けている法律事務所なので、相談する側にリスクもなく相談できる優良な相談先です。

例え、いますぐに手続きしなくても、あなたの借金を減額できるかどうかも教えてくれるので、滞納した借金を返す目途がなければ、試しに相談してみることをおすすめします。

督促連絡で使われる電話番号

滞納が続き、債権が移ることでジェーピーエヌ債権回収から取り立てを受けることになったことに気づいてない人は、下記の電話番号から連絡が来ていないかを確認してください。

  • 06-6305-6260
  • 025-210-3333
  • 048-450-2200

出典:iタウンページ

取り立ての電話がかかってきているにもかかわらず、安易に無視や着信拒否を続けると、返済の意思なしと判断され裁判所に強制執行の手続きを行われる可能があります。

もし、強制執行が成立してしまうと預金や家具・家電、その他の財産を差し押さえられ、給料の一部も差し押さえられてしまいます。

この差し押さえは、法に基づいて執行されるため、防ぐ方法はありません。

そのため、差し押さえを受ける前に、弁護士に相談して対処する必要があります。

ジェーピーエヌ債権回収との裁判を防ぐ

ジェーピーエヌ債権回収からの取り立ては、電話の取り立てと、ハガキでの取り立てが行われます。

滞納を続けている人は、電話での取り立てを無視する人が多いため、自分の借金が債権回収会社に移譲されたことに気づけ無いことも多いです。

この気づかないことが、最悪の自体を招きます。

ジェーピーエヌ債権回収は、電話やハガキに反応がないと、取り立てを無視しているという風に判断してしまいます。

そのため、長期間連絡が取れない日が続くと、強制的に借金を回収することができる裁判所から一括請求の督促状を送付してきます。

記載された期日以内に、支払いが済まなければ、法的な強制執行が待っており、具体的には差し押さえが行われてしまいます。

こういった債権回収会社が行う差し押さえは、給料の差し押さえが該当します。

滞納で連絡が来た人の体験談

ここでは、実際にジェーピーエヌ債権回収から取り立てを受けた人の体験談を紹介します。

紹介する体験談のように、借金が支払えず無視せざる得ないような状況になってしまう人は多いため、他人事と思わないようにしてください。

すでに、ジェーピーエヌ債権回収から連絡が来ているということは、もうギリギリの状態だということを意識しながら読んでもらえると幸いです。

借金のきっかけ

私が借金をしたきっかけは、うつ病になって会社を休みがちになってしまい、収入が不安定になってしまったことが原因です。

病気になっている時は、仕事ができず収入が無かったので、仕方がなくクレジットカードを持っていたクレディセゾンのキャッシングを利用して、毎月の生活を凌いでいました。

一応、健康保険から傷病手当は得られるのですが、その手当は治療費に当てていて、毎月の生活を補うには十分ではありませんでした。

収入が不安定な私は、すぐに自転車操業の状態になりました。

クレディセゾンからの借金の返済は、目処が立っていなかったので、キャッシングの返済には他の消費者金融から借りて凌いでいました。

うつ病の治療は、社会復帰するまで1年ほど掛かりました。

その間に作ってしまった借金は220万円まで抱えてしまいました。

借金返済生活という現実

今回作ってしまった借金は、利息分を含めて返済していくと私の生活はギリギリの生活になってしまいます。

しかし、社会復帰してからの会社の付き合いもあり、生活費が足りない状態になり、返済状況も滞りがちになりました。

滞納を繰り返すと、感覚がおかしくなるのか、支払わないのが当たり前になってしまいます。

特に電話を無視し続けてしまえば、滞納してしまう現実から目を離すことができるので、気がつけば2ヶ月目の支払いも滞りはじめました。

こうなってしまったら、もう3ヶ月目も変わりませんでした。

滞納しても、電気やガスなどと違って、何も生活は変わらないんです。

そのため、大丈夫だろうと思い支払いを放置してしまったのです。

その結果、取り立てを7ヶ月ほど無視し続けました。

そんなある日、自宅のポストに封筒が入っていました。

債権回収会社へ債権譲渡

封筒の中身は、ジェーピーエヌ債権回収会社に債権を譲渡しますという、債権譲渡通知というものでした。

ジェーピーエヌ債権回収なんてきいたことが無いので、何だこれはと思いましたが、どうせ支払う気はなくなっていたのでこの通知も無視していました。

そして、取り立ての電話の番号も、いつもと違う番号から掛かってきました。

おそらく、通知が来ていた債権回収会社というところだろうと思いました。

念のため、ちょっと怖かったので、ジェーピーエヌ債権回収の取り立てについて調べてみた所、違法な取り立てはしないとのことだったので、そのまま無視し続けていました。

一括請求の督促のハガキが自宅に送られてきたのです。

債権回収会社からの通知

一括請求の通知書の内容には、記載された期日までに借金を一括で支払って下さいという内容で、支払わなければ差し押さえの強制執行もあり得るというものでした。

しかし、今の手持ちにはそんな金額は持っていません。

急いでジェーピーエヌ債権回収に連絡をして、何とか待ってもらえないか連絡しましたが、もう決まったことなので一括で支払ってもらうしか無いという返事しかもらえませんでした。

このままだと差し押さえを受けてしまうと、絶望感を感じながら、必死でなんとか出来ないかと解決策を探していました。

そんな時、ネットで見つけたのが、法律事務所の無料相談です。

弁護士に助けを求めて相談したら、一括請求の通知がきていても、まだ弁護士が介入することで分割払いに戻すことができるということがわかりました。

さらに、交渉次第で借金の減額もできるかもしれないということがわかりました。

あの時、弁護士に相談して本当に良かったと思います。

これからはきちんと自分の力で、生計を立て直していくつもりです。

連絡無視は危険

今回の体験談のように、自宅に督促状のハガキが届いたり、金融業者からかかってきた電話を無視して借りたお金を返さずにいる方は、注意しておきましょう。

借金を返さずにいると、やがて債権回収会社という取り立てのプロ集団が登場します。

金融業者は回収が難しくなった債権について、債権回収会社に取り立てを委任するか、安い金額で債権自体を売ります。

そして、その後債権回収会社は本格的に取り立てるために裁判所への訴訟を行います。

今回の体験談では、その債権回収会社がジェーピーエヌ債権回収だったということです。

ジェーピーエヌ債権回収のような会社は、日常的に裁判所への督促状の依頼を出しているため、決して甘くはありません。

そのため、支払いが滞納している人に容赦なく訴訟を起こしてくるので、簡単に裁判沙汰に発展してしまいます。

そして、裁判になってしまうと滞納した側に非があるので、どんな証言をしようと敗訴してしまいます。

基本的に、借金をしている事実がないのに訴えられた状態でないと、負けると思ってください。

その結果、今までの借金を一括で支払う義務が生じるのですが、滞納している人のほとんどは支払えないため、確実に支払わせるために給料の差し押さえを行ってきます。

給料の差し押さえが行われると、会社の給料から返済分のお金が引き落とされてしまうことになります。

もちろん、裁判所から会社へ通知が届くため、会社の人にも借金をしていることが知られてしまいます。

給料の差し押さえとは、お金を借りた銀行や消費者金融業者が裁判所を通して支払いの命令を出し、あなたの会社の給料から借金を回収することです。

この体験者のようなことになる前に、もうお金を返せないかもしれないと思ったら、すみやかに法律相談所の弁護士へご相談ください。

給料はいくら差し押さえられるか

給料から返済分の金額が引かれてしまう、給料差し押さえについて解説します。

しかし、そもそもお金に困っている状態なのに、さらに給料が減ると生活はどうなるのかと不安になるかと思います。

実は、給料差し押さえによって引かれる金額には限度があり、給料が44万円以下の場合は、総額の4分の1を差し押さえられます。

給料が44万円以上の場合は、総額から33万円を引いた額を差し押さえられます。

したがって、万が一給料差し押さえになってしまったとしても、まったくお金が入ってこなくなってしまうわけではありません。

差し押さえを止めるには

給料の差し押さえを解除するためには、債務整理という方法でこれまでに借りたお金の整理をする必要があります。

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4通りのやり方があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、これらのうちでもっともあなたに合った方法で、借金の整理をしましょう。

体験談で紹介した人は、債務整理をするにあたって弁護士に相談をしました。

法律のことはよく分からないという方でも、プロの弁護士にお任せすれば、スムーズに手続きをしてもらえます。

債務整理をすると、返済に追われる不安が解消され、心の負担も軽くなります。

あなたも借りたお金のことで悩むなら、法律事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

滞納で債務整理をするなら

借金問題の手続きは複雑で素人では判断できない内容がたくさんあります。

手続きで記入しなければいけない書類も専門知識が必要で、そもそもどんな手続をしなければいけないかの区別も判断が難しいです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあり、時効で済む可能性のある借金もあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するそうや法律事務所は借金問題対応件数が4,000件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル