オリックス債権回収|自宅訪問を防ぐための方法とは?

自宅訪問の通知がきたら

オリックス債権回収は、債権回収会社という国から特別な許可を得ることで、金融業者や定額で支払うサービスを行っている業者の、不良債権を回収することができる会社です。

国から許可を得ている企業なので、違法な業者とは違い法令を守るクリーンな企業です。

それでも、オリックス債権回収は業界でもトップクラスの実績を持っており、確実に借金を回収する術を持っています。

そのため、もし過去に滞納してしまい、長期間放置してしまった借金があるときに、オリックス債権回収から連絡が来るようになったら気をつけて下さい。

オリックス債権回収は、違法業者が行うような強引な取り立てを行わなくても、債務者が支払う気がないと判断した時に法的手続きを使って取り立ててきます。

この法的手続きとは、いわゆる差し押さえ行為で、あなたの預金口座や、給料から強制的に借金の支払い分を抜き取ることができます。

差し押さえられる金額には、生活できる金額を残すルールがあるため、全てが差し押さえられるわけではありませんが、貯金などの余裕は全て無くなります。

こうならないためにも、まずは督促の通知が来たら決して無視はしないで、適切な対処をしなくてはいけません。

適切な対処とは、法的手続きがされたときに、こちらも法的手続きによって国からの救済措置を受けることです。

この救済措置とは、債務整理と言われる借金問題を解決するための法律です。

債務整理を行えば、借金の総額を減らすことも、借金自体を無効にすることもできるため、借金問題を解決する一番の近道です。

この手続きを行うには、弁護士に相談して手続きを行わなければいけませんが、相談する弁護士選びは慎重に行って下さい。

腕の悪い弁護士に依頼すると、余計な費用が掛かったり、時間が無駄にかかってしまい交渉の結果が悪くなってしまうこともあります。

当サイトがおすすめするサルート法律事務所は、借金問題の相談だけで年間で20,000件以上の実績があり、国内でも有数の実力のある法律事務所です。

さらに、手続きを依頼すれば、これまで来ていた取り立てを止めることも出来ます。

もし、取り立てで精神的にキツいと感じているようなら、今すぐ相談することで解決できるかもしれません。

今の悩みを解決できそうなら、迷わず相談することをおすすめします。

弁護士法人サルート法律事務所

オリックス債権回収の電話番号

取り立てを受けている人の中には、取り立てだとは分かっているけれども無視している人がいます。

こういった人は、元の債権元から債権回収会社に移ったことに気づけ無い人が多いです。

そのままだと危険なので、ここでオリックス債権回収の電話番号を記載します。

  • 03-6858-6030
  • 03-3435-3280
  • 06-6222-2220
  • 06-6578-1520
  • 092-433-6881

出典:iタウンページ

オリックス債権回収からの取り立てを無視すると、自宅に取り立てに来る場合もあります。

そうなる前に、専門家の力を借りるなど行動を起こしましょう。

自宅訪問の意味

取り立ての根強いイメージがある、自宅に押し掛ける取り立て行為は普通はおこなわれません。

自宅訪問が行われるケースは、高額な借入をしているにも関わらず、いつまで立っても連絡が取れなかったり、連絡が取れても返済する意思が無い、困った滞納者に対して行われます。

そのため、もし自宅訪問による取り立てを受けてしまうということは、オリックス債権回収から要注意人物だと見なされているということです。

はっきり言ってしまえば、債権回収会社側からすれば取り立て行為を行うのは非常に効率が悪い行為です。

そんな暇があれば、他の債務者の取り立ての電話を行うなりしたほうが、あきらかに良いのです。

そのため、債権回収会社にとって、できればやりたくないことであることからわかるかもしれませんが、普通の債務者に対してではなく、どちらかというと困った利用者に対してされる最後の手段といったところです。

自宅に訪問することで、借金返済を要求するとともに、相手の今の状況を確認する意味合いもあって行われます。

状況確認とは、本当に返済する意思があるのか、踏み倒すために住所を変えていないかなどを確認する意味があります。

オリックス債権回収の自宅訪問

オリックス債権回収の取り立ては、電話と督促状によって行われます。

このとき、人によっては電話が来ているにも関わらず無視をしたり、登録している電話番号が使えなくなっていると、事前に訪問予告通知が送られてきます。

強引な取り立ては行われませんが、自宅に見知らぬ人が来るという状態を人に見られるのは、借金をしていることが知られることにもつながります。

周りに知られてしまうのが嫌なら、この通知が送られて来たらすぐに連絡を返してください。

役所で住民票を確認される

消費者金融の契約書には、住民票を取得に関する事項が書かれています。

オリックス債権回収は、まずは金融取引情報を管理している、信用情報機関へと住所の確認を行います。

その結果、確認した住所に本人がいない場合、住民票を取得してどこに住んでいるのかを調査します。

そのため、夜逃げなどで住所を変えていた場合も役所を通して確認できるようになっています。

自分で連絡をとらない

オリックス債権回収に連絡するときに、借金を返済する旨を約束したり、この借金は自分が過去に借りた借金だと認める発言はしないでください。

あくまで「これは何の取り立てなのか?」「一度自分のほうでも確認する」というように対応してください。

借金は、最後の返済から5年経っていれば時効になり、借金は無効になります。

しかし、滞納者が借金を認める発言をしてしまうと、時効がリセットされてしまいます。

債権回収会社は、電話のやり取りを録音しているため、後から言ってないと主張しても証拠が残るようになっています。

そのため、あくまで担当者と連絡は取れる状態を維持し、時効になっているかを確認してください。

時効の確認は、弁護士に相談することで詳しく調べることができます。

一括請求の対処

1円も支払わずに滞納を続けていると、オリックス債権回収から一括請求が来ます。

借金の契約には「期限の利益」という項目があります。

「期限の利益」とは、返済を分割で行うことで得られる利用者と債権者側の利益のことを指しています。

借金した場合には、本来ならば一括払いで返済する必要があります。

しかし、利息や手数料などを取り決めて、当事者同士で合意をすることにより、借金を分割払いも許されています。

ただし、借金を長期滞納された場合や、決めた金額を下回る支払いが続くと、債権者にとって大きな不利益になります。

そこで、借金の契約をする場合は通常借金を数回分滞納すると、分割払いが認められなくなり、その後残金を一括払いしなければならないという内容の取り決めがされています。

返済の滞納により、分割払いができなくなることを「期限の利益の喪失」と言います。

債権回収会社からの債権も、滞納によって期限の利益を喪失するため、分割払いが認められなり借金の一括払いを迫られることになります。

期限の利益を喪失するまでの滞納回数は、契約内容によって異なります。

通常は2~3カ月を滞納したら、期限の利益を喪失したとみなされ、残金を一括払いしなければならないことが多いです

なお、一括払いを迫られるときは、事前にオリックス債権回収から一括請求通知が来ます。

裁判所の一括請求

一括請求通知は、裁判所から送られてくることもあります。

オリックス債権回収から送られてくる一括請求通知には、強制力はありませんが無視し続けると裁判所から一括請求が届くようになります。

これは、債権回収会社側が一括請求を確実に行うために、法的強制力を持った取り立て手続きをしたということです。

裁判所からの一括請求通知には、支払督促申立書と訴状の2種類があります。

この2つは対処法が少し異なるので、以下では支払督促申立書と訴状に分けて、対処方法を解説します。

支払督促がきたら

まず、裁判所から届いた一括請求通知が支払督促申立書であった場合の対処法です。

支払督促申立書か訴状かの区別は、送られてきた書類のタイトルに「支払督促申立書」と書かれているか「訴状」と書かれているかによって見分けることができます。

そして、支払督促申立書には返済の期日が記載されており、期日を過ぎると判決が出たのこと同じことになり強制的に支払わなければいけなくなります。

このことによって、オリックス債権回収は一括請求を強行できるようになり、支払えない場合は差し押さえを行うことができます。

この事態を防ぐためには、支払督促に対して異議申し立てをしなければなりません。

異議申し立てをする場合には「異議申立書」という書類を作成して裁判所に提出します。

支払督促に対する異議申し立ての内容は、それほど重視されません。

支払督促を受け入れることができない程度の記載でも良いです。

異議申し立てをすれば、支払督促はその効果を失って裁判に移行します。

すると、後日裁判所から裁判の期日が開かれる旨の連絡が来ます。

その後は、裁判所からの案内に沿って手続きを進めていくことになります。

支払督促に対する異議申し立て期間は、支払督促申立書を受け取ってから14日以内です。

郵便の事情などで遅れる可能性も考えると、支払督促申立書を受け取った場合には、早めに異議申立書を裁判所に提出する必要があります。

もちろん、異議申立書を裁判所に持参することも可能です。

なお、出廷して答弁になると弁護士を通して行うことになるかと思いますが、

答弁することが前提なら、弁護士への依頼は異議申立書を提出してからでも大丈夫です。

裁判所からの通知の対処

次に、裁判所から届いた一括請求が、訴状の場合の対処法です。

訴状には、答弁書と口頭弁論期日への呼び出し状が同封されています。

もし、訴状の内容に異議がある場合には、答弁書を記述して裁判所に提出しなければいけません。

提出しない場合、相手方の主張を認めたことになり、支払い命令の判決が出てしまいます。

そのため、訴状が届いたら答弁書に自分の主張を書いて提出しなければなりません。

ただし、ここで単に「お金がないから支払えない」などの事情を書いても、判決内容が変わることはありません。

答弁書に記載して意味のある主張は、法的に意味のある主張だけです。

借金が不当であるというような、正当な理由がない限り、借金には返済義務があるので、相手の主張を覆すのは難しいでしょう。

よって、この場合は裁判で答弁を行うよりも「和解」を検討すべきです。

和解とは、裁判の中で話し合いをして、問題の落としどころを決める方法です。

借金問題の裁判の場合は、借金の分割払いの期間と月々の返済金額の内容を決めることになります。

たとえば、借金を分割払いにしてもらって、将来利息をカットする内容の和解が成立すれば、かなり返済が楽になります。

訴状が届いたときに和解を希望する場合は、答弁書内に和解を希望する旨と、和解の内容を記載して提出すると良いでしょう。

その内容にオリックス債権回収が同意すれば、裁判は和解によって終結します。

和解内容で支払いをしている限り、オリックス債権回収から強制執行を受けることは無いので安心して生活ができます。

借金問題は弁護士に相談

裁判所から訴状や支払督促申立書などの書類が届いた場合、自分で対処出来ることは限られています。

支払督促申立書に対して異議を申し立てたり、答弁書に希望する和解内容を記載して裁判で和解手続きを進めていくなど、知識は必要ですが手続きすることは可能です。

ただし、これらの方法で自分だけでオリックス債権回収と交渉しても、上手くいきません。

また、すでに借金の支払いが困難で、和解によって分割払いもできない場合は、個人で交渉しても上手くいきません。

このような場合には、弁護士に相談をして債務整理手続きをしてもらうことが、最も効果的な解決方法になります。

債務整理のメリット

債権者側には、個人からの交渉に応じる義務はありません。

そのため、和解の交渉を行おうとしても、まともに取り合ってもらえないことが多いです。

例えば、減額や分割払いの交渉を行っても、その回答に数か月後に返事をしたり、無理ですの一言で断られることもあります。

しかし、弁護士を通すことで法律上で過去のやり取りの記録の開示をしなければいけなくなり、交渉の場に参加する義務も発生するので、対等に交渉ができるようになります。

さらに、弁護士が介入することで、過去の支払い履歴の中で、不正な金利で返済が行われていないか調査が入ります。

この調査期間は、最低でも2カ月ほど掛かり、この間は取引が行われると調査内容に齟齬がでるため、一切の取引が停止することになります。

つまり、返済しなくてもよい時間が生まれるということです。

さらに、弁護士には借金問題の救済措置である、債務整理の手続きを行えます。

裁判所を通して借金を減額したり、無効にすることは債務整理でしかできません。

そのため、現実的に支払いが厳しくなった場合は弁護士を通して債務整理を行うことをおすすめします。

オリックス債権回収と債務整理

オリックス債権回収を相手に債務整理をするなら、弁護士など法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、手続きを進めることができます。

裁判所を借金の減額や無効にする手続きは、弁護士資格を持たなければ行えないという決まりがあるため、本当に支払いができないようならすぐに弁護士に依頼しましょう。

ただし、手続きを行う弁護士選びは慎重に行ってください。

弁護士には専門分野があり、人によっては借金問題は取り扱ったことがないという弁護士もいます。

経験が無い弁護士に依頼すると、和解の交渉をしても債権回収会社の言い分を認めるしかできず、依頼しなかったほうが良いような結果を招くこともあります。

そこで、当サイトがおすすめする借金問題が得意な法律事務所を紹介します。

当サイトおすすめのサルート法律事務所は、借金問題だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

もちろん、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、代表弁護士の水野先生は借金問題に理解があり相談を無料で受けています。

借金を抱えている人がお金を持っていないという事情もわかっているため、費用の掛からない手続きを教えてくれます。

この他にも、弁護士を頼らなくても良ければ、そのことをきちんと伝えてくれる、良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ