アウロラ債権回収|支払い遅れで督促が来たら

アウロラ債権回収から督促状が来たら

アウロラ債権回収という会社から督促が来たら、まずは過去に支払いを忘れていた借金があったかを思い出して下さい。

アウロラ債権回収株式会社とは、法務大臣から許可を得た債権回収会社です。

銀行などの金融機関から譲渡されたり、金融機関への債権の買い取り価格査定や、有担保債権の担保の価値評価などを主な業務としています。

そのため、もし支払い忘れが合ったら、それは過去に滞納して支払い忘れている借金があるということです。

今回連絡が来た理由は、アウロラ債権回収が銀行やサラ金業者から委託を受けて、業者の代わりに取り立てを請け負ったということです。

この状況を解消するには、債務整理という法的救済手段を用いて、アウロラ債権回収と交渉していく必要があります。

この手続きは、弁護士を通すことで手続きができます。

弁護士に相談して債務整理という手続きを行えば、取り立てを止めることが出来ます。

さらに、弁護士がアウロラ債権回収を相手に減額の交渉までしてくれます。

取り立てられている金額が、とても返せないような金額になっていたら、一度相談してみましょう。

当サイトでおすすめするサルート法律事務所は、借金問題を得意としている法律事務所です。

過去の相談の実績の中には、債権回収会社を相手に交渉を成功させた実績も多数あります。

サルート法律事務所は、借金問題の相談を年間で20,000件も受ける法律事務所で、相談者の状況について他の法律事務所よりも理解があると評判です。

相談者のために無料相談窓口を設けて、解決方法を教えてくれます。

その相談の中で、手続きしたほうが生活が楽になる場合のみ、債務整理をおすすめしてくれます。

弁護士費用が気になるという人が多いと思いますが、サルート法律事務所は後払いに対応しているため、借金の負担が減ってから支払うことも可能です。

まずは気軽に相談してみて下さい。

弁護士法人サルート法律事務所

取り立てに使われる電話番号

これまで電話を無視し続けている人は、これらの番号に見覚えがないか確認してください。

この番号がアウロラ債権回収の電話番号なので、履歴をみてこれらの番号から電話が来てないか確認してください。

  • 03-6432-4201

出典:iタウンページ

電話の無視などの少しの油断で、将来的に裁判になってしまう恐れがあります。

債権回収会社は、電話や督促状による取り立てが出来ないようなら、すぐに裁判を起こして法的な力で確実に回収してきます。

裁判所から支払い命令が下されると、強制執行と言って、逃れることが出来なくなります。

そうなる前に、専門家の力を借りるなど行動を起こしましょう。

そもそも債権回収会社とは

債権回収会社とは、特定金銭債権の管理、回収を営業として行う株式会社のことを言います。

バブル経済の崩壊後、大量に発生した不良債権を迅速に処理する需要が高まり、債権の管理・回収を専門とする業者の必要性が主張されるようになりました。

しかし、債権の管理・回収により対価を得ることは、法律事務を弁護士の独占とする弁護士法に違反する恐れがありました。

そこで「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」が制定され、この法律の許可を受けて規制を受ける会社に限り、弁護士法の例外として、特定金銭債権の管理、回収を営業とすることが認められるようになりました。

特定金銭債権とは、金融機関や貸金業者などが有する債権や、これらが有していた債権、法的倒産者の金融債権などです。

銀行やサラ金、クレジット会社の債務は特定金銭債権に当たります。

債権回収会社は、サラ金のように自らの資金で債務者に貸し付けを行うのではなく、もとの債権者から債権を買い取って回収したり、もとの債権者から委託を受けて債権の管理・回収を行ったりしています。

例えば、住宅ローンが払えなくなって住宅を任意売却した場合、残った住宅ローンは債権回収会社に売却されます。

すでに経済状況が悪化している債務者に対する債権を買い取るわけなので、債権の買取は額面ではなく、かなり割り引いた金額で行われます。

債務者からそれ以上に回収できれば、債権回収会社の利益になるということです。

債権回収会社が債権を買い取った場合、もとの債権者から、債権を債権回収会社に譲り渡したことを知らせる文書(債権譲渡通知と言う)が届きます。

債権譲渡通知について

アウロラ債権回収に債権が移った時に送られてくる債権譲渡通知には、下記の内容が記載されています。

  • 譲り渡した債権を特定できる事項
  • 譲り受けた債権回収会社を特定できる事項
  • 債権を譲渡した事実
  • 確定日付(文書を作成した年月日)

この債権譲渡通知は、債権回収会社に権利を譲ったということを知らせるだけのものなので、債権譲渡通知が来たことによってすぐに何か悪いことが起こるわけではありません。

この段階では、すでに相当な期間返済が滞っているはずなので、この通知の後に送られてくるアウロラ債権回収からの督促状には「債務の全額を○○日までに支払うこと」「期間内に支払いも連絡もない場合には法的手続きをとる場合もあること」などが記載されています。

債権譲渡通知や督促状を受け取ったにもかかわらず、無視して滞納を続けていると、裁判所の督促(支払督促)などを受ける恐れがあります。

また、債務者に保証人がいる場合は、債権譲渡を受けたり債権の管理・回収の委託を受けた債権回収会社は、保証人に対しても支払いを請求してきます。

滞納したまま踏み倒しはできない

知らない企業からの督促なので、放置しておけば踏み倒せるのでは、と思う人も多くいると思います。

しかし、こうした考えは現実的ではありません。

なぜなら、アウロラ債権回収は取り立ての専門家です。

取り立てに必要な法律の知識や実務経験、ノウハウを豊富に蓄積しており、取り立てを行うことも法務省から認められています。

そうしたプロを相手に、一般人である私たちが踏み倒しを行うことは不可能です。

また、滞納した状態で、取り立てを放置をしていると、ほぼ確実に裁判に訴えられます。

アウロラ債権回収の取り立ての方法は、決して暴力的なものではありません。

冷静に淡々と裁判に訴え、財産の強制差押執行で、滞納金を回収します。

ひとたび裁判となれば、あなたは被告になります。

裁判所に出廷して、弁論台に立ち自身の主張を法に基づいて行わなければいけません。

アウロラ債権回収の時効の中断のやり口

アウロラ債権回収からの電話や督促状がきている方は、対応には“細心の注意”が必要です。

アウロラ債権回収は、取り立て回収のプロ中のプロです。

私たち一般人には気が付かない部分でも、「自社の債権回収に有利になるよう」働きかけを行っています。

ほんの一例に過ぎませんが、たとえば電話で「一部だけならお支払いできます」等と言ってしまうだけでも、法的に“あなたに不利”な状況をもたらす恐れがあります。

その結果として、消滅時効の中断事由となる債務の承認となり時効がリセットしてしまったり、最悪の場合、法的手続きが行われ、強制執行や差押えに至ってしまう恐れもあります。

債権回収会社は債権を買い取る

債権回収会社は、消費者金融側が回収できないと判断した債権を買い取ります。

そのなかには、時効期間が経っているような債権も含まれますが、それでも債権を買取り、債権者から債権譲渡の手続きを行います。

債権回収会社が関係した債権譲渡と時効の関係ですが、債権が消費者金融から債権回収会社に譲渡されても、時効の進行に影響することはありません。

債権回収会社は、バルクセールといって長期延滞している不良債権をまとめて買い取ります。

この不良債権には、消滅時効期間を経過した債権が多数ありますが、債権回収会社は消滅時効期間が経過した債権についても、何くわぬ顔をして請求を行ってきます。

この請求に応じて、一度でも支払いをしてしまったり、債務を認める連絡をしてしまうと、時効がリセットされ、時効期間が最初から出直しになってしまうのでくれぐれも注意が必要です。

普通は、債権の譲渡を受けた債権者は、譲渡債権者との連名で債権譲渡通知を債務者へ送付します。

その場合には、契約内容が記載された書類が同封されていますから、借金の消滅時効期間が経過していないかきちんと確認すると良いでしょう。

いずれにしても、債権回収会社は債権のプロですから、あらゆる手を使って債権を認めさせ、時効の中断を図ります。

あわてて連絡を取るのではなく、まずは借金の消滅時効に詳しい専門家へ相談することが大切です。

債権回収会社から借金を時効に

債権回収会社から時効を勝ち取ることはできます。

金融会社からのキャッシング、ローンの時効は5年ですが、債権が債権回収会社に引き取られても時効期間は引き継がれます。

最後に返済した日を起算点として5年以上が過ぎていたら時効は成立し、時効の中断がなければ、債権回収会社に時効援用の書類を出せば時効は完成して、返済義務は消滅します。

さらに、債権回収会社の中には時効が成立しているのを知っていても、債務者に請求書を送って返済を迫る悪質な業者もいます。

サービサーからの請求書の中には「法的な措置をとらせていただきます」などと強い調子で連絡や返済を求めてくるので、債権回収会社のいうままに連絡し、時効の機会を失ってしまう債権者も後を絶ちません。

実際には、裁判所に支払い申立をするとコストがかかるので、法的措置までを行うケースは少ないですが、債権名義をとられて時効期間が10年になった例もあるので安心はできません。

法的措置をとられたときの対処法

債権回収会社からの請求書に書かれた法的な措置をとることは少ないと書きましたがゼロではありません。

もし、あなたが債権回収会社に訴えられたら、どのように対処すれば良いのかを紹介していきます。

その方法は、借金問題に詳しい専門家に急いで相談することです。

裁判所からの支払督促は、14日以内に異議申し立てをしないと、債権回収会社の言い分通りの判決がだされてしまい、ほとんどの場合は全額一括返済を求められます。

借金を時効にするためには、簡易裁判所や地方裁判所に弁明書を送る必要があります。

しかし、期限が14日と短いのでスグに行動しないと手遅れになってしまうことがおおいです。

都市部に住んでいたら弁護士や司法書士の事務所も多く、少し遠くに足を伸ばすだけで、家族に内緒のままにして専門家のアドバイスをうけることができますが、地方に住んでいると、近所に秘密で相談できずなかなか踏ん切りがつかない方もいると思います。

借金問題については、スマホやパソコンで検索すれば無料の相談先もみつけることができるので積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

相談先の中には時効援用の実績も多く法律知識の豊富な人からの意見はとっても役立ってくれるにちがいありません。

もう何年も請求書が届かなかったような借金に、債権回収会社から請求書が送られてきた時の対処法はいじょうとなります。

債権回収会社に金融会社から債権が買い取られるのは、滞納をしてから数年が経っていることが多いので、時効援用によって返済をまぬがれることができる可能性は低くありません。

慌てて債権回収会社に連絡してしまうと、時効の機会を失ってしまうので電話などをしないで、時効援用できるのか確認してみることをおすすめします。

時効完成後の請求に注意

消費者金融やカード会社などの商取引によって生じた債権の時効期間は原則5年です。

消滅時効は、債務者がそれを主張することではじめて効力を持ちます。

つまり、債務者が消滅時効の援用をしない限り、どれだけ時効期間が経過していても時効は完成しません。

そのため、債権回収会社は、自社が保有している債権に対して請求を行います。

この請求の目的は、債務者の時効を中断させることです。

債権回収会社の請求に応じて借金を返済してしまうと、時効中断事由の一つである債務の承認に該当します。

一部債務の返済であっても、時効中断の効力は全体に対して生じるため注意が必要です。

債務を承認した場合、今まで経過していた時効期間はリセットされ、返済日の翌日から新たに10年の時効期間が進行します。

弁護士に相談するなら

アウロラ債権回収からの、取り立てをとめるなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことは、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうかが非常に重要になります。

借金問題解決の手続きを依頼する弁護士の仕事の分野には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の手続きが得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ