メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

エムユーフロンティア債権回収|取り立ての電話が来たらまずは相談!

借金を滞納すると、債権回収会社から取り立ての連絡がきます。

債権回収会社とは、特定金銭債務の督促・取り立てに関して、法務大臣の特別な許可を得た取り立ての専門企業です。訴訟など法的手段を積極的に用いる債権回収会社もあります。

彼らはお金を貸した消費者金融から依頼を受けて、合法的に取り立てを行います。

債権回収会社は主に下記のような取り立てを行います。

  • 返済指定日に支払いがない場合に電話連絡
  • 電話が繋がらない時にハガキ送付

一昔前は、テレビやドラマのような、大声を上げた恫喝のような取り立てもあったようですが、

今では、このような行為は法律で禁止されているため、穏便な方法がほとんどです。

しかし、強い手段に出られなくなった分、合法的により合理的かつ強引な取り立てがされるようになってきています。

例えば、本人確認が取れない場合は、債務者の職場や家族に連絡をとり、借金がバレてしまうこともあります。
具体的には以下のように対応します。

  1. 電話連絡、ハガキの督促 に返答がない場合、勤務先に電話連絡
  2. 勤務先でも連絡が取れない場合、自宅訪問
  3. 自宅訪問後、90日以上滞納が続く場合、裁判所へ法的手続きを依頼

債権回収会社は、法律を準じた合法的な取り立てを行います。当たり前ですが、貸したお金を返さない場合、債務者に非があるため裁判所も債権回収会社からの申立を受理します。

こうなると、手遅れになってしまいます。強制的に給料の差し押さえられ、会社の経理や総務の担当者に差し押さえがあったことが知られてしまいます。

これまで述べてきたとおり、債権回収会社は合法的な対応を行います。このため、交渉には専門家の助けが必要です。

もし、督促がきているなら、一人で思い悩まず、まずは弁護士・司法書士に相談してください。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

債権回収会社から督促の対処法

債権回収会社から督促きたら、まず弁護士・司法書士に相談して債務整理の手続きを行いましょう。

債務整理とは、貸金業者からの督促を止めたり、今抱えている借金を合法的に減らすことができる手続きです。

もしあなたが督促を無視し続け、債権回収会社が裁判所に「一括返済の申立」をしてしまうと、分割払いなどの交渉ができなくなり、債務整理の手続きもできなくなります。

手遅れになる前に、まずは弁護士・司法書士に相談してください。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

債権回収会社からの取り立て

消費者金融は会社のイメージを大切にします。取り立てが厳しいイメージを世間に植え付けてしまうと、お金を借りてくれる人が減ってしまうからです。

それに対して、債権回収会社はイメージを気にかける必要がありません。

彼らは、認可を受けた上で、債権回収をすることを主な業務としているためです。

しかし、債権回収会社からの取り立てに焦ってはいけません。債権回収会社の取り立ての中には、最終支払日から5年を経過した債権が含まれている場合もあります。

実はこの場合、「時効援用手続き」をすることで借金を消滅させることができる可能性があります。

間違った対応をしてしまわないように、消滅時効の援用に経験豊富で信頼できる専門家に相談をして解決しましょう。

債権回収会社とはどういう会社なのか

債権回収会社(サービサーとも言う)とは、特定金銭債権の管理、回収を営業として行う株式会社のことを言います。

バブル経済の崩壊後、大量に発生した不良債権を迅速に処理する需要が高まり、債権の管理・回収を専門とする業者の必要性が主張されるようになりました。

しかし、債権の管理・回収により対価を得ることは、法律事務を弁護士の独占とする弁護士法に違反する恐れがありました。

そこで「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」が制定され、この法律の許可を受ける会社に限り、弁護士法の例外として、特定金銭債権の管理、回収を営業とすることが認められるようになりました。

特定金銭債権とは、金融機関や貸金業者などが有する債権や、これらが有していた債権、法的倒産者の金融債権などです。

銀行や消費者金融、クレジット会社の債務もこの特定金銭債権に当たります。

債権回収会社は、消費者金融等のように自らの資金で債務者に貸し付けを行うのではなく、もとの債権者から債権を買い取って回収したり、もとの債権者から委託を受けて債権の管理・回収を行ったりしています。

例えば、住宅ローンが払えなくなって住宅を任意売却した場合、残った住宅ローンは債権回収会社に売却されます。

すでに経済状況が悪化している債務者に対する債権を買い取るわけなので、債権の買取は額面ではなく、かなり割り引いた金額で行われます。

債権回収会社は、債務者から買取価格以上の借金を回収することで利益を得ています。

債権回収会社が債権を買い取った場合、もとの債権者から債権を債権回収会社に譲り渡したことを知らせる文書があなたに届きます。これを「債権譲渡通知(さいけんじょうとつうち)」と言います。

債権譲渡通知について

「債権譲渡通知」には、次のことが記載されています。

  • 譲り渡した債権を特定できる事項
  • 譲り受けた債権回収会社を特定できる事項
  • 債権を譲渡した事実
  • 確定日付(文書を作成した年月日)

債権譲渡通知は、債権を譲ったということを通知するだけのものですが、これによって債権回収会社から本格的な取り立てが行われることを意味しています。

債権回収会社は、債権を買い取ったり、債権の管理、回収の委託を受けたりすると、さっそく債務者に督促状を送ります。

もしあなたがこの段階まできているなら、すでに相当な期間返済が滞っているのではないでしょうか。督促状には「債務の全額を○○日までに支払うこと」「期間内に支払いも連絡もない場合には法的手続きをとる場合もあること」などが記載されていると思います。

債権譲渡通知や督促状を受け取ったにもかかわらず、無視して滞納を続けていると、裁判所の督促(支払督促)などを受ける恐れがあります。

また、債務者に保証人がいる場合、債権譲渡を受けたり債権の管理・回収の委託を受けた債権回収会社は、保証人に対しても支払いを請求してきます。

滞納したまま踏み倒しはできない

知らない企業からの督促なので、放置しておけば踏み倒せるのでは、と思う人も多くいると思います。

しかし、こうした考えは現実的ではありません。

エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社 / MUフロンティアサービサー(以下、エム・ユー・フロンティア債権回収)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)関連会社であり、債権回収のプロフェッショナル集団です。

取り立てに必要な法律の知識や実務経験、ノウハウを豊富に蓄積しており、取り立てを行うことも法務省から認められています。

そうしたプロを相手に、一般人である私たちが踏み倒しを行うことは非常に難しいです。

また、滞納した状態で、取り立てを放置をしていると、ほぼ確実に裁判となります。

エムユーフロンティア債権回収の取り立ての方法は、決して暴力的なものではありません。

冷静に淡々と裁判に訴え、財産の強制差押執行で、滞納金を回収します。

ひとたび裁判となれば、あなたは被告になります。

裁判所に出廷して、弁論台に立ち自身の主張を法に基づいて行わなければなりません。

債権回収会社による債権の「時効中断」

エムユーフロンティア債権回収から電話やハガキの督促がきている方は、対応に「細心の注意」が必要です。

エムユーフロンティア債権回収は、取り立てのプロ中のプロです。

私たち一般の人には気が付かない部分でも、自社の債権回収に有利になるよう働きかけを行ってきます。

たとえば、電話で「一部だけならお支払いできます」と言ってしまうだけでも、法的にあなたに不利な状況をもたらす恐れがあります。

これは、先ほど説明した債務の時効を中断させる「債務の承認」となる可能性があります。これによって取り立ては継続され、最悪の場合、法的手続きに基づき、強制執行や差押えに至ってしまう恐れもあります。

これは、ほんの一例に過ぎません。

債権回収会社は債権を買い取る

債権回収会社は、消費者金融等が回収できないと判断した債権を買い取ります。

そのなかには、時効期間が経っている債権も含まれています。しかし、それでも債権を買取り、債権者から債権譲渡の手続きを行います。

債権回収会社は、バルクセールといって長期延滞している不良債権をまとめて買い取るためです。

債権が消費者金融から債権回収会社に譲渡されても、時効の進行に影響することはありません。

債権回収会社は消滅時効期間が経過した債権についても、何くわぬ顔をして請求を行ってきます。

この請求に応じて、一度でも支払いをしてしまったり、債務を認める旨を返答してしまうと、先に説明したとおり、時効が中断され、時効期間が最初から出直しになってしまうのでくれぐれも注意が必要です。

普通は、債権の譲渡を受けた債権者は、譲渡債権者との連名で債権譲渡通知を債務者へ送付します。

その場合には、契約内容が記載された書類が同封されていますから、借金の消滅時効期間が経過していないかきちんと確認すると良いでしょう。

いずれにしても、債権回収会社は債権のプロですから、あらゆる手を使って債権を認めさせ、時効の中断を図ります。

慌てて連絡を取るのではなく、まずは借金問題に詳しい専門家へ相談することが大切です。

債権回収会社から借金を時効に

債権回収会社から時効を勝ち取ることはできます。

金融会社からの融資やキャッシング、ローンの時効は5年ですが、債権が債権回収会社に引き取られても時効は停止も中断もしません。

最後に返済した日を起算点として5年以上が過ぎていたら時効は成立し、時効の中断がなければ、債権回収会社に時効援用の書類を提出することで時効は成立して、返済義務は消滅します。

さらに、債権回収会社の中には時効が成立していることを知っていても、債務者に請求書を送って返済を迫る悪質な業者もいます。

サービサーからの請求書の中には「法的な措置をとらせていただきます」などと強い調子で連絡や返済を求めてくるので、債権回収会社のいうままに連絡し、時効の機会を失ってしまう債権者も後を絶ちません。

実際には、裁判所に支払い申立をするとコストがかかるので、法的措置までを行うケースは少ないですが、債権名義をとられて時効期間が10年になった例もありますので安心はできません。

法的措置をとられたときの対処法

債権回収会社からの請求書に書かれた法的な措置をとることは少ないと書きましたがゼロではありません。

もし、あなたが債権回収会社に訴えられたら、どのように対処すれば良いのかを紹介していきます。

その方法は、借金問題に詳しい専門家に急いで相談することです。

裁判所からの支払督促は、2週間以内に異議申し立てをしないと、債権回収会社の言い分通りの判決がだされてしまい、ほとんどの場合は全額一括返済を求められます。

借金を時効にするためには、簡易裁判所や地方裁判所に弁明書を送る必要があります。

しかし、期限が14日と短いのですぐに行動しないと手遅れになってしまうことが多々あります。

都市部には弁護士・司法書士の事務所も多く、少し遠くに足を伸ばすだけで、家族に内緒のままにして専門家のアドバイスをうけることができますが、地方に住んでいると、近所に秘密で相談できずなかなか踏ん切りがつかない方もいると思います。

借金問題については、法テラスに相談したり、スマホやパソコンで検索すれば無料の相談先もみつけることができるので積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

相談先の中には時効援用の実績も多く法律知識の豊富な人からの意見はとっても役立ってくれるにちがいありません。

もう何年も請求書が届かなかったような借金に、債権回収会社から請求書が送られてきた時の対処法は以上となります。

債権回収会社に金融会社から債権が買い取られるのは、滞納をしてから数年が経っていることが多いので、時効援用によって返済をまぬがれることができる可能性は低くありません。

慌てて債権回収会社に連絡してしまうと、時効の機会を失ってしまうので電話などをしないで、時効援用できるのかを専門家に確認してみることをおすすめします。

時効完成後の請求に注意

消費者金融やカード会社などの商取引によって生じた債権の時効期間は原則5年です。

消滅時効は、債務者がそれを主張することではじめて効力を持ちます。

つまり、債務者が消滅時効の援用をしない限り、どれだけ時効期間が経過していても時効は完成しません。

そのため、債権回収会社は、自社が保有している債権に対して請求を行います。

この請求の目的は、債務者の時効を中断させることです。

債権回収会社の請求に応じて借金を返済してしまうと、時効中断事由の一つである債務の承認に該当します。

一部債務の返済であっても、時効中断の効力は全体に対して生じるため注意が必要です。

債務を承認した場合、今まで経過していた時効期間はリセットされ、返済日の翌日から新たに10年の時効期間が進行します。

借金問題で弁護士・司法書士に相談するなら

エムユーフロンティア債権回収からの取り立てに適切に対応するなら、弁護士・司法書士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談しましょう。

しかし、1つ気をつけなければいけないことは、相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

借金問題解決の手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事の分野には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の手続きが得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル