メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

アイフル|返済できずに滞納してしまった人へ

アイフルで借金をした人の中には、返済できないほどの借金を抱えている方も多くいます。

最初は、数万円の少額のキャッシングからはじめたはずが、気がつけば借り入れ金額が増えてしまっていたというのがほとんどの人の共通点です。

また、生活環境が変わってしまったりなど、様々な理由によって、当初は返せたはずの借金が払えなくなって滞納してしまい、長期間返済が出来ない状況に陥ってしまう場合もあります。

借りたお金は、当たり前ですが必ず返済をするのが基本です。

しかし、実際に手元にはお金が無い場合はどうにもなりません。

そんなときにはアイフルの借金を放置するのではなく、国からの借金の救済措置を使って借金返済の負担を減らすようにしましょう。

アイフルのような有名な企業だとしても、返済しないで滞納してしまう人には毎日取り立ての電話や督促ハガキなどを送ります。

また、場合によっては裁判所に訴えて、差し押さえなどの強制執行を下すこともあります。

給料の差し押さえをされてしまうと、職場に借金を知られてしまうだけでなく、大きな問題となってしまいます。

そうならないためにも、アイフルの返済が出来ないときには借金の整理である任意整理を検討しましょう。

当サイトのおすすめするみつ葉司法書士事務所は、無料相談を実施している借金問題に強い司法書士事務所です。

この司法書士事務所をおすすめする理由は、なにより借金問題に関する実績と評判が高く、いままでで2,400件以上の借金相談を受けてきている司法書士事務所です。

もちろん、アイフルを相手に減額の手続きも何度も行ってきているため、安心して相談することが出来ます。

法律問題は、弁護士の実力によって結果が大きく変わってくると言われています。

そのため、確かな実績を持つ弁護士に依頼することが非常に重要です。

滞納したら他のカードどうなるか

滞納を繰り返して、持っているカードが強制解約になった後も、借りたお金は返さなければいけません。

当たり前ですが、支払い義務は残り続けます。

このような事態になると、当分の間どこの会社からも借入ができなくなります。

信用情報機関は、他のクレジットカード会社・銀行・消費者金融なども利用をしています。

何度も支払い遅延が起きていて、滞納が発生している情報は、他社も確認することができるので、借金をしていないカードも強制解約されることがあります。

このような状態の場合、新たにカードを作ることができなくなります。

つまり、アイフルの滞納の支払いをするために、別の消費者金融で借入を申し込んだとしても、借りることができないということになります。

あまり知られていませんが、キャッシングというのはどこか1社でも返済が滞ってしまったりすると、連動して解約されてしまったり、新たなカードを作成することができなくなります。

そのため、計画的に利用することが重要です。

すべてのクレジットカード・消費者のローン・キャッシングは、情報を共有しているということをよく覚えておいてください。

支払いは済ましておく

滞納問題は、基本的には1か月未満に支払わないと、非常に厳しい対応を迫られます。

これは消費者金融や銀行などのローンだけでなく、ショッピングのローンの支払いの遅れも同じことです。

出来るだけ早く遅延分を支払わないと、その分だけ利息も高くなってしまいます。

さらに、支払いの遅延が発生すると、利息とは別に年利20%を日割りで計算した違約金がついてまわります。

20%の金利とは、貸金業法で定められた金利の最上限なので、日割で20%だと大したことがないと思って放置すると大変なことになるでしょう。

それこそ、1、2週間分だったらまだ良いですが、大金を借りている人の場合は、1ヶ月も遅延したら、年利20%の遅延料金を取られるとなると、やはり結構な額になってしまいます。

借金の滞納は危険という印象は誰もが持っていることだと思いますが、この危険の理由がこの違約金の存在です。

もし、滞納をしているなら、通常の年利に加えてさらに20%の年利が加わると分かれば少しでも返さなければと思うはずです。

なお、毎月の返済も請求された金額をそっくり返さなくても、実は大丈夫なのです。

督促状などに記載されていますが、請求額の他に最低限支払って欲しい金額の記載があります。

この金額は、請求金額を大きく下回っているはずなので、その金額を支払うことで、滞納が止まることがあります。

なお、取り立てだけでも止めたいという場合は、最悪でも1000円でも支払っていれば取り立てが止むことがあります。

その場しのぎかもしれませんが、精神的に辛いという場合は、こういった返済方法もあるということを知っておいて下さい。

アイフルからの取り立てについて

やはり出来るだけ遅延はしないことが望ましいので、遅れてしまった時には1日でも早くお金を工面して、支払いをしてしまった方が心が軽くなると思います。

長期の遅延は、精神的にも経済的にも負担が大きすぎます。

うっかりミスで1日や2日程度の遅延をした場合は、それほど取り立ての口調は厳しくありません。

漫画やテレビなどで見かける、恐喝まがいの厳しい取り立ては、基本的にありえません。

一般的な大手の消費者金融では、1日遅れたくらいでは、取り立ての連絡を取ることはありません。

謝罪と早々に入金を済ませれば「次回からは気を付けて下さい」と注意されるだけで済みます。

しかし、何度も滞納が続き、1か月以上の滞納になってしまうと、取り立ての口調も厳しくなってきます。

真面目に払っている人には、勿論親切に優しい口調で接しますが、借金を踏み倒しているような人には、やはり口調がきつくなります。

スタッフの対応がきつくなってくるのは、やはり1か月以上の遅延が発生するよう場合が多いので、長期の返済遅延は絶対に止めましょう。

また、短期の返済遅延も、数が多くなってくると、やはり厳しい口調に変わってきますので要注意です。

一括請求通知がきていたら

既に滞納を繰り返していて、アイフルのような消費者金融やカード会社の支払いが遅れていて、裁判・支払督促を起こされたという方への対処法を紹介します。

まず、アイフルのような消費者金融で返済が滞っていると、一括請求通知という内容で自宅のポストに、裁判所から封筒が届きます。

この書類は郵便で送られてきています。

特別送達という郵便で送られてくるため、送達した証明も裁判所側で行っています。

そのため、通知が送られてきていなかったという理由や、通知に気づかなかったという言い訳は一切聞きません。

この通知の返答期間は2週間以内となっており、この期間内に返答しなければアイフルなどの、貸金業者側の訴えが一方的に認めれられてしまいます。

そのため、2週間以内に滞納する必要があります。

裁判所からの訴状の中身

裁判所からの訴状の中身は、支払督促という内容の書類と異議申立書が同封されています。

こういった通知は、滞納するとすぐに訴えられるというと、借入をした会社によって対応が全く違います。

会社によっては1年以上裁判を起こさない会社もあれば、すぐに訴える会社もあります。

例えば、直ぐに訴える会社の例をだすと、債権が債権回収に移った場合は3~4ヶ月で訴えられることが多いと言われています。

そのほかは、約1年で裁判沙汰になると言われています。

期間は会社によってバラバラですが、すべての会社に共通しているのは、今すぐ一括で支払えということです。

裁判所から訴状が届いた場合の相談

訴状や支払督促が届いた段階での相談については、弁護士の無料相談を利用できますが、裁判になってしまったら弁護士が少しでも介入すると、弁護士側にも責任が生じる異なります。

基本的に、どの法律の専門家に相談しても、無料相談に乗ってくれるところはありません。

そのため、専門家に相談するとしたら、裁判の手続き前に相談しなければいけません。

アイフルの借金を債務整理するには

債務整理と言っても大きく分けて4つの方法があります。

それぞれには長所と短所がありますが、仮にアイフル1社の借金で払えず、それでも月々の収入がある程度はあるのであれば、任意整理が適している可能性が高いです。

自己破産も債務整理の一種ではありますが、アイフルだけや数社程度の借金ではあまりおすすめ出来る方法ではありません。

個人再生や特定調停も、任意整理に比べるとあまり利用されていません。

借金を任意整理で支払っていく

任意整理は自己破産とは異なり借金を無くすものではなく、あくまで返済計画を立て直して支払いを進めていくものとなります。

現在のアイフルの返済プランでは支払えない方が、債権者(アイフル)との示談交渉をして借金の減額をしてもらう手続きとなります。

現状の返済では苦しい方も、任意整理を行えば無理の無い返済を進めていけるようにもなります。

任意整理で利息がカット

アイフルに払えない理由の一つに、利息が高いことがあげられます。

何もアイフルに限らずですが、消費者金融は金利が高いので、返済が出来なくなってしまう場合が多いのです。

しかし、任意整理であれば利息をカットでき、さらには昔から長期間に渡って利用をしていた場合には、払いすぎた利息があればその分は元金分に充てられるので、借金の減額も見込めます。

裁判手続きではない任意整理

任意整理は文字通り、債権者と債務者による任意での借金の整理となるため、強制力を持つものではありません。

債権者側が応じなければいつまで経っても解決とならず、その間も支払いの催促の連絡が来る場合もあるのです。

そのため、交渉力が問われる手続きであるとも言え、個人で行うよりも弁護士などの専門家に依頼をしておけば、スムーズに任意整理が進むようにもなるのです。

専門家に依頼をする

債務整理は全て自分ひとりで手続きを進めることももちろん出来ます。

しかし、任意整理などはいくら裁判手続きではないとは言え、アイフル側などの債権者との交渉もしなければならないので時間も手間も労力もかかります。

大変な労力をかけた挙句に合意に至らなければ、全て無駄になってしまうのです。

その点、弁護士などの借金の整理を専門としている方に依頼をすれば、弁護士費用こそかかってしまうものの、ヒアリングを経て全て手続きを確実に進めてくれます。

個人では対応の難しい案件であっても、弁護士ならスムーズに法的な知識を持って処理をしてくれるため、借金で悩んでいる方には心強い味方となってくれるのです。

滞納が続いてしまった場合

返済日を過ぎて返済を滞納した場合、3ヶ月滞納してしまうと、信用情報機関に金融事故情報として登録されてしまいます。

ブラックリストという言葉を、聞いたことがある方は多いかと思いますが、意味は同じです。

信用情報機関に金融事故情報として登録されてしまった場合、新たに借入れを行うことも、クレジットカード、住宅ローン、車購入の際のローンなども完済後5年間は利用できなくなる可能性が高いです。

返済を滞納してしまった場合、自宅に担当者が訪問し取り立てを行う場合もありますが、世の中には借金を滞納してしまう方は多いです。

そういった人には、裁判所に訴えて強制的に法的に支払わせるという手段をとっています。

こういったことは、3ヶ月以上滞納をした人が対象になり、簡易裁判所から支払督促状が届きます。

これが届いたことが、いわゆる法的手段となり、内容は一括で借金を全て返済くださいというものがほとんどです。

この段階では、アイフル側の一方的な申し出によって行われたものとなり、まだ止めることができます。

あなたが裁判所に、異議申し立てを申し立てれば良いのですが、もし放置した場合は、裁判所はアイフルの申し立てどおり判決だし、内容が確定してしまいます。

こうなってしまうと、法的強制力を持ってしまうため、裁判所からの通知が届いたら絶対に支払わなければいけません。

確定してしまうと、原則として一括払いするしか方法がなくなってしまいます。

分割払いを希望するなどの異議があるなら、同封されてきた督促異議申立書を、早急に裁判所に提出しなければなりません。

きちんと対応した場合は、通常の民事訴訟手続に移行し、裁判所が中に入り話し合いによる解決に向かいます。

しかし通常の裁判になると、費用が相当かかるのでアイフル側も、直接の話し合いで分割払いに応じたり折り合いをつける提案をしてくることがあります。

滞納で債務整理をするなら

借金問題の手続きは複雑で素人では判断できない内容がたくさんあります。

手続きで記入しなければいけない書類も専門知識が必要ですし、そもそもどんな手続をしなければいけないかの区別もむずかしいです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあり、時効で済む可能性のある借金もあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル