アコム|弁護士相談で滞納を解決した体験談

アコムで滞納すると

アコムの指定した返済日に、引き落としができない場合は再引き落としを行うという書面のハガキが送られてきます。

このハガキが来ると、支払いが確認できるまではアコムからの借入が利用ができなくなります。

また、再引き落としでも引き落としができない場合には、さらに振込用紙などが送付されてきます。

この時点で、すでに指定信用情報機関には、滞納が発生しているという情報が登録されてしまいます。

さらに、引き落としや支払いが行われないと督促の電話が掛かってきます。

それでも支払いが行われないと、強制的にカードが解約になり、信用情報機関に金融事故を起こした人物として登録されます。

そのような事態になる前に、借金がどうしても支払えないなら、一度弁護士に相談することをおすすめします。

今回紹介するサルート法律事務所は、借金の滞納問題も含め借金問題で、国内でも屈指の実力を誇る法律事務所です。

その実力の裏付けに、年間で2万件以上の借金問題の相談を受けており、多くの人の借金問題を解決してきています。

評判も良く、事務所への電話相談は常に鳴り止まない状況です。

やはり、相談するなら経験豊富な弁護士に相談した方がいいです。

サルート法律事務所は、借金問題に理解がある法律事務所で、相談する人がお金を持っていないことも重々承知しているため、他の弁護士事務所と違い相談料を無料にしています。

無料相談の中で、きっとあなたに合った一番の解決法を提示してくれます。

他の事務所では断れるような滞納が原因の相談でも、解決策を教えてくれるでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

弁護士に滞納の相談

カードローンを利用している人は、様々な会社からのカードを持っていると思います。

その場合は、できれば1枚にしておいた方が良いでしょう。

多く持っていると、何か不足があったときには助かりますが、支払いができなくなったときは、逆に多重債務化しやすいものです。

アコムで滞納してしまい、支払いがどうにもならない状態に陥ったときは、悩まず弁護士に相談してください。

自身で解決するには難しいため「債務整理」という形で相談したほうが良いでしょう。

おそらく「任意整理」という方法がとられて、アコムと和解交渉することになるかと思います。

そこで、今ある収入から計算したものから分割払いの回数と金額を設定し和解交渉します。

交渉が成立すれば、今までより安くて楽な支払いをしていくことになります。

任意整理を行うと、支払いが完了してから、事故情報として5年間は信用情報機関に残りますが、その分使いすぎを防ぐことができます。

今後そうならないように、計画性を持って利用するようにしてください。

滞納したときに起こること

返済日を過ぎて、滞納してしまっているのに入金ができないとなると、翌日に申請した携帯電話や、ご家庭の固定電話に連絡が来ます。

アコムの場合、プライバシーを考慮して在籍確認時のように、社名で電話をしてくることはなくスタッフが個人名を使って電話をしてくれます。

多少の滞納程度なら、いつなら入金可能なのかという確認をしてくるだけです。

もし、うっかり支払いを忘れていたり、風邪で寝込んでしまって支払いができなかった、などという理由があるのなら、こちらからアコムに連絡して支払える日をしっかり伝えましょう。

1日入金が遅れてしまうことは、誰にでもあり得ることです。

一週間後の給料日に、絶対に支払えるけど今は返済するお金がないという場合でも無視せず連絡してその旨を伝えてください。

同様に、お金が手に入ることと、入金の約束ができれば約束をした日までしつこく連絡が来るということもありません。

しかし、一週間後に支払いますと自ら約束したにも関わらず、その期日を過ぎても支払わないとなると何度も連絡が入ったり、話し方も最初のように穏やかなままではないという可能性もあります。

この電話さえ乗り切れば、という軽い気持ちでその場しのぎの嘘などをつかないように心がけてください。

アコムの返済が遅れた場合

返済が遅れた場合には、いずれかの支払い方法で返済しましょう。

  • ATMから入金
  • 金融機関からの振り込みから入金

一点注意すべきことで、ATMからは10万円以上の入金はできません。この金額を超えた入金をする場合、まずはアコムに電話をしましょう。

返済が遅れてしまうと、あなたにとってデメリットしかありません。

返済が遅れることがわかっていれば、事前にアコムへ相談すると良いでしょう。

アコムの取り立てが始まる

アコムの支払日は毎月自分で指定できますが、支払いができない場合は二度目の振替はありません。

支払日に間に合わなかったときは、アコムに連絡して支払先と支払い方法を確認する必要があります。

これを怠っていると督促のハガキや督促の電話による取り立てが行われるようになります。

督促電話は自宅での連絡が取れないといった特殊な事情がない限り、勤務先に連絡することはありません。

これは法律で決められているので、アコムも必ず守っていることです。

しかし、自宅には督促電話や督促ハガキが送られてくるので、家族にも迷惑がかかることになります。

滞納が続くと裁判になる

滞納が続くと、アコムは強制解約されて請求金は残額を含めて一括で返済することになり、カードも返却しなければいけなくなります。

同時に、法手続きも開始されます。

裁判所から「支払い督促状」が届くと、法手続きが開始されたことを意味します。

支払い督促状では一括で支払うように命じられていてそれまでの遅延損害金も請求されます。

これを無視すると、差し押さえの強制執行が行われます。

もし、この時点で異議を申し立てすると裁判が開始され、口頭弁論が行われます。

ここで分割での支払い意思を示すと、裁判官は和解勧告を行い当事者同士で和解の交渉を行い、成立すると和解書が作成されます。

異議申し立てをせずにそのままにしていると、動産や不動産、諸金や給与といったものまで、差し押さえされる権利をアコムに与えることになります。

会社員であれば、給与差し押さえによって会社にも借金があることが知られてしまいます。

そうなると居心地が悪くなり、場合によっては退職せざるを得なくなります。

アコムと裁判になる前に

アコムからの取り立ては、電話での取り立てとハガキでの取り立てが行われます。

滞納を続けている人は、電話での取り立ては基本的に無視するひとも多いため、自分の借金がまずい段階に進んでいると気づきません。

この気づかないことが、最悪の自体を招きます。

アコムは、電話やハガキに反応がないと、取り立てを無視しているという風に判断してしまいます。

そのため、長期間連絡が取れない日が続くと強制的に借金を取り立てることができる、裁判所から一括請求の督促状を送付してきます。

この督促状には、以下のような内容が記載されています。

「法的手続の準備に入らざるを得ません

お客様に対し、これまで再三にわたりお客様の「未払債務」解決のためご案内をさしあげましたが、残念ながら、本日までお支払いがされておりません。

当社としましでもこのままの状態を無期限に継続することはできません。つきましては、本状到着後7日以内に下記「未払債務」を当社口座にご送金ください。

万一、ご送金、ご連絡がない場合は、誠に不本意ながら「法的手続の準備に入る」ことを念のため申し添えます。

なお、何か特別なご事情がある場合には、当社まで至急お申し出ください。」

上記のような内容で、督促状が送られてきます。

この記載された期日以内に、支払いが済まなければ、法的な強制執行が待っており、具体的には差し押さえが行われてしまいます。

こういった差し押さえは、収入の差し押さえが該当します。

どうすれば滞納を解決できるか

そのまま滞納が続くと、訴訟を起こされ裁判になります。

この訴訟を解決する方法は3つありますが、自分でできそうにない方法が多いです。

  1. 裁判になる前にアコムへ分割交渉する
  2. 利用者本人が裁判所に出頭し分割支払いを申し出て和解交渉する
  3. 弁護士に相談し「債務整理」をする方法で解決する

上記のような1.2.の方法は、専門的な知識と、時間が掛かるので、ほとんどの人は行いません。

その結果、弁護士に依頼し和解交渉する方法が一番かと思います。

万が一、給与などが差押えになると、会社にも情報が流れていきますので注意してください。

上記の場合、カードは一切利用できないので、解約することになるでしょう。

アコムの借金体験談

ここでは、実際にアコムで滞納し続けてしまった人の体験談を紹介します。

すでに、アコムから連絡が来ているということは、もうギリギリの状態だということを意識しながら読んでもらえると幸いです。

借金の理由

私は大学を中退してからろくな仕事がなく、仕方なく派遣社員として働いていたのですが

そのうち派遣切りにあって急に職も住む場所も失ってしまいました。

貯金もほとんどなかったため、消費者金融で融資を受けて当面の生活費を工面しました。

その後、なんとか別の職場にまた派遣として務めることになりましたが、なおもギリギリの生活費くらいの収入しか得られず、出費の重なるタイミングでお金を借りるくせがつき借金地獄へ落ちていきました。

多重債務で月の返済が10万円

そのような生活が5年ほど続くと、とても借り入れ先が1社では足りずにいくつもの消費者金融に手を出して、とうとう多重債務者になってしまいました。

4社から合計280万円の借り入れをしており、月々の返済は10万円。

しかも、月日がたつほどにそれは増えていきカードローン地獄におちいりました。

いくら生活費の切り詰めをしてもとても返していける見込みがなくなり、破綻という言葉が頭をよぎり不安でいっぱいでした。

そんなときに職場で親しくなった人と呑みに行くことになり、その席で恥ずかしいと思いつつもお酒が入った勢いで愚痴をこぼしたら、法律事務所へ無料相談に行ってみたらどうかと提案されました。

弁護士事務所へ相談

恥ずかしながら、それまでの自分には法律相談に行くという発想自体ありませんでした。

そもそも、本当にすべてを捨ててやることだと思っていたのです。

しかし、同僚の話を聞くと、債務整理の種類にもいろいろあり、もちろんデメリットが一切ない債務整理はなくても自己破産のようにすべてを失う選択肢ばかりでもないということだったので
少しでも解決するかもと僅かな期待を持って、弁護士事務所に行くことにしました。

弁護士事務所というもの自体が自分にとっては敷居の高いものに感じていましたが、まずは電話相談からできるところもあり、実際に行ってみるとそれほど身構えていなくても大丈夫で、弁護士の先生も親身になって話を聞いてくれました。

任意整理して支払い楽に

自分は弁護士の先生からの助言通り、任意整理という債務整理方法をとることにしました。

人によって減額してもらえる額や月々の支払いの負担はかなり幅がありますが、自分の場合は月々の支払いが10万円から5万円になり、本当に支払いが楽になりました。

これくらいなら新規で借り入れをしなくてもなんとか支払いをしていけます。

支払いの期間も1年とかなり短い期間で完済の目処がついたところが本当に助かりました。

これから残りの人生、いつまでも借金と付き合っていかないといけないのかと覚悟していただけに、それから開放されるのが信じられません。

弁護士の先生には当然、感謝しきりですし、また、自分に法律相談をすることを勧めてくれた同僚にもとても感謝しています。

借金問題で困っている人は是非、法律相談をしてみるといいと思います。

アコムの取り立てを止める

アコムのような消費者金融を相手にするには、ただ交渉力があるだけではいけません。

もし、あなたに高い交渉力があったとしても、裁判になると発言の一つ一つを法律に照らし合わされてしまうため、債権の取扱や貸金業法や利息制限法などの法律の知識を持っていないと危険です。

そのため、取り立てを止めるには、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談する必要があります。

専門家に相談することで、アコムからの取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことがあります。

相談する弁護士が、本当に借金問題に強い弁護士かどうがか非常に重要になります。

なぜなら、借金問題の解決のための手続きを依頼する弁護士の仕事には種類がいくつもあり、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題などがあります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の援用や債務整理などの借金問題が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ