アコム|滞納して電話の督促がきた人の体験談

アコムで滞納すると電話督促がくる

アコムが電話を掛けてくる理由は、基本的に支払いの催促の電話連絡です。

コレ以外に、アコムから連絡がくることは基本的に契約時の在籍確認以外にありません。

つまり、計画を立てて毎月しっかりと返済していれば、アコムから電話がかかってくることはないということです。

アコムから借金をして、当初は返せるはずだったのに、気がついたらお金がなくなっており返済ができなかったという人はかなり多くいます。

その結果、毎日の様にアコムからの電話が鳴り続けます。

毎日同じタイミングと番号で電話が鳴るので、この電話はアコムからだろうなと分かってしまうようになります。

この時、かなり多くの人が返済の目処が立っていないことや、お金をそもそも持っていないので返せないという状態なので、電話を無視してしまいがちになります。

支払いすることができず放置してしまい、取り立てが続いている人の多くは、借金の返済の目処が立っていない状態かと思います。

こういった状況に陥ってしまうと、心のなかでは毎月少しずつでも良いから返済していこうと思いますが、通常の金利に加えて滞納による遅延損害金の発生によって、利息分の返済しか支払えなくなることが多いです。

もし、現在少しずつの返済しかできていないという人は、借金問題を解決するために、合法的に借金を減額する事ができる法律の債務整理を検討して下さい。

債務整理手続きは、弁護士に依頼して行われるのが一般的です。

さらに、債務整理手続きをすると消費者金融からの取り立てが2〜6ヶ月ほど止まるため、その間に元の生活に戻ることができます。

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

アコムの借金返済体験談

借金のきっかけ

借金のきっかけは生活費不足でした。

もともと、もらった給料はその月に使い切ってしまう性格で、毎月月末がピンチになっていて、本当に危なかったら

アコムを利用する習慣ができてしまった

最初は本当にお金が足りない時だけアコムを利用していました。

しかし、借入れと返済を何度も繰り返しているうちに、借金をしているという感覚が少しづつ薄れてきたのです。

まるで、ATMを使って自分の口座から預金を引き出しているような感覚でした。

初めは借入れしない月もありましたが、気づけば給料日前は必ずアコムを利用するようになったのです。

すっかり金銭感覚の狂ってしまった僕は、彼女のために花やブランドバックなどを買いプレゼントの金額はどんどん高くなっていきました。

ついに限度額20万円に達してもお金が足りなくなり、僕は限度額を50万円まで増やすことにしたのです。

この時の僕は「借金がいくらでも給料日さえくればいつでも返済できる!」と自分の返済能力を過信していたのです。

アコムは借入希望額が50万円を超える場合、収入証明が必要になるので、僕は2か月分の給与明細書を提出して借入限度額を50万円まで増額することができました。

限度額の50万円いっぱいまで借りるのに時間はかかりませんでした。

すでに金銭感覚のおかしな僕は、これまで以上に浪費が激しくなっていたのです。

借金は今までの2倍以上に膨れ上がり、毎月の返済が苦しくなり、やがて返済が遅れるようになりました。

滞納で督促のはがきが届く

滞納すると数日後にアコムから督促のはがきが届き、中には返済額や次の返済期限などが書かれています。

しかし、僕は指定された返済期限までにお金を用意できず、アコムからの督促通知を無視する形になってしまいました。

返済期限日の翌日、アコムから僕の携帯に電話が入りました。

電話の内容は「いつごろ返済できますか?」といった話です。

アコムの担当者は女性の方で特に高圧的な態度ではなく、督促の電話とは思えないほど丁寧な口調で、僕は安心して話すことができました。

僕は返済する意思があることを正直に伝えました。

しかし、返したい気持ちはあるのですが、実際に返す当てもありません。

返済が終わる見込みもなく、少しでも遅れると電話による催促でストレスがたまる日々でした。

そこで何とか借金が楽にならないかと思い、弁護士に相談に行くことにしました。

弁護士に相談

弁護士に相談をし、債務整理を行う事で借金返済が楽になる事を進められ、任意整理を行う事にしました。

結構借金によって債務整理を行う人は多いらしく、もっと早くに相談に行けばよかったと思いました。

そこから毎月の返済額はそのままですが、借金の減りが以前と違い、順調に減ってる様子をみて気持ちが楽になりました。

今では、債務整理によって借金を返し終えることができました。

お金を借りることはしないと心に決めました。

今回の借金により、多くの誘いを断ったりと周りに迷惑をかけてしまった思いがあります。

もっと早くに相談し、解決していればこのような事態にもならなかったんだと痛感しました。

無視し続けると督促状がくる

支払い期日が過ぎて、アコムからの電話を無視し続けていると、自宅に督促状が送られてきます。

この督促状の中身は、支払期日と支払金額、そして滞納していることで発生した遅延損害金が記載されています。

この督促状は、電話に出ていれば送られることはありません。

督促状に書かれている金額を支払うことができない場合、一番よい方法はアコムに電話して、いくらなら支払うことができるかを伝えることです。

基本的に1円も払わないで無視し続けることが最悪なことです。

そのため、少しでも良いので支払うことにしましょう。

アコムの電話無視は危険

滞納をしていると、最初は支払い忘れかどうかという内容でアコムから電話が掛かってきます。

その電話に出ると、いつまでにいくら支払えそうかという内容を聞かれます。

これはアコムに限らず、一般的な消費者金融の取り立てと同じ内容です。

この時の電話は、借入契約を行ったときに登録した本人の携帯電話に電話が掛かってきます。

そして、このアコムからの電話を無視すると、毎日のように同じ電話番号から電話が掛かってきます。

電話の内容は毎回同じで、いつならいくら払えるのかという内容の繰り返しです。

そのことがわかっているため、滞納してしまった多くの人はアコムからの電話を無視してしまうのです。

しかし、この無視が一番危ないことです。

アコムの電話を無視し続けると、最終的には借金の滞納で訴えられて、裁判になり一括請求を迫られます。

この一括請求はアコムからではなく、裁判所からの命令です。

支払うことができなければ、給料の差し押さえが行われてしまいます。

アコムに相談する

支払日に振込ができない場合や、滞納をしてしまった場合は、アコムに連絡をして支払期日を延期してもらうことができます。

支払期日の延長は、最大で次の給料日までは待ってもらうことができます。

つまり、約1ヶ月ほどであれば、アコム側も何も言わずに待ってくれます。

こういった連絡をすることで、アコムからの取り立ての電話は止まるため、無視することで裁判になることを防ぐことができます。

ただし、注意しなければいけないことは、支払いが自分のせいで延期してしまっているということです。

どんな理由でも、個人の都合によって滞納してしまっているため、遅れた日数分の遅延損害金が発生します。

債務整理の手続きをする

どうしても返済が難しい場合は、法律の専門家である弁護士に相談して、借金が払えなくなった人たちの救済措置の債務整理を行うことも考えましょう。

債務整理とは、簡単に説明すると、しはらいが現実的に難しい場合に借金を減らすことができる法制度のことです。

債務整理には、3つの手続きがあります。

  • 自己破産・・・家や車など、持っている財産を手放して、借金を帳消しにする手続き
  • 個人再生・・・財産を手放さずに、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してから、その借金を返済していく手続き
  • 任意整理・・・裁判所を介さずに、債権者と債務者の間で交渉して借金の減額などを行う手続き

この3つの手続きの、どれを選択しても借金の負担は非常に軽くなります。

ただし、借金から解放されるというメリットがある一方で、債務整理を行うと通常の返済方法では支払いはできないという情報が残ります。

この情報は、信用情報機関に送られて、事故情報として扱われることになります。

個人の信用情報に事故情報が載ってしまうと、借金を完済してから向こう5年間はローンや分割の支払いを行うことができなくなります。

ただし、滞納する人は借金をすることに慣れてしまっているため、ローンを組めなくなるということは、強制的に借金をすることが禁止されます。

そのため、向こう5年間は借金で苦しむことが無くなるというメリットがあると思ってください。

信用情報に傷がつく

債務整理をすることで、信用情報機関に事故情報が載ると記載しましたが、実は滞納が61日以上続くことでも事故情報に載ってしまいます。

借金を滞納して、3ヶ月以上1円も支払われない日が続くと、信用情報機関に金融事故を起こしたと人として扱われます。

なお、学生支援機構の奨学金の返済遅れも、事故情報に載ります。

理屈としては、1度や2度はうっかりもあるけど、3回目は確信犯だとみなされます。

1回、2回の遅延が原因で例えば住宅ローンの審査に通らなくなることはありません。

なお、3ヶ月以上の場合、事前に「遅れます」という連絡を支払い先に入れていたとしても、延滞とみなされ、事故情報が掲載されます。

返済できない場合

期日までに返済できない場合は、絶対に督促を無視したり放置したりせず、まずは法律の専門家の弁護士に相談しましょう。

借金を放置していても、遅延損害金が膨らむだけで良いことはありません。

また、督促を無視し続けると最終的には裁判や差押えに発展してしまいます。

こうした事態を避けるためにも、返済できない場合は必ず弁護士に相談し、どうしても返済の見込みが立たない場合は、早めに債務整理の検討などの対策をとりましょう。

専門家に依頼するメリット

債務整理は、債務者本人が行うことができますが、かなり厳しい部分があります。

本人が行った場合、月々利息だけの返還にしてもらったりと、債務整理にならないケースがほとんどです。

そこで、本当に返済に困っているときは、債務整理になれている弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

弁護士や司法書士に依頼をすると、依頼者側はやることがほとんどありません。

手続きはすべて弁護士・司法書士で行ってくれるため、交渉もスムーズに進みます。

ただし、司法書士に依頼した場合、もし裁判手続きになると、簡易裁判所管轄の代理権しか持っていないため、債権額が140万円を超える事案や合意管轄により交渉がスムーズに行かなくなるケースがあるため、最初から弁護士に依頼すると良いです。

弁護士の無料相談を受けてみる

債務整理などの債務整理をしたい場合、まずは弁護士に借金の無料相談をするところからはじめましょう。

今はたくさんの弁護士事務所がインターネット上にホームページを持っていて、借金の無料相談サービスを行っている事務所もとても多いです。

自宅や勤務先の近くの法律事務所を探して、一度無料相談を利用して弁護士の話を聞いてみると良いでしょう。

無料相談の場合、相談だけなら何度でも無料ですし、無料相談したからと言って必ずしも任意整理などの依頼をしなければならないわけでもありません。

債務整理でおすすめの法律事務所

債務整理の手続きを行うなら、実績も経験も豊富で、借金で苦しむ人へ、理解がある弁護士に依頼することをおすすめします。

借金問題は、滞納者側に明らかに非があるため、どうしても自分から事情を説明しにくくなります。

そのため、相談する専門家側は滞納者にとっての一番の味方になってくれる人に相談しなければ、債務整理の手続きは上手く行きません。

当サイトでおすすめする、サルート法律事務所の水野先生は、年間2万件の相談を受けている、国内でも有数の借金問題を得意とした弁護士です。

同じように、借金問題が得意な法律事務所は多くありますが、そういったところは大手事務所と言っても良い規模で、手続きが事務的な場合が多く、経験の少ない若手弁護士に対応される可能性があります。

若手の弁護士は、正義感が強いため滞納したことを責めるような対応をとることもあります。

その点、サルート法律事務所は個人事務所なので、借金問題に強いベテラン弁護士が対応し、過去に同じように借金で苦しむ人を救ってきたため、どういう気持で今苦しんでいるかを分かってくれます。

さらにサルート法律事務所は、借金をしている人はお金を持っていないことを理解しており、無料の相談を受付けており、その場で手続きしなくても無料で相談できる、良心的な事務所です。

そのため、まずは借金問題で抱えていた悩みを相談して下さい。

きっと、苦しい生活から解放される方法を教えてくれるはずです。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ