奨学金の借金の口コミ|いつまでたっても終わらない借金返済

奨学金が原因で10年も借金返済に悩まされる

自分は大学進学したとき、奨学金を借りていました。

元々地方から上京してきて、親の収入も多くなかったため、4年間奨学金をいただき、学費をまかなっていました。

利子の無い奨学金だったので、ゆっくり返しても社会人になってから10年も掛からないで返済できるだろうと思っていました。

そう思って始めた就職活動。

そんなときにリーマンショックが起こりました。

世界的な大不況の中では新卒の採用はほとんど白紙に。多くの学生の就活が先送りになりました。

なんとかギリギリまで粘り、地方の企業に就職。しかしリーマンショックの影響は続いており、もちろんボーナスはゼロ。給料も手取りで16万もという状態から1年目がスタート。

就職した先なんて今までゆかりのない場所だったので、もちろん友人なんておらず、友人リーマンショックで人も雇えないため同期も居なかったので心休まる時間なんてありませんでした。

さらに、地方暮らしになので、車がなければ生活できないような場所なので、借金の返済どころか新たに自動車ローンを組むことになりました。

そんな上京でまともに返済なんてできず、1年目は20万円しか返せませんでした。

もちろん貯金なんてできません。

二年目になり給料徐々に景気は回復したものの、一度リーマン・ショックで無くなった仕事が回復することも無く、業績も伸び悩むなかでまともな昇給も見込めなくなり、その後の3年目で転職しました。

元あった奨学金の借金200万の内、結局この数年で借金返済できたのは40万円のみ。

社会人になって、残額がそこそこの新車1台分も残っていることが年々重たく感じ、死にたいとさえ思えます。

利息の掛かる借金をしている人は、もっと深刻なのでしょうね。

200万もの残額・・いったいいつになったら人並みの生活ができるのか。

奨学金とは聞こえがいいですが、その後の社会人生活を何年も締め付ける借金であることをもっと広く伝えたいです。

奨学金返済で悩む方へおすすめの事務所

体験談のような奨学金返済で悩む方は、サルート法律事務所に相談するのをおすすめします。

奨学金返済は、社会人になった後長い間返済し続けないといけないので、転職などがきっかけで収入が無くなるときなど返済できなくなる時があります。実は同じ事情で悩む方多くいらっしゃいます。サルート法律事務所の水野弁護士は債務整理専門で対応件数が2万件以上、弁護士歴40年の大ベテランです。
こういった事情の相談も多く受けてきた経験があります。
どんな事情でもでも、最良の条件で交渉してくれるので安心して債務整理手続きを任せることができるでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ