メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

借金400万を返済するために知っておきたいこと

借金が多い方は、どうやって借金を返済して良いかわからないと思います。

恐らく、毎月の返済に追われててその日暮らしていくのがやっとだったりという状況ではないでしょうか。

もしくは、借金の取り立ての電話が毎日鳴り、それでも返済することが出来ないのはわかっているため、電話や督促のハガキを無視し続けるという状況なのではないでしょうか。

今回はそんな状況で、精神的にも辛くなってきている人たちを助けるために、国が作った救済制度についてと使い方について説明していきます。

合法的な手段で専門家だったら誰でも知っている手段なので、安心しながら読み進めて貰えればと思います。

借金を確実に減らせる債務整理

国が借金返済を助けるために作った制度で、債務整理というものがあります。

この制度は、借金が返せなくなった時に減額、もしくは返済を免除することができる制度です。

恐らく、一度は聞いたことがある「自己破産」も債務整理手続きの一部で、本当に返済が難しい場合に適用されるものです。

債務整理手続きにはいくつか種類がありますが、自己破産以外は返済する意思があることが大前提です。

基本的に、債務整理は借金から逃げるためのものではなく、返済の負担を軽くして確実に返済していくというものなので、債務整理を行うことは後ろめたいことはありません。

債務整理はどうやってやるのか?

次に、債務整理は行うための方法について紹介します。

債務整理を行うためには、まずは弁護士に相談することから始まります。

弁護士への相談はネットで検索することで連絡先がわかると思います。

最近では無料で相談を行うところが増えてきており、そういったところは借金問題に精通している弁護士が在籍しています。

なお、当サイトのおすすめは、借金問題を専門的に扱っている弁護士に相談することをすすめています。

弁護士は、様々な分野の法律問題に対処しなければいけなくなっているため、弁護士にも得意分野というものがあります。

この時に、借金問題を得意としていない弁護士に依頼してしまうと費用を余計に取られる可能性もあり、手続きも長引くことがありえます。

場合によっては手続きに失敗して、途中までの手続きの手数料だけ取られることもありえます。

なので、弁護士を選ぶ時は借金問題を得意とする弁護士を探して相談することをおすすめします。

債務整理の種類と選び方

債務整理は次のような4つの手続きがあります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理は弁護士が貸金業者と直接交渉して、任意整理手続き後に掛かる利息と遅延損害金を免除してもらい、返済期間を伸ばして毎月の返済金額を減らす手続きです。

自己破産

自己破産は、裁判所を介して、全ての借金を0にしてもらうことが出来ます。

破産による財産の差し押さえや官報の掲載などがありますが、借金を返済しなくてよくなります。

個人再生

個人再生は、裁判所を介して、借金を返済可能な金額まで減額してもらい、最大で5年間掛けて減らした借金の金額を返済し続けていく方法です。

多くの場合、借金の金額が5分の1まで減額できます。

特定調停

特定調停は、裁判所を通して各金融業者と交渉して毎月の返済額や借金の減額、利息の免除などの条件で和解する手続きのことをいいます。

一番多く利用される任意整理

任意整理は、借金を整理する相手を選ぶ事ができる、自由がききやすい債務整理の手続きです。

保証人を立てている借金が合った場合、任意整理以外の債務整理手続きをすると、保証人に借金の返済義務が生じます。

また、自己破産などはギャンブルが原因の借金は裁判所から自己破産の申請許可がおりず、手続きできませんが任意整理の場合は裁判所を通しません。

あくまで、弁護士と貸金業者間の間で行われる手続きなので、借金の理由は問われません。

借金をする人の多くは浪費やギャンブルなどと言った事情で借金が返せなくなる人が多いです。

なので、交渉が通りやすい任意整理の手続きが最も頻繁に利用されます。

債務整理のタイミング

借金と言っても、地道に返済し続けていれば返せる借金もあります。

さらに、債務整理を行うと弁護士費用も掛かるので、借金の状況に寄っては債務整理手続きを行うことで余計なお金がかかる場合があります。

そこで、債務整理をした方がいい状況をまとめました。

収入の3分の1を返済に使っている

もし収入の3分の1以上が返済に使っているようなら、債務整理した方がいい状況です。

というのも、借金を滞納して給料が差し押さえられた場合、実際に差し押さえられる金額は給料の4分の1という明確な基準があります。

この基準は生活に必要な必要最低限のお金を残すために作られた基準で、この基準を超えた返済をしている場合かなり生活が圧迫されている危険な状態です。

なので、もし返済金額が収入の3分の1を超えている場合はあなた身の安全を守るために債務整理を行って下さい。

3ヶ月以上滞納している

のちほど説明していきますが、債務整理をすると信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまいクレジットカードが使えなくなります。

しかし、このブラックリストに載る条件の1つに3ヶ月以上滞納が続いた人というルールがあります。

もし、滞納が3ヶ月以上続いているようなら既にブラックリストに載っているため債務整理をして借金を減額させたほうが支払う金額も減るのでおすすめします。

今回紹介した2つの状態に陥っている人はすでに生活が苦しい状態で、時間が立つに連れて借金の総額が増えていってしまう人たちです。

どれか1つにでも当てはまっているなら、早急に債務整理をすることを検討してください。

借金問題が得意な司法書士事務所

当サイトがおすすめするみつ葉司法書士事務所の島田先生は弁護士歴25年、年間相談件数2,400件という実績を持つ、借金問題の解決に慣れた弁護士です。

おすすめする理由には実績ありますが、それ以上にみつ葉司法書士事務所が借金をしている人へ理解があり、弁護士費用についても良心的な価格で行ってくれます。

さらに今お金がなくても、後払いや分割払いにも応じてくれます。

今の収支を把握しましょう

金融機関にとっては、融資をした人の借金返済は前月の利息分だけを返済してもらうのが都合が良いのです。

その理由は、貸付元本の金額が減らないのであれば、ずっと借金総額は減少しないので、継続的に借金に対する利息を受け取ることができるからです。

借金をした人にとってみれば、毎月返済をしているのに一向に借金総額は減らないという状態です。

借入金の利息分しか毎月借金返済をしないと、借金の返済方法としては最も非効率的です。

一方、最も効率的な借金返済方法は、出来るだけ多くの額を毎月の借金返済で支払うという事です。

そうすれば、借入元本部分の借金返済が迅速に進み、結果として短期完済をすることができます。

短期で借金返済を終えれば利息の支払総額は少なくて済み、借金完済までの元本+利息分の支払総額は少なくて済みます。

ここで、毎月出来るだけ借金の返済を多く行うと言いましたが、そのためには、現在の自分の月収と支出を把握しておかなければなりません。

毎月の収入から食費や家賃、光熱費などの必ず必要となる支出を差し引いて、毎月最大で幾ら借金返済に充てることが出来るのかを計算しましょう。

その際に、遊興費など普段の生活で浪費している支出が見つかるかもしれません。

浪費している項目を見つけた場合には、今は借金をしている身だという事をわきまえて、節約に心がけることが大切です。

月収から最低限必要な生活費を差し引いた額は余剰資金です。

この余剰資金は借金返済に充てることが出来るお金です。

少し手元にお金を置いておきたい気持ちはわかりますが、余剰資金は全て借金返済に充てるぐらいの気持ちで返済を行いましょう。

繰り上げ返済をしましょう

金融機関にとっては、融資をした人の借金返済は前月の利息分だけを返済してもらうのが都合が良いのです。

その理由は、貸付元本の金額が減らないのであれば、ずっと借金総額は減少しないので、継続的に借金に対する利息を受け取ることができるからです。

借金をした人にとってみれば、毎月返済をしているのに一向に借金総額は減らないという状態です。

借入金の利息分しか毎月借金返済をしないと、借金の返済方法としては最も非効率的です。

一方、最も効率的な借金返済方法は、出来るだけ多くの額を毎月の借金返済で支払うという事です。

そうすれば、借入元本部分の借金返済が迅速に進み、結果として短期完済をすることができます。

短期で借金返済を終えれば利息の支払総額は少なくて済み、借金完済までの元本+利息分の支払総額は少なくて済みます。

ここで、毎月出来るだけ借金の返済を多く行うと言いましたが、そのためには、現在の自分の月収と支出を把握しておかなければなりません。

毎月の収入から食費や家賃、光熱費などの必ず必要となる支出を差し引いて、毎月最大で幾ら借金返済に充てることが出来るのかを計算しましょう。

その際に、遊興費など普段の生活で浪費している支出が見つかるかもしれません。

浪費している項目を見つけた場合には、今は借金をしている身だという事をわきまえて、節約に心がけることが大切です。

月収から最低限必要な生活費を差し引いた額は余剰資金です。

この余剰資金は、借金返済に充てることが出来るお金です。

少し手元にお金を置いておきたい気持ちはわかりますが、余剰資金は全て借金返済に充てるぐらいの気持ちで返済を行いましょう。

債務整理の手続きをするなら

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が、任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル