体験談|滞納し続けるとどうなるのか?

滞納したまま放置は危険なのか?

1度でも滞納してしまうと、、癖になると言われています。

借金の滞納は、電気・ガス・水道などと言ったライフラインと違って、滞納しても止められることがなく、生活に直接影響が出るものではありません。

そのため、心のなかで滞納しても大したことがないと思ってしまい、油断してしまいます。

しかし、滞納してしまうことで、利息とは別に国が定めている上限金利が借金に上乗せされます。

ここで、実際に滞納したことがある人の体験談を紹介していくので、是非参考にしてください。

カードの使い過ぎで借金

私が過去に体験した借金の話です。

社会人として働き始めたばかりの時、今後必要になるとクレジットカードを作りました。

新車開示ということで舞い上がっていた、それこそが私の借金のきっかけです。

クレジットカードを作った当初は、引き落とされる銀行にお金を入れていましたし、滞納なんてもちろんしていませんでした。

そんな中で、滞納を始めてしまったきっかけは仕事を辞めたことでした。

無職で無収入だったので、買い物はカードでの支払いなってしまい感覚が麻痺していた私は、仕事はどうせすぐ見つかるし日払いのバイトをしてあとで返せばいいと楽観的になっていました。

ところが仕事がそう簡単に決まるわけでもなく、だらだらと好きなことをして生活できるし好きなものは買える、そんな優雅な生活が心地よくやめられません。

借金は150万円に

そんな自堕落な生活は数ヶ月後に終わりました。

最初の1ヶ月の滞納、そのときにカード会社から電話がかかってきたのです。

このときは、本当にまずいと思いました。

しかし、電話で自分の置かれている状況の悪さにあらためて気づきましたが、返すあてがありませんでした。

というのも、まだ無職で収入のあては日払いバイトしか無かったからです。

しかしいつまでも放置しても、滞納している分の支払いはしなければなりません。

恥を忍んで親にその旨を打ち明けると、かなり激しく怒られました。

当然です、いい大人がすることではありません。

実はこの打ち明けるまでも数ヶ月期間が空いてしまい、支払いが遅れて延滞金も発生してしまって全部で150万円ほどまで金額は膨れ上がっていました。

もう親に借金をするしかなかったのです。

バイトで借金を返す日々

両親に打ち明けてから、すぐにアルバイトとして働き始めました。

借金を返すという後ろ指さされるような理由でお金を借りたわけですから、少ない給料から毎月返済しました。

親に相談する前は消費者金融から借りようかとか色々考えましたが、やっぱりまずは親や身近な人に相談してからの方が良いです。

利子などでさらに借金が増える可能性もあるからです。

親には利子というほどではありませんが少し多めにお金を返しています。

迷惑料みたいなものですが、あの時のことは本当に感謝しているのでせめてものお詫びの気持ちです。

あれから私は殆どお金を遣わない生活になり、クレジットカードとも無縁の日々を送っています。

借金なんて親にだって二度としたくはありません。お金は計画的に使わなければなりません。

滞納すると電話で催促が来る

この体験談のように、最初の支払い期日になっても1円もお金を口座に振り込こまないと、数日後経った後に金融会社から電話がかかってくるようになります。

それすら無視していると、金融会社から催促状が送られてきます。

多くの人はこの段階で取り立ての程度を大した事ないと思うそうですが、業者によって取り立てはここから厳しくなります。

滞納が続くのであれば

借金で滞納が続くのであれば、弁護士に相談することをおすすめします。

借金は長期間滞納してしまうと、普通の返し方では返済できません。

このような場合は、国の借金返済で困る人を救う、救済措置を頼りましょう。

この救済措置は、弁護士に依頼することで行なえます。

弁護士に相談すれば、借金の減額をしたり、ゼロにできます。

相談は無料で受けているため、返済のあてがないなら、まずは相談してみましょう。

借金の無料相談はこちら。

弁護士法人サルート法律事務所

債務整理の手続きをする

どうしても返済が難しい場合は、法律の専門家である弁護士に相談して、借金が払えなくなった人たちの救済措置の債務整理を行うことも考えましょう。

債務整理とは、簡単に説明すると、支払いが現実的に難しい場合に借金を減らすことができる法制度のことです。

債務整理には、3つの手続きがあります。

  • 自己破産・・・家や車など、持っている財産を手放して、借金を帳消しにする手続き
  • 個人再生・・・財産を手放さずに、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してから、その借金を返済していく手続き
  • 任意整理・・・裁判所を介さずに、債権者と債務者の間で交渉して借金の減額などを行う手続き

この3つの手続きの、どれを選択しても借金の負担は非常に軽くなります。

ただし、借金から解放されるというメリットがある一方で、債務整理を行うと通常の返済方法では支払いはできないという情報が残ります。

この情報は、信用情報機関に送られて、事故情報として扱われることになります。

個人の信用情報に事故情報が載ってしまうと、借金を完済してから向こう5年間はローンや分割の支払いを行うことができなくなります。

ただし、滞納する人は借金をすることに慣れてしまっているため、ローンを組めなくなるということは、強制的に借金をすることが禁止されます。

そのため、向こう5年間は借金で苦しむことが無くなるというメリットがあると思ってください。

滞納3ヶ月で事故情報に載る

債務整理をすることで、信用情報機関に事故情報が載ると記載しましたが、実は滞納が61日以上続くことでも事故情報に載ってしまいます。

借金を滞納して、3ヶ月以上1円も支払われない日が続くと、信用情報機関に金融事故を起こしたと人として扱われます。

なお、学生支援機構の奨学金の返済遅れも、事故情報に載ります。

理屈としては、1度や2度はうっかりもあるけど、3回目は確信犯だとみなされます。

1回、2回の遅延が原因で例えば住宅ローンの審査に通らなくなることはありません。

なお、3ヶ月以上の場合、事前に「遅れます」という連絡を支払い先に入れていたとしても、延滞とみなされ、事故情報が掲載されます。

返済できない場合は早めに対応

期日までに返済できない場合は、絶対に督促を無視したり放置したりせず、まずは法律の専門家の弁護士に相談しましょう。

借金を放置していても、遅延損害金が膨らむだけで良いことはありません。

また、督促を無視し続けると最終的には裁判や差押えに発展してしまいます。

こうした事態を避けるためにも、返済できない場合は必ず弁護士に相談し、どうしても返済の見込みが立たない場合は、早めに債務整理の検討などの対策をとりましょう。

債務整理でおすすめの法律事務所

債務整理の手続きを行うなら、実績も経験も豊富で、借金で苦しむ人へ、理解がある弁護士に依頼することをおすすめします。

借金問題は、滞納者側に明らかに非があるため、どうしても自分から事情を説明しにくくなります。

そのため、相談する専門家側は滞納者にとっての一番の味方になってくれる人に相談しなければ、債務整理の手続きは上手く行きません。

当サイトでおすすめする、サルート法律事務所の水野先生は、年間2万件の相談を受けている、国内でも有数の借金問題を得意とした弁護士です。

同じように、借金問題が得意な法律事務所は多くありますが、そういったところは大手事務所と言っても良い規模で、手続きが事務的な場合が多く、経験の少ない若手弁護士に対応される可能性があります。

若手の弁護士は、正義感が強いため滞納したことを責めるような対応をとることもあります。

その点、サルート法律事務所は個人事務所なので、借金問題に強いベテラン弁護士が対応し、過去に同じように借金で苦しむ人を救ってきたため、どういう気持で今苦しんでいるかを分かってくれます。

さらにサルート法律事務所は、借金をしている人はお金を持っていないことを理解しており、無料の相談を受付けており、その場で手続きしなくても無料で相談できる、良心的な事務所です。

そのため、まずは借金問題で抱えていた悩みを相談して下さい。

きっと、苦しい生活から解放される方法を教えてくれるはずです。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ