メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

いくらから借金し過ぎと言われるのか?

借金はいくらまでなら問題なく返せて、いくら以上ならば危険水域であると一概に言うことはできません。

人によって稼ぐ年収や支出がバラバラだからです。

例えば、年収が5,000万円ある人にとって200万円の借金は大したものではありませんが、年収が300万円の人にとっては大きな負担となります。

借金の上限は絶対値(金額)ではなく、稼ぎとの比率で考えるべきなのです。

今回は借金はどの程度までなら問題なく返済できるのか、危険水域に達している場合はどうすればいいのかを考えていきたいと思います。

既に自分が借りすぎだと思うなら

今の借金の返済が少しでも厳しいと感じたら、今すぐ借金問題の無料相談を受付けている弁護士に相談することをおすすめします。

紹介するみつ葉司法書士事務所は、無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば教えてくれます。

カードローンは原則利用しない

目的が特に定められていないカードローンは、そもそも利用しないことが最善です。

住宅ローン、自動車ローンは少なからず価値のある資産を残すものであるため、借入額が大きくなっても余り問題にはならないのですが、カードローンは大抵の場合一時的な消費に使われ、あとには何も残らないからです。

一時的な快楽のために借り入れを起こし、その結果後で余計に苦労をするのは割にあいません。

しかし、人生何が起こるかわかりませんから、時にはカードローンを利用せざるを得ない事態に巻き込まれるかもしれません。

例えば、たまたま生活がちょっと苦しい時に入院することになったり、冠婚葬祭が入ったりしたら嫌でもお金は足りなくなります。

もちろん本来はそうした場合には貯金や保険で対応するべきですが、このような事態でカードローンを使うのはある程度仕方のないことです。

しかし、その場合でも借入額は当然最低限に抑えるべきです。

年収の3分の1以上は借りれない

そもそも、消費者金融のカードローンは、総量規制という規制の対象になるため最大で額面年収の3分の1までしか借りられないことになっています。

この規則を破った場合、消費者金融が罰せられることになるため、消費者金融はすでに年収の3分の1の借金がある人は審査で必ず落とします。

銀行のカードローンは総量規制の対象ではありませんが、銀行のカードローンでも額面年収の3分の1以上の金額を借りるのは、よほど与信が高い人でない限りは難しいでしょう。

つまり、どのようなケースでも原則として額面年収の3分の1以上は借りられないと覚えてください。

総量規制の限界まで借りない

総量規制の限度いっぱいまで借りてしまうのは明らかに借りすぎです。

例えば、額面年収300万円の人の場合、総量規制の限度額は100万円借りることになります。

額面年収が300万円しかない人が、金利の高いカードローンで100万円も借りるのは自滅と言ってもいい行為です。

一般的な会社員の手取り年収は、額面年収の80%程度であるとされています。

額面年収300万円の人の手取り年収は240万円ということになります。

つまり、手取り月収は約20万円です。この中から借金を返していくのはけっこう大変です。

仮に毎月3万円ずつ返していくとしても、金利が15.0%だとすれば、すべてを返済するまでに44ヶ月かかります。

総支払額は130万円以上、実に30万円も余計に利息を支払っていることになります。

つまり、1ヶ月半ほどの手取り月収をすべて利息の支払いに当てているようなものです。

このような馬鹿げた真似はすべきではありません。

年収の少なければ10%程度に押さえる

今回の例のように、年収があまり多くない人は、カードローンでの借入額は年収の10%以内に抑えたほうがいいでしょう。

年収300万円の場合は、30万円までです。

この場合、毎月2万円ずつ返済していく場合でも返済期間は17ヶ月、総返済額は約33万4,000円になります。

利息の支払額は約3万3,400円で、5日ほどの手取り月収に相当します。

無論これも結構な大金ですが、これくらいならば許容できる範囲かと思います。

これ以上借りてしまうと利息の負担が大きくなりすぎるので気をつけてください。

年収が高い人は15~20%程度まで

一方、額面年収が高い人は、もう少し多めに借りても大丈夫です。

年収が高い人は毎月返済に回せる金額が多く早く返済し終わるため、利息が増えづらいからです。

例えば、額面年収が1,000万円以上ある人は、20%ぐらい借りても問題にならないことが多いです。

額面年収1,000万円の手取り年収は大体720万円です。つまり、手取り月収は60万円になります。

これだけ月収があれば、結構多くの額を返済に回すことができます。

仮に額面年収の20% = 200万円を借りて、毎月12万円ずつ返済するとします。この場合、返済期間は19ヶ月、総返済額は約226万70,00円になります。

利息の支払いは約26万7,000円で、13日ほどの手取り月収に相当します。

これくらいならば、ギリギリ許容範囲かと思います。

これだけ手取り月収が多ければ繰上返済も難なくできるでしょうし、実際に払う利息の額はもっと少なくなるでしょう。

借入額は少ない方がいい

ただし、年収が十分高い場合でも借入額は少ないに越したことはありません。

その年収がいつまでも続くとは限らないからです。

年収が1,000万円あるからと調子に乗って200万円借りて、その直後に失職してしまったら残るのは200万円の借金だけです。

もちろん失業手当などはもらえますが、どうしても働いていたときよりは収入が減ってしまいます。

年収の多寡にかかわらず、なるべくカードローンは利用しないのが大鉄則です。

返済回数が20ヶ月は超えない

年収に対する借金の額ではなく、返済回数で借り入れの適切度を判断するという方法もあります。

毎月返済できる額に対して借入額が多すぎると、どうしても返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればそれだけ余計に利息が発生するので、元本に対する利息の支払いが大きくなってしまいます。

このような事態を避けるためにも、返済期間が長くなりそうな借り方は避けたほうがいいでしょう。

具体的には、返済回数が20回を超えるような借り方はなるべく避けたほうがいいでしょう。

25回を超えるものは、完全にアウトです。

借金は少なめが大原則

借金の種類にかかわらず、基本的に借金はしないに越したことはありません。

また、する場合であっても極力借入額は少なく返済期間は短くするのが原則です。

借入額が大きくなりそうな買物は、そもそも身の丈にあっていないのですべきではありません。

自らの稼ぎにあった生活をすることが、余計な利息を支払わない最大のコツであるといえるでしょう。

返済が行き詰まっている場合

すでに年収に対して明らかに借金が多くなっている場合は、無理して返済を続けても将来行き詰まってしまう可能性が高いです。

そのような場合は、債務整理を検討した方がいいでしょう。

債務整理とは、合法的に借金を減らしたりあるいはなくしたりする制度のことです。

もちろん何のデメリットもなく借金が整理できるわけではありませんが、返済できない場合は債務整理をしたほうが良いでしょう。

カードローンが返済できない場合

カードローンを借りすぎて返済できなくなった場合は、任意整理という債務整理をおすすめします。

任意整理とは、借金を個々債権者と話し合った上で少なくしてもらう私的な手続きのことです。

あくまでも私的な話し合いなので強制力はありませんが、殆どの金融機関は任意整理に応じてくれるはずです。

任意整理を拒んで自己破産されるくらいならば、任意整理に同意して借金の一部だけでも回収できたほうがマシだからです。

カードローンは原則として、将来発生する利息をカットになるため元本そのものが減ることは殆どありません。

そのため負担の軽減度はそれほど大きくありませんが、その分デメリットも少ないためよく利用されています。

任意整理のデメリットは一定期間(通常は5年ほど)ブラックリストに登録され、借金ができなります。

ですが、借金が返せない人が借金ができなくなるのはむしろプラスに働きます。

なお、任意整理は任意の債務整理なので、複数ある借金の一部だけを整理することも可能です。

例えば、カードローンと住宅ローンを組んでいて、住宅は失いたくないという場合は、カードローンだけを整理すれば、住宅を維持することも可能です。

住宅ローンが返済できない場合

住宅ローンが返済できない場合は、自己破産という債務整理をおすすめします。

自己破産とは、借金を原則としてすべて帳消しにする制度です。

他の債務整理と違い、借金が1円も残らないという点では非常に優れています。

その代わりに原則として20万円以上の資産は没収され、一定の期間(通常は10年ほど)の間ブラックリストに登録されます。

また官報という国が発行している機関誌に名前が掲載されるなど、デメリットも大きいです。

自己破産は他に選択肢がない、背に腹は代えられない場合の最後の手段であり、そこに至らないようにすることが最も大切です。

自動車ローンが返済できない場合

自動車ローンが返済できない場合は、個人再生がおすすめです。

個人再生とは、借金を原則として5分の1にまで減らす制度です。

任意整理と違い借金を選んで整理することができませんが、例外的に住宅ローンだけは整理の対象外とすることができます。

また、住宅を維持したまま自動車ローンだけを整理することも可能です。

負担軽減度も任意整理よりは圧倒的に大きいです。

ただし、自動車ローンを整理した場合、当然自動車は没収されてしまいます。

個人再生をすると一定の期間(通常は5年ほど)ブラックリストに登録されます。

しかし、自己破産と違い財産を没収されることはありません。

多少借金が残ることになってもいいので、残したい財産があるという場合は個人再生を選びましょう。

どの手続きを選ぶかわからない時

自分の状況だとどの手続きを行えばよいか、わからなくて不安な方はみつ葉司法書士事務所の島田先生へ相談することをおすすめします。

みつ葉司法書士事務所は無料相談窓口を設けているため、判断出来ないときは相談すれば教えてくれます。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル