メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

モビットの借金|債務整理をするなら

モビットの借金問題は債務整理の中でも、任意整理という手続きで解決する方法が効果的だと言われています。

任意整理とは、債権者と直接交渉をして借金の返済額と返済方法を決め直して合意する手続きのことです。

この、任意整理をすると具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

任意整理の手続きをするメリット

周囲に秘密で手続き出来る

任意整理は、家族や周囲の人に秘密で手続きしやすいというメリットがあります。

借金問題は、家族に秘密にしている人も多く、勤務先などにも知られたくない場合が多いです。

債務整理をするときには、まずは弁護士などの法律の専門家に手続きを依頼します。

任意整理を弁護士に依頼すると、弁護士が受任通知(弁護士が借金問題に介入したことを債権者に知らせる通知)を送った時点で債権者からの督促が止まります。

モビットなどの債権者から自宅宛に郵便物が届くことも無くなり、電話がかかってくることも無くなるので、家族が借金に気づく可能性が低くなります。

任意整理の場合、自己破産などと違って裁判所を利用しないので、裁判所に行く必要も無く、必要書類を揃える時に知られる可能性も少ないです。

このようなことから、任意整理は他の債務整理手続と比較しても、家族などの周囲の人に知られにくい手続きと言えます。

対象の債権者を選べる

任意整理は手続きの対象にする債権者を選べます。

借金がある場合、消費者金融やクレジットカードなどの借り入れ以外に住宅ローンや、車のローンを抱えていることなども多いですが、住宅ローンや車のローンを債務整理の対象にすると、住宅や車が無くなってしまいます。

個人再生や自己破産をする場合には、すべての債権者を平等に扱わなければならないという、債権者平等のルールが働くので、一部の債権者を外すというわけにはいきません。

車のローンがある場合には、必ず対象にしなければならないので、結果として車はローン会社に回収されて、手放さざるを得なくなります。

保証人がついている借金がある場合も問題です。

保証人がついている借金を債務整理の対象にしたら、債権者は保証人に対して支払い請求をしてしまうので、保証人には多大な迷惑をかけてしまいます。

個人再生や自己破産の場合には、保証人がついている借金も手続きの対象にせざるを得ないので、保証人に迷惑をかけることを避けられません。

しかし、任意整理の場合には、保証人がついている借金を対象から外せるので、保証人つきの借金だけは自分で返済を続けるようにしたら、保証人に迷惑をかけずに済みます。

このようなことも、任意整理の隠れたメリットです。

借金返済額を減額出来る

任意整理をする場合には、利息制限法に基づき引き直し計算を行います。

このとき、過去に利息制限法を超過する高い利率で支払をしていた人の場合は、借金を大きく減額できます。

そうでないケースでも、債権者との合意後の将来利息をカットしてもらえるので、借金の総返済額が減額できて支払が楽になります。

支払期間を延ばして月々の支払額を抑え、返済を継続出来るようにすることができます。

たとえば、もともと月々10万円の支払をしていた人でも、任意整理によって支払額が5万円以下に減るケースなどもあります。

このように、任意整理には多くのメリットがあります。

借金の原因が問題にならない

生活費不足の場合でも、病気で働けなくなって借金した場合でも、詐欺の被害に遭って借金した場合でも任意整理はできますし、浪費やギャンブルなどが原因でも問題はありません。

この点、自己破産の場合には、浪費やギャンブルが主な借金の原因になっていると、免責不許可事由に該当して、免責(借金が0円になること)の決定が受けられなくなる可能性があります。

このような制限がない任意整理にはメリットがあると言えます。

任意整理の相談先

モビットのように銀行資本が入っている会社は、法律専門の社員がいるため、交渉力が必須となります。

今回紹介する島田先生は弁護士歴25年、年間相談件数2,400件という実績を持つ実力ある弁護士です。

モビットような難しい交渉相手でも、問題なく解決してくれるでしょう。

モビットの特徴

モビットは親元が三井住友グループの消費者金融で、銀行系の消費者金融と言われています。

こういった銀行系の消費者金融の特徴は、元々設定していた金利を法律に基づいた金利で設定したため、過払い金請求の取引が発生しない消費者金融です。

過払い金が発生したことがある消費者金融は、消費者金融側に非があるので弁護士に対して弱腰になっていますが、モビットのような消費者金融は過払い金を訴訟が起きないため、債務整理の手続きに対して強気で厳しい態度をとってくるという特徴があります。

任意整理したほうがいいケース

借入期間

モビットの借金を任意整理する場合、メリットがあるのはどのくらいの借入期間の場合なのでしょうか。

任意整理の場合、借入期間には制限がありません。

長い場合でも短い場合でも手続可能です。

ただ、借入期間が長くなって、ほとんど返済を終えているようなケースでは、あまり任意整理するメリットがありません。

利息制限法を超過する利率での取引がない限り、任意整理をしても借金元本の減額がないので、任意整理の主なメリットは将来利息がカットできることになります。

ところが、借入期間が長くなって借金残額が減っていると、カットされる利息の金額が小さくなるので、任意整理するメリットが少なくなるのです。

任意整理をするなら、借り入れてから早い段階で手続きした方が良いです。

ただし、一回も返済していない状態では、任意整理が難しくなることが多いので注意が必要です。

借金をして一回も返済せず、いきなり任意整理手続に入ったら、詐欺的な借金利用方法だと判断されてまともに話し合いに応じてもらえないことが多いからです。

モビットの借金を任意整理するなら、借り入れ後最低1回は返済した上で、なるべく早いうちに手続きすると良いでしょう。

借入金額

モビットの借金を任意整理する場合、特に借金額に制限はありません。

しかし、任意整理の場合、利息制限法を超過した取引がない限り借金元本の減額ができません。

よって、あまりに借金残額が大きくなると、任意整理をしても整理しきれなくなってしまいます。

例えば、借金額が500万円あったら、任意整理によって5年払いにしても月々8万3千円以上の支払になって、結構な負担になります。

つまり、返す目処が全くない場合、借金が200~300万円程度までに任意整理を行う必要があります。

また、任意整理ではあまりに借金額が少ない場合もメリットが小さいです。

たとえば、借金額が10万円などの場合には、将来利息をカットすると言っても数千円にもならないことが多く、弁護士に依頼したらその分の費用が無駄になります。

任意整理をするなら、最低でも20万円以上の借金がある状態である方が好ましいです。

ただし、これはあくまで標準的なケースであり、該当しないこともあるので、個別に自分のケースで任意整理できるかどうかについては弁護士にアドバイスを受けるべきです。

返済状況はあまり問題にならない

モビットの借金を任意整理する場合、返済状況が影響するのかも問題です。

返済状況とは、借金をきちんと返済してきているか、滞納しているか、滞納期間はどのくらいになっているかなどの問題です。

任意整理をする場合、借金の返済状況はあまり影響はありません。

今まで返済を続けてきているケースでも手続きでき、滞納している場合でも、長期にわたって返済していないケースでも手続きできます。

返済を滞納して債権回収会社に債権譲渡されていたり、裁判されていたりしている状態でも任意整理はできます。

債権者からの督促を無視し続けていたからといって、モビットが話し合いに応じてくれなくなるなどの不利益はないので、心配せずに任意整理をしましょう。

任意整理する際にかかる費用

任意整理をする場合、実費と弁護士費用がかかります。

実費とは、任意整理手続そのものにかかる費用であり、弁護士に依頼せずに自分で手続した場合にもかかる費用のことです。

これに対し、弁護士費用とは、弁護士に手続を依頼したことによって発生する弁護士報酬のことです。

任意整理の場合、実費はとても安いです。

債権者との通信費用や、連絡に使う郵便切手代くらいなので、かかったとしても数千円もあれば充分です。

任意整理の弁護士費用には、着手金と報酬金があります。

着手金とは、弁護士に任意整理を依頼した際に、当初にかかる費用のことです。

報酬金とは、任意整理によって解決ができた場合に、解決内容に応じてかかる費用のことです。

これらの弁護士費用については、自由化されているので依頼する事務所によっても異なりますが、だいたいの相場があります。

任意整理の着手金の相場は、債権者1社について2万円~4万円程度です。

報酬金には、減額報酬金と基本報酬金があります。

減額報酬金とは、任意整理によって借金を減額出来た場合に、その減額度合いに応じてかかってくる費用のことです。

ただ、モビットの場合には、利息制限法を超過した利率での取引が行われていないので、基本的に借金が減額されることは少ないでしょう。

減額報酬金がかかる場合の相場は、減額できた金額の5%~10%であることが普通です。

減額報酬金については、かからない事務所もたくさんあるので、任意整理を依頼する場合にはできれば減額報酬なしの事務所を探した方が良いです。

任意整理でおすすめの司法書士事務所

モビットは銀行系の消費者金融で、借金問題の経験が少ない弁護士に依頼すると交渉が難航することがあります。

そのため借金問題の実績を多く積んでいて、かつ弁護士歴が長いベテラン弁護士を選ぶことをおすすめします。

弁護士歴25年、年間相談件数2,400件という実績を持つ島田先生が無料で相談を受けているサイトがあります。

モビットから借金している方一度問合せで聞いてみるだけでも良いので、相談してみることをおすすめします。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル