メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ショッピングローンは債務整理できるのか

最近では、手軽に使用できるリボ払いを多用してしまい、最初は少ない支払い金額だったけどリボを重ねているうちに、支払い金額が膨らみ毎月返済しても、なかなか元金が減らなくなってしまったという事例が増えてきました。

ショッピングについてのローンは金融機関の借り入れや、キャッシングと違い債務整理ができないと思われがちですが、キャッシングなどと同様に整理することは可能です。

しかし、クレジットカードの金利はもともと18%程度と低く設定されているので、過払いによる残金の減額は期待できません。

債務整理の中でも一番利用者の多い、任意整理によってできることは、現在の金利のカット、そして3〜5年以内の毎月の返済額を減らして返済していくことです。

元金の減額の期待ができなくても、金利のカットは大きいです。

金利を差し引いた元金の額を、3年間の36回にわけて支払うので、完済の目処はつきます。

債務整理のデメリット

債務整理を行うと現在使用しているクレジットカードは使用できなくなります。

これが、一番のデメリットかもしれません。

しかし、現在の支払にも困窮している状態で、クレジットカードを使うということは、さらに自分の首を絞めることになるので、1度カードが使用できなくなるというのもいいチャンスとなるかもしれません。

債務整理をするので、信用機関に情報が記載され、5年間はクレジットカードを作ることはできません。

5年、6年後には、現在使用しているクレジットカード会社と、他の会社でクレジットカードを作ることはできるようになります。

家族に知られずに返済するには

家族に知られたくないという人は、任意整理をおすすめします。

債務整理には手続きの種類が複数ありますが、家族に知られてしまう可能性のある、個人再生や特定調停、自己破産は行わずに、任意整理という裁判所を通さない手続きで借金の負担を減らす方が良いです。

裁判所を通すと、誰にも知られないで借金を処理することは現実的ではありません。

任意整理は、弁護士が貸した側と直接交渉するので、裁判所などを通す必要がなく、水面下で借金を解決することが可能です。

生活環境が変わる、結婚や妊娠など、身動きが取れなくなる前に借金を整理しておきたいという方も多くいます。

そういった考えあるなら、なるべく早く弁護士に相談しましょう

借金で悩む人の相談窓口

ショッピングで借金している方は、みつ葉司法書士事務所に相談するのをおすすめします。

みつ葉司法書士事務所の水野弁護士は債務整理専門で対応件数が2,400件以上、弁護士歴25年の大ベテランです。

一括請求通知が来たときの対処にも慣れていて、今の生活を壊さないで済む方法を教えてくれます。

なにより島田先生は人柄が良く、借金で苦しむ人を助けようという想いで相談を受けてくれます。

必ずあなたの味方になってくれるはずです。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル