メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

借金地獄から抜け出す解決方法とは

はじめは簡単に返せると思っていた借金も、様々な事情により一定額を超えると雪だるま式に借金は増えてしまいます。

返済日に間に合わすために借金のための借金を繰り返して、借金地獄に陥ることもあります。

ギャンブルにハマって、気づいたら借金まみれになったケースもあるでしょう。

この状態になると、自力で返済するのは大変難しく、切羽詰まった苦しい生活が続いてしまいます。

借金地獄に陥ると精神的にもつらいです。

どこかのタイミングで借金整理をして、一度リセットする必要があります。

自己破産だけでなく解決の方法は他にも用意されています。

今回は、借金地獄に陥ってしまう原因と法律の力で、借金問題を解決する方法を説明していきます。

借金地獄に陥る3つの原因

借金地獄の原因は、以下の3パターンが多いです。

  1. 一時的に返済が遅れている間に、利息や遅延損害金が上乗せされて借金が増えてしまった
  2. 借金をして返済日に遅れそうな場合、違う業者から借入れをして借金が膨らんでいった
  3. リストラや病気によって収入が減り、借金が増えていった

1. の場合は、借金の仕組みを理解されてなかった人に起こるケースです。

現在の利息は18%~19%ですが、昔は年利が29%という高金利が普通でした。

たった数年放っておくだけで、総返済額は倍にまでなります。(3年で返済額は2倍になる)

利息に加えて、支払い期限に遅れると遅延損害金もプラスされます。

遅延損害金とは返済期限に遅れたときに、損害賠償金として支払わなければいけないお金です。

遅延損害金は利息に加え、さらに15%という利子がとられます。

一定期間放置すると、借金はどんどん積み重なり、いつか手が付けられなくなるのです。

借金の返済は、遅延損害金→利息分→元本という順番で充てられます。

一度借金が膨らむと、利息分が優先されるので元本はなかなか減らず、完済するのが大変難しくなります。

借金は利息によって1日単位で増えていきます。返済期限に遅れるとさらにお金は取られます。

サラ金は、借入れをしてから時間が経てば経つほど借金が増えていくシステムになっているのです。

2. は、いわゆる多重債務という状態です。

多重債務とは、消費者金融や銀行、カードローンなど複数の業者から借金をし、返済が難しくなっている状態です。

また、返済期限に間に合いそうにないときに、違う業者から借金をする「自転車操業」によって借金が増えてしまった人もいるでしょう。

ある借金を違う借金でまかなうと、利息に対して利息がかかるので借金は急激に増えていき、気づけば借金地獄になってしまうのです。

3. は、借金額は変わっていませんが、収入が急に減った(なくなった)ケースです。

失業者の数は、日本の経済状態に大きく左右されるので、仕方のない部分もあります。

病気も、本人がなりたくてなったわけではありません。

労働環境が大きく影響しているので「自己責任」という言葉だけでは片づけられません。

総量規制の存在

賃金法が改正されて「総量規制」が導入されたことで、貸金業者は借金総額が年収の三分の一を超える貸付けができなくなりました。

これにより、今まで「借りまわし」によって借金返済をしていた人が「これ以上貸付けできません」「カードの利用ができなくなりました」といった通知が来ることで借入ができなくなりました。

要するに、自転車操業が通用しなくなったのです。

借りまわしをしていては、いつまで経っても借金はなくなりません。

利息がより多くの利息を生むので、借金が急激に膨れ上がります。

この場合、一刻も早く専門家に依頼して借金整理をしてもらう必要があります。

債務整理でおすすめの司法書士事務所

債務整理の手続きを行うなら、実績も経験も豊富で、借金で苦しむ人へ、理解がある弁護士に依頼することをおすすめします。

当サイトでおすすめする、みつ葉司法書士事務所の島田先生は、年間2,400件の相談を受けている、国内でも有数の借金問題を得意とした司法書士事務所です。

さらに、無料の相談を受付けているので、その場で手続きしなくても無料で相談できる、良心的な事務所なので安心して相談して下さい。

任意整理と自己破産

任意整理とは、弁護士が仲介に入って自由に交渉し、債務者(借りた側)の負担を軽くすることで立ち直りを図る方法です。

裁判所が介入せず、あくまでも当事者の任意に委ねられるのがポイントです。

どの程度減額できるかは、資金業者に委ねられます。

一方、自己破産は裁判所の介入によって、強制的に借金をゼロにします。

どちらかを選択することになりますが、ポイントは「借金の支払いが能力があるかどうか」です。

借金を背負っている人の中には「支払い不能状態」に陥っている人がいます。

支払い不能とは、返済期限がきても借金を返すことができず、これから先も返済できそうにない状態のことです。

支払い不能状態かどうかの客観的な目安は以下の2点です。

  • 借金総額が月々の手取りの20倍以上
  • 借金がいまの収入から3年程度で返済できるかどうか

たとえば、リストラに遭いアルバイトの収入が15万の人は手取りの20倍以上の借金総額に該当するため、支払い不能状態です。

この支払い不能状態であるかどうかが、自己破産をする上で大切なポイントになってきます。

自己破産の申し立ては「支払不能状態」の人でないとできません。

借金の支払い能力がある人は任意整理や個人再生で借金整理をして、減額された借金を支払っていくことになります。

自己破産後の生活

自己破産したからといって、その後の生活が激変することはありません。自己破産をすると、すべての財産をお金にかえて債権者に配当します。

しかし、99万円までのお金と生活に必要な財は手元に残しておくことができるので、生活に必要なものは失われません。

生活財とは、テレビ、電話、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどで、破産しても日常生活は送れるように配慮してあるのです。

車は売却しても20万より下回る場合は手元に残り、20万以上になる場合は引き上げられます。

借家やアパートに住んでいる場合、家賃さえ払っていればそのまま住み続けることができます。

マイホームを持っている場合は競売にかけられます。

その後は、多くの場合は公営住宅(市営住宅)に住むことになり、破産者であっても問題なく公営住宅の申込はできます。

自己破産は裁判所を通して行うため、破産すると官報によってその事実を公表されます。

官報とは政府が発行する新聞のようなもので、そこに自己破産した事実が伝えられます。

しかし、官報をこまめにチェックしている一般人はほとんどいません。

さらに1日数百人という単位で名前が載るため、探し出すのは大変です。

官報が一般人の目につくのは、官報を購読した場合かインターネットで有料サービスに登録して検索をかけた場合かの2パターンしかありません。

ほとんどの場合、一般の方に自己破産をした事実を知られることはありません。

就職や転職に影響することはないので、仕事を辞めさせられることもないです。

破産をして借金がゼロになるメリットを考えれば、破産をしたデメリットは微々たるものです。

浪費が原因でも債務整理できるか

ギャンブルや遊興費(キャバクラやホストなどの異性関係、買い物)のために借金を重ねた場合、債務整理はできないだろうと思い込んでいる人がいます。

実際はそんなことはありません。

任意整理は裁判所を通さないで弁護士が代理人となって行う借金整理なので、借金の理由は問われません。

任意整理と個人再生は、ギャンブルや遊興費が原因でも債務整理をすることができます。

しかし、自己破産に関しては難しいと言われています。

自己破産では借金をした理由が問題となり、ギャンブルや遊興の借金は認められないことが多いです。

ただし可能性はゼロではなく、内容や反省の度合い、将来の更生の可能性を含めた上で裁判官の裁量により判断されます。

問題は先送りにしない

借金問題は複雑で難しいからといって、先送りにしてもよい結果は出ません。

消費者金融では、返済が遅れれば遅れるほど借金が増えていくシステムになっています。

問題の先送りは、それだけ債務を増やす結果になるのです。

必ず早いうちに手を打って、借金問題に取り組んでください。

まずは弁護士に相談し、適切な借金整理の方法を教えてもらいましょう。

今では1時間や2時間、無料相談サービスをしてくれる弁護士事務所が増えました。

まずは無料でご自身の事情を説明し、正しい債務整理を検討していきましょう。

借金することは悪いことなのか

借金することは悪いことではありません。

借金をするときに、返せる見込みが無いのに借りてしまうのことがいけないことです。

それに、借金はしたくないと思っても借金をしないといけない場合もあります。

最初は返せると思って借りても、リストラ、会社が倒産、退職金で返済をしようと思っていたら

退職金が出なくて借金返済ができなくなった、というようなさまざまな事情があって返済が難しくなることもあります。

だからといって家族に迷惑をかけたくない⇒借金返済の期日がきた⇒お金がない困る⇒新しいところで借りる、という悪循環のループに入っていないでしょうか。

借金返済で一番していけないことは、新しいところからまた借りることです。

借りることで金利が膨らんでいくことはもちろん、お金を借りるところがどこもなくなって闇金まで手をだしてしまうことです。

こうなると、家族だけでなく親戚中まで迷惑をかけて一家離散の道を一直線になります。

どうしたら良いのかというと、「専門家に相談」することです。

弁護士と司法書士どちらが良いか

借金問題の専門家というと、弁護士と司法書士がいます。

どちらも法律家のプロですが司法書士の場合、借金返済の手続きで制限があるので最初は司法書士に頼んだが、できる範囲を超えてしまい途中で弁護士に交代ということもあります。

そうなった場合、仕事は引き継ぐことができますが、費用は弁護士費用が追加で掛かります。

借金問題は、1週間や2週間で終わる手続きではありません。

長い時間かけて借金地獄を解決するので、信頼できる弁護士と信頼関係がないと、弁護士も借金をした本人も辛いものがあります。

弁護士の仕事は相続・会社・離婚問題などいろいろあり、得意分野も分かれているため相談するときは、借金問題に強い弁護士に相談するのが一番です。

借金問題に強い弁護士の特徴

借金地獄から脱出したいなら借金問題に強い弁護士にお願いするのが一番です。

借金問題に強く経験も豊富だから、借金で困っている人の気持ちもよくわかってくれます。

借金で悩んでいる人たちの経済状況、これからどんなふうに生活をしていくべきかなど、今困っていることだけでなく、未来のことも一緒に考えてくれます。

借金地獄で債務整理をするなら

浪費のような後ろめたい理由が原因の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル