メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

個人再生で借金返済後にクレジットカードは使えるか

結論、個人再生後にクレジットカードは使えません。

個人再生をすると信用情報が事故扱いになり、ブラックリストに乗ってしまうからです。

個人再生を行った場合は7~10年間はクレジットカードが使えなくなります。

また、この条件は毎月問題なく返済出来た場合のみです。

途中で返済が滞ると、延滞の情報が載ってしまい、完済してもブラックリストに載ったままなのでクレジットカードが使えないままです。

もちろん作成することも出来ません。

個人再生を行う場合、大幅に借金が減額されるわけですから、途中で返済を滞らないように注意しましょう。

ブラックリストに掲載されている期間は、基本的にクレジットカードを作れないと思った方がいいです。

クレジットカードを作るにあたっては、最低でも1回も滞納せずに完済していることが条件です。

完済しているという情報は、信用情報にも載るので、少なくとも減額した借金は真面目に返済したということが分かります。

つまり、最低限度の信頼を回復できたと思っていいでしょう。

後は審査が甘いクレジットカード会社に申し込みをするといいでしょう。

運がよければ、クレジットカードが使えるようになります。

個人再生中でも、借金に関する相談が出来る特設サイトはこちら。

個人再生後にカードが作るのは難しい

個人再生後はクレジットカードの審査に通るのが難しくなります。

個人再生は債務者の借金を減額するための手続きであり、債権者(金融機関)にとっては、貸したお金が少なくなって返ってくるシステムです。

当たり前ですが、クレジットカードを扱う賃金業者にとって、個人再生を行った人間にクレジットカードを発行したいとは思いません。

しかしながら、クレジットカードを発行した後、どのようにして個人再生を行った事実を確認しているのでしょうか。

個人信用情報機関への事故登録

事実確認の方法は、個人信用情報機関を通しての利用者の事故登録の情報確認です。

個人信用情報機関とは、信販会社や銀行、カード会社などの金融機関が登録している情報機関であり、利用者の情報(名前、住所、借入状況)を共有するための情報機関です。

登録した金融機関は、個人信用情報機関を通して利用者の情報を確認することでき、事故情報(返済の滞納や、任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理)を行った利用者の情報を登録することができます。

つまりカード会社は、クレジットカード会社の利用者の審査の際に、個人信用情報機関を通じて個人再生を行った事実を確認することができるのです。

個人信用情報機関について

信用情報機関には、日本信用情報機関(JICC)と全国銀行個人信用情報センター(KSC)と(CIC)の3つに分かれますが、それぞれの金融機関によって加入している情報機関は異なります。

クレジットカード会社に限ってはJICCとCICへ加入している割合が高いです。

加入している情報機関は異なりますが、事故情報に関しては、登録された段階で全ての機関に共有されます。

そのため、あるクレジットカード会社Aが登録している情報機関とは別の情報機関に登録している金融機関Bが個人再生の対象であっても、結果としてクレジットカード会社Aは自分が登録している情報機関を通して、事故登録を確認することが可能です。

しかしながら事故登録に関する取り扱いは情報機関によって異なります。

カード会社に対する個人再生

債務整理はクレジットカード会社にとって印象は最悪です。

しかしながら、債務整理によって会社側の印象は異なり、個人再生は任意整理と自己破産の中間だと思ってください。

個人再生は、金融機関にとって任意整理よりは不利益が多く(減額する借金の割合が高い)、自己破産(借金全額の免除)よりは少ないからです。

しかしながら、印象が悪いことには変わりありませんので、基本的にはクレジットカード会社は個人再生を行った人は審査に通したくないものだと思ってください。

それでも、個人再生を行えば、今ある借金を大幅に減らすことが出来ます。

もし、いまクレジットカードが作れなくなることで悩んでいるとしても、今ある借金を減らすほうが生活が楽になることのほうが多いです。

個人再生でおすすめの司法書士事務所

今回紹介するみつ葉司法書士事務所の島田先生は、借金問題の相談を無料で行っている良心的な弁護士の1人です。

さらに弁護士歴も25年で、年間2,400件もの借金相談を受けているその道のプロです。

個人再生の手続きは個人の借金の状況によって対応できることが変わる複雑な取引です。

なので借金問題の解決に慣れていて、個人再生の手続きを何度も経験したことがあるベテラン弁護士に頼めるかどうかが重要になります。

島田先生に相談すれば、個人再生の悩みも解決できるでしょう。みつ葉司法書士事務所の島田先生への無料相談窓口はこちら。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル