メニュー 0120-662-384 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコ借金地獄になってしまったときの返済方法

パチンコによって借金を背負てしまうと、自分はどうしようもない、こんな金額どうやって返せばいいのかわからない、というように考えてしまう人が、非常に多いです。

しかし、借金の返済を考えているということは、パチンコをやめれたもしくはやめようとしている人が大半になります。

その気持ちがあれば、例えパチンコが原因の借金であっても、借金を返済することができます。

パチンコが原因でも、弁護士に相談をすれば、国の借金救済手続きを受けることができるからです。

しかし、パチンコが理由だとどうしても後ろ暗く感じて、なかなか相談できない人も多いと思います。

ですが、実際に弁護士に借金相談をする人の借金理由には、ギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、こういった後ろめたいような理由で相談してくる人が多いのです。

今回紹介するそうや法律事務所は借金問題対応件数が4,000件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある法律事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

パチンコで借金地獄に落ちる原因

パチンコ代として数万円のお金を借りてしまうことが、パチンコで多額の借金を作ってしまう原因となります。

もちろん、数万円の借入がいきなり数百万円の借金になるということはありませんが、パチンコ依存症のきっかけになり多額の借金を背負う原因となります。

その前段階として、パチンコのために借金をするようになったら、かなりの高確率で借金地獄になってしまうと考えてください。

借金で多額の借金を背負ってしまう人でも、最初のうちはお金を借りることに抵抗があるため、給料日前に数万円のお金をパチンコ代として借りて、買ったら返済負けたら給料で返済という行動をとります。

しかし、お金を借りることに慣れが生じてしまうと、借りる金額が5万→10万→20万と自然と膨れ上がっていきます。

なぜなら、最初は給料で返せる金額を借りようと思いますが、何回か勝つことで自信が付き、買ったお金で返そうと思うようになります。

こうなってしまったら、借金地獄へ一直線です。

そのため、パチンコのために数万円でもお金を借り始めたら、パチンコを止めなければ多額の借金を抱えると考えて間違いありません。

パチンコが危険な理由

パチンコの還元率は70~90%であり、1万円使って7~9千円戻ってくる計算になります。

仮に、この数字通りの成果を出した場合、1万円で1~3千円しか損しないため、1か月10万円使ったとしても3万円ほどしか損しない計算になります。

そのため、きちんと自分で生計を立てている大人の趣味としては、そこまで危険ではありません。

しかし、パチンコに勝った人は気持ちが大きくなってしまい、多くの人が勝ったお金を浪費してしまいます。

そのため、結局はパチンコで使ったお金の大半を、無駄に消費してしまい、お金が足りなくなってしまいます。

これが、パチンコが危険な理由となります。

パチンコで借金地獄になる3つの段階

パチンコが原因で借金を背負うようになるためには、おおむね次のような3つの段階を踏んでいくことになります。

稼ぐためにパチンコに行く

稼ぐことを目的にパチンコに行きだすと、借金を背負う可能性が出てきます。

借金を背負わない人は、娯楽として遊びに行ったり勝ちに行ったりして、パチンコを楽しんでいます。

そのため、勝ったら運が良いと考えます。

しかし、借金を背負ってしまう人は、欲しいものを買うためや、遊びに行くお金を作るためにパチンコに行くようになります。

ここで失敗してしまえばいいのですが、ここで勝ってしまうとしてしまうと、もしものときはパチンコでお金を作れると考えるようになり、どんどんパチンコの悪い魅力にハマっていってしまいます。

何よりもパチンコを優先する

ここまで来ると、かなり危なくなります。

何よりもパチンコを優先してしまうくらいのめり込んでしまうと、普通の趣味に没頭するのとは話が違い、一種の依存症のような状態になります。

具体的には、当たった時の興奮や店内の騒音、店内の空気など、人によって目的は違いますが、とりあえずパチンコに行かないといけないという衝動に駆られてしまいます。

このような、依存状態になると、パチンコから抜け出すのが、かなり難しくなります。

感覚が麻痺する

パチンコ依存症になってしまうと、感覚が完全に麻痺してしまいます。

1日数万円擦るのが普通であり、パチンコに行くことが当たり前となってしまいます。

その状態を続けるために、返す当てもない金額のお金を借りてしまい、勝ったら返そうと言い訳を続けることで、どんどん借金が増えていってしまいます。

借金地獄にならないための対策

パチンコが原因の借金を作らないためには、段階的に次の3つの対策があります。

  1. 娯楽として遊ぶ
  2. 財布を持っていかない
  3. 他のことにお金を使う

娯楽として遊ぶ

これは対策と言えるかわかりませんが、パチンコを単なる娯楽として利用するのであれば、借金を背負うことはありません。

娯楽として利用できている目安は、財布に3万円入った状態で、1万円だけパチンコで遊ぼうとした場合、負けても1万円で止めることができるかどうかがになります。

逆に言えば、そうした遊び方ができないのであれば、パチンコはすべきではありません。

財布を持ってパチンコに行かない

パチンコに行ってしまうと熱中し過ぎてしまうが、パチンコが好きでどうしてもやめられないという場合は、1日に使う予定のお金を現金で持ち、財布を家においていくという方法があります。

これなら、熱中し過ぎてお金を使いすぎることはなくなります。

また、この方法は財布を持っているときは絶対に行かないことが前提の為、仕事帰りやついでにパチンコに行くことはできなくなります。

その結果、トータルで使う予算も少なくできます。

他のことにお金を使う

この方法は、パチンコを止められる気がしないという人向けのものですが、パチンコで使うお金を、全て別のことに使うというのは、とても有効な対策になります。

パチンコを止められる気がしないという状態になってしまうと、パチンコで使うお金があると、ほぼ間違いなく行ってしまいます。

そのため、貯金することはいったん忘れて、他の趣味や興味のあることにどんどんお金を使っていくことが、重要になります。

そうすることで、パチンコに行く時間がもったいないような趣味や、好きなことができると、自然とパチンコに行かなくて大丈夫になり、お金があってもいけなくなります。

返済するために

パチンコが原因で借金を作ってしまった場合、生活費のための借金などとは違い、次の2つのことを守ることから始める必要があります。

  1. パチンコを含めたギャンブルを2度とやらない
  2. 一発逆転はないと知る

パチンコは2度とやらない

パチンコで借金を作ってしまった人が借金を返すためには、パチンコを、2度としないことが最低条件になります。

勝って儲けることももちろんですが、基本的にお金のかかる遊びです。

そのため、それをやめない限り絶対に借金を返済することはできません。

一発逆転はないと知る

パチンコで借金をしてしまった場合、なにか一発当てて借金を返そうと本気で考えてしまう人が、少なからずいます。

そうした考えをやめないと、何度借金を返済しても新たな借金をしてしまい、しまいにはどうしようもならない状態になってしまいます。

パチンコが原因の借金返済が難しい理由

パチンコが原因の借金返済が難しい理由は、パチンコをやめない限り借金がなくなることはないということです。

借金してまでパチンコをしてしまうということは、完全なパチンコ依存症であり、次のような状態にあります。

  • パチンコを始めると後先考えずにお金を使ってしまう
  • 勝ったお金もパチンコやその他のことに浪費してしまう
  • 最終的に一発大きいのを当てて借金を返済すればいいと考える

このような状態にあると、いくら借金返済のお金を用意したとしても、そのお金を軍資金にパチンコにのめり込んでしまい、最終的には何とかなると考えてしまっています。

そのため、単に借金を返済するのではなく、パチンコ依存とも戦いながらの返済となるため、普通の状態よりはるかに難しくなります。

借金が100万円以下の場合

100万円以下の借金であれば、コツコツ地道に返済していくことがもっとも効果的な方法になります。

仕事付き合いなど、最低限必要なお金を残して、それ以外のお金はすべて借金の返済に充てるようにしましょう。

そうすれば、数年もあれば借金を返済できるはずです。

手取り18万円を例に考えると、家賃などの固定費として8万円使い、借金返済に5万円、もしもの出費のために1万円を貯金しても、4万円は使えることになり、十分に生活できるはずです。

もしもの時のお金として1万円残しておく理由は、2度と借金を利用しないために必要だからです。

急な出費のために毎月お金を用意しておくことで、よほどのことがなければお金を借りる必要はなくなります。

おまとめローンを利用する

借金が100万円以上ある場合は、利息などを考えておまとめローンの利用をお勧めします。

おまとめローンの利用目的は、利息を減らすためであり、借金の返済を楽にすることではありません。

そのため、おまとめローンを利用しても借金の返済額は極力減らさないことがポイントになります。

おまとめローンを利用できない場合

おまとめローンを利用できないということは、収入に対する借金が相当大きなものだと考えられます。

それだけの借金を1から返済していくことは非常に大変であり、おそらく限界まで生活の質を落として借金の返済をしても半分以上が利息部分になってしまい、借金の元本をなかなか返済できないのではないでしょうか。

そのため、迷わず債務整理をして1からやり直すことをお勧めします。

債務整理は、自己破産以外にもいろいろとあり、自分に合った方法で借金と向き合うことができるので、おまとめローンが利用できないのであれば、専門家に無料相談してみることが借金返済の一歩となります。

専門家に無料相談する場所や方法は、住民票のある市役所や区役所に問い合わせることで簡単に教えてもらうことができます。

借金地獄から抜けるために

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するそうや法律事務所は、借金問題対応件数が4,000件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、そうや法律事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル