メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ニッテレ債権回収|債権回収会社(サービサー)からの借金で多重債務になってしまったら…

ニッテレ債権回収というサービサーから通知が届いた人は、このまま何も対応しないでいると、裁判所から強制的に給料を差し押さえられてしまいます。

差し押さえは債権者側が債務者へ対し、滞納し続けた借金を強制的に取り立てるための法的手段です。

法的な強制力を持った執行となるため、差し押さえが決まった後は、サービサーが取り立てを取り下げない限り、差し押さえを止めることは出来ません。

ただし、このように手遅れになる事態は、裁判が行われて差し押さえが行われてからになります。

サービサーからの差し押さえの通知は「これから差し押さえの手続きを行うために裁判所に訴訟を起こします。今のうちに支払いが確認できるようなら取り下げます。」という警告文です。

この警告文は、あくまでもサービサーが出した書類なので、法的強制力はありません。

そのため、この段階で対処すれば、実際に差し押さえられる「裁判所からの差し押さえ」を防ぐことが出来ます。

差し押さえを防ぐには、弁護士・司法書士に相談して、サービサーからの差し押さえを止めて貰う必要があります。

このとき、相談する弁護士・司法書士選びが重要になります。

なぜなら、ニッテレ債権回収は、取り立て専門の業者です。

債権回収会社には、必ず顧問の弁護士・司法書士がついているため、借金問題の取扱に慣れている弁護士・司法書士に頼まなければ交渉が上手く行きません。

相手も借金問題に慣れているなら、こちらも借金問題の交渉で実力のある弁護士・司法書士に頼まなければ、差し押さえを止めることが出来ないことがあります。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ニッテレ債権回収というサービサー

ニッテレ債権回収会社とは、法務省に認められたサービサーです。

サービサーとは、金融機関等から委託か、債権を購入して取り立てを行う業者のことです。

ニッテレ債権回収は、クレディセゾンやビューカードなどのクレジットカード会社や、オリックス銀行などの銀行系カードローンなどのキャッシング利用者の中でも、滞納して連絡が取れなくなった人の債権を買取、取り立てを行っています。

さらに、ニッテレ債権回収は、公共料金や携帯電話料金、家賃の滞納にも関わっており、電気代や水道代、ガス代などを滞納して長期間支払いが滞納するようなことがあると、ニッテレ債権回収からの取り立てが起こります。

そのため、ニッテレ債権回収から連絡が来た方は、無視しないで下さい。

なにかしら、本来払うべきだった料金を滞納しています。

このまま無視を続けると、最終的には裁判で訴えられる恐れがあります。

サービサーと裁判になる前に

ニッテレ債権回収からの取り立ては、電話での取り立てとハガキでの取り立てが行われます。

滞納を続けている人は、電話での取り立ては基本的に無視するひとも多いため、自分の借金がサービサーである債権回収会社に移譲されたことに気づけ無いことも多いです。

この気づかないことが、最悪の事態を招きます。

ニッテレ債権回収は、電話やハガキに反応がないと、取り立てを無視しているという風に判断してしまいます。

そのため、長期間連絡が取れない日が続くと強制的に借金を回収することができる裁判所から一括請求の督促状を送付してきます。

この督促状には、以下のような内容が記載されています。

法的手続の準備に入らざるを得ません

お客様に対し、これまで再三にわたりお客様の「未払債務」解決のためご案内をさしあげましたが、残念ながら、本日までお支払いがされておりません。

当社としましでもこのままの状態を無期限に継続することはできません。つきましては、本状到着後7日以内に下記「未払債務」を当社口座にご送金ください。

万一、ご送金、ご連絡がない場合は、誠に不本意ながら「法的手続の準備に入る」ことを念のため申し添えます。

なお、何か特別なご事情がある場合には、当社まで至急お申し出ください。

上記のような内容で、督促状が送られてきます。

この記載された期日以内に、支払いが済まなければ、法的な強制執行が待っており、具体的には差し押さえが行われてしまいます。

借金の体験談

借金は債務整理をしたほうがいい

私の借金額のピークは3年前でした。

今から考えてみてもぞっとするのですが、借金の合計額は200万円を超え、毎月の返済額も9.8万円と10万円近い金額を負担していたのです。

支払日に返済できない状態がズルズルと続いていたこともあり、この9.8万円のうち半分近くが利息と延滞金に消えていっているような状態でした。

毎月ただで金融機関にお金を渡していたようなものということです。

今から考えると本当に馬鹿なことをしたものだと思います。

結果としてどうしようもなくなり、弁護士・司法書士の先生に依頼して債務整理をすることになりました。

結果的に債務整理をして本当に良かったと思っています。私の債務整理の体験談がどなたかのお役に立てば嬉しく思います。

借金のきっかけ

毎月、支払いをしていく必要があったものを滞納し続けたのがきっかけでした。

私はよく言えば好奇心旺盛、悪く言えば八方美人で飽き性といいますか、ジムに通ったり、英会話教室に通ったりなど毎月お金がかかるものに手をだしていました。

しかし、ずぼらな性格が災いして、利用しなくなってもそのまま毎月お金を支払い続けていたのです。

そんな状態が重なると生活費が足りなくなります。

いつしか、解約しないでそのまま滞納するようになりました。

滞納したまま半年ほどたったころ、連絡が来なくなりました。

私は楽観的に、もう行かなくなったので、現実的に勝手に解約してくれたのだろうと思っていました。

しかし、その3年後にニッテレ債権回収から今まで滞納していた分の請求が来たのです。

いきなり借金を支払うことなんてできません。

しかし、ネットで調べてみると、このままだと裁判になるということが書かれていました。

流石に不安になり、耐えられない状態になっていたので、てネットで見つけた任意整理の方法を弁護士・司法書士に依頼することにしました。

親身に相談にのってくれる弁護士・司法書士

弁護士・司法書士というと怖い人のイメージを持っていたのですが、私の担当をしてくれた弁護士・司法書士はとても紳士的な方でした。

滞納を起こしてしまった経緯などを説明すると「人生には思いがけずいろんなことが起きるから、自分を責めてはいけないよ」と優しく声をかけてくださいました。

当時家族とも絶縁状態にあった私にとってはとてもありがたい言葉で、思わず涙がこぼれてしまったのを覚えています。

任意整理の手続きの方も1ヶ月ちょっとでスムーズに進めてもらえました。
私の場合正社員(フルタイムの総合職)の仕事についていたので、金融機関側も比較的柔軟に対応してもらえたということでした。

任意整理の結果、利息は免除してもらえて毎月の返済額も9.8万円→3.7万円と、半分以下の金額にまで減らしてもらえました。

しかも、利息が免除してもらえたので返済金額はすべて元本返済にあてることができます。

任意整理手続き完了後はどんどん借金は減って、完済まではもうちょっとのところまできています。

弁護士・司法書士に支払う費用についても分割払いにしてもらえただけではなく、支払い日をいつにするかについても柔軟に相談にのってもらえたので、とても助かりました。

現在、借金の問題に悩んでいる方はひとりでなやまず、専門家の先生に相談してみることをおすすめします。

お金の問題は家族や友人には相談しにくいですが、他人の専門家の先生だからこそ洗いざらい相談できるということもあります。

この体験談がお役に立てば幸いです。ありがとうございました。

多重債務になるどうなるのか

この体験談のように、滞納を複数抱えてしまうと多重債務になってしまいます。

多重債務に陥ると、返済の管理が難しくなってしまい、なかなか借金生活から抜けることができなくなります。

ここで、多重債務をすることでどうなってしまうかを説明していきます。

返済が苦しくなる

まず、多重債務とは言っても借入先が2社程度であれば、さほど苦を感じることは少ないです。

2社程度なら、返済のための借入をしなくても自力で自分の収入から返済ができていることも多いです。

しかし、これが3社、4社に増えてくると毎月の給料などからでは返済が苦しくなります。

たとえば、毎月の手取り給料が20万円の場合、2社への返済があってそれぞれ15,000円ずつ支払をしていたら、月々3万円を借金支払いにあてます。

そうすると20万円から3万円を支払ってもまだ17万円が残るので、何とか生活できます。

これに対し、借入先が4社になると月々の借金返済は6万円になります。

すると、20万円からその6万円を支払うと残りは14万円になってしまいます。

そうすると生活が厳しくなるので、借り増しをしてしまいます。

結局は返済のための借り入れをするしかなくなって自転車操業状態になります。

支払を滞納する

自転車操業状態になると、いつまでたっても借金が減らないどころか、自分でも今いくらくらいの借金があるのかわからなくなります。

毎月返済のために借り入れをするという作業をするだけで手一杯になるので、借金全体の返済計画などには全く頭が及ばないのです。

そうしているうちにどんどん借金額が増え、いずれはいくら自転車操業をしても回しきれなくなり支払を滞納するようになります。

自転車操業状態になっていったん借金の支払いを滞納すると、後は状況が転がるように悪くなります。

もともと借金返済のために他社から借入をして何とかまわしていたわけですから、いったん滞納し始めると他の返済もできなくなって、すべての借金の返済を滞納するようになります。

一括請求書が送られてくる

そうしている内に、今度は各債権者から内容証明郵便によって、借金の一括請求書が送られてきます。

ここには「いついつまでに借金の残額〇〇円と遅延損害金の合計〇〇円を支払うように。

支払いができない場合には民事訴訟をして、差押をします」などと記載されています。

借金は、通常毎月の分割払いにしていますが、一定以上滞納額がかさばると、分割払いができなくなってそのときの残高を一括払いしなければなりません。

このことを「期限の利益喪失」と言います。

期限の利益を喪失するので、借金の残額を一括払いしなければならないのです。

また、返済を滞納しているため、借金返済を遅延したことによる損害賠償金である遅延損害金も加算されています。

内容証明郵便による一括請求書が届いても、そのような高額な支払には応じられないことが普通でしょう。

裁判になる

一括請求を放置すると、本当に裁判を起こされてしまいます。

裁判では、借金残金の一括払いと遅延損害金の支払い命令が出ます。

支払ができないので放置していると、債権者から財産の差押をされてしまいます。

このように、多重債務状態を放置していると、最終的にはとんでもない状態になってしまいます。

複数の借入をしているならこのような状況に陥る前に、早期に対応することが必要です。

多重債務の根本的な解決は債務整理

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きのことです。

任意整理、個人再生、自己破産などの手続きの種類があってケースに応じた適切な手続きを選択してすすめれば、たいていの借金問題は解決することができます。

たとえば、任意整理をすると債権者との合意後の将来利息を全額カットしてもらえるので、消費者金融などの高い利息から完全に解放されます。

個人再生をすると借金を元本ごと大きく減額してもらうことができますし、自己破産をすると借金を完全に0にしてもらうことができます。

このように、債務整理をすると借金問題を根本的に解決できます。

債務整理をする場合、自分一人で手続きするのは難しいので、多重債務状態に陥って借金問題に悩んでいる場合には1日も早く債務整理に力を入れている弁護士・司法書士に相談をして、適切な債務整理手続きを進めてもらいましょう。

多重債務で苦しむ人のための相談窓口

多重債務になり、滞納しがちになったり、毎月の返済額が多く支払いが厳しくなったらまず弁護士・司法書士に相談しましょう。

弁護士・司法書士に相談すれば国が定めた借金の救済措置を利用できます。

借金問題の手続きは複雑で素人では判断できない内容がたくさんあります。

手続きで記入しなければいけない書類も専門知識が必要ですし、そもそもどんな手続をしなければいけないかの区別もむずかしいです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあり、時効で済む可能性の借金もあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。一人で悩まずに、必ず弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル