メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ジャパントラスト債権回収で滞納した人の対処方法

ジャパントラスト債権回収の取り立てを止めるには、法律の専門家である弁護士・司法書士に相談することで、取り立てを止めることができます。

債務整理の手続きを依頼すると、弁護士・司法書士は最初に債権者に向けて代理人になった旨の通知を送ります。

貸金業法では、この通知を受け取った時点で債務者に連絡を取ると、債権者は罰則の対象になります。

そのため、今まで来ていた取り立てを止めることができます。

この取り立てが止まっている期間の間に、弁護士・司法書士は今までの返済の履歴を元に、違法な金利での取り立てが行われていないかを調査します。

この調査結果を踏まえた上で、本当に支払う金額が、督促状に記載されていた金額通りなのか確認します。

調査結果によって、本来支払うべき金額が確定した後、弁護士・司法書士は債権者との交渉に入ります。

この交渉は、弁護士・司法書士の実力によって結果が左右されます。

弁護士・司法書士の交渉力によって、減額される金額や分割払いにする時に期間の長さが大きく変わってきます。

弁護士・司法書士には、本来取り扱う法律問題が多数あります。

ほとんどの弁護士・司法書士は、自分の得意分野を持っているため、依頼するなら借金問題を得意とする弁護士・司法書士を選ぶべきです。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ジャパントラスト債権回収で滞納

ジャパントラスト債権回収から借金をしている人が滞納してしまうと、これから毎日のように取り立てが行われてしまいます。

そこで、今回は滞納したときに何をすべきかを解説していきます。

ジャパントラスト債権回収からの債権を滞納してしまうと、いろいろな不利益を受けるので、本当は滞納しないに越したことはありません、

しかし、返済が苦しく、生活もままならない状態になると、どうしても滞納してしまう人は出てきます。

他にも、つい娯楽費などで無計画に浪費してしまい、本来支払うはずだった支払いができなくなったという人もよくいます。

どのような理由でも、滞納したという事実は変わりません。

もし、借りている借金が返済できる金額の場合は、滞納しそうなことが事前にわかっている場合には、まずは滞納前に連絡を入れることが大切です。

いったん滞納してしまうと、あなたへの信用も無くなるので、相談によって月の返済額を少なめにしてもらうなどの交渉が難しくなります。

滞納前に連絡を入れたら、まずは次回支払期日に返済が間に合わないことを伝えて、返済方法について話し合いましょう。

たとえば、次回の給料日まで待つことで返済できるなら、その旨伝えて返済日に支払いをしてください。

最大で1ヶ月までなら、支払い遅延を起こしても返済を待ってもらえます。

滞納している場合の対処法

返済ができないなら債務整理

返済を待ってもらっても、支払いが苦しい場合には、いくら相談をしても無いお金は支払えないので、債務整理を考えましょう。

債務整理とは、借金が支払えなくなった人の救済のための法的手続きのことで、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

上記の3種類の手続きがあります。

ケースに応じた適切な手続きを選択したら、ほぼすべての借金問題は解決することが可能です。

債務整理の効果

債務整理をすると、まず返済の負担が軽減されます。

例えば任意整理では、借金の利息が無くなり、月の返済額も減り、利息分を除いた元々の借りた金額を返済することになります。

個人再生では、借金返済額を最大5分の1まで減額してもらえるため、返せないような金額の借金を抱えていたとしても、完済まで無理なく返済を続けられます。

自己破産をすると、借金返済義務が完全になくなるので、その後の借金の心配はなくなります。

債務整理をするには、債務者が自分で手続きするのは難しいので、弁護士・司法書士に依頼することになります。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼したら、まずは現実的に返済可能な金額まで借金を減らせるかを確認してもらえます。

その結果、無理のない返済計画を作り、債権者と合意が取れれば債務整理手続きが完了します。

弁護士・司法書士に依頼すると、弁護士・司法書士は代理人となってくれるため、今後の取り立てや連絡は全て弁護士・司法書士を通すことになります。

弁護士・司法書士が代理人になっている期間は、債権者側が債務者に連絡をすることは禁止されているため、実質取り立てが止まります。

遅延損害金の発生も抑えられ、督促も止まるので精神的にも非常に楽になります。

また、自宅宛に督促が来なくなるため、家族に知られないように隠していた人の場合は、借金を知られる不安からも解放されます。

弁護士・司法書士の無料相談を受けてみる

債務整理をしたい場合、まずは弁護士・司法書士に借金の無料相談をすることからはじめましょう。

現在では、たくさんの弁護士・司法書士事務所がホームページを持っており、借金の無料相談サービスを行っています。

自宅や勤務先の近くの弁護士・司法書士事務所を探して、一度無料相談を利用して弁護士・司法書士の話を聞いてみると良いでしょう。

滞納の体験談

ここで、実際にジャパントラスト債権回収で滞納して、取り立てを受けた人の体験談を紹介します。

借金の経緯は人それぞれで違うかもしれませんが、取り立てを受けるようになると、取る対応は限られているため、自分の場合はどうするのかを考えながら読んで下さい。

きっと、自分の場合の対処方法の参考になるかと思います

借金のきっかけ

この話は借金地獄で追い詰められていた、15年前の話です。

当時、20代でまだまだ遊びたいという欲求が強かった自分、給料が多いわけでもないのに、パチンコや競馬、FXのギャンブルに加え、徹夜で友達と飲み明かすなど、毎月散財を繰り返す日々でした。

そんな使い方していたら、もちろんお金は持ちません。

貯金などできるわけもなく、消費者金融やクレジットカード会社から、頻繁に借入をして遊ぶ金を作っていました。

湯水のごとくお金をつかう生活を続けていたら、ある日、クレジットカードが使えなくなりました。

当時支払いはほとんどカード払いだったため、おかしいなと思いながらそのときは現金でなんとかしました。

その後ネットで物を買おうとした時、登録のカードは使用できませんと表示された時、に本格的にマズイことに気が付きました。

嫌な予感がして、借りていた借金の額を確認したところ、自分の年収の3分の1まで借金が膨れ上がっていました。

それ金額まで、なぜ気づかなかったと当時の自分を呪いたいです。

色々な会社から借りていたので、借入先が分散していたため、大きな借金を抱えていたという自覚が無かったんだと思います。

今まで積み上げてきた借金が、ついに返せない限界に到達して降りかかってきたと感じました。

支払えず滞納する

この状態になると、何社かは返済できますが、滞納してしまうところも出てきます。

この時、管理が面倒なので1社づつ返そうと思い1つの会社以外は全て無視するということをしてしまいました。

もちろん無視していたところからは取り立ての電話が鳴り続けますが、意図的に無視です。

私の場合6社から借りていて、4社ほど返し終わる頃には、3年も経っていました。

その間、途中で取り立ても止まったため、残りの会社は最悪返さなくても良いのではと楽観的に考えていました。

そんなある日、ジャパントラスト債権回収から通知が来ました。

債権回収会社からの取り立て

お金のトラブルを自力で解決できないなら、弁護士・司法書士に頼むのが一番良いと思います。

私の場合は、ジャパントラスト債権回収からの請求金額に驚きました。

3年間の滞納によって、利息と遅延損害金が積み重なり、借りていた金額の2倍以上に膨れ上がっていました。

しかも、ずっと放置していた期間の間で、ジャパントラスト債権回収からの督促も無視していたようで、近日中裁判所を通して法的強制力を持つ一括請求を送るという内容まで来ていました。

もちろん払えるわけもなく、私は弁護士・司法書士に相談して、債務整理で裁判を止めて返済をすることにしました。

弁護士・司法書士に依頼したときは、裁判まで残り数日という状況だったので、あの時相談して本当に良かったと思います。

滞納している人は、滞納が当たり前という感覚になっていると思うので、債権回収会社からの取り立てにも気づかない人も多いと思います。

油断していると、裁判になってしまうので、経験者からのアドバイスとして定期的に債権者と連絡をとっておくことをおすすめします。

取り立てはいつから始まるのか

借金返済を滞納すると、ジャパントラスト債権回収から支払いの取り立てが来ます。

借金返済を滞納したら、電話やハガキ、封書などで督促が来るようになりますが、これらの督促は滞納後2〜3日で来てしまいます。

支払予定日を過ぎたら、次の日には電話がかかってくる可能性がありますし、数日内には自宅宛に督促状がきます。

最初は、電話や郵便(ハガキや封書)で督促が行われます。

債権回収会社という名前を聞くと、不安になるかもしれませんが、ジャパントラスト債権回収は自宅や勤務先などに訪問することはほとんどありません。

訪問は、何度も連絡しても反応が無かったり、契約した住所に住んでいる痕跡がない時に確認のために行われる事はありますが、基本的には行われることは稀です。

ただし、自分から借金を支払う気がないで踏み倒すということを相手に伝えてしまうと、なんとか返済の約束取り付ける目的で訪問が行われることもあります。

違法な取り立てについて

ジャパントラスト債権回収のような、法務省から許可を得ている債権回収会社は、貸金業法に則った取り立てを行います。

貸金業法に違反すると、ジャパントラスト債権回収は業務停止処分を受けるため、かなり丁寧に取り立てを行ってきます。

貸金業法では、貸金業法による取り立て方法について、厳しく規制しています。

その中では、先ほど紹介したような正当な理由が無い限り、債務者の自宅や勤務先に訪問したり勤務先に電話をしたりすることはできません

以上をまとめると、借金返済を滞納した場合、まずは電話による督促が行われ、ハガキや封書などの郵便による督促状が来て、内容証明郵便による一括請求書が送られるということになります。

ただし、電話やハガキを無視し続けると、自宅に取り立てが来るので、無視しないようにしましょう。

電話による督促

借金返済を滞納すると、ジャパントラスト債権回収から電話による督促が行われます。

電話による督促が行われる場合、借金の契約時に登録していた電話番号にかかってきます。

自宅を登録していれば自宅の電話にかかってきますし、携帯電話を登録していれば携帯電話宛てに督促の電話がかかります。

貸金業法の取り立て規制があるので、勤務先の電話にかかってくることはありません。

勤務先の電話にかかってくるのは、他の方法では債務者に連絡がつかず、消息すら確認できないという正当な理由がある場合だけなので、債務者が誠実に対応している限りは勤務先には電話はありません。

ただし、自宅と携帯電話の両方を登録している場合には、どちらにかかってくるのかはわかりません。

債権者側も気を使って、基本的には携帯電話に掛けてくるようにしていますが、滞納が続くとどこかのタイミングで固定電話に掛かってきます。

自宅宛にジャパントラスト債権回収から電話がかかってきたら、そのことによって家族に借金が知られてしまうことがあります。

自宅にかかってきた電話を家族がとることもあり、自分が電話を取って話をしているところを家族に見られることもあります。

ジャパントラスト債権回収が留守電に吹き込んで、それを家族が聞いてしまう可能性もあります。

このように、借金返済を滞納すると、借金を家族に隠し通すことが難しくなってしまうので注意が必要です。

一括請求が内容証明郵便で届く

ジャパントラスト債権回収からの電話による取り立てを無視していると、自宅宛にハガキや封書などで督促状が送られてきます。

これらが届いたら、すぐに連絡を入れて返済の話をすべきですが、やはり返済ができずに無視してしまう人がいます。

その結果、ジャパントラスト債権回収から内容証明郵便によって借金残金の一括請求書が届いてしまいます。

借金返済をしている場合、当初の契約内容によって、完済まで分割払いをすることが普通ですが、借金を長期にわたって滞納すると、分割払いが認められなくなって、そのときの残金を全額一括払いしなければならなくなってしまいます。

このことを、期限の利益喪失と言います。

おおよそ、2ヶ月分滞納すると、期限の利益が無くなり残金の一括払いを請求されることが多いです。

このときには、借金残金だけではなく遅延損害金も加算されるので、支払額がかなり膨らんでしまっています。

家族に知られないように注意

内容証明郵便は、通常のポスト投函型の郵便ではなく、簡易書留のような手渡しのタイプの郵便になりますので、家族が内容証明郵便を受け取ったら、何事かと思って不審に感じ、家族に借金が知られてしまう可能性高いです。

実際に、このタイミングで知られてしまったという声も多く聞いています。

また、ジャパントラスト債権回収から内容証明郵便が届く場合、家族が見たら、すぐに借金関係の通知書であるとわかります。

家族に借金を秘密にしているからと言って、配慮して差出人名を記載しないようにしてくれるサービスはないので注意が必要です。

このことからも、借金を滞納すると、家族に借金が知られてしまう可能性が高くなることがわかります。

債務整理をするなら

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野が分かれています。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル