メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ニッテレ債権回収|債権回収会社(サービサー)から督促がきたら…

ニッテレ債権回収は法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)です。

債権回収会社は、国のお墨付きを得て借金の回収を専門に行っている会社です。

ニッテレ債権回収は、債権回収を専門とする、法務省に認可された合法企業です。

債権とは、未払いの料金や、滞納している料金、借金の返済などを受け取る権利のことです。

こうした権利を他社から買い取ったり、債権の回収を委託されたりして、滞納している顧客に請求を行い、債権を回収することで、利益を上げています。

ニッテレ債権回収株式会社は、全国各地に支部数が多く、もっとも広く業務を展開しているサービサーの一つです。

そんなニッテレ債権回収は、取り立ての専門家集団と言えます。

このようなサービサーを相手に、何も知らない素人が相手にしてはいけません。

そんな時は、法律の専門家を頼って下さい。

弁護士・司法書士などの法律の専門家であれば、ニッテレ債権回収のようなサービサーが相手でも借金問題を解決してくれます。

ただし、相談する相手が弁護士・司法書士であれば誰でもいいというわけではありません。

弁護士・司法書士にも得意分野があり、刑事事件や交通事故示談、労務問題が得意というように扱う分野の種類があり、それぞれの問題を得意とする弁護士・司法書士が多く、そのなかでも借金問題に強い弁護士・司法書士に依頼しなければいけません。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

滞納を放置すると裁判になる

債権を滞納したまま、ニッテレ債権回収からの督促が来ているにも関わらず、何も対応せずに放置していると、ほぼ間違いなく裁判に訴えられるでしょう。

被告であるあなたに、債務の履行(滞納しているお金の支払い)を求める裁判です。

よほどの事情がない限り、弁護士・司法書士に依頼せずに裁判に立ち、勝訴することは望めません。

かといって、裁判所からの出頭命令も無視してしまうと、原告(この場合、ニッテレ債権回収)の主張が一方的に認められます。

そうなると、あなたの財産は、裁判所からの差押え執行命令により、強制的に回収されてしまいます。

また、連帯保証人の財産も差押対象となります。

滞納料金+延滞金+損害賠償金+各種手数料といった形で、巨額の差押え命令が下される可能性もあります。

差し押さえらえる財産が無くても注意

差押えの話をすると「差し押さえといっても、私にはそんなもの一つもない」という方もいらっしゃいます。

しかし、これは差押えを甘く見ていると言わざるおえません。

確かに差し押さえには、禁止されているものがあります。

しかし、その差押え禁止動産は「最低限の2か月間の生活に必要な分」だけです。

それ以外は、たとえ自分が必要だと思っていても、関係なく回収されます。

銀行口座・預金はもとより、給与の差し押さえなども行われます。

つまり、これから受け取るお給料も差し押さえられるわけです。

もちろん、その手続きのために、職場にも公的な通達が行われます。

それでは、こうした事態を防ぐために、ニッテレ債権回収に電話をして話し合うべきかというと、それもまた難しいところです。

これは一般論ですが、債権回収会社は、債務者(取り立てる相手)の話し合いや交渉に、応じる必要がありません。

何を言われても「では裁判所に判断してもらいましょう」「では差押え強制執行と致しますので、異議があれば法廷で訴えて下さい」

というように言われて済んでしまうからです。

また、それが簡単に実行できる能力も持っています。

このように、債権回収会社の督促に対応するためには「知っておくべき情報や知識」があります。

ニッテレ債権回収に電話を掛ける前に、まずはこちらの記事で、最低限の予備知識を補って頂くことをおすすめします。

取り立てのプロであるニッテレ債権回収を相手に、あなたの正当な権利をしっかり守るためには、こちらも「法律のプロ」=「弁護士・司法書士」に相談する必要があります。

自分ひとりで何とかしようと、悩んでしまっても、解決の道は遠のくばかりです。

滞納の体験談

借金滞納していたら一括請求の督促状がきてしまい、どうしようもなくなり任意整理を選択した人の体験談を紹介します。

借金のきっかけ

アパレルの仕事をしている20代女です。

借金が返せなくなって債務整理をした時の体験談を書かせていただきます。どなたかの参考になれば嬉しいです。

借金をするようになったきっかけは仕事のノルマです。

ノルマが原因で借金なんて変な感じですが、私の勤務先(アパレル)の場合、毎月の販売ノルマを達成できないときに上司からものすごく叱責されてしまいます。

それが嫌なのでみんな自分が店から買い物をする形でノルマを達成するということが慣習のようになっているんです。

もちろん、そんなに高い収入があるわけではないので、そんなことをやっていたら借金に頼らざるをえません。

上司に叱られるのが嫌でこのような行動をとってしまう自分が悪いのはわかっているのですが、慣れというのは怖いもので周りに流されてしまっていました。

結果として負うことになった借金は総額で160万円程度です。

毎月の返済額は6万円ですが、一人暮らしの生活費の支払いと合わせるとぎりぎりの生活でした。

そんな生活を続けていたら、気がつけば滞納をし始めてしまったのです。

ニッテレ債権回収から連絡

ある日、返済が滞っていたニッテレ債権回収から「一括返済」の督促請求書がきました。

見るのも怖かったのでほったらかしにしてしまっていたのですが、開封したときにはもう支払い期日が来ている状態でした。

ニッテレ債権回収からの督促はきびしく、毎日携帯電話にひっきりなしに電話がかかってくる状態でした。

「これはもう無理だ」と考え、ネットで見つけた債務整理の情報を頼りに弁護士・司法書士の先生に相談に行くことにしたのです。

任意整理を選択することに

収入の状況としては、本業のアパレルに加えて最近副業バイトを始めたので、なんとか毎月返済するお金は用意できる状態でした。

そのため、相談した弁護士・司法書士の先生のアドバイスに従って任意整理をすることにしました。

任意整理で利息を免除してもらえればなんとか返せていけるだろうという見込みがあったのです。

任意整理で返済の見込みがたつ

任意整理の結果、利息はすべて免除してもらえることになりました。

これまで発生した利息と、将来的に発生する見込みの利息が全部免除になったので、毎月返済していくお金はすべて元本の返済にあてることができます。

返済額は毎月6万円から、3.6万円まで減らしてもらえました。

借金にはもう懲りました。

今後はカードはなるべく使わないようにして、収入の範囲内で生活していきたいと思っています。

この体験談がどなたかのお役に立てば幸いです。

取り立ての流れ

ニッテレ債権回収からの電話を無視していると、どのような流れで取り立てが行わられるのかを紹介します。

突然家に訪問してきたり、裁判を起こされるといったことはほとんどありませんが、放置しすぎるとあり得る話です。

そのため、まずは流れをしっかりと確認してください。

電話での督促

債権回収会社に債権の渡った借金を返さないでいると、まずは債権回収会社から電話がきます。

とはいえ、日本の法律では「社会通念上不適当と認められる時間帯に電話をしてはいけない」ということになっています。

そのため、昼間の平日にかかってくる電話を無視していても、深夜や早朝に電話がかかってくることはありません。

また、電話の内容も本人確認・返済可能日の確認のみです。

日本の法律では、取り立てのために自宅や職場を訪れることを禁止しています。

そのため、債権回収会社からの電話を無視しても、業者が家に押しかけてくることはありません。

もし深夜や早朝に着信があったり「返済しなければ自宅に行くぞ」などと脅された場合には、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。

一括請求の督促

債権回収会社からの電話を無視していると、借金の残額を一括請求されるように督促されます。

これは、督促を出したという事実を残すために、内容証明郵便であることが多いです。

また、借金の一部を滞納しただけであっても、業者は一括請求することができるので、気をつける必要があります。

一括請求は裁判の1つ前の段階なので、かなり深刻な状況です。

もし支払えない場合は、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談し、裁判になる前に債務整理などをして無理のない支払いに移行することが必要です。

裁判を起こされる

業者からの一括請求を放置していると、いよいよ裁判を起こされてしまいます。

裁判の判決が確定すると、あなたの給料が差し押さえされたり、車やマイホームなどの財産が売却されます。

給料が差し押さえされる場合は、裁判所から職場に連絡が行きますので、この段階で職場に裁判をしていることが知られてしまいます。

差し押さえをされてしまったり、職場に電話されるのは困る方も多いと思います。

そうならないために、裁判を起こされる前に無理なく返済できるように支払い計画を組みなおす必要があります。

債務整理をしないという選択肢も含め、どのような対処をするのが一番いいのかはその人の状況にもよります。

まずは弁護士・司法書士に自分の状況を相談して、専門家の意見を聞きましょう。

督促の電話がきているなら債務整理

それでは、ニッテレ回収会社から適法な範囲内で督促を受けた場合、どのように対応すればいいのかを教えます。

ニッテレ債権回収から督促を受けるということは、すでに相当期間、借金を滞納しているはずです。

対応を間違えると、支払督促や訴訟などの法的手続きをとられてしまう危険があります。

そのため、少しでも早く専門家に債務整理の相談をすべきです。

債務整理をする意味

債務整理とは、借金の額や返済方法を見直し、借金の負担を軽くする手続きのことです。

債務整理には、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

自己破産や個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除され、大幅に減額される以外にモ、任意整理で将来の利息をカットすることができます。

ニッテレ債権回収から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家がニッテレ債権回収に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知し、併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日に督促や返済を止めることができます。

サービサーと交渉するなら

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル