メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ニッテレ債権回収|危険!滞納したまま無視してはいけない!

公共料金やカードローン、携帯料金など分割払いで支払えるものを滞納していると、ニッテレ債権回収会社から借金の取り立ての通知が届きます。

このニッテレ債権回収を無視してはいけません。

普段聞かない会社の名前だから、詐欺会社だろうと思い無視をすると、裁判所に訴えられてしまいます。

その理由は、正式な通知書を出した証拠が残っているのに、反応もせずに無視を決め込むことで、借金を踏み倒す可能性があるとみなされてしまうからです。

そうなってしまうと、あなたは被告として借金返済の履行を求める裁判が行われます。

そもそも、滞納している側に非があるため、裁判になった時点勝訴することはできないと思ってください。

裁判に負けてしまうと、裁判所の差し押さえ執行命令による、強制的な差し押さえが行われます。

もし、借金に連帯保証人を立てていた場合は、保証人の財産も差し押さえ対象になります。

金額も「滞納料金」だけではありません。

遅延損害金、利息などという形で、最初に借りていた金額よりもはるかに高額な請求を求められることになります。

このときの金額は、最初に借りていた金額の倍以上になることも多いです。

これでは、カードローンの滞納や、携帯料金滞納だけでは済まないことになりかねません。

このような事態を防ぐためには、なにも対処せずに放置するのではなく、専門家にきちんと相談をして処置をするべきです。

そのため、法律に詳しい弁護士・司法書士に相談しなければいけません。

ただし、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

滞納してしまう人たちの特徴

借金を滞納してしまう人たちには特徴があります。

例えば、月額定額料金を支払わなければいけないサービスを複数契約していたり、買い物や飲み会などの遊びにお金を際限なく使ってしまう人です。

他にも、定職に付かないで仕事を転々として、給料がなかなか上がらないという人なども挙げられます。

こういった人たちは、自分の収入以上にお金を使うことに対して、一般の人よりも抵抗が無いことが多いです。

そうなってしまうと、簡単にキャシングやカードローンなどを利用してしまいがちになります。

特に、仕事が定まらないと、収入も不安定になり、毎月支払わなければいけないお金も滞納しがちになってしまいます。

今回は、このような理由で滞納してしまい、ニッテレ債権回収から連絡が来てしまった人の体験談を紹介します。

通知を無視して裁判になった体験談

今回、生活費が足りなくなって、カードローンの借入を利用していた女性の体験談を紹介します。

この方は、小口料金支払いが原因でニッテレ債権回収から連絡がくるようになってしまったのにも関わらず、滞納したまま放置してしまい、裁判になる寸前まで追い詰めれられました。

この体験談は、債権回収会社からの滞納問題の恐ろしさが分かる例です。

もし同じような状態なら、今回の体験談が参考になると思います。

ニッテレ債権回収から連絡

当時の私は、なかなか仕事が落ち着かず、職を転々としていました。

当然ですが職が安定しないので、収入も安定しません。

その為、生活費の足しに消費者金融などから借金を繰り返していました。

しかし、その後も職がなかなか定まらずに、生活費も毎月ギリギリで、足りなければ借りていましたが、借りた分の返済も難しくなって、いつしか借金の返済が滞るようになりました。

返済が滞ると、連日督促状が届きます。

借金を滞納しているなら、いつかは返さなければいけないと思いながらも、収入が安定しないので返済を進めることもできず、そのまま放置していました。

そして、職を転々とする内に、何度か住む所も移り変わり、いつしか督促状は私の元に届かなくなりました。

借金はなくなった訳でも無いのに、私は督促状が届かなくなったことを良い事に、借金について考えるのを辞めてしまいました。

そして、借金の事を忘れるようになってから5年後の、ある日、ニッテレ債権回収という会社から、突然督促状が届くようになりました。

さらに、電話でも返済を促す連絡がやってくるようになりした。

もちろん返せるわけがありません。

そのため、私はニッテレ債権回収からの連絡を無視するようになりました。

無視を続けたら裁判に

ニッテレ債権回収からの連絡を無視して数ヶ月後、ある日突然法的手続きを取るという督促状が届くようになりました。

この通知を見て、このままじゃ不味いと思い、弁護士に相談したのです。

この時の借金は、弁護士の先生に相談した時点で総額300万円に膨らんでいました。

弁護士の先生に相談した所、任意整理を勧められました。

任意整理をすることで、借金の一括請求を分割返済に、将来の利息もカットできるだろう、とのことでした。

但し、良い事ばかりでは無く任意整理をすることで、私の信用情報に傷がついてしまうとのことでした。

信用情報に傷がついてしまうと、新しい借金の借り入れは難しくなることでした。

私は長年借金を滞納しているので今後の借り入れは難しいと思っていたので、弁護士の先生に任意整理のお願いしました。

その結果、借金は分割で月々3.5万円返済することになり、更に将来の利息も支払わなくても良くなりました。

これで、何とかやっていけると思います。本当に任意整理をして良かったです。

分割払いに戻してもらう

任意整理をしたことで、将来の利息を支払わずに済み、一括返済することもなくなり長期間分割して返済していけることになりました。

そして、ようやく長く続けられる新しい仕事が決まったので、これからは滞納せずに、計画的に返済することができると思います。

暫くの間は、仕事とアルバイトを掛け持ちして返済を頑張っていきますが、生活が安定してきたら、アルバイトは辞めて、仕事に集中していきたいと思っています。

今回の経験で、自分の生活は自分で変えていけるという自信が着きました。

これからは、自分をしっかりとコントロールして生きていこうと思っています。

ニッテレ債権回収は小口の回収が多い

消費者金融等のキャッシング・借金ではなくても、債権回収会社は多岐にわたる債権を買い取り、または委託され回収にあたります。

特に、ニッテレ債権回収は、普通の生活の中で発生する未払いの債権の回収を請け負うことが多いです。

債権回収会社という、普段聞き慣れない名前で詐欺と誤認しそうになりますが、ニッテレ債権回収は大手の債権回収会社です。

たとえば、ニッテレ債権回収は、NTTドコモの債権も請け負っており、携帯電話料金が未納で、滞納が続くとニッテレ債権回収に債権を受け渡します。

「ドコモの料金未払いがあり、その債権を弊社、ニッテレ債権回収会社が譲渡を受けました」と通知が来ても詐欺としか思いませんが、この通知は正式な督促状として取り扱われます。

債権回収会社の中には、自宅に取り立てをしにくる業者もいますが、ニッテレ債権回収株式会社は自宅や勤務先まで取り立てにくることはあまり行わない会社です。

だからといって、支払ができないと放置したままでいると、督促状は届き続け、場合によっては体験談のように本当に法的手続き裁判を起こしてきます。

ニッテレ債権回収が関わる会社

過去に下記の会社との間で貸金やローンの支払いを滞らせてしまうと、ニッテレ債権回収から連絡が来ることがあります。

  • 株式会社ゴールドポイントマーケティング
  • 株式会社かんそうしん
  • 住商ファイナンス株式会社(JCOMカード)
  • スミセイカードサービス株式会社
  • ビューカード株式会社
  • 株式会社NTTドコモ(DCMX)
  • ドコモdカード受託センター(ドコモDCMX受託センター)
  • ソフトバンク株式会社
  • 株式会社クレディセゾン(ローソンCSカード)
  • 株式会社ムトウクレジット
  • 株式会社北陸カード
  • 株式会社七十七カード
  • 全日信販株式会社
  • 九州日本信販株式会社
  • ヤマトクレジットファイナンス株式会社
  • 株式会社池田泉州JCB
  • 四国総合信用株式会社
  • 中日本総合信用株式会社
  • 九州総合信用保証株式会社
  • 株式会社エムアイカード
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  • 自治体の水道料金

ニッテレ債権回収は、このように小口の支払いになるような滞納にも対応しています。

そのため、もし支払いが遅れてしまい放置し勝ちになってしまうと、だれでもニッテレ債権回収から連絡が来ることがあり得るのです。

取り立てが来たら時効も疑う

念のためですが、ニッテレ債権回収から取り立ての通知がきたら時効が成立するかをしらべてみてください。

クレジットの支払いが出来ずに債権回収にまわった場合、最後の支払いから5年が経過していたら時効を宣言できます。

時効は債務者の側が宣言(時効援用)しない限り成立しないことになっています。

時効援用するには、相手側に内容証明郵便を送るか、裁判で訴えられた時に裁判所へ提出する答弁書の中で書きます。

ただし、時効には中断事由もあります(5年間の間に相手側に支払いの意思を示すと時効はリセットされるなど)ので注意が必要になります。

滞納した借金の時効方法

借金が時効になっているかどうかの、判断基準を紹介します。

  • 5年以上払っていない場合は債権の時効援用が可能
  • 10年以上払っていない場合は裁判されていても債権の時効の援用可能

この借金ですが、弁護士・司法書士に相談すれば、時効の援用できるのか調査してくれるでしょう。

そして、時効援用できる場合は、内容証明書を作って郵送してくれます。

内容証明書が債権回収会社に届いた後、相手が何も言ってこなければ、あなたの借金は時効援用できたことになり、もう滞納していた借金は支払わなくて良いのです。

弁護士・司法書士を通すとどうなるか

もし時効が成立していなくても、弁護士・司法書士に依頼すると、支払いが現実的に不可能な借金の減額手続きをしてくれます。

この手続きのことを、債務整理と言います。

債務整理には、細かく分けると3つ手続きがあり、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

おそらく聞いたことがあるような、自己破産を行えば借金を0円にすることができます。

個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除され、大幅に減額されます。

そして、任意整理をすれば、将来利息と遅延損害金を0円にして、借りた元本のみを返せば良くなります。

また、任意整理は裁判所を通さないため、誰にも知られること無く借金をへらすことができます。

弁護士・司法書士というイメージは、事件など大事のときしか登場するイメージがないため、どうしても抵抗がありますが、実際の弁護士・司法書士の業務は交通事故の示談交渉や離婚問題、借金問題が多いです。

なによりも、ニッテレ債権回収から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家がニッテレ債権回収に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知し、併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日に督促や返済を止めることができます。

ニッテレ債権回収と交渉するなら

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル