メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

日本債権回収|取り立てをやめさせる方法とは

日本債権回収から取り立ての連絡や通知が来ているなら、おそらく長期間滞納した借金の返済で悩んでいるかと思います。

その借金の取り立てですが、実は合法的に止める方法があります。

そもそも、今回の取り立ては既に時効になっている借金を請求されている場合があります。

債権回収会社の取り立てには、時効になっている借金でも請求してくることがあります。

そのため、長期間返済していなければ、請求されている借金が時効の条件を満たしているかを確認してください。

借金の時効条件は、最後の返済日から5年間、請求などが何も行われず期間が経過したら、時効の手続きができるようになります。

もし、最後に返済してから5年以上経過している可能性があるのであれば、弁護士・司法書士に相談しましょう。

あまり知られていませんが、借金の時効は5年経過しても自動的に成立しません。

自分から、時効の証明をしなければ成立しないのです。

そのため、時効を成立させるための手続きをしなければいけません。

もし、時効の手続き方法がわからなければ、弁護士・司法書士事務所にご相談ください。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

裁判所から督促が来たら

債権回収会社からの連絡がきても、知らない会社から架空請求だろうと思って放置しないで下さい。

もし、本当の請求の場合は放置したままにすると、裁判所から出廷を求める通知が来ます。

そうなると、被告人として裁判にかけられてしまうので、裁判所から連絡が来た人は無視してはいけません。

裁判所からの通知は、支払督促という名前の書類が送られてきます。

この支払督促というものは、日本債権回収から差し押さえを求める訴訟を起こされたという意味を持っています。

この通知が来ているからと言って、時効を主張できなかったり、差し押さえが行われるということではありません。

まずは、送られてきた書面を確認し、記載されている計算書の中にある、一番最近の返済日を見つけてください。

最後の返済日を確認して、時効が成立している期間が経過していないかを確認することができます。

5年経過していたら時効援用で借金が無くなり、返済する必要がなくなる可能性があります。

1つ注意しなければいけないこととして、この時効の機会は、裁判所から支払督促が発送されてから2週間以内に行わなければいけません。

この2週間の期間を過ぎてしまうと、借金を一括で返済する命令が下されることになります。

このほかに、異議申し立てを行って通常訴訟に移行した場合は、答弁書で再度時効を援用したり、相手が時効を認める場合は、日本債権回収側が支払督促は取り下げることがあります。

日本債権回収側から支払督促が取り下げられた場合は、念のため内容証明郵便でも時効の手続きを行い、時効が成立したことを正規の書類を通して証拠を残しておかなければいけません。

異議申立を行う時に、相手方に連絡して支払についての交渉等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の援用ができなくなることもあるので、法律に詳しいわけでなければ専門家を頼ることをおすすめします。

弁護士・司法書士相談で取り立てを止める

債権回収会社から取り立てられている人は、まずは弁護士・司法書士に相談して下さい。

裁判を起こされる訴訟や、差し押さえ寸前だとしても、弁護士・司法書士に相談すれば時効を迎えていなくても、債務整理という方法で取り立てを止められることが出来ます。

債務整理は、弁護士・司法書士に相談することで手続きを進められます。

どんな書類が必要で、どんな記述をするのか、裁判所の弁論では何を話すか、弁護士・司法書士でないと出来ないことが多いです。

そのため、債務整理を行うなら弁護士・司法書士を頼って下さい。

借金を減らす方法について

当サイトでは、借金を減らすことができる国からの救済手段の「債務整理」をおこなうことをおすすめします。

具体的に順を追ってご説明していきたいと思いますが、債務整理にはいくつかの種類があります。

債務整理を端的に説明すると、借金を減らして、現実的に返済可能な計画を立て直すことです。

減額されることで、月々の負担が減り、さらに利息分をまけるなど借金の額をできるだけ小さくして返済することができます。

また、ペナルティはありますが、完全に借金を帳消しにしてしまう方法もあるため、今後のあなたの人生に少なからず影響があります。

ここで間違った手続きを選択をしてしまうと、将来への影響が大きいので、慎重に選びましょう。

債務整理にはどのようなものがあり、どんな特徴があるのかといったことを説明していきます。

債務整理を検討すべき人に向けて、詳しく記載していくので、ぜひ参考にしてください。

手に負えない負債を抱え、精神的に追い詰められている人達に、債務整理で注意することや、知っておくべき情報をお伝えしたいと思います。

債務整理を理解し、早く完済できるようお役立てください。

債務整理の種類

借金返済問題の解決方法を、総じて「債務整理」と呼びます。

この債務整理には、借金の金額や返済能力によって選べる手続きに違いがあります。

それは、自己破産・個人再生・任意整理という3つの手続きです。

時効の援用も、債務整理の方法として利用することが可能です。

それでは、それぞれの債務整理手続きについて詳しく解説していきます。

手続きの詳細を解説

既にある借金を何とかしたい、一刻も猶予がないといって、適当に債務整理の方法を選択するのはおすすめできません。

ここでは債務整理の種類や特徴、メリット・デメリットを通して、どの手続きが自分に向いているかをご説明していきたいと思います。

自己破産

手続き場所
裁判所で行います。申し立て費用として約1万6,000円と印紙、切手数百円分が必要です。

必要書類
裁判所で必要とする公的な書類(市区町村で取得可能)と申請用紙、債権者の内訳や借金額を証明するもの(債権者に依頼し取得します)、2年分の預金通帳の取引明細(銀行で取得可能)、借金をするに至った経緯や理由を時系列で書いたもの、および財産目録など用意するものは多いです。

手続きにかかる期間
裁判所によって異なりますが約3カ月から6カ月かかります。

注意すべき点
基本的に資産価値のあるものはすべて失いますが、総額20万円未満であれば預貯金、現金、生命保険の解約返戻金、自動車などは処分されません。

家屋や土地、高価な宝飾品など20万円以上の価値があるものは換価され債権者に配当されることになるようです。

メリット
借金の内容に問題(浪費、ギャンブルなどの借金)がなければ免責(借金を返済しないでも良いという決定)が認められ借金は全額ゼロにすることが期待できます。

その他

裁判官と会って話をする機会があり、申し立てを審尋(破産申立人に問いただすこと)するときと、免責を決定するときの最低2回です。

その他に必要があれば呼び出されることもあるようです。

裁判所へ提出する書類が多数あり、申立書も内容も分かりやすくなったとはいえ難しい部分もあるようです。

借金の額を調査するには、債権者へ電話して取得することが必要となるため、依頼しにくい状況に置かれることもあります。

弁護士・司法書士に依頼すれば必要書類を揃えてくれ、申立書の書き方もアドバイスしてくれます。

資産を持っていない方向けの方法で、借金を整理するには究極の選択と言えるでしょう。

なお、破産開始と免責決定の時点で、官報(政府が発行する新聞のようなもの)に掲載されます。

自宅にも裁判所から通知が郵送されることもあって、家族にも内緒にしておくことは難しいです。

中には秘密にできるという弁護士・司法書士もいるかもしれませんが、現実的に可能性は低いのでそういったアドバイスをしてくる弁護士・司法書士は、信用しないことをおすすめします。

借金が膨れ、どうしようもなくなった時、自己破産を考えるかもしれません。

しかし気になるのは、その後の生活や周りへの影響も考えて手続きを選択して下しさい。

個人再生

手続き場所
裁判所へ申し立てすることで手続きが始まります。家や土地、自動車など財産を持っている方で借金の返済が困難な場合に利用するようです。

かかる費用は弁護士・司法書士に依頼した場合は3万円程度、個人で行うときは21万5,000円程度必要になります。

必要書類
申立書や借金を作るまでの経緯を書いたもの、債権者の内訳や給与明細書、市区町村で取得可能な書類一式が必要で、自己破産同様に書類を多く集めることになります。

手続きにかかる期間
債権者の意見調整が必要となり同意してもらわないと終わりません。最低でも6カ月程度かかることを考えておきましょう。

注意すべき点
将来にわたって安定した収入が期待できることが重要となります。したがってサラリーマンである程度年収があると認められる可能性が高いようです。

なお、借金総額は5,000万円以下であることが条件です。

メリット
持っている財産を処分することなく借金を1/5(金額が3,000万円以上は1/10)まで減額することが可能です。

残った借金は通常3年(延長しても5年)で完済するようになります。

その他
手続きが非常に困難になることが予想できるため、個人が手続きすると、知識がないことで再生計画書の作り直しをさせられてしまうことが多いようです。

裁判所の手間を考えれば弁護士や司法書士に依頼した方が良いようです。

また自己破産と同じように官報に掲載されますので、信用情報を見なくても金融機関などに知られる可能性が高いです。

借金が返済できなくなったときには、債務整理といういくつかの方法がありますが、その中のひとつに「個人再生法」というものがあります。

個人再生法は、借金を大幅に減らすことで、返済の負担を軽減することができるものです。

自分の状況にあっているなら、この手続きで返済していくことをおすすめします。

任意整理

手続き場所
弁護士事務所または司法書士事務所。

依頼契約書を結んだ時点で手続き開始となります。

必要書類
運転免許証や住民票など。

手続きにかかる時間
債権者次第な面もありますが6カ月前後はかかるようです。

注意すべき点
費用がかかることに注意しましょう。

過払い金がある場合、または単に借金を減額する場合など、整理の方法によって費用が異なるようです。

依頼する前によく相談の上契約するようにしましょう。

メリット
家族に内緒で手続きすることもできるようです。

連絡方法をメールにするなど打ち合わせができることです。

裁判所を通さないため第三者に知られる心配もないようです。

その他
任意整理は、専門家が債権者との交渉を行い、無理のない返済計画を立てて和解します。

和解契約書にしたがって、あなたは返済すれば良いのですが、2カ月滞納してしまうと一括返済になってしまうことや、利息がかかってしまうなど記載されていることがあるので、契約内容を確認しましょう。

なお、費用は決して安い金額ではないため、費用の支払い方法が分割にできるのかなども事前に話し合っておくことが大切です。

借金返済できなくなったときは、弁護士・司法書士の力を借りて行う債務整理、任意整理とは債務整理の一種で、他の債務整理に比べると公的機関を通さずに「示談」で解決してくれるので、デメリットが少ないといわれています。

個人再生と任意整理の違い

整理したい借金に過払い分があれば法律の専門家は交渉しやすいと言います。

しかし、出資法改正からまもなく10年を迎えようとしている現在、カードローンやクレジットカードのキャッシングに過払い金は発生することがなくなっています。

過払い金の発生理由として、利息制限法以上の金利で契約したことが主な原因と言われています。

そのため出資法改正以降、どこの企業も貸出する際の金利は利息制限法以下で契約しているといわれているため、任意整理での交渉が難しいと言われています。

個人再生は裁判所が認めれば、企業側は従わなくてはなりません。

しかし、民間での交渉にしたがわなくても問題がなく、法律違反になることもないようです。

また借金の減額率も個人再生のように、1/5まで引き下げることが難しいと言います。

それでも専門家は粘り強く交渉を重ねることで、借金に苦しんでいる方を助けようと努力しています。

債権回収会社を相手に交渉

債権回収会社からの取り立てが来て、借金が返せなくて悩んでいるなら借金問題の専門家に相談しましょう。

実は借金問題は、和解交渉を行うことで、取り立てを止めることができ、さらに借金も減額できたり、利息を0%にしたり、返済期間を伸ばして毎月の支払額を減らすことができます。

こういった和解交渉は、弁護士・司法書士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、行うことができ法的にも和解した約束が認められます。

借金問題の相談をするなら、解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶことが非常に重要です。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル