メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

日本債権回収|滞納で債権回収会社から連絡がきたら

滞納を長期間続けると、もともと借りていた債権者から、債権が債権回収会社に移ったという内容の手紙が届きます。

この通知が来ると、借金の返済先は日本債権回収に変わります。

また、日本債権回収が指定する返済日に支払えない場合は、督促状が送付されてきます。

この時点で、すでに信用情報機関に滞納が発生しているという情報が登録されます。

さらに、督促の電話が掛かってきて、遅延損害金という違約金も発生します。

それでも支払いが行われないと、まず持っているカード類はすべて解約になり、信用情報機関に金融事故を起こした人として登録されます。

もし、この状態を防ぎたいと思うなら、直ぐに弁護士・司法書士に相談して下さい。

滞納してしまった借金がどうしても支払えないなら、一度弁護士・司法書士に相談することで、借金を減額できたり、利息によって膨れ上がった分を無くすこともできます。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

滞納によるカードへの影響

滞納をすることで、カードが強制解約になることがあります

当たり前ですが、支払い義務は残り続けます。

強制解約された記録は、信用情報機関というローンなどの代理でお金を建て替えてくれるサービスの利用履歴を管理する期間に共有されます。

そして、その情報は他の会社にも共有されるため、当分の間どこの会社からも借入ができなくなります。

信用情報機関は、ほぼすべてのクレジットカード会社・銀行・消費者金融なども利用をしています。

何度も支払い遅延が起きていて、滞納が発生している情報は、他社も確認することができるので、借金をしていないカードも強制解約されることがあります。

このような状態の場合、新たにカードを作ることができなくなります。

つまり、日本債権回収の滞納の支払いをするために、別の消費者金融で借入を申し込んだとしても、借りることができないということになります。

あまり知られていませんが、キャッシングというのはどこか1社でも返済が滞ってしまったりすると、連動して解約されてしまったり、新たなカードを作成することができなくなります。

そのため、計画的に利用することが重要です。

ほぼすべてのクレジットカード・銀行・消費者金融は、情報を共有しているということをよく覚えておいてください。

日本債権回収の取り立て

返済日を過ぎて、入金が確認できなければ、支払い日の翌日に携帯電話に連絡が入ります。

日本債権回収は、本人以外が出ることも考慮して、社名で電話をしてくることはなくスタッフが個人名を使って電話をしてくれます。

滞納の初期段階なら、こちらにも配慮してくれ「いつなら入金可能なのか」という確認をしてくるだけです。

支払う余裕があるのに、うっかり支払いを忘れていたり、風邪で寝込んでしまって支払いができなかった、などという理由があるのなら、こちらから日本債権回収に連絡して支払える日をしっかり伝えましょう。

日本債権回収へ支払いが遅れたら

1日くらい入金が遅れてしまうことは、誰にでもあり得ることです。

一週間後の給料日に、絶対に支払えるけど今は返済するお金がないという場合でも、無視せず連絡してその旨を伝えてください。

同様に、お金が手に入ることと、入金の約束ができれば、約束をした日までしつこく連絡が来るということもありません。

しかし、一週間後に支払いますと自ら約束したにも関わらず、その期日を過ぎても支払わないとなると、何度も連絡が入ったり、話し方も最初のように穏やかなままではないこともあります。

この電話さえ乗り切ればという軽い気持ちで、その場しのぎの嘘をつかないように心がけてください。

返済を放置せずに債務整理

どうしても返済ができないという場合には、債務整理という手段もあります。

債務整理というのは、借金を減らしたり0円にすることで、借金の負担を減らすことができる方法で、「任意整理」「個人再生」「自己破産」という3つの手続きがあります。

実際の手続きは、弁護士・司法書士のようなプロに任せるのが現実的で、債務整理が得意な弁護士・司法書士事務所は無料相談も行っています。

まずは、そこに相談してみましょう。

債務整理の準備

初めて債務整理の相談をするとなると、知らないことだらけで、不安になるかと思います。

そこで、債務整理前に方法と手順を紹介します。

普通、債務整理は人生で何度も行うものではないため、ほとんどの人が初心者です。

そのため、不安はあると思いますが、この手順を見て少しでも不安に思うことを解消してもらえればと思います。

相談する弁護士・司法書士の選び方

良い弁護士・司法書士事務所を探すコツは、ホームページに借金問題についてアピールしているかです。

テレビCMなどの広告でいくら宣伝をかけていようと、お金さえ払えばどんな悪徳企業でもできることです。

弁護士・司法書士が扱う相談には、離婚問題、相続問題、刑事事件など様々な問題があります。

弁護士・司法書士にも得意分野があるので、借金問題が得意な弁護士・司法書士事務所を頼ることをおすすめします。

万が一、全く関連性のないような交通事故の示談交渉が得意な弁護士・司法書士に依頼してしまって、債務整理に失敗してしまったら時間を無駄にしてしまいますし、その時の手続き費用を無駄にしてしまいます。

そのため、弁護士・司法書士事務所は慎重に選んでください。

ホームページをよく読んで、さらに実績の件数が多い弁護士・司法書士事務所を選ぶと失敗することはないでしょう。

現在の借金の状況を説明する

弁護士・司法書士に相談するのは無料で行えます。

相談をすると弁護士・司法書士から、「現在の借入れ社数」「借入れ額」「借入れ日」「現在の収入と支出の内訳」「毎月いくらずつなら支払い可能なのか」をそれぞれ聞かれるので、わかってる範囲でよいので答えてください。

その情報をもとに、整理するべき手続きを判断して、減額される金額と今後の返済計画を作ってくれます。

弁護士・司法書士からの提案を一旦考える

弁護士・司法書士から提案されたら、まずは一旦電話を切って再度落ち着いて考えてみましょう。

手続きを依頼

提案内容に納得したのであれば、弁護士・司法書士への依頼料金を支払いして和解交渉がスタートします。

弁護士・司法書士への依頼料相場は、一般的な大手で1社につき約3万円程度が目安で、このタイミングで初めて費用が発生します。

なお、このときの弁護士・司法書士も、相談者がお金を持っていないことは十分理解しているため、支払いは後払いが基本となっています。

弁護士・司法書士と債権回収会社が交渉する

弁護士・司法書士と債権回収会社が和解交渉をしている最中は、該当の借入れ会社の支払いをストップしてもらえます。

一般的に、この支払い義務が止まったタイミングは、弁護士・司法書士費用を貯める期間として使われることが多く、弁護士・司法書士費用の悩みはここで解消されます。

和解成立の通知がくる

和解交渉が成立すると、弁護士・司法書士から書面で通知が届きます。

これは、和解が成立した債権回収会社との和解契約書です。

内容は、この金額に対して毎月この金額をお支払いします、約束を破ると一括で支払いします、という契約内容です。

債務整理の専門家に相談する

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

このように、知識としては知っていても認識が間違っていることも多くあるので、個人で対応するのは危険性があります。

一人で悩まずに、必ず弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル