メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

アルファ債権回収|滞納放置で裁判になる手前に!

アプラスから滞納をしていると、アルファ債権回収会社から債権の取り立て通知が届きます。

聞いたことのない怪しい会社だろうと思い無視をすると、アルファ債権回収から裁判所に訴えられて訴訟問題にまで発展してしまいます。

訴訟にまで発展してしまう理由は、無視をしたまま放置することで、アルファ債権回収側も踏み倒されるリスクがあるため法的に強制力をもった方法で対応してくるのです。

裁判所から送られてくる督促状に、異議申し立てを行う書類が同封されては来ますが、基本的に意味はありません。

そもそも、滞納している側に非があるため、ほぼ裁判になった時点で勝訴することはできないと思ってください。

裁判に負けてしまうと、裁判所の差押え執行命令による強制的な差し押さえが行われます。

このような事態を防ぐためには、なにも対処せずに放置するのではなく、専門家である弁護士・司法書士にきちんと相談をして処置をするべきです。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

取り立てに悩む日々から開放される

、弁護士・司法書士に相談すると債務整理という手続きを取ることで、借金の負担を減らすことができます。

この手続には、デメリットも多いのですが、代わりに取り立てが止まり借金を減らすことができます。

毎日の電話やメール、手紙などが届く取り立ての日々は、本当に辛いものなので、いち早く解放されることをおすすめします。

そんな時に、取り立てに悩むのではなく、債務整理で一気に解決するという方法は、体験者の声にある通りおすすめできる方法です。

是非取り立ての日々に悩んでいるという方は、債務整理をする事で、早期解決を図って頂ければと思います。

裁判になる前に弁護士・司法書士に相談

債権回収会社の通知を無視してしまい、法的手続き措置の通知が来てしまったら、急いで弁護士・司法書士を通して異議申立を行わなければいけません。

異議申立の受付期間は、通知が送られてから2週間以内です。

この期間を過ぎてしまうと、強制的に財産や給料が差し押さえられてしまいます。

そのため、法律に詳しい弁護士・司法書士に相談しなければいけません。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

アルファ債権回収は奨学金も取り立てる

消費者金融等のキャッシング・借金ではなくても、債権回収会社は多岐にわたる債権を買い取り、または委託され回収にあたります。

特に、アルファ債権回収は、普通の生活の中で発生する未払いを請け負うことが多いです。

債権回収会社という、普段聞き慣れない名前で詐欺と誤認しそうになりますが、アルファ債権回収は大手の債権回収会社です。

たとえば、アルファ債権回収は、奨学金の未納の取り立ても行っており、奨学金返済が未納で、滞納が続くとアルファ債権回収に債権を受け渡します。

奨学金の債権がアルファ債権回収会社が譲渡を受けました、と通知が来ても詐欺としか思いませんが、この通知は正式な督促状として取り扱われます。

債権回収会社の中には、自宅に取り立てをしにくる業者もいますが、アルファ債権回収株式会社は自宅や勤務先まで取り立てにくることはあまり行わない会社です。

だからといって、支払ができないと放置したままでいると、督促状は届き続け、場合によっては本当に法的手続き裁判を起こしてきます。

取り立てが来たら時効も疑う

念のためですが、アルファ債権回収から取り立ての通知がきたら時効が成立するかをしらべてみてください。

クレジットの支払いが出来ずに債権回収にまわった場合、最後の支払いから5年が経過していたら時効を宣言できます。

時効は債務者の側が宣言(時効援用)しない限り成立しないことになっています。

時効援用するには、相手側に内容証明郵便を送るか、裁判で訴えられた時に裁判所へ提出する答弁書の中で書きます。

ただし、時効には中断事由もあります(5年間の間に相手側に支払いの意思を示すと時効はリセットされるなど)ので注意が必要になります。

滞納した借金の時効方法

借金が時効人あっているかどうかの基準を紹介します。

  • 5年以上払っていない場合は債権の時効援用が可能
  • 10年以上払っていない場合は裁判されていても債権の時効の援用可能

この借金ですが、弁護士・司法書士に相談すれば、時効援用できるのか調査してくれるでしょう。

そして、時効援用できる場合は、内容証明書を作って郵送してくれます。

内容証明書が債権回収会社に届いた後、相手が何も言ってこなければ、あなたの借金は時効援用できたことになり、もう滞納していた借金は支払わなくて良いのです。

弁護士・司法書士を通すとどうなるか

もし時効が成立していなくても、弁護士・司法書士に依頼すると、支払いが現実的に不可能な借金の減額手続きをしてくれます。

この手続きのことを、債務整理と言います。

債務整理には、細かく分けると3つ手続きがあり、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。

おそらく聞いたことがあるような、自己破産を行えば借金を0円にすることができます。

個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除され、大幅に減額されます。

そして、任意整理をすれば、将来利息と遅延損害金を0円にして、借りた元本のみを返せば良くなります。

また、任意整理は裁判所を通さないため、誰にも知られること無く借金をへらすことができます。

弁護士・司法書士というイメージは、事件など大事のときしか登場するイメージがないため、どうしても抵抗がありますが、実際の弁護士・司法書士の業務は交通事故の示談交渉や離婚問題、借金問題が多いです。

なによりも、アルファ債権回収から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。

そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。

専門家に債務整理を依頼すると、専門家がアルファ債権回収に対して依頼を受けたことを通知します。

通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知し、併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日に督促や返済を止めることができます。

アルファ債権回収と交渉するなら

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル