メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

オリンポス債権回収からの通知の意味とは

武富士から借り入れをしていた人が、倒産したタイミングで返済をやめてしまい、未払い期間が長期間続くとオリンポス債権回収という会社から通知が来ることがあります。

かつての大手消費者金融として、テレビCMも行っていた武富士でしたが、倒産してしまってから返済はどうなったのかがわからず、返済を途中でやめてしまう人も多くいます。

しかし、武富士の債権はしっかりと保証会社や債権回収会社に移譲されています。

武富士は、会社更生手続きを行っており、株式会社日本保証に事業を承継させているため、日本保証から請求が来るケースが多いです。

また、倒産前にもオリンポス債権回収に債権を移していたため、オリンポス債権回収からも請求が来ることもあります。

今回紹介するのは、オリンポス債権回収からの請求のパターンを紹介します。

債権回収会社というプロの業者からの取り立てになるので、決して放置してはいけないので、よく読んでいただければと思います。

病気だろうと取り立ててくる

自営業を営んでいたり、会社員として働いていて、それまでは問題なくローン返済ができていた人でも、病気で働けなくなり返済もできなくなることがあります。

そういった人の中でも、治療費が支払えないという人は多くおり、治療のためにやむなくお金を借りる人も多くいます。

また、病気が原因で失業した場合、県民共済や保険会社から保険金をもらえる場合もありますが、貯金などの蓄えがない人はお金を借りるしかなくなります。

病気で入院している間は、基本的に収入は止まります。

そのため、返済が滞りがちになりやすいです。

こういった人の中には、武富士から借りていた人も多くいたでしょう。

しかも、返済途中で倒産したので債権がどうなったのかを知るすべも病院では少なかったと思います。

こういった状況の人に、オリンポス債権回収は容赦なく取り立ててくるのです。

病気になってしまって収入が返せないという事情は、彼らには全く関係ありません。

そのため、携帯電話にしょっちゅう連絡がきますし、自宅宛にハガキが何通も送られてきます。

電話に出て、事情を話したとしても、オリンポス債権回収はまともに取り合ってはくれないのです。

借金をするリスク

失業と同時に返済が滞り、支払いを滞納すると、保証会社や債権回収会社が借金の代位弁済をして、借金残金の一括返済請求をしてくることもあります。

働けなくなって収入が無くなったために、借金してしまうことも多いですが、返済できくなるケースが多いため、今まで普通に暮らしてきた人でも、滞納してしまうことが多いです。

悲しいことに、今まで借金癖などなくても、突然借金生活に陥って体の次は精神的につらい日々続くということが起きてしまいます。

借金をしてしまったら

ケガをして働けなくなり、収入がなくなると生活が苦しくなります。

傷病手当金をもらっても充分ではないことが多く、元々借金癖などなくても、消費者金融会社やクレジット会社などを頼らざるを得なくなることもあります。

そして、その後滞納してしまい、債権回収会社の世話になってしまい最終的に裁判にまで発展してしまうこともよく聞く話です。

このように、病気などが原因でできてしまった借金問題は、どうやれば解決できるのでしょうか。

借金は債務整理

働けなくなったことで、借金をして滞納してしまい債権回収が出てきたしまった場合、債務整理という方法で対処することが可能です。

債務整理は、国が認めている借金減額手段で、弁護士・司法書士事務所を通して行うことができます。

適切な手続きを依頼して進めてもらえば、たいていの借金問題は解決できます。

ただし、病気が原因の借金の場合、返済を前提にした減額方法は難しいと判断されます。

そのため、自己破産で解決することが多いです。

特に減額が手続きの一つである個人再生は、返済のために一定の支払い能力が求められるため、裁判所によって厳しく審査されます。

働けず無収入となっている(またはほとんど収入がない)状態では、適用は難しいでしょう。

このような状態であれば、自己破産手続きがおすすめです。

自己破産をすれば、借金支払い義務を完全に0円にしてもらうことができます。

また、手続き申請と同時に生活保護の申請もしましょう。

自己破産後は、借金返済義務が無くなるので、生活保護を受給しながら生活していけば生活を維持することができます。

相続した借金の取り立て

自分ではなく、家族や父母などが借金していることがあります。

こういったケースは家族が病気で死亡すると、借金を相続してしまうことがあります。

また、死亡した親が他人の借金の保証人になっていることもあります。

そうした借金の取り立てで、オリンポス債権回収から連絡が来ることもあります。

こういったとき、多くの人は身に覚えのない借金なので放置したり、架空請求会社だと疑うと言われていますが。

冷静に、連絡の内容を確認し、本当にオリンポス債権回収からの取り立てなのかを確認してください。

両親財産を相続したときに、親も忘れているような借金を相続することもあり得ます。

親や夫などから借金を相続したくない場合には、借金を相続しないために「相続放棄」という手続きを執りましょう。

相続放棄は家庭裁判所で手続きすることができます。

夫が死亡した場合の遺族年金は、相続放棄したとしても問題なく受給できますので、相続放棄後の生活を心配する必要もありません。

弁護士・司法書士に借金の相談

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

今回のように病気が原因の場合や、家族が病気になってしまい返済できなくなるといったことなど様々なケースが考えられます。

こういった場合で弁護士・司法書士に相談する人の多くは自己破産しか無いと思うことが多いそうです。

しかし、他にも方法があり、任意整理という自己破産よりもリスクが少ない法的手段で借金を減額することができます。

実際、借金返済の法的手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

このように、知識としては知っていても認識が間違っていることも多くあるので、個人で対応するのは危険性があります。

一人で悩まずに、必ず弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

借金問題の解決方法

どのような事情の借金にも共通していますが、そのまま借金を滞納していくと、債権回収会社のような取り立てのプロが登場することとなるので、どこかで必ず対処しないといけません。

こういった状況の有効策として、まずは法律相談所に連絡をとり、債務整理を行って借金を減らしていきましょう。

ただし、まずは任意整理を行って借金の負担を軽減出来るか確認しましょう。

最初から自己破産をするよりも、デメリットの一番少ない任意整理から手続きができるか確認するほうが、今後の生活への影響も少ないです。

下手に素人のあなた一人で解決しようとすると、大変なことになりますので、まず借金に関しては弁護士や司法書士とご相談ください。

また、事故や病気で入院を余儀なくされる場合、多額の医療費が必要になってきます。

こうならないよう、事前に保険に加入しておく、医療費にまつわる制度を利用するなど、ある程度の対策を取っておきましょう。

オリンポス債権回収の取り立て

借金の返済ができない状態が続き、債権回収会社のようなところから連絡がくる状態になると、借金のことばかりが頭の中をめぐるため、ストレスが溜まり精神的にまいってきます。

また、借金が多額で返済ばかりにお金を回していると、まともな食事もできずに栄養不足に陥ることがあります。

そんな状態を過ごしていると、ちょっとした風邪でも病院に行かず放置していると、もっとひどい体調不良になるケースもあります。

借金があって返済がつらくて、そのストレスから体調不良になり会社を休んでそのまま辞めてしまう人もいます。

しかし、それで無職になっても借金は返済する義務があります。

つまり、病気になっても返済義務はあるので「病気だから返済ができません」という理由は通じないのです。

もちろん、オリンポス債権回収にも通用しません。

オリンポス債権回収の場合、普通の消費者金融の取り立てとは違い、すぐに裁判に移行するために簡易裁判所に訴訟を起こしてきます。

放置すると裁判になることも

勘違いをしてはいけないのは、無職になったから、借金を返済しなくても大丈夫だろうと勝手に解釈してしまうことです。

例えば、病院に行って診断書を書いてもらっても返済義務はなくなりません。

実際、重病でも生死に関わる手術中でも、債権回収会社への借金の返済義務は継続中です。

問題は、あなたが病気をしていて、払えないからと放置してしまうことです。

確かに、病気だとなかなか返済できない状態になり、滞納もやむ得ないという事情はわかります。

こんな状態のときに、業者と話すのも嫌でしょう。

しかし、そのまま債権回収会社の連絡を無視していると、いずれ裁判になることもあります。

裁判になって、返済を迫られたときに払うことができないと、差し押さえが開始されることがあります。

無理をして支払いをすることはない

仕事を辞めざるえなくなり無職なると、借金を払うことは厳しいでしょう。

お金も足りないはずで、まだ手元のお金があっても病気になった状態では仕事もできず、いつまでお金が持つかも分かりません。

フラフラになって、銀行に行く途中で倒れることだって考えられます。

この状態で道路で倒れて事故になったら、もっと大変な重症になるかもしれません。

まずは弁護士・司法書士に相談してから療養生活に入りましょう。

その方が安心して借金問題を任せて、自分の身体を回復させることに専念できます。

弁護士・司法書士に会うのが難しいなら

状況によっては、外に出られない人も多いと思います。

また、心に余裕がない状態で、いきなり弁護士・司法書士の事務所に借金の相談となるとかなりハードルが高いでしょう。

相談することができない場合は、電話相談か、メール相談を利用するのがよいです。

昔の弁護士・司法書士事務所は必ず連絡をとって面談日を予約し、相談しなければいけませんでした。

しかし、今の弁護士・司法書士事務所はだいぶサービスが良くなり、なかなか時間が取れない人や、家族や知人の目が気になる方のために、電話相談やメール相談のサービスを用意しているところもあります。

しかも、この相談は無料で受けているところが多いです。

相談ができないという理由なら、まずはこういったサービスを利用して、あなたの借金に寄り添ってくれる弁護士・司法書士が見つけるとよいでしょう。

借金を解決した実績のある弁護士・司法書士

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル