メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

ニッテレ債権回収|債権回収会社から督促状が届いたら危険!差し押さえも…

この記事を見ている人は、ニッテレ債権回収から督促状や電話などで連絡がきている人かと思います。

ニッテレ債権回収の滞納を甘く見てはいけないという意識で、この記事を読んでいってください。

ニッテレ債権回収で滞納して、支払いを放置してしまうと、思わぬ苦労をする可能性があります。

何よりも注意してもらいたいことは、滞納によって自分の信用情報に傷がつき、あらゆるローンやクレジットカードの審査に通らなくなってしまうことです。

当然、信用情報に傷がつくとカードの利用もできなくなり、場合によっては一生使えなくなることもあります。

しかも、わずか数日の滞納でもそうなってしまう可能性があります。

そうならないためにも、滞納後に起こるでき事や、取るべき対処法を知っておいてください。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

カードを使うときの注意点

カードは便利ですが、一度使い方を間違えればカードの継続利用やカードの新規登録ができなくなったり、ローンを組むことができなくなってしまいます。

まずは、クレジットカードを利用する上で注意すべきことをお伝えします。

一番注意しなければならないのは、引き落とし日までに口座に引き落とし分を忘れずに入金しておくことです。

もし1円でも残高不足があると、支払いの滞納とみなされます。

引き落とし日までに口座残高に不足があると、カード会社は手紙や電話で督促をします。

督促が来ても支払われないと、カードの利用停止や強制解約になります。

カードの強制解約

契約当初の規約で決められた通りに、利用分を返済していくという条件のもとでカードは発行されるものです。

そのため、契約者がこの条件に反して滞納するなど利用状況が悪ければ、カード会社に強制解約される可能性があります。

ニッテレ債権回収のような、債権回収会社から連絡が来ているという人は、滞納をしている方のケースが多いで恐らく強制解約されているか、間もなくされるでしょう。

もし強制解約された場合は、どうにかして利用を再開することができるのか、説明していきます。

強制解約のタイミング

強制解約は、先述したように契約者の利用状況が悪く、継続的な利用を認められないとカード会社に判断された場合に行われます。

しかし、大抵の場合はよほど状況が悪くない限り、いきなり強制解除されることはないでしょう。

基本的には、強制解約される前にカードの利用停止の措置がとられるものです。

カードの利用停止は、決められた引落日に利用代金の引落ができなかったり、カードの利用限度額を超えてしまった場合に行われます。

利用限度額のオーバーは、カードを利用するタイミングによって起こり得るものなので、返済によって残高が限度額を下回れば利用できるようになり、特に問題も起こらないでしょう。

しかし、規定の返済日に引落ができない滞納が2ヶ月以上解消されなかったり、何度も繰り返されたりすると悪質な契約者とみなされます。

その場合は、まず利用限度額が引き下げられて規定通りに支払うよう警告され、それでもなお返済状況が改善されなければ強制解約となり、信用情報機関に解約となった事実が記録されてしまいます。

ニッテレ債権回収の取り立てを止める

ニッテレ債権回収からの取り立てを止めるには、弁護士・司法書士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

滞納後に債権が移る

料金や支払いを滞納した場合、最初はサービスを利用した会社からの催促が来ますが、一定期間を過ぎると債権回収会社からの連絡が来ます。

これは債権譲渡によって、その債権が債権回収会社に回されたことを意味します。

大抵の場合、債権回収会社は国に認められた専門企業なので、さまざまな手法を駆使して借金の回収を試みます。

もちろん、債権回収会社が違法な取り立てをすることはありませんが、時効の援用を利用する場合などに対抗してくることが考えられます。

時効が成立するくらい長期間滞納している借金がある場合、多くは債権が債権回収会社に回っている可能性があります。

再契約できる可能性はあるのか

カードを強制解約されてしまった場合、同じカード会社と再度契約することは、まず無理だと考えたほうが良いでしょう。

信用情報機関に記録された強制解約の履歴は、一定年数が経てば情報が消えます。

ですが、それですべて綺麗にリセットされるということではありません。

各カード会社では会員の契約に関する履歴を独自に保管しており、信用情報機関のように一定年数で記録が消えることはないといわれています。

そのため、一度強制解約されてしまった会社との再契約は諦めるしかないでしょう。

他のカード会社との契約に影響する

どこかのカード会社で強制解約となった場合、他のカード会社との契約にも影響するのかというのが気になるところです。

結論からいえば、まったく影響しないということはありません。

強制解約された信用情報機関の記録は、その信用情報機関を使って審査をしているすべてのカード会社が確認できるようになっています。

そのため、記録が残っている間はカードを作ったり、ローンで何かを購入したりといったことが難しくなります。

もしもカードを作ることができたとしても、限度額を低く設定されることがほとんどです。

信用情報機関の記録が消えるまでの期間は、記録された内容によって異なり、5年~7年とされています。

強制解約されたときの対策

強制解約になった場合、3ヶ月以上の滞納でなければCICの信用情報に金融事故の記録はつきませんが、JICC(日本情報信用機構)には強制解約の項目があるため、事故情報として5年間残ることになります。

ほとんどのカード発行会社はCICとJICCの両方に加盟しているため、クレジットカードの強制解約は、ほぼ確実に信用情報に傷をつけると考えてよいでしょう。

また、滞納情報があるとKSC(全国銀行個人信用情報センター)の入金区分の項目に×マークがつきますが、これも5年間登録されるため注意が必要です。

ブラック情報が登録されている状態では、新しくカード審査を通過したり、ローンを組んだりすることができなくなります。

たかが滞納で、と思う方もいるかもしれませんが、ブラックであるという点では、債務整理すること(自己破産や個人再生、任意整理)と何の変わりもないのです。

返済日までに、しっかりと引き落とし分を入金しておけば全く問題はないのですが、気づかないうちに滞納や強制解約に陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

滞納を防ぐためには

滞納に気をつけなければならないのは、クレジットカード利用者だけではありません。

滞納には、返済資金の不足で起こるパターンと自分の不注意で起こるパターンがあります。

万が一、不注意でおこしているのなら早めに返済してください。

そうでなければ、ニッテレ債権回収のような取り立ての専門業者が出てくることになります。

不注意での滞納を防ぐには

自分の不注意で起こる滞納を防止するためには、まずは引き落とし日をしっかり把握することです。

遅くとも引き落とし日の前日までには利用分を入金しておくようにしましょう。

カード会社は、引き落とし日の当日の0ときになった瞬間に、利用者の銀行口座へ振替照会を行います。

口座引き落としがどのタイミングになるかは、銀行のシステム次第となるので、当日入金で間に合うかどうかは銀行に問い合わせる必要があります。

また、先ほど例を挙げたように、複数のカードや口座を持っている場合は、徹底して管理をするようにしましょう。

住所や電話番号など登録情報の変更があった場合は、利用しているカード会社全てに変更届を出し、連絡が取れるようにしておくことが大切です。

そうでなければ、万が一滞納して気づかないことがあれば、いつの間にかニッテレ債権回収のような債権回収会社に債権が移り、信用情報に傷もつき、最悪裁判沙汰に鳴ることもありえるのです。

増えてしまった借金は債務整理

借金問題に困っているなら、借金を整理するためにプロにお任せしましょう。

債務整理してもらうために相談しるとしたら、法律に詳しい人ではなく、法律の専門家である弁護士・司法書士に相談してください。

弁護士や司法書士を頼って、債務整理をされた方の中には数百万の借金を整理してもらい、生活が楽になったという方が沢山います。

債務整理をすれば、支払えなかった借金を減額したり、返済期限を延ばしたりすることが可能になります。

例えば、債務整理の方法の一つである自己破産をする場合多重債務が0円になる可能性もあるのです。

膨れ上がる借金に、前にも後ろにも進めずに苦しい生活を続けている方は、絶望してしまいそうになるのを耐えて生活をしてるという方もいます。

そんなとき、弁護士・司法書士に相談して未来を切り開いてください。

今の借金生活で、地獄のような思いをされている方は、一筋の光が見えるはずです。

債務整理と一言でいっても方法は様々で、借金の金額によってやるべき手続きはわからないので、弁護士・司法書士にきちんと相談し解決方法を一緒に見出していきましょう。

債務整理について

債務整理について詳しく説明していきましょう。

債務整理には様々な方法があります。

ここでは各方法について簡単に説明していきたいと思います。

任意整理とは

任意整理というのは、弁護士・司法書士が、債務者に代わって債権者と交渉する方法です。

交渉によっては返済方法や返済額をより良い条件にしてくれます。

裁判所が関与しないため、裁判所に書類を提出したり、出廷したりする必要はありません。

裁判所の関与がないことから夫や妻に内緒で手続きできるのが特徴です。

債務整理の中でもっとも多くの人が利用するのが、任意整理です。

任意整理の悪い点を挙げるならば、個人再生や自己破産と違い、あまり債務を減らす効果がないことでしょう。

そしてブラックリストに載るため、約5年の間は借り入れができなくなります。

個人再生とは

借金の金額が年収の3分の1を大きく超えており、任意整理で返済できる規定のの期間を超えてしまう場合は、個人再生のほうが向いているでしょう。

個人再生の手続きをすれば、借金が最大で5分の1まで減額することができます。

減額された借金を、債務者は3~5年間で支払うことになるのですが、自己破産とは違い、自分の家や車を手放さないで済む可能性があります。

個人再生の悪い点をあげるとすれば、信用情報機関に個人再生を行った記録がつきます。

自分では返済し切れないほどの借金を背負い、債権者側に返済をあきらめさせたという情報が5~10年間残るため、新たなローンやカードの作成ができなくなることです。

また、任意整理よりも手続きの期間は長くなることが多く、さらに、自分の住所と氏名が国が発行する雑誌「官報」に載ることになります。

自己破産とは

個人再生で借金が5分の1に減額されても、返済不可能な場合、自己破産する方が多いです。

裁判所に手続きをし自己破産した場合、借金のすべてを0円にできるので返済の必要がなくなります。

ただし、個人再生と同じく、今後5~10年間の借り入れはできません。

また「官報」に住所と氏名が載ることになります。

自己破産をすると、免責決定を得るまで一部の、弁護士・司法書士や技術士、警備員などの士業には就けません。

そして財産も価値があるものは、その大半を手放すことになります。

借金を0円にできる反面、任意整理や個人再生と比べて不便な点も多いのが自己破産です。

債権回収会社との交渉をするなら

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。一人で悩まずに、必ず弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル