メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

エムユーフロンティア債権回収|突然取り立てがきたときの対処法

突然エムユーフロンティア債権回収から連絡がきて、よくわからずに戸惑う方も多いと思います。

エムユーフロンティア債権回収とは、三菱UFJフィナンシャル・グループに所属している、法務省から許可をえている正規の債権回収会社です。

主に、三菱UFJ系列のローン商品などで滞納が続いてしまっている状況になると、エムユーフロンティア債権回収会社から連絡が来るようになります。

また、エムユーフロンティア債権回収は、三菱UFJグループ以外の銀行からも債権の回収を受託しています。

そのため、なにかしらのローンなどの支払いを滞納していると「お借入残高のお知らせ」という文書が送られてくるか、督促状が送られてきます。

また、電話での督促の連絡も行ってくるので、突然連絡が来たら、まずは何の債権なのかを確認して下さい。

ただし、確認するときには注意しなければいけないことがあるので、その説明をします。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

連絡するときの注意点

エムユーフロンティア債権回収などの債権回収会社は、債権が時効を迎えていたとしても取り立てを行ってくることが多いです。

なぜなら、借金の時効は時効の援用という手続きをしないと、正式に時効が認められないからです。

多くの人は、時効に手続きが必要ということを知りません。

債権回収会社は、この知識の穴をついて取り立てを行ってきます。

借金の時効は、裁判所を通して正式に認められるまでは、債権者側は取り立てを行う権利が残っているため時効の期限を越していようが債権回収会社は取り立ててくるのです。

しかも、時効は債務者が借金があることを見つめてしまうと無効になってしまいます。

そのため、電話連絡が来たときに、不用意に借金の存在を認めてしまう発言をしてしまうと、時効を迎えているかもしれないのに改めて支払い義務が生じてしまうかもしれません。

時効期間が経過している場合に、あまり不用意なことを話すと、「債務承認」と認識され、時効が認められなくなる可能性があります。

電話で連絡が来たときに、借金に心当たりがあると、お金を借りた側の弱みでついつい返済について話をしてしまうでしょう。

しかし、この話をしてしまうと債権の承認になってしまうのです。

そのため、電話の連絡が来たら、まずは借金に心あたりがないので一度確認するといって電話を切ってください。

そして、借金の専門家に一度相談してみることをおすすめします。

借金の時効の手続きは、弁護士・司法書士に依頼することで手続きを行うことができます。

厄介なことに、時効の手続きは複雑なので素人では手続きを進められないことが多いです。

一括で大金を請求されるよりも、弁護士・司法書士を頼ったほうがに得することのほうが多いと言われています。

甘い言葉に注意

説明したように、債権回収会社は時効を無効化するために、あらゆる手段で債権を承認させてこようとします。

例えば、電話口で、「一括で返済しなくても良いです」「分割払いにも対応できます」「遅延損害金は無しにしましょう」「返済をしてくれるなら借金を減額します」などと言った、聞いただけだと譲歩してくれるようなこともあります。

しかし、これは債権回収会社側の常套手段と言われており、特に時効を迎えている借金を抱えている人に対して使ってきます。

借金の時効は、5年と言われているので、まず電話連絡がきたら確認すると言って電話を切りましょう。

そして、自分の借金が最後の返済から5年以上経過しているかを確認しましょう。

債権回収会社からしてみれば、相手が借金の存在を認めてしまえば、法律上正式に取り立てを行えます。

債権回収会社は、取り立てを専業にしているので、踏み倒すことはできません。

エムユーフロンティア債権回収の取り立て方法

エムユーフロンティア債権回収は、取り立てのプロです。

彼らの取り立て方法は、元々借りていた銀行の催促担当者よりも確実にお金を回収してこようとします。

具体的な方法は、裁判所を通して法律を元にして強制的に返済させようとしてきます。

さらに、強制的に返済を迫ったときに氏貼ることができなければ、給料を差し押さえるなど、半ば強制的に返済させる仕組みを利用してきます。

そのため、エムユーフロンティア債権回収から連絡が来たら、即対応しなければいけません。

誤解の無いように説明すると、エムユーフロンティア債権回収から法的処置を取られる状況は、最初の取り立てで直ぐに訴訟というわけではありません。

ある程度の段階を経て、訴訟されることになります。

ただし、元の債権主だった銀行や消費者金融よりも、訴訟までの期間は非常に短いため、訴訟までの流れを把握して危険度を知っておくと良いでしょう。

エムユーフロンティアの取り立ての流れ

電話督促

エムユーフロンティア債権回収に債権が譲渡されると、まずは債権譲渡通知書の送付と同じ時期に、エムユーフロンティア債権回収から電話の連絡が来ます。

具体的には、平日の9:00~21:00までの時間に数回電話が掛かってきます。

なお、貸金業法によって自宅や職場への取り立ての訪問は通常はありません。

この連絡を無視し続けると、次の段階に移行します。

内容証明郵便が送られてくる

エムユーフロンティア債権回収からの督促の電話を無視し続けると、自宅に「内容証明郵便」が送られてきます。

この内容証明郵便とは、エムユーフロンティア債権回収側があなた宛に督促の連絡を行ったということを、第3者からの証拠を得た上で行ったというサインです。

そのため、この郵便が送られてきたらエムユーフロンティア債権回収から取り立てが来ていないという言い訳や、郵便に気づかなかったという言い訳は一切通用しなくなります。

なお、この郵便の内容は、債権の一括請求を求める内容が記載されています。

このタイミングで一括で返済できないようであれば、弁護士・司法書士を通して債権回収会社と交渉してもらう必要があります。

裁判所に訴訟を起こされる

エムユーフロンティアからの内容署名郵便による請求を無視し続けると、エムユーフロンティア債権回収は容赦なく法的手続きによる処理を行ってきます。

借金の裁判を起こされると、借りた側に非があるため基本的には勝訴することはできません。

そのため、裁判所への主張が一方的に認められてしまうことになります。

その結果、財産を差し押さえられたり、職場の給料から返済分を差し押さえられてしまうことになります。

また、給料が差し押さえられると、裁判所から正式に職場に連絡が行きます。

差し押さえる前に対処する

エムユーフロンティア債権回収から、一括請求が来たとしても弁護士に仲介を頼むことで裁判所からの差し押さえや一括請求を止めることができます。

また、もし借金が時効を迎えている場合は借金を無かったことにもできます。

さらに、時効を迎えていなかったとしても、債務整理という借金救済の法律手続きを利用することで、借金の金額を減額することも可能です。

そのため、もし一括請求が来てしまったら、まずは弁護士に相談に相談してください。

債権回収会社との交渉

エムユーフロンティア債権回収と、債権の支払いについて交渉するなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、法的に和解の道を進むことができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

エムユーフロンティア債権回収の受託先

エムユーフロンティア債権回収は、業界でも債権回収実績を非常に多く持っており、その実績から業界最大手と言われる企業にまで成長した債権回収会社です。

そのため強い信頼を得ており、エムユーフロンティア債権回収に委託をする企業も多く、特に銀行からの委託が多いと言われ、三菱UFJ系列以外の企業からもまかされています。

また、住民税などの滞納の取り立ても行っており、東京都からも債権の回収を請け負っています。

エムユーフロンティア債権回収の主な受託企業

  • 阿波銀行
  • 伊予銀行
  • いよぎん保証
  • 北九州銀行
  • 紀陽銀行
  • 佐賀銀行
  • 静岡県信用農業協同組合連合会
  • 静岡中央銀行
  • じぶん銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 第四銀行
  • ダイヤモンド信用保証
  • 中京銀行
  • 中国銀行
  • 中銀カード
  • 中銀保証
  • 阪和信用保証
  • 武蔵野銀行
  • もみじ銀行
  • 山口銀行
  • 横浜銀行
  • 横浜信用保証
  • トヨタファイナンス
  • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス
  • 楽天カード
  • 東京都
  • 愛知県
  • 大阪府

また、上記以外にも、独立行政法人日本学生支援機構からの奨学金返済の滞納者への回収も請け負っています。

そのため、上記の企業一覧から借りていなくても、過去に奨学金を借りていたことがあれば、エムユーフロンティア債権回収から連絡が来ることがあります。

債務整理をする

エムユーフロンティア債権回収からの取り立てが払えなかった場合、弁護士を通して時効の援用か、債務整理の依頼をすることになるかと思います。

しかし、こういった手続きをする前に、エムユーフロンティア債権回収は三菱UFJフィナンシャルグループに属しているため、もし三菱UFJ銀行の口座をメインバンクにしていた場合、
口座が凍結してしまう可能性があります。

一般的に、弁護士・司法書士からの受任通知が、エムユーフロンティア債権回収から届いた時点で、その情報は系列グループに共有されます。

そのため、預金口座を無理やり凍結させて預金口座の残高と借金を相殺するようにします。

「お金があるなら払え」というのは当然です。

凍結して口座の残高を借金の返済に充ててもまだ不足する場合は、そのまま凍結が続きます。

借りたお金を返済できなくなったら、債務整理をすることになります。

公共料金などの引き落としなどにも使えなくなるので注意してください。

ただし、受任通知後に振り込まれた給料などは戻ってくる可能性があります。

三菱東京UFJ銀行で借りたお金を返せなくなったら、メインバンクを変える手続きをするか、口座残高が0円になるような状態にしてから債務整理をするようにしてください。

債権回収会社を相手に債務整理

債権回収会社からの借金を放置すると、危険ということはこれまでの説明でご理解いただけたかと思います。

そこで、このような状況になったときの対策として、エムユーフロンティア債権回収に対して債務整理するかどうかを検討しましょう。

債務整理とは、支払いが現実的にできない状態の人を救済するための法律です。

具体的には、借金の利息を0円にして元々借りていた金額のみを返済するようにしたり、借金自体を返せる金額まで減額することができます。

また、最終手段として借金を0円にするという自己破産も、債務整理手続きにおける選択肢の1つです。

債務整理は、債権回収会社へ債権譲渡されても手続きが可能です。

債務整理の中でも、裁判所を通さないで、借金の減額を交渉する任意整理という手続きが一般的です。

任意整理は、エムユーフロンティア債権回収のような債権者と直接交渉して、返済額や返済方法を決め直して和解する手続きです。

交渉の中で、債権者と債務者双方が交渉内容に納得すれば、和解成立ということで借金の負担を減らすことができます。

弁護士・司法書士に依頼をすると、債権者とのやり取りを全て受け持ってくれ、債権者からの連絡は一切無くなります。

こ債権回収会社から送られてくる請求書の内容は、債務残高と高額な遅延損害金の一括払い請求になっていることが多いですが、それからでも任意整理の話し合いをすれば利息をカットして分割払いの合意をすることも可能です。

請求書に記載された、高額な支払いができず諦めて放置せずに、弁護士・司法書士に相談するなどで対処しましょう。

債務整理で取り立てストップ

弁護士・司法書士と契約成立して契約書を交わし、債務整理手続きを依頼すると、弁護士・司法書士は債権者らに受任通知を送ります。

そうすると、債権者から債務者に対する直接の連絡が無くなります。

自分に対する直接の督促が無くなるので、夫や妻などに借金を秘密にしている場合にも、借金や債務整理の事実が知られる可能性が格段に低くなります。

弁護士・司法書士などの専門家は、債権者らから取引履歴を取り寄せて必要な計算をした上で、借金額について交渉をしたり、裁判所に必要な申立をするなどの手続きをすべて代行して行ってくれます。

債務者は、その間ときどき弁護士・司法書士の質問に答えたり、弁護士・司法書士事務所に行って資料を渡すだけで大丈夫です。

手続きが終了すると、借金はすっかり整理されているという状態になるので、精神的にも楽になるでしょう。

また、債務整理をしても、その後自分から話さない限りは、知人に知られたり、賃貸の契約が突然解除されるということは無いため、私生活でも支障はありません。

借金問題で弁護士・司法書士に相談するなら

エムユーフロンティア債権回収からの、裁判所の申し立てをとめるなら、弁護士・司法書士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことは、相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

借金問題解決の手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事の分野には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の手続きが得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル