メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコ借金地獄|借金から抜け出せない理由

パチンコで借金地獄と言うと、パチンコをするために消費者金融からお金を借りることがきっかけで借金地獄に落ちるのがよくあるパターンです。

消費者金融というと、アコムやレイクなどテレビCMを出しているため、誰でも知っている企業を想像すると思います。

一昔前に、消費者金融から借りたお金が返せなくなって、自宅に借金取りが訪れるといったことも行われていたため、消費者金融の会社名を聞いて良いイメージを持つ人はあまりいないかと思います。

しかし、法律によって、金利の制限や取り立てが厳しく取り締られ、違反したときに罰せられるようになったため、今では多くの企業が法定利息を守り、自分の会社はクリーンな会社だとブランドイメージを大事にしています。

その企業努力の成果なのか、今では多くの人がちょっとした生活費の足しにするなど、気軽に利用するようになっているようです。

しかし、その裏で借金地獄に苦しんでいる人もまだ多くいます。

確かに、昔に比べ借金地獄に落ちる人は減っています。

それでも、借金地獄に落ちてしまうのは、お金に関する知識が無かったり、お金にだらしない性格が原因で借金地獄に落ちてしまうようです。

借金地獄に落ちる人の特徴

本当にそのお金は必要なものか

借金をすることには、誰しも抵抗があるものです。

しかし、緊急でお金が必要になったり、どうしても欲しい物があると、お金を借りざるをえないこともあります。

親や知人に頼ればまだよいのですが、そういった当てがない人は、最終的に審査基準のゆるい消費者金融に手を出してしまいます。

借金に対する抵抗感が薄い

一度借金をしてしまうと「意外と簡単に借りられるな」という感覚が芽生えてしまいます。

勘違いしては行けないのが、借金というのはあくまで他人のお金です。

しかし、いざカード1枚で簡単に引き出せてしまうと、すっかり自分の銀行口座からでも引き出したような気分になってしまいます。

その結果、次もちょっとしたことでお金を借りるようになってしまいます。

利息を払うだけで精一杯に

やがて借金が数十万円と積み重なってくると、もう一括では返せません。

それで、どうにか利息分だけを支払っていくことになるわけですが、じつは消費者金融というのは、それさえ返済していれば特に何も言ってきません。

それどころか、しっかり返済しているということで、融資の上限額を引き上げてくれるようになります。

毎月返済にお金を当てているということは、生活レベルを下げざる得なくなります。

しかし、人はなかなか自分の生活レベルを落とすことはできません。

すると、今までの生活を維持するために、さらに借金を繰り返すようになるのです。

借金を返すために借金を繰り返す

もちろん、そんな状態は長く続きません。

すぐに限度額に達してしまい、消費者金融やクレジットカード会社は手の平を返したように、お金を貸してくれなくなってしまいます。

すると、別の消費者金融からお金を借りることになります。

借金を返済するために借り、またそれを返済するために借りるという、自転車操業の繰り返しで、借金は膨らんでいく一方になります。

やがて融資を受け入れてくれる先もなくなり、そこでまったく身動きが取れなくなったところでようやく、自分が破綻したことに気づくのです。

借金地獄は心の余裕を無くし自分を追いつめる

不思議なことに、このように一度借金地獄に足を踏み入れてしまうと、根本的な解決を考えるよりも目先のことしか考えられなくなります。

今月はどう乗り切ろう、次はどうやって借りようと、そんなことばかりで頭がいっぱいになるそうです。

要するに、自分で自分を追いつめてしまうわけです。

もしお金を借りることがあっても、みなさんはしっかり自分の状態を見つめ、踏みとどまるようにしてください。

債務整理で借金地獄から抜け出す

どうしても借金を返せない、そんな状況の人を救うために、日本ではどんなに多額の借金を背負った人でも、人生をもう一度やり直すことができる債務整理という救済手段を用意しています。

借金地獄の日々で精神的に苦しめられて、疲れ果ててしまった人は、諦めて夜逃げや自殺に走ってしまう人が多くいます。

しかし、実はどんな多額の借金を抱えたとしても、助かる道はあります。

債務整理をすることは、決して恥ずかしいことはありません。

むしろ、今以上に債権者に迷惑をかけないようにするためにも、必ずすべき手続なのです。

そして、債務整理は早ければ早い程、その人にとっても有益な解決が可能となります。

まずは、勇気を出して借金問題に強い司法書士事務所や専門家に相談してみましょう。

自分で破産宣告や過払い請求もできることはできるのですが、専門知識が必要になるため、手間だけでなくデメリットやリスクも非常に高いです。

多くの弁護士事務所では、借金問題に関する無料相談を受け付けています。

借金で悩んでいる場合は、債務整理に強い弁護士になるべく早い段階で相談をして、解決を目指しましょう。

借金地獄から脱出する方法

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、債務整理だけで年間2,400件以上の相談を受ける業界でもトップクラスの借金問題の相談先です。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料で教えてくれます。

みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所なので安心して相談できます。

借金地獄に落ちる人の特徴

毎月貯金ができない

毎月貯金をすることができない人は、借金地獄に陥る可能性があります。

貯金ができないというのは、毎月の支出を賄うのがギリギリの収入しかないことを意味しているからです。

無駄遣いをせず、決まったものにしかお金を出さないのであれば、プラスマイナス0(ゼロ)で済むかもしれません。

しかし、社会生活を送る上で想定通りに物事が進むことはあまりありません。

何かしら原因があって想定外のイレギュラーな支出は起こるかと思います。

冠婚葬祭などは、ある程度予測はできるものの、毎月の予算に入らない出費もあります。

ギリギリの生活をしていると、こうした毎月の必要経費以外のお金をどこからか調達する必要が生じるのです。

その有力な選択肢に借金があり、次第に借金地獄へ向かうことが考えられます。

それでも、収入を増やすことできるのであれば、借金地獄に陥らずに済むかもしれません。

ただし、収入が少なくないにもかかわらず、あるだけ使ってしまうために貯金ができない人は要注意です。

収入が増えたとしても支出も増えるため、ギリギリの生活を改善することができないばかりか、無駄遣いの習慣化で借金地獄の危険度が上がります。

パチンコなどギャンブル趣味

パチンコや競馬などのギャンブルを趣味にしている人も、借金地獄に陥るリスクが高い人です。

もちろん、合法的なギャンブルを趣味の範囲内で楽しむこと自体は問題ありません。

ただし、射幸心をあおるギャンブルには、負けた分を取り返そうとして深みにはまるリスクがあります。

パチンコにしても競馬にしても、客が儲かるようにはできていないゲームです。

もし、客が儲かるのであれば、商売として成立しません。

しかし、一時的に大儲けすることや、一部の人間だけが勝ち続ける現象は起こり得ます。

それを夢見て、負けては借金をして軍資金を作る人も少なくないのが実情です。

回収率が8割あれば優秀と言われる現実のなかでは、聞こえてくるのは借金地獄に落ちた人の話ばかりです。

カードローンを使う癖ができる

お金に困るとカードローンを使う癖がある人は、借金地獄に陥る可能性が高いと言えるでしょう。

少し無駄遣いをしたけれど、給料日に返せばいいと言ってお金を借りる人は少なくありません。

すぐに返している間は良いものの、回数を重ねると借金への心のハードルが低くなり、自分の財布代わりに使うケースも見受けられます。

その結果、気が付けば借金が膨れ上がっているというケースも珍しくないのです。

これは、貯金ができないギリギリの生活をしている人が、イレギュラーな出費をカバーする場合にも言えます。

その対応策として、キャッシングやカードローンを使うことが考えられるからです。

貯金がなければ、急な出費への対応にはキャッシングが当たり前にならざるを得ない状況が想像できます。

カードローンを利用すれば、毎月の元本返済に加えて利息の支払いが加わります。

最初のうちは、たいした負担ではないかもしれません。

しかし、支払い中に再度お金が必要になれば借金が増えてしまい、徐々に厳しい状況に追い込まれかねません。

もともとギリギリの生活をしていた人だと、短期間で借金地獄に陥ることも考えられます。

すでにカードローンの借金がある

現時点で、カードローンの利用による借金がある人は、借金地獄に陥る危険性がかなり高いと言えるでしょう。

カードローンの利息は、預貯金の利息よりもはるかに高い利率になっています。

この一点だけを見ても、返済できるお金があるのなら、返さない理由がありません。

借金があるということは、返せるだけのお金がないからです。

中には、手持ち資金を返済に回すと、いざというときに困るから返していないだけという人がいます。

しかし、それであれば必要なときに借りればよいだけであり、借り続ける理由にはならないでしょう。

むしろ、このような思考こそが借金体質であり、借金地獄への入り口と言えます。

借金体質の人は、借金地獄を抜けたとしても、再びその地獄に陥る危険性を持っています。

何社からも借り入れている

1複数の消費者金融やカード会社から借り入れを行っている人は、借金地獄に陥る危険性が極めて高いと言えます。

1社だけなら急場をしのぐための借り入れで、経済的な破たんを意味するとは限りません。

しかし、何社も利用しなければならないのは、自力で返済できる状態ではないことを示しています。

返済できないからこそ、別の業者から借りる必要があるのです。このような状態が多重債務であり、生半可な対応で改善するものではありません。

借金地獄に落ちたら債務整理

日本では、キャッシングなどでどんなに多額の借金を背負ってしまったとしても、人生をもう一度やり直せるよう「債務整理」という法的手段を設けています。

借金苦によって肉体的にも精神的に辛いと思う方もいらっしゃいますが、実はどんな多額の借金を抱えたとしても、借金でストレスを抱える必要はまったくないということです。

債務整理をすることは、決して恥ずかしいことはありません。

むしろ、今以上に債権者に迷惑をかけないようにするためにも、必ずすべき手続なのです。

そして、債務整理は早ければ早い程、その人にとっても有益な解決が可能となります。

まずは、勇気を出して借金問題に強い司法書士事務所や専門家に相談してみましょう。

自分で破産宣告や過払い請求もできることはできるのですが、専門知識が必要になるため、手間だけでなくデメリットやリスクも非常に高いです。

多くの弁護士事務所では、借金問題に関する無料相談を受け付けています。

借金で悩んでいる場合は、債務整理に強い弁護士になるべく早い段階で相談をして、解決を目指しましょう。

司法書士よりも弁護士がおすすめ

債務整理をする場合、素人の債務者が自分で手続きをしても、なかなかスムーズにすすまないことが多いです。

債務整理では債権者との交渉も必要になりますが、自分で交渉していると債権者に言いくるめられて、不利な条件で和解してしまうリスクもあります。

そこで、債務整理をする場合には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することが多いです。

弁護士は司法書士よりも相場が高いイメージがありますが、実際は債務整理の着手金や報酬金の金額は、弁護士でも司法書士でも相場は変わりません。

弁護士か司法書士かという違いよりも、それぞれの事務所による違いのほうが大きいのです。

債務整理の費用の相場

弁護士と司法書士とで費用の額が変わらないとすると、その相場はどのくらいになっているのでしょうか?

まず、債務整理の着手金の相場は、債権者1件についてだいたい2万円~4万円程度です。

債権者が5名いる場合に着手金が3万円の事務所に依頼すれば、合計で(3万円×5名=)15万円かかることになります。

債務整理には報酬金がかかるケースがあります。例えば、減額報酬があります。

これは、債務整理の話し合いによって借金の金額を減額できた場合に、その減額できた度合いに応じてかかる報酬金です。

減額報酬の相場は、減額できた金額のだいたい5%~10%程度です。

借金をする人に理解のある専門家

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば自己破産しか無いと思った人が債務整理を行うことはよくあります。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

債務整理手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル