メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコの借金地獄は債務整理で抜け出せるのか

パチンコ・パチスロが借金の原因だという方は驚くほどたくさんいます。

いわゆる、ギャンブルによる借金ですが、ギャンブルといえばパチンコ以外にも数多くあります。

例えば、競馬や競輪なども代表的なギャンブルのひとつです。

しかし、借金の原因となっている割合はパチンコ・パチスロの方が圧倒的に多いといわれています。

競馬や競輪の場合は、一回の勝負毎に自分の掛金を決めるので、自分自身で今回のレースが外れたらこれくらい損してしまう、という覚悟しやすいのですが、パチンコ・パチスロの場合は千円単位で少しづつ減っていきます。

これが曲者で、運がよければ千円の投資だけで大当たりを引き、大勝ちをしてしまうことがある反面、何万円も投資した挙句全くリターンがなく終わることもあります。

一回の大当たりを引けば、それが十数万円になる可能性があり、それがいつ起こるのかは全くわかりません。

最初は3千円、4千円程度でやめようと思ってても、もしかしたら次の千円で大当たりが来るかも知れない、と思って続けてしまいます。

誰だって、最初から勝てるかもわからないものに、何万円も使い込む気はありません。

しかし、パチンコにハマっていく中で1万円、2万円と注ぎ込む、それでも次に当たりが来るかもという期待が抜けず、最終的にお金がなくなるまでチャンスを期待してしまようになります。

手持ちがなくなると、消費者金融のATMからお金を借りて、その日の負けを取り戻すために、さらに続けてしまうというわけです。

これは、パチンコをやる人の意志が極端に弱い、節度がないと言っただけの理由では到底収まりきれません。

今の機種は、もしかしたら次に大当たりが来て逆転できるかもしれないと、期待させる演出が本当に上手くできています。

また、大当たりしたときの音楽や映像はとても気持ちが良く、その快感は特殊なものです。人間心理として、なかなか途中で辞めることができないように、うまく作られているのです。

そして、パチンコ店の周りにはATMが多く見受けられます。

財布がカラになっただけで終わればいいのですが、近くのATMからお金を借りるようになり、最初は1万円程度から始まるのですが、次の千円、次の千円と続けていくうちにいつの間にか借り入れが増え、カードの限度額めいっぱいになってしまいます。

そして限度額に行ってしまったから、別のATMで新しいカードを作る、といった流れです。

なんども言いますが、これはパチンコにハマる人だけが悪いとは言えない問題です。

ちょっとずつお金が減っていくゲームシステムと、銀行から自分のお金を引き出す感覚でお金が借りられる消費者金融やクレジットカードのキャッシングという制度が噛み合ってしまうことが原因です。

冷静な判断力をなくしてしまい、散財してしまうというのはそれなりに必然の性質があり、個人だけを責めることはできません。

個人再生の利用条件

個人再生は、大幅に借金減額できる手続きで、下記2つの種類に分かれています。

  • 主に個人事業主が対象の小規模個人再生
  • 主にサラリーマンが対象の給与所得者等再生

また、小規模個人再生には利用する条件として下記3つの条件を満たす必要があります。

  • 住宅ローンを除いた借金総額が5000万円未満
  • 今後3年~5年の間、継続的に収入を得る見込みがある
  • 債権者の数、および債権額の2分の1以上の不同意がない

給与所得者等再生を行う場合は、下記2つの条件を満たす必要があります。

  • 給与など定期的な所得があり、変動幅が小さいこと(安定していること)
  • 自己破産の免責を受けてから7年が経過していること

いずれにしても、個人再生なら自己破産のように、ギャンブルや浪費の借金は原則として免責を受けられないということはありませんので、条件をクリアすれば個人再生を利用できます。

ただし、小規模個人再生も給与所得者等再生も、裁判所に申請する手続きですから、弁護士や司法書士に頼る方が良いでしょう。

任意整理はパチンコの借金も可能

最後に任意整理ですが、個人再生と同じように、パチンコやパチスロの借金でも利用できます。

任意整理は裁判所を通さず、貸金業者と交渉する整理方法ですから、借金理由を問いません。

消費者金融やクレジットカード会社に対して、わざわざ借金原因を説明するケースは少なく、貸金業者としても、さほど関心はないと思われます。

任意整理が成功するかどうかは、弁護士や司法書士の力量にもより、貸金業者の対応によっても変わります。

自己破産(免責)や個人再生は法的な手続きですから、条件クリアで債務免除や借金減額になりますが、任意整理は法律で規定されているわけではありません。

もちろん、グレーゾーン金利の時代から借金返済を続けて、利息の払い過ぎがあれば、過払い金が発生していることはあります。

その場合は、不当利得に当たるので過払い金の返還請求が可能ですが、過払い金が発生していない場合の任意整理は、文字通り任意的な交渉です。

貸金業者が和解交渉に応じなければ、交渉が決裂することもありますが、それでも自己破産されるくらいなら、元本だけでも返してもらいたい、債権回収したいと考える貸金業者が多いので、任意整理で利息カットの可能性があります。

パチンコ依存を本気で克服する

パチンコ依存症体質を本気で克服するには、意志の力に頼ってはいけません。

私も依存症で苦しんだので分かりますが、意志の力で押さえ込もうとすればするほど、反発も大きいんですよね。

依存症は一種の病気と言われています。パチンコやスロット以外に競馬、競輪、競艇、カジノなどのギャンブル依存もあれば、アルコール依存症、ニコチン依存症、風俗・キャバクラ依存症、薬物依存、買い物依存など様々ですね。

共通しているのは、これで最後と思っても止められない状況です。

パチンコは今日で最後にしよう、ギャンブルは今日で止めようと思っても、翌日になれば落ち着きが無くなります。

落ち着きがなくなると、大勝ちした瞬間を思い出したり、次こそ勝てると根拠のない自信に満たされてしまうことがあります

そして、自分の意志とは無関係に家を出て、ふらふらパチンコ屋に向かっている、軍資金が無ければ消費者金融の無人ATMで借金して、札束を握りしめ、目を血走らせてパチンコ屋に入るという状況かもしれません。

使う気になれば使えるお金

ここで大切なのは、軍資金を得られる状況です。

パチンコ依存症体質の人間は、今は我慢してるけど、使う気になればお金を使えるというように考えます

たとえ、なけなしのお金であっても、手元にお札があったり借金できる状況なら、それは使う気になれば使える金銭です。

使う気になれば使えると思った瞬間、一気に自制心を失ってしまいます。

そして、パチンコに行って後悔して、なぜあんな行動を取ってしまったのかと悩むわけです。

パチンコやスロットの場合、ときに大勝ちすることもあるので、他の依存症よりも脱出しづらいと思います。

今はオンラインゲームで課金が止まらず債務整理する人もいますが、パチンコはゲーム感覚で楽しめてリアルにお金を得られるので、なかなか抜け出せません。

極端な話、10分前まで自分はもうパチンコしないと決めていても、その10分後には急いで家を出ている状況もありえます。

しかし、パチンコで借金を重ね、多重債務の状態になっていれば、今の生活を改善しなければなりません。

金銭感覚を改善

パチンコ依存症を克服するために、まず考えなければならないのは金銭感覚の改善です。

ギャンブルにどっぷりハマると、一万円を一万円の感覚で使っていないと思います。

千円感覚で躊躇なく使ったり、ときに小銭感覚でギャンブルに突っ込むこともあるでしょう。

そのような金銭感覚のままでは、依存症を克服することはできません。

多額の借金があって返済が苦しいという場合や、パチンコ借金地獄で出口が見えない場合、まずは債務整理を行いましょう。

債務整理に関しては、当サイトでも借金地獄の脱出方法や債務整理の体験談などで記載していますので参考にして下さい。

パチンコでも債務整理は可能

ギャンブルの借金は自己破産の免責事由になりませんが、実際は自己破産が認められることもありますし、任意整理や個人再生なら、借金理由を問いません。

債務整理のメリットとして、その後5~7年は借金できないので、使う気になれば使えるお金が制限されることになります。

やはり気軽に借金ができる状況、簡単にお金を借りれる状況がパチンコ依存に結び付くことが多いので、債務整理で人生をやり直せる可能性は高いです。

ギャンブル依存症の人の多くは債務整理後、完全ではありませんが、借金してまで依存することは無くなると聞きます。

ギャンブルの借金なんて恥ずかしいと思っていても、根本を解決しなければ意味はありません。

ここは勇気を出して、弁護士のような法律の専門家の力を借りることが大切です。

パチンコの借金地獄を抜けだす

パチンコが理由の借金でも、債務整理手続きのひとつである任意整理を使えば、国からの救済手段を受けることができます。

しかし、いざに相談となると理由が後ろめたいと感じて、なかなか相談できない人も多いかと思います。

それでも安心してください。

実際に、弁護士に借金相談をする人の借金の理由は、ギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、こういった後ろめたい理由で相談してくる人が多いのです。

当サイトが紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

浪費グセを復活させないために

債務整理の無料相談から始まり、任意整理や個人再生、自己破産を行うことで金銭感覚は修正されます。

債務整理という手続き自体、一生に何度もできることではありませんから、人生のターニングポイントになりやすく自分を変えることができます。

それに加えて強制的に借金ができない状況になるので、収入の範囲内で生活することになります。

借金せずに生活する習慣が身に付くと、自然にパチンコ屋から足が遠退くのではないでしょうか。

もちろん借金体質、依存症体質を完全に克服するのは、そんなに単純ではありません。

克服できたと思っても、気を抜けば浪費グセが復活することもあります。

アルコール依存を克服した人間が、一滴のアルコールで再び酒浸りになることもあります。

依存症を克服したと思っても、完全に抜け出したと思えるまで時間は掛かります。

パチンコ依存を治療しよう

そもそも家族がパチンコ依存症などで借金をしている場合、借金問題の解決も重要ですが、それ以前にパチンコ依存症自身を解消する必要があります。

パチンコ依存症は1種の精神的な症状なので、適切に治療する必要があります。

やみくもに、パチンコを辞めろなどと言って叱っても、解決できるものではありません。

パチンコ依存をしている本人も、そのこと自体には罪悪感を持っていることが多いです。

やめたくてもやめられずに悩んでいるのですから、なんでパチンコをするのか、パチンコを辞めないなら縁を切るなどと言っても解決できるものではありません。

追い詰めすぎると本人が精神的に参ってしまい、現実逃避のためにさらにパチンコにのめり込んでしまうおそれもあります。

そこで、パチンコ依存に陥った家族がいる場合には、まずはその状況を理解してあげて、一緒に治療していくという姿勢を持つことです。

そのためには、まずはパチンコ依存が病気だという認識を皆で共有しましょう。

本人にお金を持たさない

まずは本人にお金を持たさないことが重要です。

パチンコをするのはお金があるからです。本当にお金が全くなかったらパチンコができないのは当然です。

そのためには、本人からクレジットカードやキャッシング用のカードを取り上げて、貸金業者に対しては貸付をしないように依頼をしましょう。

もちろん、本人にも借金をしないことを約束してもらいます。

専門家に相談する

専門家の助けを借りることも1つの方法です。

心療内科に通ってみたり、カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

1つの心療内科やカウンセラーが合わなくても、別の合う専門家が見つかることもありますので、良い専門家が見つかるまで数軒のクリニックなどを訪ねてみるのも良いです。

本人が1人で行くのは嫌がる場合も多いので、家族が一緒に付き添ってあげると良いでしょう。

このようにして、パチンコ依存自身を少しずつでも治していくことが、問題の根本的な解決につながってきます。

以上のように、家族にパチンコ依存の人がいる場合、借金問題の解決だけではなく、同時にパチンコ依存自身の克服(治療)も重要なので、同時に進めていくと良いでしょう。

借金問題を解決する

もちろん、できてしまった借金問題の解決も重要です。

借金問題を解決するには、債務整理手続きをする必要があります。

パチンコ依存による借金も債務整理によって解決することができます。

ただ、債務整理をするには弁護士に相談する必要があるので、本人に債務整理する気持ちがあることが必要です。

もし本人にその気がなさそうなら、家族が代わりに弁護士に相談に行って弁護士のアドバイスを聞き、帰宅後本人に伝えてあげましょう。

このようにして本人が債務整理に関心を持って乗り気になったら、次は一緒に弁護士事務所に行って、本人に手続きを依頼させて債務整理をしてもらうと良いのです。

もちろん、はじめから本人が債務整理に積極的なら問題はないのですが、そのようなことがなかなか難しい場合には、まずは家族が先に相談をして話だけでも聞いてくることが役立ちます。

パチンコ依存症でも相談できる

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル