エムユーフロンティア債権回収とはどんな会社か

エムユーフロンティア債権回収とは

エムユーフロンティア債権回収は、三菱東京UFJ銀行グループの債権回収会社です。

よって、三菱東京UFJ銀行のカードローンを滞納していると、エムユーフロンティア債権回収から「債権譲渡通知書」が届くことがあります。

三菱東京UFJ銀行の保証会社である三菱UFJ住宅ローン保証が、債権をエムユーフロンティア債権回収に譲渡したという内容です。

また、三菱UFJ銀行の傘下ということで、同系列の以下の企業の債権も取り立てします。

  • アコム(消費者金融)
  • じぶん銀行
  • 三菱UFJニコス
  • ジャックス
  • 菱信ディーシーカード
  • 三菱UFJローンビジネス(住宅ローン)
  • エム・ユー信用保証

というように、上記の企業に対する未払金の回収業務を受託して、催告書や督促状が送ってきます。

これにより、今後の請求先はエムユーフロンティア債権回収となります。

貸金業者の取り立て事情

消費者金融にとって難題はいかに回収困難な人たちから回収するかと言うことであり、お金がないと言う人たちから実際にお金を回収することは、困難極めることです。

しかし、消費者金融にとって用心しなければならないことは、回収しなければならない額よりも回収するためのコストがかかってはならないと言うことです。

そのため、より合理的方法を考えていかなければならないと言うことになります。

おおかたの借金回収することによって赤字と言うことは起こらないとしても、全額十万円以下の債権を回収するために、それ程予算が計上出来ないのも現実です。

取り立てが来ないときの理由

消費者金融は、高額な借金を重点的に督促し、低額の借金をある程度無視しているという、債務者からすれば極めて不平等と言うことも起こっています。

例えば、10万円の元金で、現在請求する額は5000円であったとします。

一方で、1ヶ月で6万円の請求しなければならない場合で、更に一括請求など出ている場合は、緊急を要するため督促に不平等があっても仕方ないと言えば仕方ありません。

このように、借金の額によって、同じ期間延滞しているのに、なかな督促の電話が入らないと言うことも起こることです。

そのため消費者金融の督促行為はケースバイケースとも言えます。

債権回収代行

消費者金融は督促行為に合理性を求めて、それが債権回収会社に依頼することの方が効率が良い、という答えに行き着くときもあります。

債権回収会社は、消費者金融などに変わって取り立ての督促を行う業者です。

あまりにも連絡が取れないような債権は、消費者金融単体で取り立てに時間を費やすことが非効率だというときに、債権が債権回収会社に移ります。

債権回収会社の借金の回収方法は、法のルールに沿ったやり方をしますが、そもそも債権回収代行に任せることが正しい判断か否かは、消費者金融しだいです。

また誰でも自由に債権回収代行を行うことが出来ると言うことではなく、債権回収代行が出来るのは、許可を許されている業者オンリーと言うことになります。

今回取り上げているエムユーフロンティア債権回収会社も、正式な債権回収会社であり、正式な債権回収会社を名乗って営業を行う為には、資本金が5億円以上の株式会社などという条件が必要になります。

そのため、エムユーフロンティア債権回収会社から取り立てが来たら、先ほど紹介した企業から借金をしてないか、改めて確認しましょう。

弁護士法の特例

債権回収会社は、弁護士法の特例において業務を行うことができています。

債権回収会社が誕生する前は、債権回収するには本人か弁護士などしか、借金の回収できませんでした。

バブル崩壊する前などは、不良債権問題なども今ほど多くもなく、債権者本人や、弁護士などで、十分処理ができていたようです。

しかし、バブル崩壊後の以上ともいえる莫大な不良債権が発生し、本人や弁護士などだけでは処理しきれなくなりました。

そこでサービサー法の施行(2000年三月)により、債権回収会社というものが生まれました。

サービサー法の施行により、今現在では100社以上の債権回収会社があります。

銀行系、投資銀行、政府系、外資系、ノンバンク系など様々な母体があります。

債権回収会社は、法の施行により生まれた機関ですので、きちんと法に沿った手順を踏襲して債権を回収してきます。

債権回収会社は債権を買っている

債権回収会社は残債権を低い価格で買取ります。

無担保の回収困難な債権ですからこれは当然であります。

その結果、債務者には安い価格で債権を買戻す余地がでてくることになるのです。

しかし、債権者としてはできるだけ多く回収したいわけです。

それに残債全額を請求する権利があるのですから、安い価格での買戻しには簡単には応じません。

こうなると、後は債務者に債権回収会社と交渉して債権を安く買取れる力があるか否か、ということになります。

債権回収会社の業務は、銀行等から買い取った債権を使い、債権者の借入金を回収する事にあるため、買い取った額面より多く債務者からお金を取ろうとします。

実際に、どれくらいの金額で債権を買い取りをしているのかは不明ですが、かなり低い金額で買い取っていると予想されています。

債権回収会社との交渉は、残債に対する月々の支払額の交渉や債権の買取りになりますが、当事者か代理人の弁護士以外はできません。

弁護士に依頼すると

弁護士に債権回収会社との交渉を依頼すると、原則として和解が成立するまでの間は、借金を返済をする必要はありません。

和解交渉を進めるにあたっては、交渉の前提として負債総額を確定するため、債権調査を行う必要があります。

この債権調査期間中に返済をされてしまうと、負債額が変動してしまい、和解交渉が困難になるため、返済を一度止めて頂くのが通常の取扱いとなっています。

依頼書の方には、返済が止まっているこの期間を利用して、返済に追われて乱れた収支状況を立て直していただくとともに、立て直した収支状況のもと、無理なく支出することが可能な返済月額を考慮することができることとなります。

債権回収会社との和解相談

エムユーフロンティア債権回収と和解交渉をするなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、法的に和解の道を進むことができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうがか非常に重要になります。

債務整理手続きを依頼する弁護士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

問題が大きくなる前に債務整理

自分の収入は自分がわかっているわけですから、その借金が返せるかどうかも自分でわかるはずです。

督促状が来た時点で、残された時間は少ないので、借金を返済できないのであれば、弁護士や司法書士に相談して、債務整理手続きに入るのが良いと思います。

債務整理することで、個人信用情報機関に事故情報(異動情報)が記録されますので、当分は借金やローンをすることができなくなりますが、差し押さえよりは良いと思います。

自己破産したら人生が終わると思っている人も多いですが、一定期間新たに借金したりローンが組めなくなるだけで、特に大きな問題は感じない人が多いはずです。

当然、車などの資産があれば没収されますが、借金の取り立てからは解放されます。

ギャンブルや浪費が原因の借金であっても、1回目であれば自己破産の免責が認められるはずです。

債務整理以外の方法で借金を減らす方法としては、おまとめローンや借り換えローンがあります。

返済額が大幅に減る可能性もありますので、債務整理の前に検討しても良いと思います。

滞納して取り立てがきたら

借金返済を滞納すると、エムユーフロンティア債権回収から家に電話がかかってきたりハガキや手紙、封書、内容証明郵便などで督促状や支払い通知書が送られてきます。

また、借金の金額によっては債権回収会社から、高額な延滞損害金を乗せた一括払い請求の通知が来ることもあります。

さらに、返済を滞納したまま放置すると、全国銀行協会などが保有する、個人信用情報に事故情報が記録されて、ブラックリスト状態となり自分名義で借入ができなくなります。

簡易裁判所などにおいて裁判(訴訟)を起こされることもあり、答弁書を提出せずに裁判所出頭命令に従うこともなく放置すると、原告側(貸金業者側)が全面勝訴する判決が出ます。

すると、銀行口座に積み立ててきた預貯金や、仕事での給料差し押さえなどをされてしまう可能性もあります。

このように、借金返済を滞納し、エムユーフロンティアのような債権回収会社からの取り立てを放置すると、普通の生活すらままならない状況に陥ります。

借金返済が苦しい場合には、早めにエムユーフロンティア債権回収と話し合って、分割払いなどの和解をしておくことが大切なのです。

返済できないなら任意整理で和解

貸金業者への借金の合計金額がかさみ、債権回収会社からの取り立てが来るようになったら、弁護士や司法書士に相談依頼して任意整理手続きを執りましょう。

債務整理手続きには他に個人再生や自己破産もありますが、これらは債権者と和解する手続きではありませんし、任意整理で解決出来るならその方が手続きも簡便で弁護士費用も安いです。

任意整理では、まず債権者らに受任通知を送り、取引履歴を開示してもらいます。

そして、借金額について減額できる分は減額計算した上で、利息をカットして元本限りを分割払いしていく内容の提案書を送ります。

この提案に相手側から回答をもらい、交渉を続けて最終的に支払い方法についての和解をします。

和解内容が整ったら、それを記載した契約書(債務承認弁済契約書)を作成します。

任意整理和解では月々の収入の範囲内で返済していけるように調整しますので、借金返済が非常に楽になります。

過払い金が発生していれば、取り戻すことも可能です。

このように任意整理による和解手続きは借金返済問題の解決に大変有効です。

裁判上の和解も可能

借金返済を滞納して債権者から裁判を起こされた場合にも和解は可能です。

この場合、任意整理も可能ですが、任意整理ではなく裁判所にて和解手続きを行う裁判上の和解手続きを執ることが出来ます。

裁判上の和解でも、任意整理の場合と同様の取り決めをしますが、任意整理とは異なり、裁判所での和解調書という書類が作成されます。

ただ、裁判上の和解をして和解調書が作られた場合、これに従わないと給料などの差し押さえ(強制執行)を受けることがありますので、注意しましょう。

借金問題で弁護士に相談するなら

エムユーフロンティア債権回収からの、裁判所の申し立てをとめるなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことは、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうがか非常に重要になります。

借金問題解決の手続きを依頼する弁護士の仕事の分野には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の手続きが得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ