パルティール債権回収から取り立てで訪問されるのか

パルティール債権回収の訪問取り立て

パルティール債権回収から連絡が来ている人は、恐らくアプラスや、過去に倒産した武富士からの借金を抱えていた人かと思われます。

基本的に、パルティール債権回収は本人と連絡さえ取れれば自宅への訪問はほぼありえません。

例外としてありえるのは、連絡が取れているがそもそも返す意思がないと強硬な態度を取り続けている人の場合は、自宅への訪問もあり得るようです。

しかし、支払いが遅れて滞納している状態でもパルティール債権回収の担当者と定期的に定期的に連絡さえ取れていれば、自宅への訪問による借金の回収はありません。

そのため、自宅への訪問が嫌ならパルティール債権回収からの連絡には出るようにしてください。

訪問前に電話連絡がある

パルティール債権回収から滞納していると、ハガキと電話の督促状が送られてきます。

こういった督促状がいくられてくると同時に電話での取り立てが始まり、その取り立ての中で借金の回収業務が行われます。

しかし、人によっては何度電話しても電話に出なかったり、電話が来ているにも関わらず無視をしたり、登録している電話番号が使えなくなったりするなど、本人との連絡ができなくなる場合があります。

借金をしたときに、職場の連絡先も聞くことができるはずですが、退職してしまっていると連絡を取ることができなくなります。

こういった状況になると、電話に出ないことは分かっていますが、これ以上滞納が続いた場合、ご自宅へのご訪問にて状況をお伺い致します、という内容の電話を掛けてきます。

住民票を確認する

消費者金融の契約書の特約事項などには、債権保全の意味で住民票を取得に関する事項が書かれています。

これは、もし返済に遅れて本人と連絡が取れない場合に、住民票を取得されても異議は言いませんという内容のものです。

先の信用情報機関の照会で本人が見当たらなかった場合は住民票を取得して、どこかに転出していないかを調査します。

新たに判明した住所から104にて調査します。

もし電話番号がわからなければ、ついに自宅訪問の準備を開始します。

訪問時に身辺調査をされる

地図で本人の自宅の位置を確認し出動です。回収担当者は基本的には1名、多くても2名で行くことが一般的です。

自宅に本人がいない場合があるため、不在通知や訪問通知をあらかじめ用意しておきます。

これの内容は「本日は債権回収のため自宅に訪問させて頂きましたが不在のようですので後日お伺いさせて頂きます」などと書かれています。

自宅訪問をしても、大抵は仕事に出ている人のほうが多いため、不在のときが多いです。

このとき、パルティール債権回収の担当者は、居住確認を行います。

具体的には、電気メーターやガスメーターが動いているか確認します。

また、ポストの中も確認して手紙が溜まっていないかどうかも確認します。

中には、ポストの中にある手紙を抜き取って、借入主と居住者の名前が一致しているかどうかを見るなどもするようです。

この他にも、ベランダを除いて、洗濯物が干して無いかどうかをみるなど、とにかく居住の確認ができているかどうかをみられます。

訪問に対応したらどうなるのか

パルティール債権回収の取り立て時に、もし自宅に居て対応したらどうなるかというと、意外とあっさりした対応が待っています。

取り立ての内容は、何時までにお金を支払うことができるかということと、いくらまでなら支払えるかという内容で、物腰柔らかに話してきます。

現在では、昔のように大声を出した取り立てや、玄関のドアに張り紙を貼るといった恐喝まがいの取り立ては厳しく規制されています。

また、この規制の中には勤務先への訪問も禁止されており、借り入れしたときに書いた勤務先に直接取り立てを行いに来るということはありません。

ただし、勤務先への電話は規制されていないので、かけられる場合もあります。

ただし、プライバシー事項の公開規制されており、お金を借りた本人以外に、借金をしているということを公開してはいけないことになっています。

例えば、玄関のドアに張り紙を貼ることはこのプライバシー事項に該当しています。

その他にも、家族や勤務先にも借金しているという事実は伝えてはいけないことになっているので、自宅や勤務先に電話が来る場合は、業者名は使わず担当者名で呼び出しを行うことになっています。

パルティール債権回収からの電話

パルティール債権回収からの取り立ては、主に電話とハガキを使った取り立てとなります。

この電話では、訪問による取り立てと同じく、いつ支払いができるのかと、いくらなら払えるかという内容を聞かれるだけです。

本人以外に借入などの事実を明らかにすることや、本人に代わって支払うように請求することはできません。

そのため、債権回収会社からの電話では、まず本人確認を行います。

本人確認が取れる前に債権回収会社や債権者の名前を出すことはありません。

日本の法律では、「社会通念上不適当と認められる時間帯に電話をしてはいけない」ということになっています。

そのため、昼間の平日にかかってくる電話を無視していても、深夜や早朝に電話がかかってくることはありません。

もし、この時間帯以外でパルティール債権回収から電話が掛かってきた場合は、貸金業法に違反しているため警察に連絡しましょう。

取り立てを無視し続けると一括請求

借金返済を滞納し続けていると、パルティール債権回収から一括請求が来ます。

借金の契約には、「期限の利益」という約束がつけられています。

期限の利益とは、借金返済を分割で行えるという利益のことです。

借金した場合には、原則的には一括払いで返済する必要があります。

ところが、当事者同士で合意をすることにより、借金を分割払いできるように取り決めをしているのです。

これが、期限の利益であり、この期限の利益があるから借金は分割払いで返済することができるのです。

ところが、借金を長期滞納された場合にまで、月々少しずつの分割払いしかしてもらえないとなると、債権者にとっては大きな不利益になります。

そこで、借金の契約をする場合には、通常借金を数回分滞納すると、分割払いが認められなくなってそのときの借金残金を一括払いしなければならないという内容の取り決めがつけられます。

このように、返済の滞納により分割払いができなくなることを、「期限の利益の喪失」と言います。

このように、借金滞納によって期限の利益を喪失するため、分割払いが認められなくなって借金を一括払いしなければならなくなります。

期限の利益を喪失するまでの滞納回数については、その契約内容によって異なります。

ただし、通常は2回分か3回分返済を滞納したら、期限の利益を喪失してそのときの借金残金を一括払いしなければならないと決められていることが多いです。

借金返済を長期滞納すると、期限の利益を喪失して一括返済が必要になるので、パルティール債権回収は一括請求通知を送ってくるのです。

このように、一括請求通知が送られてくる状態になると、法律の素人である個人では対応しきれなくなります。

そのため、まずは弁護士に相談して下さい。

どうしても借金が返せないときに一括請求をされても、分割払いにもどしたり、返済の金額を減らすことができるようになります。

どうしても支払いができない場合

パルティール債権回収からの一括請求が来ても、いま現金が無く、今後の返済の目処も立たない場合は弁護士に相談することをおすすめします。

一括請求が来てしまうと、期日が決まっているので、その前に支払わなければ裁判になることを避けることはできなくなります。

しかし、例外として弁護士に依頼をして交渉が進んでいる場合、元金や遅延損害金を含めた交渉をすることになるので、交渉次第では借金を減額してもらうことができます。

もし、支払い目処が経たない場合は、借金の額が大きくなる前に弁護士に相談しましょう。

弁護士法人サルート法律事務所

裁判所から一括請求通知がきた場合

借金を滞納して一括請求通知が来る場合、それが裁判所からくることもあります。

裁判所からの一括請求通知には、支払督促申立書と訴状の2種類があります。

この2つによって、とるべき対処法が少し異なるので、以下では支払督促申立書と答弁書に分けて、対処方法を解説します。

支払督促申立書は異議申し立て

まず、裁判所から届いた一括請求通知が支払督促申立書であった場合です。

支払督促申立書か訴状かについては、その書類の冒頭の表題に「支払督促申立書」と書かれているか「訴状」と書かれているかによって見分けがつきます。

そして、支払督促申立書が届いた場合には、これを放置しているとそのまま判決が出たのと同じ効果になってしまいます。

つまり、支払督促申立書に書かれているのと同じ内容の支払い命令が出たのと同じ効果になってしまうということです。

このことによって、債権者は債務者の財産を差し押さえることができるようになります。よって、支払督促申立書を放置していると、どのような財産も差し押さえられる可能性があります。

この不利益を防ぐためには、支払督促に対して異議申し立てをしなければなりません。

異議申し立てをする場合には「異議申立書」という書類を作成して裁判所に提出します。

支払督促に対する異議申し立ての内容や理由については、さほど重視されないので、支払督促を受け入れることができない、という程度の記載でも良いです。

異議申し立てをすれば、支払督促はその効果を失って、その事件は通常裁判に移行します。

すると、後日裁判所から裁判の期日が開かれる旨の連絡が来ます。

その後は通常裁判と同じ手続きを進めていくことになります。

支払督促に対する異議申し立て期間は、支払督促申立書を受け取ってから2週間です(裁判所に必着)。

郵便の事情などで遅れる可能性も考えると、支払督促申立書を受け取った場合には、ともかく急いで異議申立書を裁判所に提出する必要があります。

もちろん、異議申立書を裁判所に持参することも可能です。弁護士に相談に行くのは、異議申立書を提出してからでも大丈夫です。

答弁書を出して和解を持つ

裁判所から届いた一括請求書の訴状には、答弁書と口頭弁論期日への呼び出し状が同封されています。

もし、訴状の内容に異議がある場合には答、弁書に記載して提出しなければなりません。

そうしないと、相手方の主張を全部認めたことになって、相手方の主張するとおりの支払い命令の判決が出てしまうからです。よって、訴状が届いたら、答弁書に自分の主張を書いて提出しなければなりません。

ただ、ここで単に「お金がないから支払えない」などの事情を書いても、判決内容が変わることはありません。

答弁書に記載して意味のあるのは、法的に意味のある主張だけだからです。

もし借金をして滞納して返済していないなら、法的には返済義務があるので、その判断を覆すのは難しいでしょう。

よって、この場合には「和解」することを検討すべきです。

和解とは、裁判手続きの中で原告と被告が話し合いをして問題を解決する方法です。

借金返済請求の裁判の場合には、借金を分割払いする内容の和解になることが普通です。

たとえば借金残金を分割払いにしてもらって、将来利息をカットする内容の和解ができたら、かなり楽に返済していくことも可能になります。

よって、訴状が届いた場合に和解を希望する場合には、答弁書内に和解を希望する旨と、その希望する和解内容を記載して提出すると良いでしょう。

その内容に債権者が同意すれば、裁判は和解によって終結します。和解での約束通りに支払をしている限りは、債権者から強制執行を受ける可能性もないので安心して生活ができます。

弁護士に相談して債務整理してもらう

裁判所から訴状や支払督促申立書などの書類が届いた場合、自分で対処出来るのは上記のような方法です。

支払督促申立書に対して異議を申し立てたり、答弁書に希望する和解内容を記載して裁判で和解手続きを進めていくなどの手続きになります。

ただ、これらの方法をとっても、自分で債権者と交渉するとうまくまとまらないことがあります。

また、すでに借金の支払い自体が困難で、和解によって分割払いしていくことすらできないケースもあります。

このような場合には、弁護士に相談をして債務整理手続きをしてもらうことが最も効果的な解決方法になります。

債権回収会社と交渉をするなら

パルティール債権回収からの、裁判所の申し立てをとめるなら、弁護士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことは、相談する弁護士が借金問題に強い弁護士かどうがか非常に重要になります。

借金問題解決の手続きを依頼する弁護士の仕事の分野には、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら時効の手続きが得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士は特に強い交渉力を持っています。

今回紹介するサルート法律事務所は、債務整理だけで年間20,000件以上の相談を受ける、業界でもトップクラスの借金問題の相談先で、交渉力については文句なしの実力を持っています。

また、借金問題に理解があり無料相談窓口を設けているため、わからないことがあれば無料教えてくれます。

サルート弁護士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な法律事務所なので安心して相談できます。

弁護士法人サルート法律事務所

このページの先頭へ