メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

エムユーフロンティア債権回収|債権回収会社から督促状が届いた!

エムユーフロンティア債権回収は、法務大臣から許可を得ている正規の取り立て専門の会社です。

エムユーフロンティア債権回収が主に取り立てる債権は、三菱UFJ銀行グループなどで借りていた人の債権です。

過去に借入れを行った方への債権をエムユーフロンティア債権回収に依頼しています。

他にも、学研クレジット(現:株式会社ジャックス)・株式会社MKベータなどの債権を取り扱っているようです。

エムユーフロンティア債権回収は、債権回収業務以外にも、弁護士や司法書士による対応・電話相談なども行うので、比較的大手の債権回収会社だといえます。

債権回収会社は、債権買取りを行う会社と債権の管理・回収を委託される会社、どちらも行う会社の3パターンがあり、エムユーフロンティア債権回収は買取りと委託のどちらも行っています。

債権を貸主から買い取るということは、借金をした人から返済してもらう回収業務に自信があると言えます。

公式サイト上ではあまり情報を開示していませんが、借金の回収実績も高いようです。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

エムユーフロンティア債権回収からの取り立て

借金を滞納してしまい、サラ金や保証会社から督促状が届く毎日という方は、エムユーフロンティア債権回収から連絡が来る可能性があります。

ただでさえ疲れ切ってしまうところに、ある日突然、こんな連絡がきます。
「○○債権回収株式会社です。

あなたが滞納しております返済金○○万円に関して、当社が債権管理・回収業務を行うことになりました。

つきましては、下記期日までに全額一括にて入金下さい。

入金が確認できない場合、“法的手続き”を開始いたします。」

このような取り立ての連絡が来ます。

なぜこのような話を聞、き覚えもない債権回収会社から、返済を要求されるのかを説明していきます。

まず、債権回収会社は、取り立てのプロフェッショナルです。

ここで債権回収(取り立て)の大まかな流れを見てみましょう。

取り立ての流れ

最初は保証会社から取り立て

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りると、保証会社と契約を結ぶことになります。

返済を滞納すると、この保証会社から取り立てが行われます。

保証会社が直接、電話を掛けたり、督促状を送ったりして、返済を促します。

これが第一段階です。

それでも滞納が解消されない場合、保証会社は、債権を債権回収会社に売却します。

つまり、滞納している返済金を受け取る権利を、保証会社が債権回収会社に売ってしまうのです。

債権回収会社に債権が移る

債権保証会社は、保証会社から購入した債権(返済金を受け取る権利)を使って、滞納者に引き続き督促を行っていきます。

これが第二段階です。

なぜ債権が債権回収会社に売却(あるいは譲渡)されるのかというと。

これは、保証会社よりも債権回収会社のほうが、債権の回収ノウハウがあるからです。

債権回収会社は、まさに借金や滞納料金の取り立てのプロフェッショナルなので、今までの貸金業者よりも確実に回収しようとしてきます。

通常の銀行や消費者金融、クレジットカード会社、保険会社、それらの保証会社はもちろん、税金を徴収する役所の徴税課ですら、回収が難しいと判断するような不良債権も、この債権回収会社の手にかかれば、キッチリと回収されます。

つまり、債権回収会社から連絡が来たということは、取り立てのプロフェッショナルが、あなたの借金を回収するために動き出した、ということです。

債権回収会社の取り立てを止める

エムユーフロンティア債権回収からの取り立てを止めるには、弁護士・司法書士などの法律にかかわる資格を持っている専門家に相談することで、取り立てを法的に止めることができます。

しかし、1つ気をつけなければいけないことで、相談する弁護士・司法書士が借金問題に強いかどうかが非常に重要になります。

債務整理手続きを依頼する弁護士・司法書士の仕事は、離婚・相続・詐欺被害・事故示談・労働問題など分野があります。

医者に専門分野があるように、借金問題の相談をするなら債務整理が得意で、かつ解決実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶ必要があります。

また、借金問題を専門に扱っている弁護士・司法書士の中にも当たり外れがあり、当たりの弁護士・司法書士は特に強い交渉力を持っています。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

債権回収会社とはなにか

債権回収会社とは、法務省により認可される、債権の回収・管理を主とする民間企業です。

平成10年10月16日法律第126号、債権回収管理業に関する特別措置法に基づいています。

本来、弁護士法第72条・第73条の規定により、債権管理・回収に関する業務は、弁護士・司法書士でなければ行えません。

しかし、1990年代中盤のバブル経済の崩壊により、大量の債務者が発生してしまい、弁護士・司法書士だけでは対処しきれない事態となりました。

こうした時代の要請を受けて、弁護士法の特別措置として民間営利業者も、特定金銭債権の回収・管理業務を行えるよう解禁したのが、債権回収管理業に関する特別措置法です。

「債権回収管理業に関する特別措置法」は、別名で「サービサー法」「サービサー特措法」などの呼称もあります。

債権回収会社のことを、サービサーと呼ぶためです。

サービサー法の立法趣旨は、不良債権の処理を迅速化・効率化し、経済の立て直しを図ることにあります。

多重債務者や多額の借金を背負ってしまった個人・企業・団体などを、素早く健全に再生させることが目的とも言えます。

そして、この法律に基づいて設立され、業務を行っているのが、債権回収会社となります。

債権回収は恐喝はしない

債権回収会社は「商号に債権回収と入れなければならない」「債務者に対して威迫してはいけない」など、様々な厳しい行動規制がされています。

特に取り立て行為には規制が多く、深夜・早朝の訪問、親族などへの弁済の要求、そのほか債務者の私生活や業務を乱すような行為は一切行ってはならないとされています。

また、当然ながら暴力団やその構成員など、反社会的組織の介入も排除しなければいけません。

債権回収会社は甘くはない

上記のように、債権回収会社には、取り立て行為などに関する厳しい法規制がされています。

また、法務省が管轄省庁となり、業務の監督も行っています。

しかし、だからといって「債務者(お金を借りている人)に優しい企業」というと、そうとは限りません。

一般的に、お金を借りた人(債務者)とお金を貸した人(債権者)には、それぞれ違った権利が規定されています。

その権利を行使する(主張して認められる)かどうかで、債務者有利になるか、債権者有利になるかは、大きく変わります。

時効でも構わず取り立ててくる

もっともわかりやすい例が、時効の援用です。

借金には時効があり、商業債権(業としてお金を貸りた場合)なら5年間とされています。

つまり、サラ金や銀行から借りたお金や、クレジットカードの支払い・リボ払い、家賃の支払いなどは、時効が5年間だということです。

しかし、借金の時効は、債務者が時効の成立を主張しなければ有効になりません。これを時効の援用と言います。

正式な手続きに則って時効の援用を行わなければ、5年を過ぎても借金は時効消滅せず、支払い義務は残り続けます。

たとえば、

  • 「分割払いでいいから、まずは1000円だけ払ってください」等といわれて、一部だけ支払いをする
  • 「確かに○○万円借りてます」など、相手に言われた通りの金額・内容で、借金があることを認める発言をする

といった行動をすると、それによって時効のカウントが中断したり、無効化されてしまうことを知らなくても、法的効力が発生します。

こうすれば、債権者(お金を貸している人)は、ほとんど自分の言い分のままに、お金を払わせることも不可能ではありません。

借金は、借りている人・貸している人が、それぞれ自分の権利を、法的に正しく主張し行使するかどうかで、どちらが有利になるかが大きく変わります。

債権回収会社は、あくまで回収する人=貸す人の立場に立っています。

そのため、借りた人である債務者の有利になるような行動は、一切しません。

しかし、それが合法的な業務だと言えます。

法律に基づき、法務省の管轄下で、合法的に営業している債権回収会社であっても、お金を借りた人(=取り立てを受ける人)にとって有利になることは、一切行いません。

そのため、合法企業ですが、決して債務者に優しい企業とは言えません。

債権回収会社から電話を止める

債権回収は、裁判や法的手続き・法的権利を駆使して、合法的に借金を回収する、取り立てのプロフェッショナルです。

そんな債権回収会社から督促を受けてしまっている以上、自分の力で解決することも、夜逃げや踏み倒しも不可能です。

基本的には、相手に言われるまま、金額を払うほかありません。

しかし、たった一つだけ対処方法があります。

それは、債務整理に強い弁護士や司法書士事務所に依頼することです。

弁護士・司法書士を頼るとどうなるか

強力な強制力を持つ債権回収会社でも、法務省の監督下にある以上、法律はキッチリと守らなければいけません。

そしてその法律である、債権回収管理業に関する特別措置法・第18条8項には、このように記載されています。

「債権回収会社は、債務者等が特定金銭債権に係る債務の処理を弁護士又は弁護士法人に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとった場合において、その旨の通知があったときは、正当な理由がないのに、債務者等に対し、訪問し又は電話をかけて、当該債務を弁済することを要求してはならない。 」

つまり、弁護士や司法書士事務所に解決を依頼すると、債権回収会社は、訪問・電話などによる直接の督促ができなくなるということです。

すべてのやり取りは、依頼を受けた弁護士や司法書士事務所を通して行わなければいけません。

借金やクレジットカード、料金支払いの滞納があり、債権回収会社から督促の電話が来た場合、解決する方法は、次の二つしかありません。

言われるままにお金を払うか、弁護士・司法書士事務所に依頼をし、借金を減らしたり、無くしたりするかです。

どちらのほうが良いかは、考えるまでもないでしょう。

弁護士・司法書士に相談するなら

借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか、判断できないことが多いです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理を行うことはよくあります。

実際、債務整理手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

安易な判断はせずに、きちんと専門家に相談しましょう。

当サイトがおすすめする「みつ葉司法書士事務所」は、2012年3月に創業し6年目を迎える司法書士法人です。東京・福岡・大阪の3拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。「みつ葉司法書士事務所」なら、借金に強い専門家選びに失敗することは無いでしょう。

365日24時間、全国で対応しているため、いつでも相談することができます。無料で相談を受付けていますので、安心して相談できる良心的な事務所です。
また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしてくれます。
気になる費用ですが、"分割払い" ができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な司法書士事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。きっと、あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれるでしょう。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル