メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコが原因の借金地獄から抜け出すには

パチンコで負け続けて、キャッシングの借入れが返せなくなっている人の多くは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでパチンコの軍資金を借りてて、その返済ができなくなっているかと思います。

最初は借りたとしても1万とか3万程度で、返済可能な分でのやりくりだったと思います。

しかし、返済実績が付いたことで限度額が増え、気がついたら借入が10万を超えて30万〜50万まで借りていた、という話は珍しくありません。

もし、この借入れが闇金だとしたら、返済金額が一気に膨れ上がってしまいます。

また、借入れ先がごく普通のキャッシング会社だった場合、支払いを放置してると財産の差し押さえが発生します。

結果的に家を安く売られてしまうなど、滞納の後に待っているのは取り返しのつかない厳しい現実がまっています。

それでも、まだ何とかなる可能性は残っています。

債務整理を利用して、借入れ先からの借金額を大幅に減らしてもらう方法をとれば、借金が数百万円あっても最大で100万円まで減らすことが可能です。

借金の状況によっては、自己破産のように資産や社会的地位を失うようなデメリットもありません。

借金が膨れ上がる流れ

パチンコは、適度に楽しむ遊びとしてなら安全だと言われていますが、非常にギャンブル性の高い遊戯として注目されています。

ゲーム性を高めるために作られた光や音によって、興奮作用が刺激され快感へとつながってしまい、結果としてギャンブル依存症になってしまいます。

パチンコはお金がないと遊べないので、軍資金として借金をしてまでパチンコをするようになるわけですが、金利の低い銀行や信用金庫などの金融機関は、ギャンブルを理由にお金を貸し付けてくれません。

そのため、理由を問われないクレジットカードのキャッシングか、消費者金融のカードローンといった利息の高いところから借りることになります。

この利息の高いところから借りることが、パチンコで借金地獄に落ちてしまう原因になります。

ただし、消費者金融は利息が高く、元金が減らないというトラブルもあるので要注意です。

不当な利息を取られてる場合は、過払い金請求を利用することによって完済することができます。

これは、借金を返済している場合の話なので、そもそも返済が滞っている人は該当しないため気をつけてください。

パチンコの借金に慣れている司法書士事務所

パチンコが理由の借金でも国の救済手段を受けることができます。

しかし、パチンコが理由だとどうしても後ろ暗く感じて、なかなか相談できない人も多いかと思います。

実際に弁護士に借金相談をする人の借金の理由には、ギャンブルやショッピングなどの浪費・出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、こういった後ろめたいような理由で相談してくる人が多いのです。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な対応をしてくれます。

手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

パチンコの借金の過払い金請求

パチンコを理由に借金をすることがありますが、これは金融機関によってできる場所とできない場所があります。

返済できる目処が立っている場合は、当然貸し付けてもらうことができますが、完全にギャンブル依存症であり、返す目処も立たないような状態では貸し付けてもらうことができません。

パチンコで消費者金融を利用して、過払い金請求ができるという疑問もありますが、これも場所によって変わってきます。

当然、過払い金請求をおこなうときは、完済していることが条件になってきますが、余りにも不当な利息を取られている場合ですと、完済していなくても過払い金請求を行えます。

しかし、これは場合によって変わってきますし、弁護士事務所でも取り合ってくれる場所が少ないために確実にできるとは言えません。

不当な利息を取られているなら

パチンコで借金を作ってしまったときは、とにかく完済に向けて返済をしていくのではなく、とりあえず専門家に相談することが重要になってきます。

消費者金融によっては、過払い金請求をしても手続きに応じないということもあります。

しかし、これは明らかに消費者金融側の違法行為であり犯罪です。

そのため、引かずに請求を続けることが重要になってきます。

借金を返済する中で、明らかに不当な利息を取られていると感じてしまったときは、まず司法書士事務所に相談しましょう。

相談してみて、どれくらい借金の負担を減らせることができるのか、相談していった上で過払い金請求を行うと良いでしょう。

場合によっては、請求が難しくなりますが、最後まで弁護士と相談して手続きを進めることで返済の負担を減らせます。

自己破産しなくても借金は抜け出せる

最悪、どうにもならない借金を抱えた場合は、自己破産を選んだ方が良いケースも確かにあります。

しかし、多くの場合は自己破産しなくても、その手前の債務整理の手続きで何とかなることが殆どです。

例えば、債務整理には借金を返済可能な金額まで減額する、個人再生という方法もあります。

この方法は家も車も失うことなく、さらには仕事にも今までどおり普通に働きながら毎月の返済額を少くして、生活に支障がない程度のプランを組んでもらえます。

ただし、どんな良いプランを利用できたとしても、その後にまたパチンコに通ってしまう生活に戻れば何の意味もありません。

注意点として、法的処理で借金地獄から復活できるのは何度も使える手ではないということです。

パチンコの借金地獄を債務整理

一般的な債務整理方法として任意整理、個人再生、自己破産という手続きがあります。

自己破産はパチンコで作った借金の場合、原則で破産の許可が降りません。

ただし、借金の事情や困窮具合によっては裁判官の裁量によって許可が降りる(免責)場合もあります。

そのため、最初から自己破産はできないと諦める必要はありませんが、生活の困窮による借金に比べて手続きが難しくなるので、最初は任意整理や個人再生を選択しましょう。

任意整理と個人再生

任意整理は、キャッシング業者との交渉によって借金の負担を減らす手続きです。

将来利息、遅延損害金だけではなく、交渉によっては借金の元金を減額することも可能です。

この交渉は、弁護士が債権者と直接行います。

個人再生は任意整理と違い、申し出の妥当性を裁判所が行う必要があります。

さらに、個人再生の場合は、借金が500万円以上であれば5分の1に、500万円以下100万円以上であれば、100万円になるという大きな減額効果があることも、任意整理との違いになります。

また、自己破産と違い住宅をキープしておけることも、個人再生の大きな特徴といわれています。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、借金の困窮度や債務者の希望に応じて選ぶことが可能です。

弁護士事務所を利用すれば、債務者に最適な方法を弁護士が提案してくれるでしょう。

任意整理のデメリット

債務整理で借金の負担を減らすならば、債務整理のデメリットについても確認しておかなければなりません。

まず、債務整理の手続き全てに共通するデメリットで、信用情報に事故情報が記載されてしまいことがあります。

その結果、返済してから5年間は新たにローンやクレジットカードの作成ができなくなります。

任意整理は、この債務整理に共通するデメリットしかリスクはありません。

手続き後の将来利息が無くなることと、毎月の返済金額が減ること、他の手続きよりも費用がかからないといった特徴がありますが、自己破産や個人再生に比べると、借金の減額効果は高くありません。

しかし、これは借金の額や困窮度によって選べばいいだけの話です。

返済してから5年間は借金ができなくなりますが、一度借金を作った人が今後借金をしないように自戒するのは当然のことだと言えます。

このように、任意整理はデメリットが少ない手続きです。

そのため、債務整理の中では一番広く用いられている方法です。

弁護士であれば、それぞれの債務整理のメリット・デメリットを詳しく説明してくれるでしょう。

任意整理が断られることはあるのか

弁護士に依頼をしたとき、状況によっては任意整理を断られてしまうこともあります。

実は、任意整理をするにあたっては、毎月きちんと支払いができる程度の収入があることが条件のひとつとなっています。

これは、個人再生も同様で、基本的には完済を目指すために借金を減らすことが目的となっています。

また、借金の金額があまりに大きすぎる場合も、任意整理を断られることがあります。

これは、任意整理の期間は原則で最大5年間で完済できるかどうかが基準となっているためです。

任意整理をして、これまでの借金が減額されたとしても、もともとの金額が大きすぎるために払い切れない場合は、個人再生や自己破産で対応しなければいけません。

現在、借金を抱えていて収入を得られる見込みがない方や、借金の総額が大きすぎる方は、まずは任意整理の手続きが可能かどうかを司法書士事務所の無料相談で聞いてみるのがいいかもしれません。

家族に知られずに債務整理したい

債務整理の中でも、自己破産と個人再生は裁判所が関係してくるため、裁判所からの書類などが家に届き、家族に借金や債務整理のことを話す必要が出てきます。

それに対して、任意整理は裁判所は関係せずに弁護士が債権者と話し合いを行う整理方法なので、弁護士が上手に対応すれば家族に知られずに債務整理できる可能性があります。

弁護士に依頼するときに「家族に知られないようにして欲しい」と告げておけば、自分から打ち明けない限り、任意整理の過程で家族に債務整理が知られることはほとんどありません。

また、任意整理の場合は整理しない債務を選べますので、家族が代理人になっている債務を任意整理しないことで、家族に通達が行くのを避けることも可能です。

家族に債務整理を知られないようにするには、任意整理を選ぶことが基本だと覚えておきましょう。

家族がパチンコで借金したら

配偶者や子どもが、パチンコにハマってしまって払えきれない借金を作ってしまったとき、その借金によって家族の関係がおかしくなることがあります。

家族がパチンコで借金を作ったとき、どのような対応をすれば良いのか、紹介していきます。

借金の肩代わりはしない

まず心がけて欲しいことは、借金の肩代わりはしないということです。

恐らく、肩代わりするときに「もうパチンコはしません」という誓約書を書いたりすることになります。

しかし、そんな誓約書に関係なく、またパチンコのために借金をしてしまうのがパチンコ依存症の症状です。

借金の肩代わりをするということは、またお金を借りることができる環境を作っていることだと考えてください。

パチンコ依存症から助けているようで、実はパチンコ依存症を進めているということになります。

このようなときは、自分の借金は自分で返すための手助けをしてあげましょう。

  • 借金返済のために一緒に弁護士のもとに相談しに行く
  • パチンコ依存症の治療のために一緒に病院に行く

上記のように、家族がパチンコで借金をしたときに行うべきことは、借金の肩代わりではなく、借金を返すことのできる環境を一緒に整えることです。

パチンコの借金返済は時間がかかる

次に心がけてほしいことは「借金の返済は長期戦になる」ということです。

パチンコの借金の返済のゴールは、すべての借金を返し終えることではありません。

家族が二度とパチンコをしない状態、すなわちパチンコ依存症からの完治がパチンコでの借金の返済のゴールです。

お金をすべて返し終えても、またすぐにパチンコを再開させて借金を積み重ねていたのでは、ほんとうの意味での解決にはなっていません。

パチンコ依存症からの完治には何年もかかることもありますし、回復したように見えて、その後何年か経過したあとに再発することもあります。

最初はうまくいかないことばかりかもしれません。

家族が本気でパチンコ依存症からの回復を目指しているように思えないような行動をとられるようなこともあります。

それでも粘り強くサポートしていくことが大切です。

パチンコ依存症治療も始める

借金を返すことだけに気持ちが集中しそうになりますが、借金を返済しただけでは、パチンコをしたいという衝動にいつ負けてしまうかわかりません。

パチンコをしたいと思う気持ちを消し去り、パチンコがなくても生きていける環境を整えるためにパチンコ依存症の治療は必要です。

ただしパチンコ依存症に効果的な薬はないため、カウンセリングなどの内面的な治療方法しか現段階ではありません。

病院に行ったところで、確実にパチンコ依存症が治るわけではないということを頭に入れておきましょう。

大切なのは本人が現在おかれている状況を、きちんと受け入れる環境を準備してあげることです。

自分がパチンコ依存症だということを本人が認め、向き合う覚悟を持ってもらうこと。

そして、パチンコから距離をおける環境を作ってあげることです。

借金の返済もパチンコ依存症の治療も本人の意思で行わなければ、本質的な解決にはなりませんので、あくまでも本人が本気で解決するためのサポートを行うという気持ちで、家族と向き合ってあげましょう。

弁護士に相談する

家族のパチンコで借金とパチンコ依存症について一緒に向き合うと決めたら、まずすべきことは借金の専門家である弁護士に相談することです。

弁護士と聞くと法廷のイメージばかりがありますが、法廷で裁判に関わるばかりが弁護士の仕事ではありません。

債務整理と言われる借金整理を専門に行なっている弁護士事務所もありますので、まずはそのような弁護士事務所に家族と一緒に相談に行きましょう。

本人は最初嫌がるかもしれませんが、借金の肩代わりをするつもりはないことをはっきりと伝え「いま行かなければ取り返しの付かないことになる」と説得してください。

ここでも粘り強さが重要になります。

借金の相談だけであれば本人不在でもできなくはありませんが、本人が返済しなければいけないという危機感を持たなければ、借金の全貌もつかめず、返済計画を立てることもできません。

説得のポイントは怒らないことなので、慎重に説得を続けて、家族のために相談に行って欲しいということを伝えましょう。

借金地獄から抜けるなら

パチンコなどのギャンブルが理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル