メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

パチンコで借金地獄に落ちて返済できない人へ

日本にはパチンコ店がたくさんあるので、パチンコにハマってしまう人が多いです。

学生やサラリーマンや主婦など、パチンコ店を見てみると様々な層の人がいて、18歳以上ならばどんな人でもパチンコを楽しむことができます。

最初は趣味や暇つぶしでやっていた人でも、エスカレートすると生活費の範囲を超えてパチンコにお金をつぎ込んでしまうことがあるので、注意しましょう。

そのような状態になると、キャッシングやカードローンに手を出すようになります。

今では信用情報の審査無しで、即日で借り入れを行えるところも多いので、その日のうちにパチンコに使うお金を調達できてしまいます。

こうした特徴があるので、パチンコで負けたときには軍資金を調達するために、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで、借入をする人が増えています。

ほとんどの人は借金をするとき、借金に悪いイメージがあるので、少しずつ使うことが多いです。

しかし、借金を繰り返すことによって慣れてくると、借入枠が自分の口座の残高と同じ感覚になり、お金を引き出すときと同じように借入をしてしまいます。

そんな状態になると、借金をするのが当たり前だという間隔になります。

1社だけではなく、2社から借り入れをする人もいるでしょう。

そのうち、返済額が収入を上回ってしまい、借入をしたお金を返せない状態になります。

返せない状態になったときには、弁護士や司法書士といった専門家に相談をすると良いでしょう。

今では、無料で電話相談に乗ってくれる専門家もたくさんいます。

第三者に話すだけでも、自分の不安を軽減することができるので、一人で悩んでいる人はほかの人に話すようにしましょう。

専門家に相談をするときには、収入と支出を伝えることで返済のアドバイスをもらうことができます。

すでに借金を返せない状況になっている人は、債務整理をすると良いでしょう。

債務整理のメリット

債務整理をすることで、得られるメリットはいくつかあります。

債務整理をすると、消費者金融からの返済の催促の電話を無くすことができます。

催促の電話で、精神的な負担が大きくなっていた人は、それだけでも大きなメリットとなります。

そのほかのメリットとしては、利息を完全にカットしてもらったり、元金を減額してもらうことができます。

返済期日に返済ができない人に関しては、期限の延長をしてもらうことができます。

すべては、依頼をする弁護士の交渉力にかかっています。

少しでも良い条件で借金の負担を減らしたい場合には、複数の弁護士を比較することが大切です。

弁護士を選ぶときに重要なポイントは実績です。

債務整理の実績が豊富な弁護士を選ぶことによって、利用者にとって有利な条件で消費者金融と交渉してくれます。

返済が難しい借金

借金の中でも返済するのが極めて難しいのが、パチンコなどのギャンブル系の借金でしょう。

なぜパチンコの借金が怖いかというと、手元にお金があればパチンコに使ってしまうからです。

こうした方は、手元に10万円あっても100万円あっても、結局返済には使わないですべてパチンコに使ってしまうのです。

そのため収入を増やしても、収支を安定させることはできません。

収入が2倍になっても、パチンコ資金が増えてしまうだけでしょう。

パチンコが原因の借金解決のためには、パチンコができない状態に自分を追い込むしかないのです。

パチンコをしてしまう理由は、借金をすればお金を調達できるからでしょう。

そのため最初にローンを使えない状態にし、パチンコができない状況を作り出していく必要があります。

債務整理をすると、返済の負担が減るだけでなく、信用情報ブラックになり少なくとも5年は新たな借入ができません。

これは、個人信用情報に登録されてしまうので、審査で嘘をついても借りることはできないからです。

借りられない状態になれば、必然的にパチンコを諦めるようになるでしょう。

半年、1年と遠ざかっていれば、パチンコに行きたい気持ちも遠のいていくはずです。

返済計画を立てる

債務整理をするときは、返済計画をよく練っておく必要があります。

借金の状況によって債務整理の手続きを選択する必要があるので、担当弁護士とよく話し合って決めましょう。

借金の返済は想像以上に大変であり、予定通りにことが進むことはまずありません。

完済まで2年くらいと考えていても、実際は3~4年かかることも多くあります。

余裕を持って返済計画を立てるべきなので、余裕を持った計画を準備してください。

例えば、任意整理でもギリギリ解決できると考えている状況は、失敗に終わることが多いです。

任意整理中に返済が厳しくなって、2回分の遅延をすると、一括請求を迫られることになります。

そうなると、もう一度債務整理をする必要があるので、余分な費用がかかってしまいます。

返済が厳しくなって、短期間に任意整理、個人再生と2回の債務整理をする方も多くいます。

借金返済のためには、何よりも返済までのシミュレーションが大切となります。

収入の大小というのは、実は債務返済にはあまり影響しないのです。

大切なのは、収支のバランスがプラスになっていることで、出費よりも収入が上回っていることが大前提です。

どの程度まで債務を圧縮すれば収入のほうが多くなるのか、事前にシミュレーションをしておく必要があるでしょう。

無理な返済計画を立てると必ず行き詰まるので、余裕を持った計画を立ててください。

他のギャンブルに手を出さない

昔はパチンコを打つことが楽しくて、毎日1000円などの金額を決めてパチンコを楽しんでいた人が、パチスロが登場したことでパチンコを辞めて、パチスロに転換すると言うケースも多いです。

パチンコやパチスロと言ったギャンブルは、金額を決めた上で楽しむ分には良い遊びですが、これらにはまってしまう人の中には消費者金融などからお金を借りて楽しむ人も多いのが事実です。

借金問題を抱える人の中には、ギャンブルが理由で返済ができなくなると言う人が多いことからも、自己コントロールをすることがギャンブルで楽しむ秘訣と言えましょう。

収入の3分の1を超える借金

消費者金融はお金を簡単に貸してくれると言われていますが、収入の3分の1を超えるお金を貸してくれる消費者金融はありません。

収入の3分の1と言うのは、現在の年収の3分の1という基準です。

他の消費者金融から借金をしている場合には、その額が年収の3分の1から差し引かれるため、消費者金融の中で借りることができる金額はあくまでも3分の1以内という決まりがあります。

しかし、貸金業法が改正される前は、総量規制と言った規制がなかったので、お金を借りに来た人の年収の3分の1未満での融資という条件はなく、返済可能と判断できれば、いくらでも貸付けていたわけです。

ギャンブルにはまってしまい、多重債務になる人が多くいたのがこの時代の特徴です。

もし、借金返済ができなくなった場合には、自分で借金問題を抱えるのではなく、法律の専門かでもある弁護士や司法書士と言った資格を持つ人に相談することが問題解決の秘訣です。

弁護士や司法書士は法律の専門家であること、債務整理は法律を利用して借金問題を解決する方法であり、債務者の状況などに応じて任意整理、個人再生、自己破産などの方法を比較して、最適な方法を選んでくれます。

但し、自己破産と言う債務整理は収入が少ない、もしくは収入がゼロに近く返済能力がない人、お金を借りた目的がギャンブルや浪費などではない人が対象になります。

そのため、パチンコやパチスロなどが原因で返済ができなくなった場合は、裁判所に破産申し立てを行っても受理されないと言った特徴があります。

しかし、任意整理や個人再生の場合は、お金を借りて返済することができなくなった理由がパチンコの場合でも、債務整理を行うことができます。

借金地獄に落ちる理由

新台にお金をつぎ込んでしまう、大勝ちしたときの快感が忘れられずに何度も打ってしまう、日常のストレスから解放されたいために何度もお店に通ってしまうなど、その理由も十人十色です。

パチンコで作った借金を自力で完済する人も多いのですが、中には返済できないレベルにまで借金が膨れ上がってしまう人もいます。

他のキャッシング会社からお金を借りて返済する自転車操業は絶対にしてはいけないことです。

利息だけが膨らみ、元金を返済できなくなるからです。

可能であれば、返済できるうちにしておいたほうが良いのですが、どうしても無理な状況になってしまったときは債務整理を考えましょう。

パチンコやパチスロなどのギャンブルが理由でも、自己破産以外の債務整理は可能です。任意整理、個人再生などの方法で債務を減らせますので、まずは弁護士に相談してみましょう。

借金を減らす手続き

これから、借金を減らす手続きについて説明します。

まず、任意整理はお金を借りている貸金業者と交渉をして、借金を減額する方法です。

しかし、最近は交渉に応じず、強い姿勢を崩さない貸金業者も増えてきていますので、専門家である弁護士に代理交渉して貰うほうが確実です。

上手く交渉が進めば、借金が減るので返済しやすくなります。

特に多数のキャッシング会社からお金を借りている人はこの方法を取ったほうが良いでしょう。

デメリットは任意整理後、5年間はお金を借りられない状態になることです。

個人信用情報に記録されるので、その間は他のキャッシングにも影響が出る場合もあります。

次に個人再生ですが、こちらは住宅を手放さずに済んだり、借金を大幅に減額できるメリットがあります。

ただし、個人再生手続きを行う条件が複雑であることが難点です。

この方法はキャッシング会社と直接やり取りするのではなく、裁判所を通して手続きをします。

書類の書き方も重要になるので、個人だけで手続きを進めるには限界があります。

弁護士に頼むのが一般的ですが、必要な手続きの量と期間が多いため費用が割高になります。

また、手続き期間が長引く恐れもあるので、その分の費用も用意しておかなければなりません。

その代わりに、借金は約5分の1から10分の1まで減るメリットがあります。

返しきれない借金を抱えて困っているときは、個人再生も視野に入れておきましょう。

パチンコ借金地獄で債務整理

パチンコは人気のある娯楽なので、ついついのめり込んでしまい、気づいたときには大きな借金をしていることがあります。

そのような形で作った借金は、簡単には返せないことも多いため、何らかの形で債務整理をしたほうが解決しやすいです。

借金を整理する方法には複数のやり方が存在していて、違いを理解しておくと効果的に対応ができます。

このような方法でよく使われるのは、任意整理と言われる手続きで、これはお金を借りた業者との交渉で問題を解決するやり方です。

業者との交渉で、問題を解決する任意整理はいろいろな制限を受けづらいですから、トラブルが起きないように借り入れの整理をしたいときに向いています。

借り入れの問題では、業者からの返済の催促が問題になりやすいのですが、個人再生の場合はそういった問題に対応できます。

この手続きでは、裁判所を通じて行うので法的な強制力があるため、穏便な形で借り入れの整理をしたいときに向いています。

パチンコで作った借金に対してはこのような方法が使いやすく、弁護士などを利用して対応をすればすぐに負担を減らせます。

ただし、非常に大きな借り入れをしてしまって返せないケースもあり、そのような場合は自己破産を行って対応をするのが効果的です。

自己破産は借金をすべてなくすことができる方法で、この手続きをすれば返済の悩みをなくすことができます。

しかし、自己破産はギャンブルの返済に対しては利用しづらいことがあり、そのようなことについては注意が必要です。

自己破産が認められるとき

自己破産は、ギャンブルの問題に対しては利用がしづらいですが、最初に手続きをする場合はあっさり認められることもあります。

例えば、何度もギャンブルで自己破産をしている人の場合は、裁判所も破産処理を認めないケースが存在します。

それに対して最初に自己破産をする場合は、一時的な問題だと考えてくれるので破産処理を認めてくれやすいです。

パチンコによって作られた借金を整理することは効率がよく、そういう手続きをすれば色々なトラブルを減らせます。

そういう形で整理をすると、しばらく借入ができなくなり、色々な金融機関からの借入が難しくなります。

そのようなデメリットもありますが、借金の負担が軽減しやすい債務整理は便利で、弁護士に依頼をすればすぐに対応をしてくれます。

依頼をするときの費用もそれほど高くないので、債務整理で問題を解決する方法は効率が良いです。

借金問題に慣れている弁護士事務所

パチンコが理由の借金でも、国の救済手段を受けることができます。

しかし、パチンコが理由だと、どうしても後ろ暗く感じて、なかなか相談できない人も多いと思います。

実際に借金相談をする人の理由には、ギャンブルやショッピングなどの浪費、出会い系・風俗など借金の理由は様々です。

相談する人の多くは、後ろめたい理由で相談してくる人が多いです。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でギャンブルが理由の借金でも対応してくれる、借金問題に理解のある司法書士事務所です。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は、本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれます。

さらに、手続きを開始する前の相談は、無料で何度も受付ているので、自分で判断できなければ、一度相談してみると良いでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル