メニュー 0120-157-017 24時間365日 全国対応 相談無料

リボ払いの借金地獄はどうしたらいいのか?

買い物や公共料金の支払いなど、何かと便利なクレジットカードですが、無計画に使用していると、知らず知らずのうちに使いすぎてしまうことも少なくありません。

最近では「リボ払い」「ショッピングリボ」などもあり、思ったよりクレジットカードの利用料を返済できていなかった、ということもあります。

実はクレジットカードの利用は、一般的な借金とは違って信販会社(クレジットカード会社)による支払いの立替え行為にあたります。

そのため、分割払いやリボ払いの際に支払っている金利は「分割手数料」という名目であり、貸金業法の対象外になります。

一般的な借金とは異なる、クレジットカードによる借金の場合には、債務整理によって借金を減らすことができるのかをここで解説していきます。

 

クレジットカードで過払い金はない

クレジットカードのショッピング枠の利用による借金の場合でも、債務整理は可能です。

貸金業者と直接交渉をする任意整理はもちろん、自己破産も対象となっています。

任意整理の場合は、借金元本を減らすことができないので、そもそもショッピングで利用した金額が多い場合には、任意整理をしても借金はあまり減らないということです。

さらに、クレジットカードのショッピング枠に関しては、先ほど説明したように立替え行為とみなされますので、貸金業法の対象外となり、金銭の貸し借りをする際に、利息においての最高利率を制限する「利息制限法」も適用されません。

そのため、利息制限法による引き直し計算で発生する過払い金の発生も、期待できないのです。

それでは、任意整理をする意味がまったくないのかというと、そうとも言い切れません。

任意整理によって、将来発生する利息を免除してもらうことができれば、使用したショッピング枠の金額のみを分割して返済することになります。

分割手数料の金利が、高く設定されているリボ払いを利用している場合では、将来利息がなくなるだけでもかなり負担が軽減されるはずです。

さらに、任意整理をすると、和解内容が決定して和解契約書を交わすまでは返済行為がストップします。

任意整理には3ヶ月~半年程度の期間を要しますので、決着がつくまでに生活を再建することも可能です。

返済に苦しんで、毎月の生活費もギリギリの場合には、一時的にでも借金返済がストップすることで精神的にもずいぶん楽に感じるでしょう。

過払い金が発生している例外ケース

実は、クレジットカードの利用で過払い金が発生しているケースもあります。

それは、ショッピング枠ではなくキャッシング枠を利用していた場合です。

クレジットカードに付随しているキャッシング枠は、通常の借金と同様の扱いになるため利息制限法の対象となります。

そのため、過去にキャッシング枠を利用していた場合には、過払い金が発生している可能性があるのです。

クレジットカードの返済で苦しんでいる方は、任意整理を検討する場合にはキャッシング枠を利用したことがなかったかどうかも確認してみましょう。

リボ払いで損する仕組み

毎月一定額を返済するだけで済むリボ払いは、一見すると便利に思えるのですが、実は考えなしに利用していると知らないうちにかなりの金額を返済するはめになる、とても怖い仕組みでもあるのです。

もちろん、理解した上で上手に活用すれば、毎回の返済の負担を少なくできるありがたい存在でもあります。

リボ払いを利用するときに、気をつけたい点を説明しましょう。

リボ払いで借金地獄に落ちる理由

リボ払いは、自分の都合でまとまった額の返済なども可能なため、計画的に返済を行うことができれば短期間で済む場合もあり、上手く使いこなせば便利な方法と言えます。

しかし、その一方では便利だからと言って使い過ぎてしまうと、雪だるま式に返済額が増えていく可能性もあるのです。

なぜならば、カードの返済額を直接確認するには少し手間が掛かったり、残高の反映に時間を要することなどがあるためです。

また、クレジットカード会社などもリボ払いにするとポイントバックが受けられるなど、さまざまなキャンペーンを設けており、特典を受けたいために安易にリボ払いで支払う人も多いのです。

そのため、いつの間にか予想よりも返済額が多くなってしまっている可能性があるのです。

リボ払いは自分で予想しているよりも、遥かに利息がかさんでしまうことがあるのです。

リボ払いをする場合、確実に返済できる範囲であればまだ問題はありませんが、複数のカードを使用してリボ払いを行っている場合は、特に注意が必要と言えるでしょう。

もし、リボ払いの返済により生活が圧迫されるだけでなく、いつまでたっても借金が減らない場合、滞納してしまうという悪循環に嵌ってしまう可能性が考えられます。

このような滞納などが起こってしまう前に、借金問題は解決することが大切です。

リボ払いで気をつけたいポイント

リボ払いで怖いことといえば、金利が高いことです。1回の返済額が少額で返済期間が長くなればなるほどに、金利の負担はどんどん重くなっていきます。

毎月一定額を返済する方式のため、自分が現在いくら使っていて、総額いくら返済しているのかが分かりづらくなってしまうのもその一因でしょう。

知らない間に大量の借金を抱えてしまい、毎回の返済金額のほとんどが、リボ払いの利息金になってしまうケースも十分考えられます。

しっかりと利用明細を確認して、借金残高と利息金を把握し、リボ払いは余裕のあるときは多めに返済する、一度の返済金額を高めに設定する、など工夫をすることで早く返済できるようになります。

任意整理の注意点

最後に、クレジットカードを任意整理する際に注意すべき点をまとめてみましょう。

カード払いを利用している支払い

公共料金や通信費、会費、保険料など、クレジットカード払いを利用している支払いの支払い方法を変更しましょう。

任意整理を開始すると、そのクレジットカードについては今後使用できなくなりますので、任意整理をしないクレジットカードに変更したり、口座引き落としやコンビニや金融機関を利用した支払いに変更したりする必要があります。

漏れがないように、しっかり利用明細を確認してすべての支払い変更を済ませてから、任意整理を行うようにしましょう。

カードローンで商品を購入している

クレジットカードのショッピングローンも任意整理可能なのですが、こちらについては任意整理をすることで、購入した商品を引き上げられてしまう可能性があります。

信販会社(クレジットカード会社)の判断によるところが大きいため、こちらについてはケースバイケースですが、司法書士などの専門家に相談すれば、過去の実績などからある程度判断できることもあります。

任意整理を行う際の注意点については、司法書士などに相談することでアドバイスを受けられますので、クレジットカードの任意整理をする場合には一度、無料相談を利用してみるといいでしょう。

借金相談でおすすめの司法書士事務所

借金をなんとかするために債務整理の手続きを行うなら、実績も経験も豊富で借金で苦しむ人に理解がある弁護士に依頼することをおすすめします。

当サイトでおすすめする、みつ葉司法書士事務所の島田先生は、年間2,400件の相談を受けている国内でも有数の弁護士です。

同じように、借金問題が得意な司法書士事務所は多くありますが、そういったところは大手事務所と言っても良い規模で、手続きが事務的な場合が多く、経験の少ない若手弁護士に対応される可能性があります。

その点、みつ葉司法書士事務所は個人事務所なので、間違いのないサポートを受けられます。

さらに、無料の相談を受付けているので、その場で手続きしなくても無料で相談できる、良心的な事務所なので安心して相談して下さい。

借金地獄は他人事ではない

自分は借金をしないから大丈夫と思っている人も、実は、借金問題はごく身近なところで存在しているものです。

今の時代、借金問題は決して他人ごととは言えません。

誰でも簡単にお金が借りられることもあり、身近な理由をきっかけにして借金が膨れ上がってしまうケースも多いのです。

借金の滞納や返済が厳しい場合は、債務整理と言う方法があります。

債務整理とは、法的に借金を解決することです。

また、債務整理と言えば自己破産を思い浮かべるという人も多いのですが、この一種類だけではありません。

これ以外にも簡単に取り組める債務整理もあるのです。いくつかある中でも特に代表的な債務整理は、任意整理、過払い金請求です。

今現在借金で苦しんでいる人も借金がない人も、債務整理について知っておいても損はありません。

債務整理で知っておきたい基礎知識

債務整理というものは、自己破産や任意整理、過払い金の請求と言ったさまざまな方法により、借金を返しやすくする方法です。

一般的によく知られている自己破産は、抱えている借金を帳消しにするものです。過払い金請求は、金融機関に払い過ぎていた利息の返還を請求するものです。

特に、長期間において多額の借金をしている人は、過払い金の請求に該当する可能性が高くなります。

任意整理は、借金の支払える金額を確認し、金利を下げて長く返すことや、返済額の減額の交渉を行うことで、借金を今よりも払いやすくするためのものになります。

中でも、金融機関が最も困るものが、自己破産によって借金が回収不能になることです。

そのため、金融機関としては借金額の減額を行っても、確実に返済してもらうことが重要なことでもあるのです。

弁護士と司法書士

債務整理の一部については司法書士でも対応が可能ですが、弁護士でなければできないものなどもあります。

そのため、広範囲な借金の相談であれば弁護士に依頼した方がいいでしょう。

また、債務整理にはさまざまな種類があるため、どの債務整理の方法が適しているかについては、その人の借金の額や状況などによって異なります。

債務整理の種類について

任意整理とは

任意整理については、話し合いの上、借金を整理する方法です。

そのため、裁判所を通さずに、金融会社と直接相談をすることになります。

弁護士に依頼した場合、代理人である弁護士が金融会社と交渉し、借金の減額や支払期間の延長などを行い、債務者が借金の返済をしやすくします。

そして、今後の利息を減らすことができたり、今ある借金が何分の一かに減らせたり、半額程度になったりする可能性もあります。

任意整理は、家族に内緒で借金を作っている人でも、家族には知られることのないように行うことができるくらい手軽な方法です。

また、任意整理は、官報公告には記載されないのが自己破産との大きな違いといえます。

そして、職業の制限も受けないのがメリットでしょう。

任意整理は、債務整理の中でも一番やりやすい内容となっており、債務整理を検討している人は、まずは任意整理から相談してみるとよいでしょう。

個人再生とは

個人債務者再生手続きは、2001年4月1日にスタートしたばかりの比較的新しい制度です。

そのためか、まだまだ一般の方にはあまり馴染みがないのが現状ですが。

この手続きを簡単に説明すると、例えば、ある多重債務者が500万円の借金を抱えていたとしますと、そのうちの100万円を3年間で返済するというものです。

再生計画を立て、この再生計画案が裁判所によって認可され、債務者が計画案どおりに3年で100万円を返済すれば、残りの400万円の借金は免除される仕組みです。

自己破産をすると借金は全てチャラになりますが、個人再生は借金を大幅に減額しますが、原則として減額された借金を3年かけて返済していく手続きです。

また、自己破産の場合、債務者が住宅を所有していたとすると、強制的に換価処分され債権者に配当されますが、個人再生では住宅ローン特則を利用すれば、債務者は住宅を維持しながら借金の整理ができます。

自己破産では破産手続開始決定後の収入・財産は原則としてすべて破産者のものとなり自由に使用・処分しても構いませんが、個人再生では原則3年間は債務者の収入から借金を債権者に返済しなければならず、その返済額も自己破産で債権者に配当される配当額を上回る必要があります。

また、個人再生では、自己破産のような免責不許可事由はないので浪費・ギャンブルなどで多額の借金をしてしまった人でも、要件に合致さえすれば利用可能であり、自己破産のような資格制限もないので、例えば司法書士・税理士・会社の役員などの職に就いたまま利用が可能です。

自己破産とは

自己破産は、人生の再スタートを切ることができる債務整理です。

最大のメリットは、借金をゼロにすることができるということでしょう。

これにより、人生を一からやり直すチャンスになる場合もあります。自己破産はメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

特に、所有している大きな財産は、差し押さえられることになります。

そのため、一軒家やマンションを手放し、賃貸に引っ越さなければなりません。

そして、車を所有していれば、それも差し押さえられてしまいます。

さらには、今後はクレジットカードを作ることが難しくなり、新たに借り入れをしたくてもすることができません。

また、今利用しているクレジットカードで、カード払いをすることもできなくなります。職業によっては、一定期間その職につけないという場合もあります。

自己破産は債務整理の中でも、一番ダメージが大きなものとなります。

しかし、人によっては、中には日常生活にあまり支障をきたさないという場合もあります。

これは、自己破産の情報はプライバシーの保護の観点から徹底的に伏せられるからです。

金融機関などでローンを組む時などでなければ、自己破産の情報を知られることはありません。

また、家や土地、車などの資産がなければ、資産の差し押さえなどもありません。

これは逆に言えば、少額の財産であれば手元に残せるだけでなく、生活必需品や最低限の生活費などのお金は差し押さえることはできません。

また、自己破産の場合は官報公告と言われる国の情報でも共有されますが、一般人で確認する人はほぼ居ないでしょう。

自己破産については、その人の生活や状況により、有利にも不利にも働くと言えるかもしれません。

過払い金請求とは

過払い金請求は、テレビのCMなどでも頻繁に見かけることも多くなりました。

払いすぎた利息が戻ってくるというのが、この過払い金請求です。

一昔前までは、貸金業者での金利がグレーゾーンと言われる高金利で曖昧だった時代がありました。

現在では、法的に金利が見直されて改定されていますが、古くから多額の借金の返済をしている人は、利息を支払い過ぎている可能性があるのです。

過払い金請求は、具体的には任意整理で行うことになるため、裁判所を通す必要はなく、任意整理と同じく話し合いで行います。

過払い金請求を行った場合、中には返還される金額が100万円以上になるというケースも珍しくはありません。

また、場合によっては、過払い金請求をするだけで、借金がゼロになるという場合もあるのです。

それ以外の場合でも、金額が少額でなければ、多くの場合で元が取れるのが特徴です。

そのため、過去に多額の借金をしていた人や現在も借金の返済に困っている人などは、過払い金が発生していないかどうか一度、弁護士に相談してみるといいでしょう。

債務整理をするなら

生活苦だけでなく、買い物のような浪費が理由の借金でも、債務整理なら国の救済手段を受けることができます。

しかし、借金問題の手続きは複雑で、かつ専門知識がないとどの手続きをするべきか判断できないことが多いです。

例えば、借金の金額が多すぎて自己破産しか無いと思った人が、実は任意整理で助かるということはよくあります。

実際、借金救済の手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

今回紹介するみつ葉司法書士事務所は、借金問題対応件数が2,400件以上あり、その中でどの手続きを選ぶべきか助言してくれます。

借金の救済手段の手続きを行うと、どうしても弁護士費用が掛かってしまいますが、みつ葉司法書士事務所は本当に必要な手続きを見極めてくれるので、費用の掛からない手続きを教えてくれる良心的な司法書士事務所です。

さらに、手続きを開始する前の相談は無料で何度も受付けているので、自分で判断できなければ一度相談してみるとよいでしょう。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて
受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談の前に

以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせてただいております。

  1. 個人間の金銭トラブル
  2. 税金・国民健康保険・国民年金・家賃等の滞納
  3. すでに行われた差押の解除
  4. 事務所・法テラスに依頼済みの案件
  5. ご本人以外の借金トラブル